【独孤皇后・全50話】43・44・45話のあらすじとネタバレと感想|小物共が夢の中

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第43話


楊勇が雲若霞を東宮に隠していることに気づいた尉遅容は楊勇と独孤伽羅を仲たがいさせようと、双方に接近し状況が悪化するよう仕向ける。そんな中、楊広は心を奪われた梁の公主蕭薔との結婚を許されるが、楊勇の意思は却下され元珍と結婚させられる。

ネタバレ

甘露殿。尉遅容は「東宮に雲若霞が隠れいている」と匂わせ伽羅を誘導する。

東宮。伽羅はすぐに太子のもとへ。そこで雲若霞とたわむれる息子を目にし、何も言わず立ち去る。

会合の地。楊堅は梁の皇帝 蕭琮と話をする。蕭琮は「陳との密通は厳しく取り締まり、恩を仇で返すことはしない」と忠誠を誓った。

楊堅は「太子に蕭薔公主を嫁がせてほしい」と話す。そこへ楊広から蕭薔公主との婚姻を求める文が届いた。楊広と蕭薔公主の婚姻が決まる。

皇宮。伽羅は肖像画を見て太子 楊勇の嫁選び中。洛陽刺史の娘 元珍を楊勇に勧める。しかし雲若霞に惚れ込んでいる楊勇は聞き入れない。

数日後、選抜した中から妃候補を皇宮に呼び楊堅とともに面談。元珍は「高い地位につくほど民の力になれると知り喜んでやってきた」と話す。その志を二人も気に入り婚儀を決めた。しかし楊勇は不服そうだ。

不満を募らせる楊勇に尉遅容が近づく。尉遅容は「元珍と婚姻して雲若霞は側室にすればいい」と吹き込んだ。さらに子供をはらめば追い出せないと助言する。

太子 楊勇と元珍、楊広と蕭薔公主の婚儀が行われた。初夜、楊勇は元珍の部屋から逃げ出し雲若霞のもとへ行ってしまう。

楊広は蕭薔公主に宮を案内し「簡素に自制している」と話した。2人は心を通わせる。蕭薔公主は「皇帝になれないのは残念だ」と話した。

翌朝、挨拶に赴くため楊広を呼びに来た元珍。そこへ雲若霞がわざと現れ勝ち誇る。

楊広と蕭薔公主は仲良く伽羅と楊堅に挨拶をする。蕭薔公主は伽羅が贈った衣を着ず、節制をアピールした。

楊広は「親交のため狩りを」と提案し日取りが決まる。

その当日、楊広は元珍の病を口実に欠席し雲若霞と戯れる。その様子を見た元珍は卒倒し寝込んでしまった。

狩場。尉遅容は夫 楊整の出征の免除を申し出る。楊整はすぐに妻を止め出征したいと申し出た。楊堅は話を切り上げる。

重材殿。麗華は写経を命じられ引きこもったままだ。伽羅は外套を持って尋ねるが対面できない。伽羅は「弟とその伴侶にはあってほしい」と扉の外から語りかけた。

命婦会。蕭薔公主は民からの請願を直接聞く部署を作るよう提案。有益だった場合は賞金を与えるという。


感想:もうこうなったら

もうこの流れになったら仕方ないので、雲若霞が退場する場面を楽しみにして見ていきます。太子の嫁とその弟の嫁で格差がありすぎませんかね?1人は公主として育った上に頭脳明晰、政策にも口を出せる。もうひとりは刺史の娘で体が弱く、妾を追い出すこともできない。弱いことは言い訳にはならないよね。

さてさて、残り7話になりました。私としては宇文護処刑までの流れでもう独孤皇后は終焉を迎えてるので、蛇足として見ております。バッドエンドにはならないだろうから安心ね。

第44話


楊勇に冷遇され続けた元珍は心労により風邪を悪化させる。独孤伽羅はそんな元珍を構いもせず雲若霞と戯れる楊勇に激怒し、太子の座を奪う可能性をほのめかし叱責する。そして、雲若霞の出産が始まったころ、元珍の命が危ぶまれる状態になり…。

ネタバレ

東宮。伽羅は風邪をこじらせた元珍のもとへ見舞いに訪れる。元珍は気落ちし、肺を病んであまり具合が良くない。伽羅は自ら元珍を看病する。

同じ頃、庭では楊勇が雲若霞と戯れいてる。雲若霞は子供を身ごもっていた。その様子を見て激怒した伽羅は「20回打ち追い出せ」と命じる。楊勇が反抗すると「廃されてもいいのか」と追い打ちをかけた。

甘露殿。東宮での話は楊堅の耳にも入る。伽羅は「怒りに任せた失言」だったと認め、雲若霞の出産後に処分を決める事になった。

晋王府。太子の座を狙っている楊広は事件を知り「好機が訪れたら引導を渡す」と慎重な姿勢を見せる。

東宮。楊勇は処分を先延ばしにされ安堵する。知らせにやってきた楊爽は「二度と過ちを犯すな」と忠告した。

伽羅の寝殿。伽羅の身支度を手伝っていた尉遅文姫はかんざしを手に襲いかかろうとする。そこへ尉遅容がやってきて止めた。尉遅容は尉遅文姫を連れ出し「内紛を起こし殺し合わせるのが目的、今は動くな」と命じた。

東宮。床に伏せていた元珍が危篤になる。同じ頃、楊勇は元珍の出産に付き合っていた。雲若霞は男の子を産み、楊広は危篤を知らされても会いに行かない。元珍は失意の中で死んでしまう。

