【白華の姫】46・47・48話のあらすじとネタバレと感想|遺灰事件

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • …西啓…
  • 容楽(ヨウラク)/漫夭(マンヨウ):西啓の公主、北臨では攏月楼の女店主 漫夭に扮する
  • 容斉(ヨウセイ):容楽の兄 西啓の皇帝
  • 皇太后:西啓の皇太后、容斉の母
  • 容毅(ヨウキ):先の皇帝
  • 蕭煞(ショウサツ):容楽の侍従
  • 蕭可(ショウカ):蕭煞の妹 医者
  • 泠月(レイゲツ):容楽の侍女
  • 蓮心(レイシン):容楽の侍女
  • 攏月(ロウゲツ):間者 漫夭に仕える
  • 小荀子(ショウジュンシ):容斉の侍従
  • …北臨…
  • 宗政無憂(ソウセイムユウ):第7皇子 黎王
  • 宗政允赫(ソウセイインカク):皇帝
  • 宗政無郁(ソウセイムイク):第9皇子 陳王 無憂と仲良し
  • 宗政筱仁(ソウセイショウジン):皇太子 無憂と敵対
  • 傅筹(フチュウ):北臨の大将軍
  • 項影(コウエイ):傅筹の侍従
  • 常堅(ジョウケン):傅筹の侍従2
  • 余世海(ヨセイカイ):尚書 皇太子と手を組む
  • 余文杰(ヨブンケツ):将軍 余世海の息子
  • 昭蕓郡主(ショウウン):無郁を慕う
  • 孫雅璃(ソンアリ):中書監 孫継周の娘
  • 孫継周(ソンケイシュウ):無憂の師
  • 沈魚(チンギョ):香魂楼の芸妓 官吏の娘
  • 苻鴛(フエン):元皇后
  • 雲貴妃(ウンキヒ):皇帝の愛妻、無憂の母
  • 秦永(シンエイ):無憂の師 養民変法と山河志の生みの親 処刑されている
  • 范陽王(ハンヨウオウ):皇帝の弟 宗政玄明
  • 無相子(ムソウシ):無隠楼の楼主
  • 羅植(ラショク):将軍
  • 楊惟(ヨウイ):臣下
  • …宸国…
  • 鎮北王(チンホクオウ):寧千易 宸国の皇族
  • 宸帝(シンテイ):幼帝 10歳
  • …その他…
  • 雪狐聖女(セツコセイジョ):蕭可の師匠 美魔女らしい

【白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜】あらすじ・ネタバレ・感想

「白華の姫」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第46話 ネタバレ 雪に消えた魂

洲王府。辺境に傅筹の足取り、と報告が入った。すぐに向かおうとする無憂だが今度は「思雲陵が壊され雲貴妃のご遺体が所在不明に」と急報が。無憂は憤り傅筹を追った。

漫音閣。容楽は「血烏なら逆雪の毒も取り除ける」と蕭可に教えられる。そこへ泠月が慌ててきて無憂が傅筹を追っていったと話した。

国境。無憂は傅筹を追い詰める。そこへ容楽が駆けつけた。無憂は傅筹の左肩を刺し「私の母の遺体をどこへやった」と問い詰める。だが傅筹は雲貴妃のことも孫継周との結託も知るはずがなく「思雲陵は守っていので親孝行を」とまで言う。

そこへ苻鴛が現れた。無憂は「母の遺体を完全な状態で引き渡せ」と傅筹を人質にし迫る。苻鴛は「連れ出してあげたのよ」と笑って雲貴妃の衣を投げた。「十数年前に死んだものを棺から出せば保管は利かない」雲貴妃はすでに火葬され、遺灰は箱の中に収められていた。

無憂は遺灰を取り戻すため傅筹を引き渡す。

苻鴛は傅筹を連れて去り、無憂が遺灰の箱を持ち上げると底が抜けてしまった。遺灰は風で散ってしまう。

母の下劣な手を知った傅筹は馬車を下りる。無憂たちのもとへ行こうとする傅筹に「どうしても行くなら母も死ぬ」と苻鴛は言う。その時、壁を叩く音がして、馬車から宗政允赫が転がり出てきた。

手当をするため軍営に立ち寄った傅筹。「王妃だけは残って地面に穴を掘っている」と知らせを受け、容楽のもとへ向かう。

容楽は血の滲む手で地面を掘り続けていた。傅筹を目にすると「忌まわしい過去から1年かけて抜け出した、あなたが現れまた失った」と嘆く。容楽は掘った穴に雲貴妃の衣を埋めた。

