🔥瓔珞(エイラク)|58話・59話・60話あらすじ・ネタバレ感想|

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」(原題:延禧攻略)

58・59・60話のあらすじとネタバレ感想を書いていくので未視聴の方はご注意を!

それでは、登場人物をちょっと整理してからネタバレ感想書いていきます!

DVD

全話まとめはここから

【瓔珞・全70話ネタバレ】🔥1分でわかるあらすじネタバレ感想|放送中止の恐れあり

「瓔珞〈エイラク〉〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」58話までの登場人物まとめ

  • 魏瓔珞ぎえいらく…皇太后と一緒に円明園へ家出中。
  • 皇太后…瓔珞を伴って楽しく暮らす。
  • 輝発那拉皇后…子供が出来て着々と出世中。
  • 順嬪…新たなオンナ。

「瓔珞」あらすじ・ネタバレ・感想まとめ

「瓔珞」第58話 長すぎた骨休め

魏瓔珞が皇太后と共に円明園で暮らし始めてから、瞬く間に3年の歳月が過ぎる。
皇太后は将来のことを考え、早く皇宮に戻るべきだと諭すが、魏瓔珞は耳を貸さなかった。
そんなある日、魏瓔珞を訪ねて円明園へやってきた富察傅恒は、沈璧という女子が入内し、乾隆帝を虜にしていると話す。
このままでは魏瓔珞が乾隆帝に忘れられてしまう、と危機感をあおるのだった。
仕方なく魏瓔珞が皇宮へ戻ってみると、早速皇后からお呼びがかかり…。

