【最終回】扶揺|64・65・66話|あらすじ ネタバレ感想|扶揺と無極の生死はいかに!

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

こんにちわ〜みるこです。
今日も良い日になぁれ!ってことで、扶揺ネタバレ感想ついに最終回までやってまいりました!

驚きの結末なので心して見てください…

全話まとめはここから

【扶揺・全66話まとめ】🔥1分でわかるあらすじ・ネタバレ感想|ヤン・ミーのPVでございます

一気読みはここから

【完結】扶揺(フーヤオ)|1話から最終回までのあらすじまとめ【全話・一気読み】

「扶揺(ふーやお)〜伝説の皇后〜」あらすじとネタバレ感想

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

前回までのあらすじ

長孫平戎は護衛 徐来に裏切られ刺殺される。

すべての黒幕は皇帝だった。皇帝は捕らえた皇后と扶揺にこれまでの経緯を聞かせる。

子供の頃から利発で欲しいものは全て奪っていく徳王、それに比べ凡庸な皇帝。憎かったが皇帝には自分が選ばれた。だが先王は徳王が呪いで死なないために身代わりとして長孫迥を選んだと知る。

そして決定的な裏切りが起こる。皇后は徳王との不義の子を宿し産んだ。

皇后の代わりに扶揺が毒を飲み皇后は無極と徳王のもとに真実を伝えに行く。

徳王は実の息子だと知り争うことなく処罰されようとした、だが皇后が来たため自決する。

無極は扶揺に慰められ、皇帝に会いに行く。皇帝は憎さと無極への愛情の間で葛藤していた。「実の息子であれば」と言い残し皇帝は死ぬ。

無極は天権皇帝に即位した。

第64話 穹蒼聖地へ

扶揺は皇帝の位牌の前で茫然自失になっている無極に声をかける。大切な人たちに裏切られ憎まれていた、どうしていいのか分からないという無極。扶揺は自分の運命を知ったことを話し、民にも私にもあなたが必要だと慰めた。

天機上師と4人の長老たちは封印を破ろうとしている帝非天の残識を抑え込もうとしていた。元神を犠牲にした術は成功しなんとか抑え込むことが出来たが、もう力は残っていない。あとは無極が頼りだという。

朝日を見ながら無極と話す扶揺。彼女は1人で穹蒼に向かうことを決意していた。

無極はやっと臣下の前に現れ、正式に皇帝として政を執り行うように。習わしでは、穹蒼へ使節を送り証書を受け取るが、誰を指名するか聞かれた無極は「もう決まっている」と返した。

扶揺は元宝と話している。穹蒼は無極に扶揺を殺させようとしてる、だがそんな苦しみは与えられない。そして紙の束を元宝に託し、これがあれば居場所を探せる、私が勝てないときは連れてきて、と頼んだ。

1人で皇宮を去る扶揺。だが竹林に入るとそこで無極が待っていた。二人は生死をともにする覚悟をする。

無極と扶揺が長青殿に来たことは、すぐに天機上師と非煙の耳に入る。無極は扶揺を天機上師には会わせず、ここに来た頃作った部屋へ連れて行く。

その頃、非煙は天機上師と接触しようとしていた。そして二人のもとにも黒い影が。

第65話 九天の頂

1人で天機上師に会いに行くという無極に、扶揺は「もしもの時は私を殺して」と言う。無極は宵の明星が登る頃に帰ると出ていった。

幻生殿 殿主 非煙は太妍を連れて長青殿にやってくる。非煙は扶揺を利用し帝非天の復活を目論んでいるが、そのことは隠して「早く妖女を始末しなければ」と協力を願い出る。

非煙が扶揺を探しているのを知っていた天機上師は彼女を問い詰める。だが非煙は、扶揺と無極が恋仲にあり、無極が妖女を守っていると話してしまう。その事を知らなかった長老たちは天機上師を責める。

非煙の目的は目障りな無極を排除することだった。扶揺との関係を暴露したことで、天機上師は無極に罰を与えなければならなくなる。その意図を聞いた太妍は無極を助けに向かう。

天機上師に罰を受けた無極は、体内外すべての力を失うという杭を打たれ九天の頂きに磔にされてしまった。そこへ太妍がやってきて、長青殿から盗み出した鏡を渡す。鏡に無極の血を付け覗き込むと、長青木が「私に始まり私によって生き私によって終わる」と話した。

時間が来ても戻らない無極を追って扶揺も九天の頂へ。そこへ元宝が呼んできた、宗越・雅蘭珠・戦北野・小七がやってくる。扶揺は4人に助けられながら頂を目指す。

最終話 第66話 最後の封印

太妍は無極への愛から助けることを約束する。無極は扶揺とともに死ぬつもりだ。

小七は九天へ向かう追手を食い止めるため1人で橋に残る。橋を落として成功したかに見えた作戦だったが、谷底に落ちなかった手練が1人残り、小七はその男を倒すため谷底に落ちていった。

扶揺は1人で無極のもとにたどり着く。だが天機上師と長老が現れ、無極を助ければ死んでもいいと体を預ける。天機上師たちは術を使って扶揺を殺そうとするが、そこへ非煙がきて、背後から襲われた天機上師たちは動けなくなってしまった。

非煙は帝非天の血族であり、妖女の出現を待っていたという。非煙は太妍に無極を始末するよう言う。だが太妍は非煙に剣を向け、頂から落ちていった。

扶揺と雅蘭珠・戦北野・宗越も加わり非煙と戦う。扶揺が非煙を刺し勝ったと思われたが、非煙は突然笑い出した。非煙は扶揺の最後の封印だったのだ。

妖女として目覚めた扶揺は姿を変え、無極を連れて長青殿へ。無極は必死に止めるが、扶揺は狂ったように笑いながら無極をめった刺しにする。その時、かつて扶揺が無極を刺した場所と同じところに剣が刺さる。妖女の動きは鈍くなり、扶揺は自らの腹を刺した。

帝非天は砕け散り、二人は血まみれで笑い合う。運命の鎖を断ち切ったのだ。

平和になった五州。無極は扶揺を背負い、美しい庭を駆け回っていた。

非煙先生「愚鈍だな!」

うん、わいもそう思う。おじいちゃんたちに向かって愚鈍っていうからさ、うんわいもめっちゃそう思う。今まで何してたんやろ、わいもめっty…

やだー!超中途半端な終わり方したよ。中国ドラマの微妙なのによくあるやつ。最後に絶対見たいのは後日譚なのになぜかないんだよね。

小七が明らかに死んでしまった描写があって大変ショックである。玄元組はこれで誰も生きてないじゃん。うーん、なんか裴瑗に崖から落とされた時、扶揺が救った命だったから扶揺に返すみたいな展開にしたかった感があるけど、それにしてもなんで小七だけ…?宗越もバカップルもどうせ元気なんでしょ!?

最後までなにか目新しいことが起こればいいなと思って見続けたけど、結局妖女の中で扶揺が抗って自らを攻撃してっていう、何回繰り返されたのかわからないような古典を見せられました。情緒があれば古典も嫌いじゃないですけど。

そして、最後はちゃんと二人共生き残って平和になりました!ってことにしたけど、あってるよね…?二人共死んでてあれは天国かなにかなの…?でも都が見えていたし…ハッピーエンドよねきっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。