【花不棄】34・35・36話あらすじとネタバレと感想|砂漠で楽しく4角関係

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第34話 砂漠の2人

あらすじ

東方炻の追跡を振り切って登州へたどり着いた花不棄と朱寿は、砂漠にある龍虎客桟でひと晩を過ごすことにする。

だがその夜、東方炻が追いかけてきたため、宿の女将に頼んで秘密の抜け道から逃がしてもらうも、東方炻は女将を脅して次の行き先を聞き出す。

次に2人がたどり着いたのは、盗賊の営む宿だった。

すんでのところで難を逃れた不棄が砂漠で朱寿を待っていると、そこに東方炻が現れる。

不棄は東方炻と行動を共にすることになるが…。

ネタバレ

龍虎客桟。東方炻の追跡を逃れて宿に到着した花不棄と朱寿。金仙玉という女将はやり手らしく、この辺りの商売を牛耳っているらしい。そこへ金仙玉が現れ、朱寿を「寿寿」と呼んで絡みつく。どうやら2人は旧知の仲らしい。

その夜、東方炻が客桟にやってきた。姿絵を見せられた金仙玉は「見ていない」とごまかし、朱寿に報告した。朱寿は金仙玉に賄賂をたっぷり渡し、秘密の抜け道を使って逃げ出す。

2人を逃がした金仙玉だが、過去に朱寿のせいで大損をしたことがあり「三じいにカモが二人行くと伝えて、あのときの数十万両はきっちり取り戻すわよ」となにか企んでいる様子。

抜け道から出てきた金仙玉を東方炻が待ち伏せしていた。金仙玉は指を切り落とされ、花不棄たちのことを話してしまう。

次の宿に到着した花不棄と朱寿。花不棄は疲れて眠ってしまう。しばらくして朱寿はそこが盗賊の営む宿だと気がついた。花不棄を起こして弩を持たせると、窓から逃がす。盗賊を食い止めていた朱寿は富豪のふりをして50万両を渡すことで話をつける。そこへ東方炻が乗り込んできた。朱寿は騒ぎの間にこっそり逃げ出す。

二人が逃げたことを知った東方炻はすぐに後を追う。そして朱寿を待っていた花不棄を見つけた。

捕まった上に嘘がバレて気まずい花不棄。東方炻は「令牌を返せ」と言う。花不棄が令牌のことを尋ねると「誠王の窮地を救ったときに賜ったものだ」と本当かウソかわからない話をする。

花不棄は「西楚州一の賭場で稼ぐの、1万両払うから朱寿を宿から救い出して」と頼み込む。朱寿はすでに逃げ出しているが、その事を知らない花不棄をひとしきりからかった東方炻。すでに逃げ出したことを教えると「一人で砂漠は抜けられないぞ」と同行するよう言った。

自信満々だったが、道に迷って同じところに戻ってきてしまう東方炻。花不棄は食料と水がなく、分けてほしいと頼むが「いくら払う?」とまたからかわれる。東方炻が「媚を売ればやるよ」とまで言うので、花不棄は水源を探そうと地面を掘り始めた。見かねた東方炻は水を分けてやる。

「私がついていれば安心だ」「なぜかしらこいつには嫌な感じがしない」死の砂漠で謎に絆を深める2人。

夜になり星が出るまで待機することになる。眠ってしまった花不棄はサソリに足を刺され飛び起きた。毒を吸い出すため傷口に唇を付けた東方炻はたらこ唇になってしまう。二人で大笑い。

阿福と張妃は碧羅天へ向かっている。

感想:優しいんだけど…

東方炻「生まれた日は違うが、死ぬ日は同じかも知れぬな^^ニコッ」

なんか気持ち悪いとこあるよな東方炻のお兄ちゃん。なんだろう、からかうのが大好きなのもしつこいところもちょっと…地雷の香りがする。

間が持たない!陳煜!早くきて!