サクッとネタバレ

瓔珞は皇太后の病が芝居だったと知る。

病と偽り、乾隆帝の同情を誘い皇后を油断させることが目的だったのだ。

侍医を騙せたのは劉女官が医術の達人だったからと皇太后は笑う。

劉女官の数少ない言葉から、慶貴人を使って乾隆帝に昔話をさせたことには、よくぞ気がついたと褒める。

だがまだ瓔珞のやり方は手ぬるいと皇太后は言う。

影をちらつかせて再起を図ろうとしたのだろうが、それではまだ乾隆帝は憎悪を募らせる。

だから今度は「会いたくても会えない」状況にするのが良い。

そう思って一緒に療養へ連れ出したのだという。

そして銭氏の件については瓔珞が尋ねると、「どう思う」と笑った。


後宮では皇后と袁春望が話をしている。

皇后は手を汚していないので余裕の笑み、だが袁春望は瓔珞に逃げられ気に入らない。

乾隆帝は円明園に多くの人員を送り皇太后を気遣っている。

今は手を出すべきではないが、瓔珞が帰る頃には後宮はすっかり変わり果てているだろうと言った。


皇太后から乾隆帝に文が届く。

どうやら瓔珞が代筆したもののようで、乾隆帝はすぐに見抜く。

瓔珞と皇太后は、季節の食べ物を楽しみながら楽しく暮らしているらしい。


瓔珞の書く手紙は36通目になった。

毎月1通ずつ、3年の月日が過ぎたのだ。

その間に舒嬪じょひんの子供は夭折ようせつし、皇后のお腹はすっかり大きくなっていた。


袁春望は刺繍工房で働く女官に目を留める。

それ気がついた太監は、袁春望の部屋に女官を贈る。

袁春望は瓔珞に少しだけ似たその女の頬を叩き、自分のことも叩いてくれと言った。

なんの関心も持たれない状況が辛いらしい。


乾隆帝は3年の月日をかけて完成させた絵を銭氏に早馬で送るよう命じる。

そして皇太后からの文を開けると「安」と一文字、書かれていた。

乾隆帝は李玉に、何事か探れと命じる。


皇后に二人目の皇子が生まれ、袁春望は皇太后から贈り物が届いたと報告に来る。


皇太后と瓔珞が風邪で伏せっていたと報告を受けた乾隆帝。

瓔珞のことが気になって仕方ないがごまかす。

そこへ戦勝の一報が。


皇太后はどれだけ促しても後宮に戻ろうとしない瓔珞と話をする。

皇太后は円明園での暮らしが楽しすぎて感覚が鈍っていると瓔珞に告げる。

その証拠に、三ヶ月前の「安」という手紙から返事が来ていない。

皇太后はねぜ返事が来ないのか考えてみるよう言った。


富察傅恒が凱旋。

富察夫人は泣いて喜ぶ。

円明園に富察傅恒がやってくる。

海蘭察も一緒だ。

表向きは皇太后へ贈り物を届けに来たということだが、富察傅恒は瓔珞に忠告をする為にやってきたのだ。

なんでも、この3ヶ月返事がないのは、ある完璧な女に乾隆帝が夢中になっているから。

その女は、湖広総督の娘で沈壁ちんへきという名を授かった。

以前乾隆帝が下賜した宮訓図の、美貌 忠誠 謙遜 正直 勇敢、全てに当てはまるのだという。

瓔珞は後宮に戻ることを決めた。


即断して戻ったにもかかわらず、延禧宮はきれいに整えられていた。

そこへ袁春望がやってきて、皇后が呼んでいるという。

延禧宮に人員を手配したのは皇后だった。

瓔珞は率直に尋ねる。

二人の皇子を産み、今や後宮は皇后の天下、そんな皇后でさえ常貴人は脅かすのかと。

珍児はこの短期間に常貴人が順嬪じゅんひんへと昇格したことを教える。

瓔珞は驚いた様子だ。

皇后は結束し対抗しようと誘うが瓔珞はその場を去る。


その帰り道、瓔珞は乾隆帝の姿を久々に見る。

順嬪の姿を目撃した瓔珞は皇后と手を組むことに。

皇后は、誰だろうと懐柔し惑わしてしまう順嬪のことを教える。

そして手始めに瓔珞を昇格させると言った。


その夜、明玉に肩をもんでもらいながら、自分の顔は腹に一物あるようで狡猾そうに見えると不満げな瓔珞。

だが順嬪の顔は、純真で愛おしくなるような理想の顔だという。

寵愛される顔を羨ましがる瓔珞に、明玉は「陛下をお慕いしていると気づいたの」と聞く。瓔

珞は怒ってはぐらかす。


乾隆帝は第13皇子をあやしている。

皇后は順嬪の教育係を決めたいと提案する。

すると乾隆帝は瓔珞を指名した。

皇后はわざと乾隆帝の前で瓔珞の健康を気遣い、乾隆帝の耳に入るようにする。

感想:お久しぶり

間が空いてしまいました!お久しぶりです!と同時に、お久しぶりな富察傅恒も帰ってきたよ!

帰ってきたシーンに文句つけてあれですけど、実家のシーンも円明園のシーンも衣装替えしての連続撮りだよな?もし次の作品が決まってたらあの坊主はネックだから早めに撮影して退場だったのかな。じゃあ今後…

そしてそして、順嬪という新たな敵?が登場します。エンディングでは顔を見ることができるけどまだ本編には出てきてない。どんな美女かと期待してたんだが、なんか…なんか…???富察皇后が一番おきれいでした。

「瓔珞」第59話 妖魔か転生の公主か

延禧宮に戻った瓔珞を乾隆帝が訪ねてきた。
冷遇されて体面が保てないという瓔珞の訴えを聞き入れて一晩は延禧宮にとどまったものの、瓔珞が目覚めた時に皇帝の姿はなく、順嬪が待つ麗景軒に向かったあとだった。
皇后と妃嬪らは瓔珞を取り込んで団結し、寵愛を一身に集める順嬪を潰そうとするが、瓔珞はなれなれしく接する順嬪の真意をまだ量りかねている。
皇太后の愛娘の法要の折、皇后らは順嬪の存在を始末しようとたくらむが…。