千秋殿。楊勇は生まれたばかりの息子を連れて雲若霞の処遇について頼み込みにやってきた。元珍の死を気に留めず、雲若霞を太子妃にしたいと言うのだ。伽羅と楊堅は「人でなしだ」と非難した。

高府。高霊は今日も元気におてんば娘。そこへ父 高熲がやってきて太子妃の候補になっていることを教えた。高熲は高霊の性格を熟知しているため、うまいこと誘導し礼儀作法を学ばせる。

楊勇が高府にやってきた。高霊は男の姿を改め、美しく着飾り楊勇の前に現れる。楊勇はその姿に惚れてしまった。

高霊なら楊勇を御せると考えた伽羅の作戦は成功し、2人の婚姻が決まった。

高霊が太子妃となり、初孫を産んだ雲若霞は昭訓に封じられ、その息子は楊厳と名付けられた。

大徳殿。楊勇は登用制度の廃止について意見を出す。楊広はその提案に慎重な姿勢を見せた。

東宮。高霊と楊勇が話をしているところへ、雲若霞が楊厳を連れて邪魔しに来る。高霊はあっさり楊厳をあやして泣き止ませると「産後は感情の起伏が激しくなるみたいです、気にかけてあげて^^」と楊勇にアドバイスした。


感想:天然娘

なんか久々に癒やしが現れたよ。この十数話すげえきつかったから、仙女にも天女にも見えますわ。高霊ちゃんチュッチュ^^

男勝りで天然で誰にでも分け隔てなく優しくて最強の父親がブレーンって向かうところ敵なしじゃん。でも、アホの太子はまたなんかやらかすんだな。

そして尉遅容の企みが明らかになりました。骨肉の争いをさせたいそうです。なんかよくわかんない、自分で手を下してこそ復讐では?

第45話


楊広は、みずからが太子となるため楊素を味方に付ける。その頃、陳の難民が隋に押し寄せ、楊堅は陳の民を救い南北統一を果たすために出征を決意する。そして楊堅の不在中、朝廷を取りしきることになった楊勇だったが政務を雲若霞に邪魔され…。

ネタバレ

晋王府。楊広は太子が再評価され不機嫌そうに酒を飲む。蕭薔公主は楊勇に味方している高熲のことを指摘し「知略に長けた臣下が必要」と助言した。

楊素も「高熲と同等の官位がほしい」と不満を持っていた。鄭祁耶が娘を生まなかったため、楊家と姻戚になることもできない。そこへ楊広から呼び出しがかかる。

密会。楊広は楊素に「太子になれるよう助ければ、高熲の地位は譲る」と提案。2人は手を組んだ。楊広は楊素に過ちを犯させるため動き始める。

長安の街。陳の皇帝 陳叔宝が国政をおろそかにしたため、隋に難民が押し寄せていた。高霊と蕭薔公主は難民のために炊き出しを行う。

その事態を知った伽羅は楊堅と話し合い「陳叔宝の悪政を暴露し民を味方につけて討伐する」と決める。しかし楊堅は留守の間、太子 楊勇に政務を任せることを不安視していた。

重材殿。伽羅は麗華に弟たちの近況を話す。そして「新たな伴侶を得てほしい」と道を示した。しかし麗華は「生涯絶対に許さない、独善的な人だ、また来れば目の前で死ぬ」と怒りをぶつける。

楊堅は太子 楊勇に政務を任せ、楊広を連れて出征する。尉遅容の夫 楊整は除外されていたが、本人の申出により軍に加わった。

隋国交府。夫の出征を知り駆けつける尉遅容。決意は固く止めることはできなかった。

出征した楊堅の軍は連戦連勝、伽羅は妙安寺で無事を祈る。

東宮。朝議の途中、雲若霞が病気と急報が入る。知らせを聞いた楊勇は朝議を放り出して雲若霞のもとへ。しかし、雲若霞は息子が喋り始めたのを見てほしいというワガママで仮病を使って呼び出しただけだった。そこへ高霊が現れ「幼稚な女が悪影響を、政務より大切なことか」と叱りつける。

陳の首都まで足を進めた楊堅たち。楊整が先陣を切って道をひらくが、胸を射抜かれ戦死する。

東宮。蕭薔公主と尉遅容が東宮の様子を伺いに来る。楊勇のもとに王誼がやってきて「麟趾館で水害の資料を見たいのだが、耿康が中へ入れない」と訴えた。それを聞いた蕭薔公主と尉遅容は「あなどられている」と口々に進言。誘導された楊広は「次に逆らえば殺してもいい」と勅命を出してしまう。

楊堅は陳の首都 建康を陥落させ南北を統一した。陳叔宝は全面降伏する。

夫 楊整の死で尉遅容はタガが外れてしまう。楊堅たちが死に追いやったとさらに恨むようになった。


感想:運の強さ

謎に運が強かったり、大した能力もないのに援助を受けられたりする人っているよね。伽羅と楊堅がそうだとは言わないけど、娘の言うように独善的ではあるなあ。

というわけで、止められたのにのこのこ出かけていった楊整さんが死にまして、尉遅容はますますヒートアップしていくみたいwどうするのこれ。

高霊ちゃんと雲若霞の言い争いの場面は最高でしたね。雲若霞はたらしこむ方法しか学んでなかったようで、自分の地位を確立するには高霊と争うより仲良くしとけばいいものを歯向かうんだもんな。

次回、46・47・48話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。