第35話 恋の鞘当て

あらすじ

東方炻と砂漠をさまよう花不棄。果物のなる木を見つけて喜び合った直後、思いがけず陳煜と再会する。

盗賊を捜しに砂漠を訪れた陳煜が折よく通りかかったのだ。初対面を装うものの、親しげにほほ笑みを交わす。

東方炻は仲のよい2人を目の当たりにし、いらだちを募らせる。

図らずも砂漠で恋の鞘当てが勃発するのだった。

湖に行き着くと、不棄は水浴びを口実に2人を下がらせ、東方炻の水筒にしびれ薬を入れる。

そこへ陳煜を捜す柳青蕪も参入し…。

ネタバレ

砂漠。花不棄と東方炻は果物のなる木を見つけて大喜び。その様子を沙鼠さそという男が隠れて見ている。沙鼠はすきを見て馬に近づき、飲水に薬を入れた。

眠る花不棄を見つめる東方炻は「このまま永遠に君と砂漠をさまよっても本望だ…」と幸せいっぱい。

しかし、そこへ陳煜が現れた(すごい偶然だ)花不棄と陳煜は初対面のふりをしてほほえみ合う。盗賊退治をしている侠客だと名乗った陳煜を東方炻は「怪しい」といって花不棄から引き離そうとする。1人で置いていかれそうになった東方炻は3人で行動することを承諾した。

その夜、花不棄と陳煜は正体を隠したまま気持ちを確かめ合い幸せを噛み締めた。だが事あるごとに東方炻が嫉妬し邪魔をする。

我慢できなくなった花不棄は「東方家は仇だし嫁には行かない、もう関わらないで」とはっきり断った。だがそれで諦める東方炻ではない。

東方炻は陳煜の寝床にこっそり毒蛇を呼ぶ薬を撒く。それに気がついた陳煜は、目配せをして花不棄にも教え、布団を取り替えるよう仕向ける。その布団で眠った東方炻は蛇に囲まれ飛び起きる羽目になった。その上、花不棄と陳煜が恩智布団で眠っていしまうさらなる嫉妬を募らせる。

陳煜は「盗賊を捕らえた際、痺れ薬を手に入れた。すきを見て飲ませよ」と花不棄に話す。

眠ってしまった二人を見てイライラが止まらない東方炻は、蛇を焼いて花不棄を起こそうと考えた。作戦通り匂いにつられて起き上がった花不棄だが、陳煜に邪魔され蛇を食べることが出来ない。花不棄は「あなたの取り柄は医術だけね」と言い放ち眠ってしまった。

砂漠の中の湖に到着した3人。花不棄は「水浴びがしたい」と言って2人を追い払う。

目隠しをしてお互いを見張る陳煜と東方炻。そのすきに花不棄は飲水に痺れ薬を入れた。そこへ今度は柳青蕪が陳煜を追ってやってきた。

「陳煜ぅ会いたかったわぁ…思いを抑えきれないぃん…」

花不棄は二人の様子を見て嫉妬し、東方炻に抱きつくと「私の夫よ^^」と対抗した。柳青蕪は花不棄を見て驚く。

感想:かわいそう…

3人いるのに1人のけものにしたら可哀想でしょ!!お母さんいつも言ってるでしょ!!何してもいいけど人を傷つけるのだけはいけません!

えーとそれから!なんで柳青蕪ちゃんは好きな男の前で豹変するんですか!こわいです!陳煜はきっぱり断ってください!

3角関係ならぬ、4角関係なんですがもうどうしてくれよう。

しかしなあ東方炻はずる賢いところと医術の腕以外はほんとに何も出来ないんだな。やっぱり引きこもりおたくタイプ…どうあがいても文武両道人気者陳煜には勝てないわな。

第36話 名前で呼び合う仲

あらすじ

柳青蕪と陳煜はいつのまにか名前で呼び合う仲になっていた。

しかも、陳煜はただの友人だと言いつつも負傷している青蕪に常に気を配っている。

いったんは陳煜の言葉を信じることにした花不棄だが、重傷の青蕪に一晩付き添う陳煜が誘惑されはしないかと気が気ではない。

朝になっても部屋から出てこない2人にイライラしながら様子を見に行くと、なんと陳煜は青蕪と同じ寝台で眠っていた。

傷ついた不棄は思わず砂漠へ飛び出していくが…。

ネタバレ

花不棄は柳青蕪を湖に連れて行く。「洞窟で追い詰められ陳煜は私の衣をはだけて優しく手当してくれたわ…それからずっと一緒に住んでいるの…」その話を聞いた花不棄はますます苛立つ。

