【白華の姫】22・23・24話のあらすじとネタバレと感想|勝ち目のない賭けは無意味

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • …西啓…
  • 容楽(ヨウラク)/漫夭(マンヨウ):西啓の公主、北臨では攏月楼の女店主 漫夭に扮する
  • 容斉(ヨウセイ):容楽の兄 西啓の皇帝
  • 皇太后:西啓の皇太后、容斉の母
  • 容毅(ヨウキ):先の皇帝
  • 蕭煞(ショウサツ):容楽の侍従
  • 蕭可(ショウカ):蕭煞の妹 医者
  • 泠月(レイゲツ):容楽の侍女
  • 蓮心(レイシン):容楽の侍女
  • 攏月(ロウゲツ):間者 漫夭に仕える
  • 小荀子(ショウジュンシ):容斉の侍従
  • …北臨…
  • 宗政無憂(ソウセイムユウ):第7皇子 黎王
  • 宗政允赫(ソウセイインカク):皇帝
  • 宗政無郁(ソウセイムイク):第9皇子 陳王 無憂と仲良し
  • 宗政筱仁(ソウセイショウジン):皇太子 無憂と敵対
  • 傅筹(フチュウ):北臨の大将軍
  • 項影(コウエイ):傅筹の侍従
  • 常堅(ジョウケン):傅筹の侍従2
  • 余世海(ヨセイカイ):尚書 皇太子と手を組む
  • 余文杰(ヨブンケツ):将軍 余世海の息子
  • 昭蕓郡主(ショウウン):無郁を慕う
  • 孫雅璃(ソンアリ):中書監 孫継周の娘
  • 孫継周(ソンケイシュウ):無憂の師
  • 沈魚(チンギョ):香魂楼の芸妓 官吏の娘
  • 苻鴛(フエン):元皇后
  • 雲貴妃(ウンキヒ):皇帝の愛妻、無憂の母
  • 秦永(シンエイ):無憂の師 養民変法と山河志の生みの親 処刑されている
  • 范陽王(ハンヨウオウ):皇帝の弟 宗政玄明
  • 無相子(ムソウシ):無隠楼の楼主
  • 羅植(ラショク):将軍
  • 楊惟(ヨウイ):臣下
  • …宸国…
  • 鎮北王(チンホクオウ):寧千易 宸国の皇族
  • 宸帝(シンテイ):幼帝 10歳
  • …その他…
  • 雪狐聖女(セツコセイジョ):蕭可の師匠 美魔女らしい

【白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜】あらすじ・ネタバレ・感想

「白華の姫」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第22話 ネタバレ 和親同盟の真意


将軍府 静謐園。傅筹と言い争いになった容楽は倒れて昏睡状態に。精神的な問題と診断され、医者は「目覚めるかどうかわからない」と話す。その夜から、傅筹は自ら容楽の看病をした。

容楽は幼い頃に秦家で遊んでいる過去の夢を見ていた。飛び起きると傅筹がいる。容楽が傅筹を拒絶すると泠月がやってきて「三日三晩眠っていた、将軍は飲まず食わずで看病していた」と教えられた。

将軍府。心配した沈魚が見舞いにやってきた。容楽は秦家の旧宅の夢を見たことを話す。すると沈魚は「その場所に言ってみるといい」と助言した。

その夜、容楽は秦家の屋敷へ。すると庭のブランコに黒ずくめの女性が座っていた。女は隠し部屋を開き、容楽はその後を追う。容楽と戦闘になるが逃げられてしまった。女の正体は痕香だが、お互いに正体がわからない。

静謐園。容楽が屋敷に戻ると傅筹が待っていた。容楽は約束通りあと半年はここにいると話す。傅筹は「鎮北王に攏月楼に誘われた明日一緒に」と言って部屋を出た。

攏月楼。翌日、容楽と傅筹は鎮北王のもとへ。鎮北王は容楽が攏月楼の若店主だと知り「ここは二人の思い出の場所だろうな、愛の記憶があるから照れたのだろう^^」と無邪気に言う。

容楽は茶を入れ直すため席を立つ。すると鎮北王は傅筹に「恩人である黎王も攏月楼へ呼んでいる」と教えた。

容楽のことが心配になり様子を見に来た傅筹は、容楽を見守る無憂とにらみ合いに。声をかけられた容楽が驚いて焼けた鉄瓶をおとしそうになる。傅筹はそれをキ素手で受け止めやけどを負った。傅筹は「妻がやけどしたので失礼します」と立ち去る。