王府。無憂はうなされ飛び起きる。そこへ孫継周が脱獄したと知らせが。無憂は「両親のかたきを討つ!中山へ討ち入りだ!」と頭に血が上っている。だが「王妃が戻っていない」と報告され、すぐに容楽のもとへ向かった。

容楽は墓を作り、その前に倒れていた。無憂は墓を見て涙する。

孫府。孫継周が脱獄したため蕭煞は孫雅璃と春泥を拘束し、青洲王府に監禁する。

漫音閣。凍傷で体中が傷だらけになった容楽。蕭可は体が弱っているため血烏を、と差し出すが飲もうとしない。そこへ無憂が来て血烏を飲んだ。「そなたの命は私の恨みなどとは比べ物にならない」そう言われてやっと血烏を飲む。

軍営。傅筹の前に孫継周が現れた。「南境軍の機密と引き換えに娘を助けてほしい」と言う。

感想:こんな時どんな顔をすればいいかわからないの

予告に「残酷な細工がされていた」って書いてあったから、どんなからくりかと思ってワクワクしてたんですよ。そしたら箱の底が抜けたんですよ…あたしゃもうびっくりして…ええ…笑えばよかった?笑ったけども。ここ数話で一番盛り上がったわ。

あんまり物への価値を重視しない人間なんで、遺灰がこぼれてもなんとも思わないんだけど、中国の死生観的には大問題なの?箱の中にガッツリ残ってたし、あれでいいじゃん。土葬文化だからだめなの?

そして傅筹さんは聖人君子になったのか、なんて残酷なことを!ってお母さんに怒ってました。でもそれブーメランですよ。結構酷いことしてたよね傅筹さんも。

やっと血烏も飲んだし、寿命問題は解決。でもお兄ちゃんの病?毒?は別の種類っぽくて心配です。姿を見ませんし。

第47話 ネタバレ 説得の文

軍営。傅筹は孫継周を信用できないと判断し、処刑を命じた。孫継周は「白髪妖婦の件で一族を助ける約束だぞ」と苻鴛との約束を口にする。

皇宮。傅筹は皇帝・宗政允赫に恨みを話す。喋ることのできない皇帝は指で「西」と示した。そこへ苻鴛が来る。傅筹は「青洲の孫継周に連絡をとったことは?」と聞くが苻鴛は知らないふり。

青洲王府。監禁されている孫雅璃と春泥。泠月が食事と着物を差し入れる。だがその様子を見ていた蕭煞は、関わらないように言う。

漫音閣。雲貴妃のことを悔やんでいる容楽。血烏のおかげで髪はすっかり黒に戻った。そこへ泠月が来て「殿下が出征した」と教える。無憂は容楽に相談なしに出ていったのだ。さらに孫継周が殺されたと報告を受ける。

泠月は「侍女の春泥がお目にかかりたいと言っている」と容楽に伝える。春泥は腕に痣があり「孫雅璃は別人になり手を上げる、私がそばにいるとつらい過去を思い出すようで、お仕えさせてください」と容楽にすがった。容楽は蕭可を治療に向かわせる。

孫雅璃は心の病にかかっていた。容楽を見ると「妖婦」と叫んで怯える。泠月には好意的で、蕭可は薬で治るという。

漫音閣。范陽王は「援軍の要請が何度も届く」と容楽に話す。容楽は「急な出征で兵糧は乏しくこれでは勝てない、さらに障害があり、地震の後馬疫が蔓延し軍馬は以前の3割にも満たない、辺境での勝利は策による快挙で実際に攻撃していない、辺境で消耗し中山までは攻め込めないだろう」と話す。

范陽王は朝廷の大臣を説得し、容楽は無憂に文を出して開戦を思いとどまらせる事になった。

容楽は無憂への文を蕭煞に預け、届けるよう命じる。出発前、泠月が見送りに来て蕭煞は「帰ったら君との婚姻を願い出る」と抱きしめた…

漫音閣。容楽は悪夢を見て目覚める。駆けつけた泠月は心配し、夜は春泥が付き添うことになった。

北臨 皇宮。傅筹は無憂を追い詰めるため「絶好の機会を待っている」という。5日待てば宗政無憂は撤退するらしい。

南境 軍営。軍議が行われ「あと5日しか兵糧が持たない」状況でどうすべきか話し合われる。そこへ蕭煞が容楽の文を届けた。その文を読んだ無憂は「ありえないような別の道を選べと言っている」となぜか憤る。

漫音閣。その夜、容楽に春泥が付き添う。容楽の隣に横たわった春泥は変装術で作った顔を剥がし……!?