東方炻は目の前の男が蓮衣客ではないかと疑い始めたようだ。そこへ傷を洗った柳青蕪と花不棄が戻ってきた。

西楚州へ向け出発する一行。だが「傷が化膿しちゃったの…1人で馬に乗れないわぁん…」と柳青蕪が言い出し、陳煜は仕方なく花不棄と柳青蕪を同乗させる。しかし東方炻のいたずらで、陳煜と柳青蕪が同乗することになってしまった。

宿に到着した一行。陳煜は柳青蕪を気遣っており、花不棄はもう鼻の穴が膨らみっぱなし。東方炻に治療を任せ、花不棄と陳煜は2人きりになる。

花不棄を抱きしめた陳煜は「この瞬間を夢見て変になりそうだった、碧羅天を探るために手を組んだ、腕を犠牲にして私を救ったので、その恩に報いないわけに行かない」と納得させようとする。

花不棄は「だったら2人で逃げよう」と言うが、陳煜は「ケガをしているのに置いていけない」と行動が伴わない。そして「九殿のことも命令を受けてしたこと、本当の仇は柳明月だ」と陳煜が話したことで花不棄は柳青蕪を殺しに行こうとする。陳煜は花不棄をなだめて、二人で暮らす夢を語った。

治療を終えた東方炻は「血脈に菌が入り悪化している、今夜は付き添いが必要だ」と言う。陳煜は一晩中付き添うことになり、花不棄は柳青蕪に誘惑されないか気になって仕方がない。

東方炻に「手を結ぼう」と持ちかけられていた柳青蕪。その夜、陳煜を気絶させ寝台に引き込む。

翌朝、花不棄が部屋の扉を開けると衣を脱いだ2人が寝台に横たわっていた。花不棄は目をそらし飛び出していく。

砂漠に出て大泣きする花不棄。追いかけてきた東方炻は「やつは蓮衣客だろ」と話し慰める。大泣きしている花不棄は、東方炻に差し出された水に痺れ薬を入れたのを忘れ飲んでしまう。続けて東方炻も。二人が気を失った所へ沙鼠が現れ、花不棄を連れ去ってしまった。

半日後。やっと目が覚めた陳煜は、はめられたことに気がつく。柳青蕪を叱責し花不棄を探しに向かった。

陳煜は砂漠で倒れていた東方炻を起こす。不服そうな顔をしながら、二人乗りで花不棄を探しに向かった。

盗賊の巣窟。柳明月は「青妍が回復すれば郡王府に潜り込ませる」と盗賊の頭 馬大胡子またいこしに話している。そこへ沙鼠が花不棄を連れてきた。柳明月は気が付かず行ってしまう。目覚めた花不棄は馬大胡子に手篭めにされそうになり「放してくれたら100万両!」と交渉。馬大胡子は承諾し花不棄を閉じ込めておくことにする。

感想:どこまで行っても腐女子

今回、東方炻が前で陳煜が抱え込む形の二人乗りがありましたあ!やっぱり男女より見てて楽しいんだよなこっちのほうが…たまんねえや。

しかし、碧羅天に手をかけたというのに、そこからどんどん話がずれて行って、一体みんな何してるのよ砂漠の真ん中で!楽しいからいいけども。

阿福は碧羅天の前で足踏みしてんじゃないのかね、何話放置されてんだよ。草葉の陰で信王が泣いてるぞ。

次回、37・38・39はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。