【花の都に虎(とら)われて・最終話】22・23・24話のネタバレとあらすじと感想|愛も仕事もハッピーエンド

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では、

「花の都に虎(とら)われて~The Romance of Tiger and Rose~」について

全24話のネタバレ全話とあらすじ一覧と、その感想を最終話まで掲載していきます。

未視聴の方はご注意ください。

【全24話】「花の都に虎(とら)われて~The Romance of Tiger and Rose~」あらすじ・ネタバレ・感想

「花の都に虎(とら)われて」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

「花の都に虎われて」登場人物一覧

  • 陳小千・チェン・シアオチエン…ヒロイン、駆け出しの脚本家
  • ハン…人気俳優
  • 陳芊芊…花垣城主の3女、暴れん坊将軍
  • 韓爍…玄虎城主の息子
  • 陳楚楚…花垣城主の2女、生真面目タイプ
  • 陳沅沅…花垣城主の長女、大郡主、脚が不自由、医術の知識は花垣城で1番
  • 花垣城主…3姉妹の母にして城主
  • 裴恒…亡き裴司軍の息子、女社会の花垣城で学士を務める努力家
  • 裴司軍…裴恒の母、玄虎城との戦により戦死
  • 蘇沐…林家の教坊司で働く学士、人気ナンバーワン
  • 梓鋭…芊芊の侍従
  • 梓年…楚楚の侍従
  • 梓竹…沅沅の侍従
  • 白芨…韓爍の侍従
  • 林七…林家のひとり娘、手広く商売、芊芊に敵意
  • 桑奇…花垣城主の侍従、良き理解者
  • 蘇子嬰…裴恒の家で育つ、芊芊にいびられ楚楚に助けられる
  • 陸鵬…人気ナンバー2の学士
  • 楊司戸…花垣城の文官、玄虎城の間者
  • 孟過…山賊の頭領
  • 玄虎城主…韓爍の父、日和見おじさん
  • 玄虎城主夫人…韓爍の母、父は将軍、自らも戦場へ出向いていた

