🔥瓔珞(エイラク)67話・68話・69話あらすじ・ネタバレ感想|

こんばんわ〜、みるこです!

「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」(原題:延禧攻略)

67・68・69話のあらすじとネタバレ感想を書いていくので未視聴の方はご注意を!

それでは、登場人物をちょっと整理してからネタバレ感想書いていきます!

レンタル

新作じゃなければDVDレンタルが一番安いです。ツタヤ行くかゲオ宅配レンタル が便利。

DVD

動画配信

オンラインはU-NEXT 独占配信

「瓔珞」67話までの登場人物まとめ

  • 魏瓔珞…実の息子のように育てた第5皇子が負傷。皇后を疑う。
  • 皇后…体調が悪い、袁春望に巻き込まれ犯人にされる
  • 第5皇子…愉妃の息子、瓔珞が育てた。足を負傷し親王に。
  • 第4皇子…第5皇子の暗殺を図ったとして収監
  • 第12皇子…皇后の息子。今のとこ帝位に王手。
  • 第15皇子…瓔珞の息子。慶妃が義母。
  • 袁春望…皇族をめちゃくちゃにしようと奮闘中。
  • 和親王 弘昼…お久しぶり!!皇后に謀反を持ちかける

「瓔珞」第67話 深まる亀裂

第五皇子を陥れたという疑惑を払拭できなかった第四皇子は、宗人府に収監されてしまう。
優秀な皇子2人が帝位争いから失脚し、第十二皇子が最も有力な世継ぎ候補となる。
だが、母親である皇后は周りから疑いの目で見られたうえ、絶え間ない頭痛に襲われ、心身共に疲弊していた。
乾隆帝は皇后の体を気遣い、長旅となる南巡には随行せず、皇宮で養生するよう勧めるが、皇后は随行せねば威厳を損ねると拒み、両者の溝はいっそう深まる。

サクッとネタバレ

毒入りの食事を調べに行った李玉が戻ってくる。結果、食事に毒は入っておらず、珍児は床に臥せっていたと侍医が証言した。窮地に追い込まれた第4皇子は、才能に恵まれなかったが努力してきたと皇后に泣きつく、だが誰にも信用されず、乾隆帝は収監しろ、と命じた。

瓔珞は第5皇子のために葉天士を探させる。そして乾隆帝に会いに行くと、今回のことには承乾宮が関わっている、第15皇子が心配だと話す。乾隆帝は第5皇子を親王に封じた。

皇后に薬を運んでいた女官を呼び止め、袁春望は髪に花を飾らせる。皇后の気を晴らすためと言われたが、それを見た皇后は激怒し鞭打ちを命じた。女官が華美に装ってはならないと。そこへ乾隆帝が見舞いに来る。

皇后は、第4皇子の件で疑われていると思い、信じてほしいと語る。だが乾隆帝は病を治せ、と早々に去ってしまう。

その夜、鞭で打たれ泣いていた女官を袁春望は自害に見せかけ井戸に落とす。

翌日、皇后は目尻のシワが消え、死んだオウムとそっくりなオウムが戻ってきたと喜んでいる。だが、女官の自害を聞くとまた取り乱す。珍児は袁春望に、本当に皇后のためになるのか、と尋ねるが袁春望は言葉巧みにかわす。

寿康宮に、妃嬪たちが集まっている。舒妃はさっそく自害した女官の話を持ち出し、虐待されていたらしい、皇后は病だと皇太后に話す。そこへ皇后がやってくる。

皇太后は皇后に、元気になったのなら治水工事を視察する南巡に同行できるだろうという。そして、幼い皇女二人が心配なので連れて行くと話を持ち出すと、皇后は、皇女はお転婆なのでこの機会に宮中の掟を学ばせることにしたと割って入る。皇太后は寿康宮で育てたのだから無作法だとは誰にも言わせないと激怒。

瓔珞が皇女は幼く、体も弱い、と取りなし結局連れて行くのを諦める。

お開きになり、皇后が出てくるのを待ち受ける瓔珞。瓔珞はわざと、南巡には行かないほうが、と病を心配してみせる。皇后は怒り、絶対に行くと言った。瓔珞は紫禁城に残していく子どもたちが心配で、皇后を南巡に行かせたいらしい。

慶妃と舒妃は歩きながら話をする。慶妃が義母として育てている第15皇子に、舒妃は色々な贈り物をしているが使ってもらえないらしい。舒妃は涙を浮かべながら、子供に恵まれなかった、15皇子は我が子のように可愛いと思っている、殺すわけがない、と怒る。その様子を袁春望は見ていた。

皇后は乾隆帝に南巡への随行を認めてくれという。だが言い争いになる。

皇后は体が弱り食事を取らなくなってしまう。第12皇子は心配し見舞おうとするが、袁春望に話しかけられ、皇后がなんとしても南巡に随行したいのは皇子の将来のためだと吹き込まれる。

第12皇子は養心殿で跪き乾隆帝に願い出る。袁春望はそれを第5皇子に伝え助太刀をさせる。

皇后の病気は本物?

