萌医甜妻(ほういてんさい)22話23話24話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全28話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」について、全28話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を各話掲載していきます。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

【全話】「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」あらすじとネタバレと感想

「萌医甜妻」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

萌医甜妻の登場人物

  • 田七…太医見習い、沈昭児、8年前に両親を殺されかたきを討つため紀家へ
  • 紀衡…紀家当主、節帥、母は紀夫人
  • 紀征…紀衡の腹違いの弟、愛人の子供
  • 康寧児…紀衡たちのいとこ、紀衡が好き
  • 康徳…紀衡たちのいとこ、足が悪い
  • 紀夫人…紀衡の母、先代の正妻
  • 盛安懐…紀衡の側近
  • 丁志…田七の師匠
  • 沈青雲…田七の父、8年前に殺された
  • 順成郡主…紀衡の婚約者
  • 万紅…田七を助け医術を教えた、沈青雲の妹弟子
  • 林千…万紅の相棒(?)
  • 潔児…妓女、田七の敵の手がかりとなる腕輪を客からもらう
  • 淑夫人…紀家先代当主の愛人、本名は 廖淑儀
  • 春花…紀家の侍女、田七のことが好き、とってもいいこ、こんないい子がいていいの?
  • 孫大刀…紀家の侍衛、うんこ野郎
  • 菫子淳…菫家山荘の生き残り、山荘を滅ぼした紀家に恨みを持つ
  • 孫従瑞…国侯、田七の父を裏切った男
  • 孫藩…孫従瑞の息子、うんこ野郎
  • 鄭少封…紀征の友人
  • 陳無庸…紀夫人の側近

第22話「愛の流星雨」ネタバレ

東屋。

紀衡は田七の部屋から紀征を連れ出した。

紀征は再度、田七とは気が合うので一緒に紀家を出たいと申し出る。

すると紀衡はムキになったように「紀家出す気はない」と一蹴した。

紀征は田七のことをどう思っているのか問い詰める。

紀衡はあくまで助けてもらった恩があるだけと話した。

しかし、田七が紀家を出ると望むなら無理強いはしないと譲歩する。

田七の居所。

翌朝、田七は紀衡に追い出される夢を見て目を覚ます。

窓の外を見ると花吹雪が舞っていた。

そこへ花の精霊のような紀衡が現れる。

紀衡は田七を抱き寄せ、女だと知ったことを明かす。

隠した理由を問われた田七は「バレたら側にいられなくなるのが怖い」と話した。

田七は紀衡の用意した女の衣に着替える。

屋敷の者には臨時休暇が出され、紀家には田七と紀衡の2人だけだ。

2人は楽しい時間を過ごした。

紀衡は「君を愛し守る紀衡になる、君のことを無条件で信じる、君がすべてを教えてくれるときを待つ」と優しく話した。

その夜、紀衡は手を回して田七のための花火を用意した。

2人は初めてキスを交わす。

そこへ如意が戻ってきて、2人の姿を目撃した。

牢。

陳無庸は捕らえた潔児を拷問し腕輪のことを問い詰める。

潔児は腕輪を売った事、田七が持っている理由はわからない事を素直に話す。

田七は万紅が連れてきた医術のできる娘と聞いた陳無庸は、田七が沈昭児なのではと気がついた。

陳無庸は潔児を処分する。

天壱堂。

翌日、如意は女の衣を着た田七が紀衡とチューしてた^^と祖母 紀夫人に話してしまう。

紀夫人は激怒し盛安懐を呼び出した。

画梁閣。

その頃、屋敷内では紀衡と田七が付き合っているという噂が流れていた。

紀衡は田七を抱き寄せ「女だと明かせば噂は消える」と微笑む。

そこへ盛安懐が入ってきた。

仰天する盛安懐に、田七は女であることを明かす。

そこへ紀夫人の呼び出しがかかった。

天壱堂。

盛安懐はあくまで2人は上下関係、信頼と忠誠で結ばれているだけと説明した。

しかし女の格好や花火については説明できない。

庭。

紀衡は田七を伴い移動中。

田七は「いつものように叱って厳しくすればいいのに」と不満げだ。

紀衡は使用人がいる前で田七を抱き寄せ、おでこにキスをした。

そこへ紀夫人が…

紀夫人は紀衡と田七を問い詰める。

紀征も駆けつけ田七をかばった。

田七が女だと知った紀夫人は「身分の偽って皇帝を欺いた」と激怒。

紀衡は「わかったあとも置いたのは私の責任、責任は自分が取る」と田七をかばう。


感想:夢オチ

どうなっとんのですか…?