配信

U-NEXT独占配信( ¨̮ )/

DVD

第22話 ネタバレ「夫の御し方 教えます」

楚楚の屋敷。

蘇子嬰は楚楚の元へ逃げ帰り芊芊も林七も生きていたと報告。

楚楚は玄虎城へ向かい殺せと命じる。

客桟。

芊芊と韓爍は無事に花垣城を出て客桟に到着。

そこで戯作者と再会した。

韓爍が楚楚のために呼んだらしい。

芊芊は「みんなのおかげで幸せをつかめた!」と感謝。

戯作者たちがみかんとバナナの正体に気づいていたと教えられる。

そこで芊芊は物語の作者が自分だと明かした。

韓爍が偶然その話を聞いてしまう。

芊芊は「玄虎城に着いてから話そうと…した…の」とおそるおそる切り出す。

韓爍はやっと自分を流刑にしたのは助けようとしたからだと知った。

この機会にすべてを打ち明け「正真正銘秘密のない君」になってほしいと話す。

芊芊は物語のことも登場人物のことをすべて知っていると白状。

脚本家だが生み出した人物を愛してときには恋もすると話した。

結末には瑞雲が現れそこで現世に帰れるのだと。

芊芊は「去る事を恐れている?」と聞く。

韓爍は強がって「300人の妻妾を迎えて暮らす」という。

芊芊が悲しそうに「残りの65日は私にちょうだいね…」と話すので韓爍は「君さえいれば他には誰もいらない」と素直な気持ちを伝えた。

玄虎城。

芊芊と韓爍は玄虎城に到着。

芊芊は城主夫人の夫人会でさっそく失態を犯す。

韓爍は玄虎城主に謁見。

城主は人を殺さなかったのはいいことだが、烏石鉱のことなど何も実現していないと叱責した。

芊芊の部屋。

規則の多さにうんざりして帰りたいと大騒ぎ。

そこへ女官が来て「里帰りは女徳を100回写経してから」と言われてしまう。

韓爍は芊芊を気遣い、代わりに写経し、足を洗って眠らせた。

城主と夫人のもとに「若君が女の足を洗っている」と報告が入る。

城主は激怒。

しかし夫人はその態度に不満を持ち、わざと熱湯を使って足を洗った。

翌日、芊芊が韓爍を従え足を洗わせているという話はあっという間に城内に広まった。

すると「夫のしつけ方を教えてほしい!」と夫人たちが芊芊のもとに殺到する。

芊芊は「夫の御し方講義」を行うことに。

宴。

芊芊と韓爍は宴に参加。

大臣たちは妻の文句を言う。

見かねた芊芊は「家事、子育て、両親の世話、1人で3役こなす妻に感謝を示したことは???」と問い詰めた。

大臣たちは何も言えなくなる。

城主は芊芊を試そうと「出生数の減少が問題視されている」と意見を聞く。

芊芊は婚姻が問題、玄虎城の男が男尊女卑だから出生数が減っていると主張。

玄虎城と花垣城の通婚が改善に役立つと提案した。

人口減少問題を解決し、文化摩擦による溝も埋められる。

両城の資源を交換できれば民の暮らしも安定するというのだ。

花垣城 城主府。

城主は楚楚が芊芊の命を狙ったと知り激怒。

そこでとうとう裴司軍の遺書を見せる。

城主は楚楚を若城主にして後を継がせるつもりだった。

しかし本人にその徳はなく護城軍も従わない。

感想:男の御し方

夫婦といえども他人なわけですから、各々が自立してなきゃ支え合って暮らせないよね〜っていうのはすげえ納得。

中国らしい考え方なのかな?街ではこんな感じだけど田舎はまだ古い考えがありそうだ。

何を失敗しても自分の責任になるのは大変だしきついこともあるけど、相手がいたからってその責任が半分になるわけでもないしなあ。

さて、本編の方は次で終わりそうだけど一体どうなっちゃうの?