10年前なら速攻で袁春望の仕業だと気がついたはず。衰えで片付けられるのか、それとも袁春望が一服盛ってるのか?

袁春望が動き出さない限り平和だったからなんかすごいもやもやする。瓔珞も瓔珞であっさり皇后を疑うしさ。如懿伝も見てるのでなんだかこの人は本当に悲劇ばかりに会う人なんだなあと。

そんなこんなであと3話!

最後は船旅が舞台になるみたいで楽しみ〜!!!中国ドラマのCGはトンデモが多かったけど、一足飛びに技術が発展して最近はハリウッド映画?とみまごうほどなので、船旅がどっちになるのかも見どころ。

「瓔珞」第68話 悪魔の提言

第十五皇子は何者かによって仕込まれた毒にあたるが、運よく一命をとりとめる。
皇太后は次々と皇子たちを襲った一連の災難が、我が子を世継ぎとするための皇后の仕業ではと聞かされ、皇后を厳しく叱責する。
一方、乾隆帝は魏瓔珞を皇貴妃に冊立し、病の皇后に代わって後宮を任せたいとの考えを皇太后に打ち明ける。
それを知った皇后はショックを受けるが、権力を維持するには乾隆帝を暗殺するしかないとの弘昼の提案に動揺するのだった。

サクッとネタバレ

引きこもっていた第5皇子は瓔珞に王府を取り壊す、とまで言われて出てきたと笑う。そして杭州にいる葉先生なら足を治せるかもしれないと。乾隆帝は第5皇子に言われ、皇后の随行を許可する。

第12皇子は随行が許可されたと皇后に報告する。皇后は喜ぶが、第5皇子の一言で乾隆帝が意見を変えたと知り激怒。母と息子が仲違いし袁春望は嬉しそうだ。

舒妃が第15皇子に贈った筆に毒が仕込まれており、皇子は中毒を起こす。慶妃と舒妃はすぐに延禧宮に駆けつけ口論になる。だが瓔珞は冷静に、皇后の策ならば杜撰すぎると怪しむ。だが舒妃は疑われた事が気に食わず、皇后の仕業だと皇太后に伝えに行く。

皇太后は皇后を呼び出し叱責する。そして弁明もさせず、今後皇子に危害が加えられれば誰の仕業でも皇后を処罰する、と言った。

袁春望は皇后の窮地を和親王 弘昼に知らせる。そして第15皇子を害したのは瓔珞で、帝位を狙っていると吹き込む。このままでは瓔珞が皇后になり、輝発那拉皇后は追い出されるかもしれないと煽り、謀反を起こせと言った。

富察傅恒は袁春望が弘昼といるところを目撃する。弘昼を問いただすが言い合いになり、弘昼は殴りかかってくる。そこへ乾隆帝が。傅恒は半年の減俸を言い渡される。

養心殿に連れて行かれた弘昼は、乾隆帝に激しく叱責される。未だにバカをしていて、臣下からは和親王に関する奏上が多く届いている。乾隆帝は次に何かやらかせば実の弟とは思わないと言った。

寿康宮で弘昼は皇太后に泣きつき、乾隆帝との仲を取り持ってもらう。乾隆帝は弘昼を許し、南巡を統制することを許可した。

弘昼が去ったあと、乾隆帝は瓔珞を皇貴妃に冊立し後宮を任せる計画を相談する。皇貴妃は事実上の皇后代理、皇后がいるのにそんなことをすれば臣下からも民からも責められると皇太后は忠告。弘昼は外でそれを聞いていた。

弘昼から報告を受けた袁春望は、さっそくそれを皇后に伝える。歴史上、こんな扱いを受けた皇后はいないと煽り立て不安にさせる。城壁の上で弘昼と会った皇后は、謀反を起こすと告げられる。

宮中を歩いていた瓔珞に傅恒が近づいてくる。明日出征するらしい。そして和親王に警戒するよう忠告した。瓔珞は早速、小全子にある人物を調べるよう命じる。そして南巡に出発した。

富察皇后

乾隆帝は富察皇后にしたことと同じ過ちを犯していないか?気持ちが離れているのと、愛情故に、だとまたちがうのかもしれないけど、あれだけ子供作っといて女の扱いうんこすぎぃ〜!

