【独孤皇后・全50話】46・47・48話のあらすじとネタバレと感想|親子どんぶり

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第46話


楊広の企みにより王誼に耿康を殺させてしまった楊勇は、楊堅の逆鱗に触れ自粛生活を余儀なくされる。そんな中、国を失い隋で暮らすことになった陳の皇帝だった陳叔宝は楊勇と親交を深め、陳の公主だった陳婉宜は独孤伽羅に仕えたいと申し出る。

ネタバレ

晋王府。陳との戦で功を立てた楊広はさらに重要な地位を任されることになった。楊素は「楊堅がずっと信頼していた耿康を太子が殺させたと知れば、楊広が有利になる」と話す。そこで、太子派である官吏 王誼を利用することに。

楊素はさらに「大業を成した楊堅と伽羅を民に聖人と崇めさせ、その働きかけが晋王によるものだった」と噂を流す提案をする。

大興殿。楊広と楊素の企み通り、伽羅と楊堅は聖后・聖皇と称されることになった。

千秋殿。楊堅は陳の元皇帝 陳叔宝に閑職を与えることにする。そして太子楊勇に陳叔宝のもてなしをさせることにした。

そんな時、太子の事件をうやむやにするため、臣下は「嫉妬心の強い独孤伽羅が法を捻じ曲げ側室を迎えさせない」と問題提起する。一途な愛を貫こうと誓っていた伽羅は岐路に立たされた。

千秋殿。伽羅は側室候補を自ら連れて楊堅のもとへやってくる。しかし、楊堅はあっさり却下。側室候補を全員家に帰らせた。

そんな時、尉遅容は尉遅文姫を使って楊堅を誘惑し、二人の仲を裂く計画を建てる。

陳の公主 陳婉宜が伽羅に謁見した。伽羅は陳婉宜に故郷の味をふるまい気遣う。伽羅のもてなしに心を打たれた陳婉宜は「侍女にしてほしい」と申し出た。伽羅は申し出を受け入れる。

千秋殿。楊勇の命令により耿康が死んだ話がやっと楊堅の耳に入る。楊堅は激怒し楊勇を叱りつけた。高熲が間に入り「王誼を罰し、耿康の家族に取り計らうこと」で一旦休戦となる。楊勇は東宮での自粛を命じられた。

楊堅は伽羅に「いつまで甘やかすのか、太子の資質についても気づいているだろう」と聞く。伽羅はまだ楊勇のことを見放すことができず、楊堅との間に溝ができてしまった。

東宮。楊爽は楊勇が王誼に命じた時のことを詳しく聞き出し、尉遅容と蕭薔公主がその場にいたと知る。

大徳殿。周の残党による反乱が起こった。楊広の調べでは反乱を起こしたのは宇文家のもの、楊堅は背後の勢力を調べさせる。

伽羅の寝殿。尉遅容は「陳婉宜はやけに親切だ」と吹き込み、伽羅のもとから遠ざけようとする。

伽羅は楊爽を呼び意見を聞いた。そこで楊爽は楊勇が尉遅容と蕭薔公主の話を聞いて、令牌を王誼に預けた話をした。不審に思った伽羅は誰にも知らせず楊爽に調べさせることに。

楊広と楊素は同州で反乱軍を捕らえた。反乱軍の拠点を調べると王誼が麟趾館から持ち出した資料が発見される。

その頃、楊爽は王誼の後をつけ密会の現場を目撃する。楊爽に気づき逃げ出す王誼。そこへ楊広たちが現れ、王誼を始末しようとするが楊爽に阻まれてしまった。王誼は捕らえられ牢に入れられる。


感想:話が飛び飛びに

耿康を殺した場面がなかったのは役者の都合でしょうがないけど、それが露見するまでに謎の下りがあったの意味分かんない。ちょっとネタを詰め込み過ぎと言うか、間を飛ばし過ぎと言うか。

うまく行っていた楊広と楊素の企みですが、ここに来て王誼が捕らえられ悪事が露見しそうになってます。

伽羅はお年を召して判断力が鈍っているのか、尉遅容の思惑にハマリ気味。楊堅とも喧嘩してしまって、これ幸せに終わるの…?って不安になってきましたよ。

第47話


反乱軍の拠点で王誼が麟趾館から持ち出した資料が見つかり、楊勇は無関係の自分まで反乱軍との結託を疑われるのではと恐れる。そんな中、楊爽は王誼を牢から連れ出し楊堅と独孤伽羅に事のてんまつを説明させようとするが、尉遅容に妨害され…。