第23話 ネタバレ「再び花垣城へ」

その昔、城主と裴司軍は姉妹のような仲だった。

玄虎城との戦で致命傷を負った裴司軍の遺書には、

「城主に娘を任せる、衣鉢を継がせ花垣城に尽させてほしい」

と書かれている。

楚楚は生まれたときから城主にはなれなかったと知り無駄な夢を見ていたことを知った。

玄虎城。

城主夫人は芊芊に衣装や宝飾品を贈る。

城主府人の父は司軍で、夫人も父にならい男装して軍に入り出征したらしい。

芊芊は「夫人となり戦場を離れたことに後悔は?」と尋ねる。

夫人は後悔しているようだ。

花垣城。

楚楚は本当の母が裴司軍だと知り、司軍の座を取り返すと決意。

護城軍へ乗り込むと裴司軍の娘だと名乗った。

遺書と玉佩が証拠だ。

裴恒から花符を奪い、それを壊すと「これからは花符ではなく人に従え」と命じる。

楚楚は独断で玄虎城への烏石の輸送を差し止めた。

信用問題になると反対されるが「反逆した郡主を受け入れている」と勝手な言い分で強行する。

楚楚は恨みをたぎらせ「陳芊芊に勝ると証明し韓爍と引き離す」と憤った。

玄虎城。

烏石の輸送が止められたと情報が入る。

韓爍はすぐに芊芊を戻らせるための罠だと気づいた。

日和見な城主は芊芊を花垣城に戻すとあっさり承諾。

城主夫人は憤り「玄虎城にも戦える女はいる」と反対した。

芊芊の言う通り「女子も自ら運命を選び自ら稼ぐべき」だ。

夫人は芊芊に背中を押され玄符を得て復職。

城主に離縁状を突きつけ「城主夫人は廃業よ^^」と言う。

玄虎城。

城主は女子の行いを規制する布告をする。

「本日より女子は街で手首くるぶしを見せるべからず

学問も商いも女から離縁するのも禁止」

その頃、同じような布告が花垣城にも出されていた。

すべて楚楚の思惑だ。

玄虎城。

芊芊は暗殺を仕掛けてきた蘇子嬰を自由にすると決める。

蘇子嬰は未だに芊芊に恨みをいたままだ。

そこで芊芊は楚楚の布告を見せた。

蘇子嬰は副将になれると信じていただけに、男の行動を制限するその布告の衝撃は大きかった。

芊芊は「一緒に花垣城へ、孟過や梓鋭に対する私の接し方を見ていればいい」と提案する。

玄虎城は城主夫人を将軍として約束を反故にした花垣城を攻めることになった。

軍営。

陳沅沅はすきをみて芊芊のもとに逃げる。

芊芊は姉から城内のことを聞き「民を傷つけたくない」と思いを口にした。

その時、蘇子嬰が「三公主を捕らえたと芝居をして城へ行き、機を見て2郡主を討つのはどうか」と提案。

韓爍たちはさすがに信じられない。

しかし芊芊は蘇子嬰に望みを託すことにした。

花垣城主は城主夫妻が救出に向かうことになる。

花垣城。

その夜、韓爍たちは密路から城に侵入。

別行動していた城主府人はあっさり捕まり、花垣城主のいる部屋に閉じ込められる。

城主府。

蘇子嬰は芊芊を連れて楚楚の前へ。

計画通り楚楚を人質にとった。

しかし、護城軍が現れ芊芊たちは囲まれてしまう。

その頃、裴府で意気消沈していた裴恒のもとに芊芊が囚われたと知らせが入る。

親世代の部屋。

親世代はなぜか桑奇を含めた4人で今後の話し合い。

婿入りを決めるのにサイコロ勝負をすることに。

感想:女の強さ

シアオチエンのうっぷんを晴らすために作った脚本の中なので、女が強くて男を負かすわけだ。

けどシアオチエンも感じてるように一方的に強すぎても問題ありなんだね。

この問題を最初から最後まで一貫して描いてきたあたりはすごく好感触。話を楽しむドラマと言うよりは、場面場面の喜劇を楽しみながら問題提起されたことについて考えるドラマだったなあと。

没入感はないけど面白かった!いやまだ終わってないんだけど、次回!最終回!こじれまくった次女は自分を取り戻し新たな人生を生きられるのか!