田七が男じゃなかったらあんなに優しくなるの!?誰にもそんな表情見せたこと無いのでは!?

そこまで豹変されるとちょっと人格を疑う(‘∵`)どうなっとんのですか…?

田七も言ってたけど今まで罰だ処刑だ死罪だ、足蹴りに手も出て大変な暴君だったんだが!?

いつか夢が覚めるんだ…と思って最後まで見てたらしっかり現実だった。

でもどうなんだろう、身内と認めた人にはとことん甘いか、誰にでも分け隔てなく優しいかっていうとどっちが…

管理人?紀征と結婚します(*/ω\*)ご祝儀ください。

第23話「母の秘密」ネタバレ


紀家。

田七が女だということが紀夫人にまで露見してしまう。

紀衡と紀征は田七をかばった。

困り果てた紀夫人は選択肢を2つ与える。

1つは、全て皇帝に報告し罰は紀夫人が受けるというもの。

2つ目は、何も見なかったことにして田七を紀家から追放するというものだった。

紀夫人は怒って立ち去る。

天壱堂。

陳無庸は「田七をすぐに追い出さないと災難が起こる」と紀夫人をせかす。

紀夫人はその昔、先代紀家当主が恋におぼれて愛人を選んだことを思い出していた。

先代が愛人を選んだことで紀衡と紀夫人の立場が悪くなったのだ。

陳無庸は田七を処理するという。

その頃、紀衡は母を説得しようと面会を求めている。

そこへ紀征もやってきて「一緒に母に謝りたい」と申し出た。

紀征は田七のことが好きだったが、兄にふさわしいので悔しくない、何があっても守って欲しいと頼む。

紀衡は田七を守ると誓った。

その夜、田七の居所に陳無庸が侵入する。

もみ合いになり田七は陳無庸の手首の傷痕に気がついた。

それは8年前、田七が父母を殺した刺客に噛み付いたときのものだ。

紀征と紀衡が駆けつけ、陳無庸は逃げ出す。

料理屋。

逃げ出した陳無庸は任務の失敗を菫子淳に報告する。

話を聞いた菫子淳は田七を使って紀家に混乱を巻き起こすことにした。

紀家。

田七は暗殺者が陳無庸だと兄弟に告げる。

そして陳無庸に父と母が殺されこと、事件のことを調べるために紀家に入り込んだことを明かした。

紀征の屋敷。

鄭少封(菫子淳)が紀征と酒を飲みに来る。

鄭少封は「立場が逆なら田七はお前を選んだ、女は権力が好き」とそそのかす。

そこへ密書が届いた。

そこには紀夫人が紀征の生母に自殺をうながした事が書かれている。

紀征は激高し紀夫人のもとへ。

天壱堂。

紀征は紀夫人を問い詰める。

紀夫人は紀征の生母に、自分が死ぬか子供(紀征)を殺すか迫ったと話した。

そして罪を認め、自分を殺してもいいが紀衡は無実なので見逃せという。

紀夫人の思いは紀征に伝わらず、2人は決別する。

画梁閣。

紀衡は田七が病死したことにして、女の田七と結婚することを考えていた。

田七に「結婚してほしい」とプロポーズする。

しかし田七は「今は復讐が大事」と申し出を断った。

田七はまだ自分の正体が沈昭児だと明かしていない。

画梁閣。

陳無庸の隠れ家が見つかった。

駆けつけた紀衡に陳無庸は「田七は沈青雲の娘 沈昭児」と教える。

さらに夫妻を殺したときのすべての指示は紀夫人がしたと嘘をつく。


感想:紀夫人の謎

紀夫人は暗躍お局婆さんかなと思ってたら、どうやらそんなにあくどい人でもないみたい。

先代が愛人に惚れ込んで、紀衡と夫人の身が危うくなるって理由がわからない。

先代がぶっ壊れた人だったなら夫人を追い出して愛人を正妻にしてもおかしくない。

紀衡も言ってたけど努力すればするほど父に邪魔者扱いされたらしいし、先代が人格破綻者か?