感想:手紙をすり替えた?

泠月が蕭煞に抱きついた時に手紙をすり替えたんじゃないの?無憂の反応がきつかったもん。なんだよありえない別の道って。

そんで春泥もグルになってなにかしようとしてる。とにかく容楽を排除したい?ようだから、苻鴛の手勢なのかな。

それにしたって勝手に一言も言わずに出征していくかね、これだから優等生おぼっちゃまくんは困るんだよ。普段冷静なときだけ優しくて理性的だけど、一回順序狂わされるあっという間に身勝手に。もうみんな裏切るじゃん!なんなの~!

第48話 ネタバレ 王妃の醜聞

漫音閣。朝になり容楽を起こしに来た侍女たちは、隣で眠る男を見て悲鳴を上げた。容楽が目覚めると男は「慕っていました」と言う。

容楽はすぐに寝台を降りて剣を向けた。そこへ泠月が駆けつけ、男を連れ出させる。気が動転している容楽、そこへ孫雅璃が飛び込んできて「男を泠月が何度も招き入れていた!裏切るなら、どうして譲ってくれないの」と喚く。

朝議。無憂の代理として朝議に出席しなければならない容楽は、事件の後すぐに身支度を整え向かった。すると蔡厳和は「王妃が若い男を囲っていることが発覚したとか…」と話を持ち出し、捕らえられた男を連れてくる。男は「王妃を誘惑した」と言い罠にはめようとするので、泠月は容楽の無実を証言し、春泥が証人だと話した。

だが、春泥は井戸に投げ込まれ死んでいた。

臣下は漫音閣を捜索を要求。范陽王が捜索に向かい、部屋から血の付いた陶器の破片が見つかる。

証人として孫雅璃が呼ばれる。彼女は心の病だったとは思えないほどスラスラと話し「王妃が口封じしようとして男を殺そうとしたところを見た、男は泠月が招き入れ私の部屋の前を何度も通った」と証言、さらに容楽が傅筹の女だったと話す。

孫雅璃は短剣を持って容楽に襲いかかった。容楽をかばうように立ちふさがった泠月は、短剣の向きを変え孫雅璃の腹に刺す。それを見た臣下は、王妃が殺人を!と糾弾する。

捜索から戻った范陽王は血のついた陶器の破片を証拠に「間男がいたので援軍を送らず、故意に殿下を危険にさらしたのでは」と追い詰める。そこへ無憂が戻ってきた。

無憂は容楽を責め、剣を向ける。容楽は自らその剣を胸に刺し涙した。無憂は容楽を牢に入れるよう命じる。

牢。傷を負い意識の無い容楽。泠月は過去のことを思い出す。

過去の天仇門。容楽は林申の指導を受け武芸を習っている、同じ場所に泠月もいて影からその指導を真似した。泠月は天仇門の配下であり、林申の命で動いていたのだ。

牢。泠月は容楽を憎々しげに見つめ「同じ門派でありながらなぜあなたが公主で私は侍女なの」と傷をえぐった。

そこへ蕭煞が現れ、2人を連れ出す。

青洲王府。無憂のもとへ容楽たちが脱獄した報告が入る。無憂は無郁の話を聞かず「口出しは無用」と怒鳴った。

北臨。傅筹にも2人が仲違いし容楽が国を出たと知らせが入る。傅筹はすぐに容楽を探すよう命じた。

旅館。追ってから逃げる3人。泠月は「宸国に行きませんか?」と提案。昭蕓公主や鎮北王のいる宸国へ逃げることになる。

国境まで逃げると無憂の差し向けた刺客が現れた。そこへ鎮北王の護衛である厲武がやってきて、容楽たちは無事に宸国へ。

西啓。容斉にも容楽の報告が入る。容楽は宸国へ向かった。

感想:お久しぶりのお兄ちゃん

あ〜癒やされるんじゃあ^^

意味のわかんない間男話に、泠月の裏切り発覚にひどい話の連続のあとのお兄ちゃん最高よ。宸国に行くから久々に容楽と再会できるね。ついでに昭蕓ちゃんにも会えるし、沈魚もいる…?

ここ数話停滞気味だったから楽しみ。

さてなんかよくわかんないですけど、これも無憂と容楽の策戦だった~とかって後でなるんでしょ?しってる。手紙はすり替えてなかった様子だね。

次回、49・50・51はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。