帰り際、鎮北王から容楽に贈り物が渡された。

攏月楼。容楽たちが帰ったので、無憂は鎮北王と2人で腹を割って話すことに。無憂が真の目的を尋ねると、鎮北王は「養民変法と山河志だ」と答えた。

黎王府。無憂は無郁に「できるだけ早く昭蕓のことを伝えろ」と助言した。そこへ孫雅璃がやってきて「怪我をしたと聞いて薬を持ってきた」という。だが真の要件は「皇后の花見の宴に一緒に行ってほしい」というものだった。

皇宮。皇帝と皇后が話をしている。花見の宴は鎮北王の嫁選びだ。皇帝が孫雅璃を推薦すると、皇后は「手放し難いし…無憂と中がいいので引き離せばまた傷つく」と止めた。

静謐園。鎮北王の贈り物はお酒と「憂いの解けんことを」という手紙だった。


感想:相思相愛

誰一人相思相愛にはならないオチだったりしないよね?メインが不幸なのはいいんだけど、その脇も全部不幸なのはやだよ!?

というのも、鎮北王の相手が昭蕓郡主になりそうだからって話なんですけど…孫雅璃を気に入っている、というか孫家の裏側と何らかの繋がりがある皇后は彼女を遠くに行かせたって得がない。だから今回、皇帝を説得したんじゃないの?と邪推してる。単純に無憂とくっつけたいからってだけじゃないよな。

えーと、山河志を書いたのは秦永だと言われていたけど、その成作には雲貴妃も関わっていたと。ということは秦家の屋敷で幼い無憂と容楽に書物を呼んでいる女性は雲貴妃で、容楽は秦家の娘?

と、ここで痕香が出てくるんだけど、彼女は傅筹と幼馴染だと言ってたから…???二人とも皇族に連なる人物ってこと?

もうあれだ、容楽も無憂も痕香も容斉も傅筹もみんな幼馴染だよ!しらんけど

第23話 ネタバレ 御花園の罠


将軍府。皇太子との約束に遅れてきた傅筹。痕香は容楽に嫉妬し酒を煽る。

静謐園。一方の容楽も鎮北王の酒を飲み泥酔していた。無憂の人形を眺めていると痕香がやってきた。痕香は「あなたを思う将軍にそんな物を見せたら傷つく」と掴みかかり、床に落ちた人形が壊れてしまった。

痕香は傅筹に想われる容楽への憎しみを口にする。だが容楽も常に見張られ手駒でしかない境遇を話した。「私達は同類ね…」2人は泣きながら抱き合う。

皇太子は傅筹に「花見の宴で無憂を叩き潰す策を考えている」と話した。その内容は明かさない。そして皇太子妃の義母が来ていて怖いので、痕香を泊めてくれと頼み込んだ。

そこへ泠月が慌ててやってきて、2人が喧嘩をしていると報告。傅筹と皇太子はすぐに駆けつけるが、容楽と痕香は抱き合って仲良く眠っていた。

後宮。花見の宴が催される。皇后は御花園に鎮北王の持参した宝物が隠されているのでそれを探す催しを用意したと発表。昭蕓郡主は無郁のために宝を探すと意気込んだ。

孫雅璃は容楽に「茶道の教示を」と頼む。そこへ皇后の侍女がやってきて、容楽を連れて行ってしまった。孫雅璃は皇后の侍女と皇太子が話をしている姿を目撃し不審に思う。

皇后を待つ間 部屋に通された容楽は、侍女にお茶をこぼされ着替えを促された。そこには香が焚かれており、容楽は朦朧として…

無憂も同じ侍女に連れられ部屋にやってきた。そこで倒れている容楽を見つけ、部屋を出ようとするが鍵がかけられている。

一方の皇太子は「宗政無憂が再起できないようお膳立てした」と傅筹に明かす。そして「不義密通の現場を見せてやる」と招待客を集め、2人を閉じ込めた部屋へ突入。だが部屋には誰もいなかった。

傅筹は焚かれていた香に気づく。そして皇太子を制止して傅筹が浴室を確認、湯の中には宗政無憂が隠れていた。傅筹は容楽を守り、妻しかいなかったと話す。

昭蕓郡主は騒動に気づかず宝探しをしている。そこへ従者がやってきて鎮北王が偏殿に呼んでいるという。昭蕓郡主が偏殿に向かわないため、鎮北王の従者は昭蕓郡主の目の前に宝を放り投げた。


感想:笑えばいいのか!?