サクッとネタバレ

乾隆帝は富察傅恒の戦利品である銃を試し打ちしている。

そして茶を飲みながら富察傅恒に張廷玉ちょうていぎょくのことを語った。

富察傅恒は瓔珞に会った話をし、近々戻るだろうと言った。


その夜、乾隆帝は延禧宮へ。

ちょうど侍医が帰るところで、話を聞くと胃痛の症状があったという。

明玉は、血の写経を円明園でも続け、体が弱ったためだと話す。


部屋に入った乾隆帝は瓔珞の手が赤くなっているのを見咎める。

それは血をとった痕で、乾隆帝は写経をやめるように命じる。

だが瓔珞は約束したことだと聞き入れない。

80巻の内20巻が完成したばかりだ。

乾隆帝は去ろうとするが、このまま帰られては紫禁城に居場所がない、と瓔珞が言うので偏殿へんでんに泊まることに。


瓔珞は偏殿に忍び込み、乾隆帝の寝床へ。

潜り込んできた瓔珞を見て乾隆帝は飛び起き、出ていけという。

だが瓔珞は無理やり口づけをして、避妊薬を飲んでいたのはお産で死ぬのが怖かったからだと告白する。

乾隆帝は望まないなら無理強いはしないといったが、瓔珞はまた無理やり口づけをした。


眠ってしまった瓔珞の鼻筋をそっとなでて、乾隆帝は心のなかで「瓔珞 なぜ一番聞きたいことを答えないのか」と言った。

朝になって瓔珞が目覚めると、すでに乾隆帝はいない。

小全子が入ってきて、乾隆帝は順嬪じゅんひんと朝餉を取っていると言った。


皇后、嘉妃、舒妃(レベルアップ!よかったね)、そして瓔珞が集まる。

舒妃は以前争った身でも、今は共通の敵と闘う仲だと笑う。

皇后は順嬪を排除するための策がある、そのためには協力が必要だと言った。

帰り道、明玉は本当に協力するのか、と瓔珞に聞く。

瓔珞は悪巧みを知り、順嬪のことも探りたいだけと言った。


瓔珞は順嬪の教育をしている。

花盆底の歩きづらい靴を履いて歩行訓練。

順嬪はふらついて瓔珞を押し倒してしまう。

その拍子に乾隆帝が手作りした玉佩が落ちる。

瓔珞は不機嫌になり、嫌いだから帰ってと告げる。

だが順嬪は、寂しいからただ話し相手がほしいだけだと言った。


瓔珞は皇太后の指名で法要の準備をしている。

皇后は仏花を用意すれば、皇太后と乾隆帝の仲を取り持てるかもしれないと話した。

そして、瓔珞は法要の席で皇后が順嬪を排除しようとしていることに気がつく。


後宮に戻った皇太后のもとに妃が集まる。

舒妃や嘉妃はわざと順嬪の話を皇太后にする。

順嬪は宮を改装し夜な夜な歌舞を披露する。

その歌舞は衣を一枚ずつ脱いでいくようなものだとか。

皇太后はそれを聞き激怒、皇后の管理が甘いと叱責する。


瓔珞は悩んでいた。

このまま黙っていれば順嬪は消え寵愛が取り戻せる。

だが本当にそれでいいのか。


法要の当日、会場に向かう順嬪の手を引っ張り瓔珞は「人助けをする」と言った。


皇太后の公主の法要が始まった。

順嬪は経を上げる皇太后に、写経をしてきたと話し祭壇に供える。

その瞬間、仏花から火が上がる。

瓔珞はすぐに和安公主の肖像を取りに走り皇太后に渡した。


法要を執り行っていた薩満シャマンに皇太后が尋ねると、公主の転生があと2年で叶うはずだったが妖魔に邪魔されたと順嬪を指差す。

皇太后は順嬪を引っ立てよと命じる。

順嬪は膝を付き、これは誰かの陰謀であり薩満は買収されていると皇太后にすがる。

皇太后は順嬪の顔を見て目を見張り、彼女を寿康宮へ連れ帰った。


順嬪の唇の下に針で刺したような跡が2つ並んでいる。

そして彼女の誕生日は公主と同じ、これを聞いて皇太后は公主の生まれ変わりと信じる。

瓔珞が順嬪をかばうため教えたのだ。

そこへ乾隆帝が飛んできて順嬪をかばう。

皇太后は彼女許し、乾隆帝は彼女の手を引いて出ていこうとする。

瓔珞はそれがショックな様子だ。

感想:見ればみるほど

美人か???

キツめの顔だよね、そのついでに水泳選手のような肩幅といかり肩…瓔珞の肩幅がめちゃくちゃ狭いので余計にでかく見えてなんか可愛げが…ないな?