最終回に向かって駆け足どころか全力ダッシュで収束に向かいつつありますね。袁春望がとにかく生理的に無理になっちゃったから早く退場してほしかったのに、もう最終回だよ…あんちゃん…

納蘭ちゃんは小物だったけど、最後まで残ったし気の毒になってくるし元気に意地悪言っててほしいなあ。終わっちゃうよ!寂しいよ!寝かせておいた瓔珞がもうあと残り2話…

「瓔珞」第69話 船上の騒乱

南巡に向かう船上では、途中から乗船した妓女をめぐり、皇后と妃嬪たちが対立を深めていた。
一方、魏瓔珞は葉天士を捜し出し、第五皇子のケガの治療を依頼する。葉天士は虫を使った危険な治療を始めるが、肝心の虫が異なる毒虫にすり替えられていた。
毒虫は皇子の傷を害し、さらに魏瓔珞まで傷つけてしまう。
その時、皇太后の船室から火の手があがり、船内は混乱に包まれる。
そして、追い打ちをかけるように、謀反者が船を襲撃した。

サクッとネタバレ

杭州に向かう船上で宴が始まる。宴には妓女が呼ばれており、それを見咎めた皇后は演舞をやめるよう乾隆帝に小言を言う。送れてやってきた瓔珞にも乾隆帝を諌めるよう促すが、男になって両脇に女を置けないなら見目麗しい太監を愛でようかな、と言い出す。これを聞いた乾隆帝は演舞をやめさせ、私がやめたのだからお前もやめろ、と逆に瓔珞を諌める。

瓔珞のやり方に気を悪くした皇后は宴を退出し、弘昼に会う。だがまだ心が決まらない様子だ。皇后は一人になると手紙を書き伝書鳩を飛ばした。珍児はそれを袁春望に密計あり、と伝える。

葉天士が見つかり第5皇子の治療が始まる。その治療は壮絶な痛みを伴い成功の確率も低いと聞くと、瓔珞は止めようとする。だが乾隆帝に言われ部屋を退出することに。治療方法は、腐った肉を虫に食わせ骨を再生させるというものだ。

第5皇子は、実母の願い通り手塩にかけて育ててくれた瓔珞に感謝を伝えてくれと言う。施術が始まり虫が放たれるが、それはすり替えられた血を吸う虫だった。瓔珞は騒ぎを聞き部屋に飛び込むと虫に掴みかかる。

同じ頃、乾隆帝は広間で弘昼と碁を打っている。そこへ皇太后の船室が火事だと報告が。二人は急いで向い、乾隆帝だけが火の中に飛び込んだ。そして海から逆賊が船に侵入し、船上は混乱を極める。

姿を消した乾隆帝に代わり、弘昼が指揮を取る。翌朝、騒ぎは収まったが、皇太后と乾隆帝、さらに第5皇子と瓔珞も行方不明になったままだ。弘昼は作戦通り、皇帝を名乗ろうとするが、広間の階段が動き、その下から皇太后と乾隆帝が出てきた。

傅恒の設計した船には抜け道があり、安全に船を移動することができるのだと乾隆帝は言う。それを聞いて弘昼は焦りながら安堵したふりをする。

乾隆帝は川岸の護衛に船の異変を知らせる連絡係を呼び詰問する。連絡係は報告せず逃げたというが、乾隆帝は「見て見ぬふりをしろ」と命令されたのだろうと問い詰める。和親王はそれでもしらを切り、犯人は絶対に捕まえると意気込む。

乾隆帝はすべての策略を知っていた。今回の船旅が女選びだと吹聴し妓女を献上させる。そして火事に紛れて殺害し女遊びの皇帝は死んで当然となる。弘昼はその後新帝を擁立すればいい。

そして皇后にも疑いの目が向けられる。

新帝とは第12皇子か?と乾隆帝は聞く。だが皇后は杭州の知府に伝書鳩を送り救援を要請していた。策略を知らせなかったのは、陛下が油断するからだと言い訳をする。

皇后が逃れようとしたため、今度は袁春望が出てくる。袁春望は皇后と弘昼が不義密通を行っている。その証拠として弘昼の体を調べさせると、皇后の玉佩が落ちてきた。珍児が袁春望に頼まれ宝石箱から盗み、弘昼に渡したものだ。珍児も弘昼も皇后をかばうが、袁春望は奴婢の身分で逆らえないと平伏する。

そこへ瓔珞がやってくる。火事が起きてすぐ第5皇子とともに避難するよう乾隆帝が手配したらしい。それを聞いて、皇后は笑う。火事のさなか一度でも私のことを気にかけてくれたかと。

一網打尽

面白いくらい網にかかったな!大量大量!と言いつつ、なんかやっぱり駆け足過ぎませんか!?!!

最後の場面が船の上になったのは、これ以上紫禁城が借りられなかったからだったりして。収録の順番も相当前後してる気がする。妃嬪の肌荒れとか、舒妃の顔の丸々具合とか…

今回第5皇子の治療に使うはずの虫がすり替えられててめっちゃきもいCGが出てきたよ。なんか偽物感がすごくて余計キモかった。見た目は紙魚を親指大にして真っ黒に塗った虫、そんで血を吸うとなんでか下半身だけ膨れて羽が生えたみたいにな…やめよ!次!最終回!

次回!最終回!70話はここから!

10話まで無料ですぐ見られる

初月無料独占配信(BSに降りてくるのはいつ〜)