ネタバレ

千秋殿。楊広と楊素は反乱を鎮圧したと報告。さらに麟趾館の資料が反乱軍の拠点で見つかったと告げた。楊堅は資料を持ち出した王誼の斬首を命じる。

楊爽から報告を受けた太子 楊勇は焦る。太子派であった王誼と反乱軍に関係があるとすれば、楊勇が窮地に追い込まれてしまう。

楊爽は牢へ向かい王誼から真実を聞くことに。だが王誼は「皇帝と皇后に直接話す」と口を割らない。楊爽は牢から王誼を連れ出す。

楊広は、王誼が真実を話せば悪事が明るみに出てしまうと焦る。そこで、王誼の口をふさぐため尉遅容に協力を仰ぐことにした。

皇宮。楊爽と王誼を尉遅容が出迎え、楊堅と伽羅は不在だと応対する。尉遅容は王誼に小豆汁を飲ませ毒殺した。王誼は楊爽に「晋王に与していました」と言い残す。

王誼は始末したが、楊爽はまだ楊広を疑っている。楊広は尉遅容に協力を求め楊爽をおびき出し暗殺した。

千秋殿。楊広は楊爽の亡骸を連れ帰り「反乱軍の現況を調べていて殺された」と芝居をする。弟の死に衝撃を受ける楊堅。伽羅は泣き崩れる。

太子と陳叔宝が懇意にしていると知った伽羅は東宮へ向かう。

東宮。楊勇は陳叔宝と享楽にふけり政務をしていない。尉遅容に誘導され次は晋王府へ。そこは質素な住まいで、楊広は練兵に励んでいる様子を見せアピールした。

しかし伽羅は「楊広のことをわざとらしく感じた」と楊堅に報告。楊堅は「心を読まれやすいものこそ君主に向かない」と楊勇を否定する。


感想:苦労を知らぬ息子たち

楊堅と伽羅は強敵 宇文護に苦しめられてあらゆる苦労をしてきたし、苦しんだだけ人を思いやれるけどもキッズたちは何の苦労もしてないもんな。麗華くらいか?苦労したのは?

楊広は苦労というより虐待で歪んでしまったため、取り返しがつかないし、楊勇は優しいだけのぼんくらだし。どうするのこれ?毎回言ってる、どうするのこれ???

ていうか、もしほんとに親子丼になるとしたらマジでキモいので誰か止めて!!!

第48話


楊勇は陳叔宝と共に遊びほうけていることを楊堅に叱責され、再び自粛生活を送ることになる。そんな中、尉遅容は独孤伽羅を苦しめるために楊堅と如意を情事に及ばせようと画策する。独孤伽羅は尉遅容と如意の行動に疑念を抱きつつ事の推移を見守る。

ネタバレ

突厥。阿史那厥玷は隋からの食糧援助に反対する部族長に毒を盛られ殺された。突厥は隋に攻め入り侵略を開始した。

これを知った楊堅は憤慨し撃破を命じる。

千秋殿。楊堅は太子楊勇を呼び出し、陳叔宝と遊び呆けいていることを叱りつけた。そして陳叔宝を別の地へ送り、楊勇には自粛を申し渡した。

伽羅は高霊を呼び出す。話を聞くと、雲若霞に邪魔され楊勇を諌められないという。伽羅は楊勇を諌め倹約に励むよう高霊に話す。

大興殿。隋は突厥に勝利し、全面降伏させた。

太子 楊勇は「貧富の差が広がっているので運河を作るべき」と進言。楊広はその意見にケチを付けた。楊堅は「手柄を競わず協力して事業をなすよう」2人を諭す。その頃、楊堅は不眠と頭痛に悩まされていた。

それを知った尉遅容は「如意の読経のおかげで不眠症が治った」と話す。伽羅は尉遅容を疑いながらも成り行きに任せた。

寝殿。楊堅の寝台の横で尉遅文姫が安眠のために読経を行う。尉遅文姫は尉遅容から渡された「眠気を誘う香」を使い楊堅を眠らせた。

尉遅容はさらに「情欲を誘うお香」を渡し、計画を実行するよう命じる。

その夜、尉遅容に誘導された伽羅は重材殿の帰りに千秋殿へ向かう。部屋に入ると楊堅は如意を抱いて眠っていた。伽羅はショックを受け立ち去る


感想:どっち!?

ほんとに親子でどんぶりやっちゃったの!?いやまって、冷静になって。母親の方とはやってないのか?じゃあなに…????いやーーー!!!楊堅が裏切るのは結構どうでもいいんだけど、伽羅が可愛そうだなっていうのが2%に、知らないとは言え昔恋心を抱いてた女の娘を…ゲロ^^

しかしよくわかんない復讐すぎてノレないです。あっさり殺してしまう復讐はもちろん意味がわかんないけど、この復讐も謎。

次回、49・50話はまとめ記事の最後で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。