結局、助けてあげることにした瓔珞だけどこれは皇后にも妃嬪にも恨まれるぞ〜!最後の敵は皇后だからまあしかたないか。

乾隆帝はほんとにあの女のことが気に入ってるの?その割には瓔珞のことを気にかけてる感じだけど。あっちもこっちも大変ね。

「瓔珞」第60話 二人を救った嘘

順嬪潰しに失敗した皇后は万寿寺の住職を使い、順嬪を和安公主の生まれ変わりと思い込んだ皇太后に警告を与える。
皇太后はさっそく瓔珞と順嬪を呼び出して事実を追及するが、順嬪は乾隆帝がひそかに教え込んだとおりに公主を演じて皇太后をうまくだまし、瓔珞共々処罰を逃れた。
一方、瓔珞は年季明けを控えた明玉と海蘭察の縁談を進めるが、ある日明玉を激痛が襲う。
自分の命が長くないことを知った明玉は、頑なに縁談を拒むのだった。

サクッとネタバレ

乾隆帝と順嬪を呼び止めた皇太后は、話し相手をしに来るよう言った。

完全に娘の生まれ変わりだと信じている。

瓔珞は複雑な表情で二人を見送った。


乾隆帝は順嬪に何があったか聞く。

瓔珞に助けられたことをはじめは隠した順嬪だが、乾隆帝に問い詰められ、唇の下に傷を作り言われた通りのセリフを話したと白状する。

順嬪は乾隆帝の心にいる瓔珞に気が付き、瓔珞の本心を探ると申し出た。


延禧宮に戻ると皇后が待っていた。

皇后は瓔珞が裏切ったことに怒り心頭だ。

瓔珞は、順嬪を殺すのはやりすぎ、殺せば乾隆帝の怒りは皇太后ではなく腹心の瓔珞に向かう、そうなれば立場が危うい。

皇后からあくまで自分を守るために行動したと瓔珞は言う。


怒りが収まらない皇后。

皇太后が順嬪の後ろ盾となってしまうことを危惧している。

袁春望は「薩満シャマンが買収できるなら、皇太后の信仰する万寿寺の住職も…」と新たな提案をする。


大師に「転生し再会などありえない」と言われた皇太后は、瓔珞が嘘をついていると疑う。

瓔珞と順嬪を呼び話をさせる。

順嬪は乾隆帝から聞いた和安公主の話を、さも実体験のように語ることで転生したと皇太后に思い込ませる。

難を逃れた二人は協力し生きていくことに。


瓔珞は密かに明玉の婚儀の準備を進めていた。

明玉は延禧宮に結納品が運ばれてきてからそれを知り、急いで海蘭察のもとに行く。

二人は笑顔で結婚の約束をした。

だが明玉の体に残った銀針がみぞおちに達する。

明玉は明日をもしれぬ命を悟り、瓔珞に「とつがない」と言う。


その様子を見ていた順嬪は明玉の部屋へ。

銀針のことを知ると、すでに陛下に報告しており、瓔珞は明玉の実家のことを気にかけ結納の用意も、後には引けない、生きている限りは…と追い詰める。


部屋から出てきた順嬪は瓔珞に、そっとしておいてあげてという。

順嬪は「明玉を皇后から守るため嫁がせようとしているのでしょう」と言い当てる。


「嫁がない」と意固地になる明玉に瓔珞は困っている。

月食の日、瓔珞が眠れぬ夜を過ごしていると順嬪が布団に潜り込んでくる。

壁を登って忍び込んできたというのだ。

驚く瓔珞は、見かねて布団に入れてやる。

順嬪は瓔珞の本質を言い当てる。

冷たい態度で拒絶しているが心は温かい。

もっと弱みも見せなくては行けない。

瓔珞は「明玉がいる」と強がるが、明玉ではなにかするたびにすべてを説明しなくては理解しない。

私なら真の友になれると言う。

感想:突然の百合

明玉が潜り込んできたのかと思ったら順嬪だった。しかも冷たい足を温めてあげる…って…百合〜!!!何見せられてんだろうね。

もう明玉は助からないんだろうか。葉天士に言われたときから覚悟していたけど、こんなに早く…えぐえぐ…結構近代な感じがするのに、まだまだ迷信が生き残っている不思議な世界なんだよなあ。

万が一でもいいから、明玉が助かる方にかけます。

次回、61・62・63話はここから!