即位してくれなきゃシアオチエンが現世に帰れない。

第24話 最終話のネタバレ「天の門が開くとき」

城主府。

知らせを受けた裴恒が駆けつける。

「二郡主は城主の命令に反し、民の暮らしを乱し、裴司軍の遺志に背いた」

護城軍は誰に従うべきか判断を迫られ、裴恒を選ぶ。

追い詰められた楚楚は芊芊に剣を向けた。

その剣は芊芊守ろうとした韓爍の胸を貫いた…

すぐに陳沅沅が呼ばれ韓爍の治療が行われる。

心臓から少し外れていたが、肺が傷ついていてもう長くないという。

芊芊は「私の脚本のせい」と嘆いた。

「君のため、花垣と玄虎のためなら死んでも悔いはない

私自身が決めたこと、君のせいじゃない」

韓爍は芊芊がかつて「男主人公がヒロインを愛する理由がわからないと言われた」と愚痴をこぼしていた時の話をする。

そして男主人公である韓爍が、ヒロイン芊芊を愛した理由を告げた。

「優しく前向きで強い、挫折しても諦めない、君なら大丈夫、私がいなくても幸せになれる

物語を終わらせよう、城主になる君を見せてくれ

長い夢を見たと思えばいい

夢がさめて脚本を開いたら私はそこにいる」

芊芊は泣きじゃくりながらその話を聞いていた。

そして部屋から出ると城主夫妻に謝る。

街。

裴恒は芊芊に手巾を返した。

私塾を開き今後は男も女も平等に学べるよう努力すると話す。

牢。

囚われの身となった楚楚。

そこへ芊芊が現れる。

憎しみを語る楚楚に、芊芊は「私に責任がある、私が死んでいたら順風満帆だった」と素直に認めた。

しかし楚楚に城主の才徳がなかったことも事実だ。

芊芊は継承式を行い、伝説のように瑞祥が現れるか試させることにした。

城主とも相談し3姉妹全員が花道を歩いて、瑞祥が現れたものに城主になると決定する。

韓爍も継承式の話を知り「礼服を着た姿が見たい」と言う。

しかし楚楚は元の世界へ帰る気はない。

城主府。

継承式の日。

最初は楚楚。

突然空がくもり、強風が吹き荒れた。

瑞祥は現れない。

次は陳沅沅。

蘇沐に支えられ自分の足で階段を登った。

天候に変化はない。

しかし陳沅沅は「何も出来ないと言われてきたが、この道を歩ききった」と達成感でいっぱいだ。

その頃、韓爍は芊芊を帰さなければならないと寝台から起き上がる。

「死んだあとこの世界に1人には出来ない」

芊芊は「歩かない」と継承式を拒否していた。

その時、壇上に韓爍が現れ「芊芊、ここまで来い」と呼ぶ。

次の瞬間、倒れて血を吐いた。

芊芊が駆け寄ると、天に瑞雲が現れた。

「私を追い返すの?」

「君の世界がある、戻るんだ…さらばだ、芊芊」

芊芊は韓爍に触れようと必死に手を伸ばす。

しかし頬に触れた瞬間、視界がぼやけて…

目を覚ますとそこは元の世界だった。

「全部夢だった????韓爍はどこにもいないの?」

テレビで流れている制作発表会では韓爍と同じ顔をしたハンがほほえんでいる。

芊芊はとても仕事ができる気分ではなく社長に「失恋した、脚本は間違っていた」と報告。

すると、撮影開始が3ヶ月伸びたと知らされる。

主演俳優ハンが一昨日事故にあって入院。

韓爍と同じように肺が傷ついているが命に別条はないというのだ。

芊芊は急いで病院へ。

病室に入るとハンがベッドに座っている。

「事故の時、白く強烈な光を見たんだが…」

芊芊は七夕の花火、龍骨を盗んだことなど覚えていないか問い詰めた。

しかしハンは反応がない。

「韓爍じゃないの?」

「陳芊芊?みかん君?入院中の私に脚本を読めと?脚本に入れ込みすぎだ」

芊芊はショックを受けて病室を出た。

出たところでふと「みかんって言った?脚本には登場しない!!!」と思い出す。

病室に入ると、ハンがバナナを食べていた。

「そばに寄るな!妙なものにぶつかられたあと長い夢を見ていた

りんごにみかんにバナナと身に覚えのない記憶は君のせいなのか?」

芊芊は泣きながらハンに抱きついた。

芊芊の会社の社長は「病室でも脚本家と相談しとるんですわ〜」と記者を招き入れる。

病室ではその脚本家と主演俳優が抱き合っていた。

記者は一斉に写真撮影。

2人は笑いあった。

「陳楚楚は城主となり、韓爍と陳芊芊は結ばれた」

完♡

感想:意外な満足感

終わった〜!!

最後2話あたりから普通に面白かった!

全体の点数としては54点くらいかな、ストーリーの面では評価できないけど、珍しいテーマに振り回されることなく描ききってるし、登場人物が魅力的だったので最終的にはまあ楽しめました。

欲を言うなら、せっかくの異世界ものなんだから夢小説みたいな展開を盛り込んでほしかったなあ。最初の韓爍のドSキャラは最高だったのに、途中からただのアホボンボンになってしまって残念だったので。

全話、まとめ記事はここから!

4 COMMENTS

文鳥

BS12で視聴しました。(本日1/4最終回でした)

23話で韓爍のお母さんがの旧姓が「花」と言って芊芊が「あのドラマね」みたいな台詞を言っていて、この作品の監督の手掛けた「花不棄」のことをいっているんだと思いましたが、韓爍のお母さんと花不棄たちとの関係性が変に気になってしまいました(笑)

ドラマ初盤は花不棄よりおちゃらけ感があって、流し見程度でしたが、ちょこちょこ現代日本にも言えるような内容で、面白かったです。
花不棄は最後死なずともいい人たちまで死んでいって、個人的に微妙な終わりだったので、綺麗な終わり方でよかったかなと。

返信する
ミルコ

文鳥さんコメントありがとうございます( ¨̮ )/

一瞬だけ名前が出てきましたね!流し見してしまったし録画を消したので詳しく見返す事ができず…文鳥さんのコメントが大変役に立ちました。
花トラに関してまったく同じ感想です笑
最初は何を見せられているんだろう…(‘∵`)って困惑しましたが最後までテーマを貫き通していて人も死なずとってもよかった!
このくらい軽くて短いドラマも、重くて長いドラマの間に挟むと新鮮でいいです!

返信する
ナツメ

ミルコさん、こんにちは。いつもお世話になってます。中国語学習者のナツメです。韩烁のお母さんは花木蘭ですって。ディズニーアニメにもなりましたね。あの伝説の女性は城主夫人になってたのですが、結婚してから妻は若き日の輝きを失ったと嘆く父城主に、息子は庭の木を指して「父上、この木蘭の樹はなぜ室内の鉢植えにしなかったのです?」と尋ねます。「これは室内に置いてはいけないのだ。大空の下で自由に育てなければ」と答えて彼は自分がそうと知らずに妻を束縛していたことに気づきます。父が理解してくれたことを知り、韩烁は微笑みます。この辺は結婚後に変わってしまう女性の立場や生き方を暗示して、私は好きです。
花虎、大好きでした。爆笑と涙です。私は若い二人が幸せそうにしているのを見るとハッピーです。芊芊の物語は第二部があるそうですから、ドラマ化を楽しみにしています。

返信する
ミルコ

こちらこそこんにちは!ナツメさんコメントありがとうございます( ¨̮ )/
な、なんですと!?みんな〜!中国語のできるとっても詳しい人が来てくれましたよ!
韓爍のお母上がムーランだったとは…ナツメさんのコメントがなければ知ることができませんでした。
女性の生き方をテーマにした花虎だからこそのエピソードですね。
ナツメさんくらい原作知識があったらもっと楽しめたのかな…とおもって中国語学習欲が増しております笑
わー!?続きがあるんですか!?
もしできるなら同じキャストで続編を見てみたいです(>〰< )

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。