それで紀征の生母こと愛人に毒を用意したのが沈青雲だとしたら巻き込まれて殺される?

OPネタバレで田七が紀衡に剣を向けるシーンがあるんだよね。

そんで紀衡も沈青雲夫妻が殺されたのは自分のせいだと悔いている。

悔やんでいるのは助けに行った時に間に合わなかったってだけじゃないと思うんだよな。

うーん(‘∵`)???

第24話「死人に口なし」ネタバレ


天壱堂。

屋敷に戻った紀衡は母のもとへ。

沈青雲夫妻の殺害に関与したかと聞く。

紀夫人は「紀家の秘密を守るため沈青雲の追放を指示した」と認めた。

しかし夫人は全て過ぎたことだと言う。

紀衡は自分のために秘密を隠し通そうとする母と対峙。

母を見限ることも出来ず、この一件は伏せることにした。

怡承殿。

その夜、紀衡は田七に刺される夢を見た。

目を覚ました紀衡は「夢のようになったとしても田七を手放さない」と決意する。

一方、田七は紀衡に本名を明かそうとする。

しかし紀衡はそれを止めた。

紀衡は真相を知れば田七が去ってしまうのではないかという恐怖から、居留守を使って田七を避けるようになる。

紀征の屋敷。

鄭少封(菫子淳)は再び紀征のもとへ。

悔しいなら反撃したほうがいいとそそのかす。

紀家。

田七は紀征に「真相を打ち明けようとしたが止められた」と話す。

紀征は「私にも教えてくれ」と迫り、田七の正体が沈昭児であること知った。

紀征はすぐに居留守を使っている紀衡のもとへ。

紀夫人を守るため田七の敵討ちを無視する道理のなさを批判した。

そして「反目しても奪い返す」と宣戦布告し立ち去る。

郊外。

紀衡は沈青雲夫妻の墓へ出向く。

娘を見つけたと報告した。

そして、田七と初めて会ったときのことを回想する。

花火を見に来て両親とはぐれた田七は、偶然 紀衡と出会う。

すぐに沈青雲夫妻が見つかるが、紀衡は身分を明かさなかった。

その日、紀衡は田七に差し伸べられた手を取り、初めて普通の家庭のぬくもり知った。

紀衡は亡き沈青雲夫妻の墓前で苦悩する。

紀家。

田七のもとに「陳無庸は地下牢にいる」という密書が届いた。

菫子淳の策略だ。

田七は林七を屋敷に呼び、牢に侵入。

紀征が気づいて2人に追随した。

田七は陳無庸を見つけ「誰の命令で殺した」と問い詰める。

すると陳無庸は紀衡の命令だと答えた。

その昔、先代は菫家山荘の討伐で紀衡に人望が集まり焦った。

そこで愛人の息子 紀征に節度使の座を譲ろうとした。

紀衡は冷遇を恐れて父の暗殺を計画した。

その計画に沈青雲が従わなかったので始末させた。

その証拠に、陳無庸を動かせるのは紀衡、先代、紀夫人しかいないという。

さらに陳無庸は紀衡に毒を飲まされたと嘘をついて死んでしまった。

田七はショックを受けるが「彼の口から聞くまでは信じない」と言う。


感想:硬いうんこきばってるみたいな

ごめん、ほんとこんな時に言うことじゃないとわかってるんだけど我慢できないから言わせて

紀夫人と紀衡が秘密を共有してるシーンで二人の顔がうんこ我慢してるみたいだなって、特に紀衡は3日ぶりの硬いうんこ気張ってるみたいだなって思っちゃった。

この役者さん演技が一辺倒なんだもん…という言い訳。

ほんとごめん読み飛ばして。

そして田七が男装をやめたわけだけど、太医姿のほうが可愛いっていうどうしようもない事態が起こっております。

なんだろう、もうちょっと女装のときはメイク濃いめにしてみたらいいのでは。

披露宴出席するのに髪セットして服も着替えたけどどすっぴんみたいな。顔だけ浮いてるみたいな。

絶対ハッピーエンドじゃんと思ってみてるから好き放題いいますわ。

次回最終回!25話26話27話28話はここから!

萌医甜妻全話まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。