茶色い湯の中で息止めてる無憂…なんてかっこ悪いんだ…うっ…顔の長さが紛れないところもまた…笑うとこだった?悲しくなっちゃって。

そりゃあ見つけた傅筹さんも、そっ閉じよ。見なかったことにしたくなる。

さてさて、なんかよくわからないけど泥酔した容楽と痕香は意気投合してしまいました。そのかわり、孫雅璃は「公主はよその男とハレンチなことを?!」と思いっきり誤解(誤解でもないけど)した様子。容楽は災難だな。

今回の宝探しで、昭蕓郡主が宝を手に入れるよう仕組んだのは鎮北王なのか?も〜みんな何考えてるか私にだけ教えて。

第24話 ネタバレ 駆け落ち


御花園。宝(馬鞭)を手に入れた昭蕓郡主に鎮北王は婚姻を申し込む。突然の出来事に驚いた無郁は鎮北王に食って掛かる。そこへ無憂が現れ「謀られたのだ、まずは父上に話を」と落ち着かせた。

皇宮。無郁は「昭蕓が好きだ」と皇帝に告白。しかし尉国討伐のために引き下がれない皇帝は、鎮北王の要求を飲んでしまった。昭蕓郡主と引き換えに、北臨には良馬が送られることになる。

静謐園。容楽は、不忠の侍従だった項影がいなくなり、突然 常堅という侍従に変わったことを不審に思っている。

攏月楼。昭蕓郡主は自宅に戻らず攏月楼に逃げ込んでいた。そこへ沈魚がやってきて昭蕓郡主の話を聞いてやる。沈魚は「愛している人がいます、長らく会えていません」と打ち明けた。

鎮北王を説得するため無憂は屋敷へ。しかし「大事な人の墓参りに」と伝言を伝えられる。

思雲陵。鎮北王は雲引きの弔いに訪れていた。無憂は手に持った盃の酒をこぼさないよう戦い、勝ったら話を聞いて欲しいと提案。そして無憂が勝った。無憂は容楽との話をして「真心で接しなかったことを後悔した、昭蕓の意思を尊重すべき」と話す。

攏月楼。無憂に説得され昭蕓郡主の話を聞く気になった鎮北王。だが攏月楼に到着するとすでに2人は駆け落ちした後だった。「無憂兄さん決心しました、さようなら」手紙を見た鎮北王は激怒し皇帝に直談判する。

駆け落ちした2人の捜索は傅筹に任されることに。

皇宮。無憂は「若気の至りです許してやってください、一度討伐を中断すれば宸国に足元を見られることもない、青洲で流民に土地を与え兵の育成もしている時間をください」と皇帝を説得する。だが聞き入れられない。

郊外。昭蕓郡主と無郁はすぐに捕まった。無郁は昭蕓郡主を守って矢を受けた。無郁を守るため昭蕓郡主は宸国に嫁ぐ決意をする。

昭蕓郡主は公主に封じられ、二日後に宸国へ向かうことになった。


感想:逃げるなら計画的に

駆け落ちしたならちょっとは逃げ道があるのかと思ったら、ほんとに手に手を取り合って逃げただけだった。びっくりしちゃったよ。そしてあっさり捕まって嫁ぐことに決定。

ところで今回気になったんですけど、沈魚の想い人って誰?出てくるの?もし出てくるんだったら沈魚めちゃくちゃ怪しくない?初期から出てて、いつの間にか結構内部に入り込んでて容楽の心をつかんでる。長らくあえてないとか言ってたけど…まさかそんなあ^^

しかし無憂の策が一番最善だと思うのに、なんで皇帝は受け入れないんですかね?このバカ皇帝が討伐だ名誉だと言い出さなきゃもっと世界がきれいなんですが?そして毎回、毎回交渉材料が女っていう。そりゃあ無憂も嫌うよ。そのうち政治に使った女の誰かに殺されそうだな。

次回、25・26・27はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。