🌊海上牧雲記|1分でわかる67・68・69話あらすじ・ネタバレ・感想|

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2019/01/blog-s.pngみるこ

今回は、10月からBS12で放送される「海上牧雲記〜3つの予言と王朝の謎」(原題:九州・海上牧雲記読み:かいじょうぼくうんき)のネタバレ感想(67・68・69)を書いていきたいと思います。英題はtribes and empires stom of prophecy。

DVDとレンタルと動画配信情報

DVDは現在3巻まで発売中

レンタル

新作じゃなければDVDレンタルが一番安い。ツタヤ行くかゲオ宅配レンタル が便利。

動画配信

まだ見放題の配信はありません。1話の価格が200円近くするので割高。単発で見ようと思えばアマゾンプライムがよき。

相関図

(引用:https://knda.tv/datv/)

「海上牧雲記」全話あらすじ・ネタバレまとめ

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2019/01/blog-s.pngみるこ

67・68・69話のネタバレ感想を書いていきます。70話から先の続きは下のリンクからどうぞ!

第67話「決戦の時」

戦が始まった。赫蘭鉄轅は最前線の杭に牧雲厳霜をつなぎ、攻撃を躊躇させる。しかし和葉がこんな戦い方は瀚州の恥だと叱咤し、戦士たちは真っ向から向かっていく。そして穆如に敗北し多くの戦死者が出た。

端明帝は牧雲笙を呼ぶ。そして、「勤王」から太子を殺すよう迫られていると率直に話す。護衛として同行した寒江は、逃げてはいけない時があると端明帝に言う。明日から朝政に出ると笑ったが、どこか様子がおかしかった。

牧雲笙を暗殺しようとした風婷暢は外に出される。牧雲笙は彼女を気に入り話をする。そして彼女の持ち出した盼兮の絵を久しぶりに見て、彼女のことを思い出す。牧雲笙は風婷暢を逃してやることに。その御礼にと精神力を高める薬をもらう。だが飲みすぎると精神が乱れ他人に心を支配されてしまうらしい。

墨禹辰は秘術を使い天牢から苓鶴清を出す。そして今や8000年の歴史がある羽族の占いが信仰され、皇極天経派などデタラメだと蔑む。

精神力のお薬

すごいフラグ北。精神力を高める!でも飲みすぎると他人に支配される!つまりこのあと…誰に支配されるんだろう?墨禹辰かな?

端明帝はなにか覚悟を決めたような表情で息子を見送っていたんですが、どうなっちゃうの。穆如槊が間に合わなかったら彼の信念はどうなってしまうんだろうという興味はある。なんせ次回「皇帝の死」

第68話「皇帝の死」

墨禹辰と苓鶴清が話をしている。そこへ牧雲徳も加わり、皇極天経派の名誉回復と引き換えに、ある人物を操ってほしいと言う。だが承知しない。墨禹辰は苓鶴清に秘術をかけ操ることにする。そして蘇語凝の腕飾りを渡した。

赫蘭鉄轅は和葉と牧雲厳霜に話をする。野望を捨てられる和葉が羨ましい、どうしても王の座を手に入れたいし、人々にかしずかれたい。だから野望を持ったものの強さを証明すると宣言する。

天牢にいる皇后に、乳母が会いに来る。皇后は乳母の頬をはたき苛立ちをぶつける。だが合戈が戻ったことを知ると、どうしても会いたい、なにか策をと頼む。皇后の寝所に戻った乳母は、皇后の書いた詩をもって端明帝に奏上するという。

端明帝に会いに来た乳母を虞心忌は渋々通す。その直後、寒江が現れる。

数刻後、牧雲笙が頼まれていた絵を持ってやってきた。兵士は殺され虞心忌も意識がない。皇帝の寝所から出てきた寒江は、逃げろ、と言って意識を失った。中に入ると端明帝が死んでおり、側には乳母の遺体も。

牧雲笙は蘇生させようとするが精神力が足りない。隠れていた太監は、寒江が来て乳母と端明帝を殺したという。

外に出た牧雲笙。するとそこに牧雲合戈がやってくる。

端明帝の葬儀が行われた。

苦速都

覚えていますか…彼のことを…金珠海ちゃんのことを…

なんかしらないけど、苦速都の突然名前が出てきた。人物自体はずっと赫蘭鉄轅の側で出てたんだけど、誰も名前呼ばないからわかんなかったよ。従順になっちゃってまあ。

はい、皇帝が死にました。が!なにやら空白の時間があるようで突然のミステリーが始まりましたよ。

タイミングよく現れた合戈を見てサブイボ〜

第69話「真犯人」

戦いが始まり11日が経った。時間稼ぎはもう十分だと寒山は言う。そして盾を捨て、守りの陣を壊し、両者は直接対決する。穆如鉄騎は牧雲厳霜を守り散った。

寒江が皇帝弑逆の罪で捕らえられ、その影響は穆如家にも。留守を預かる寒川は一族を集め、大将軍の戻りを待つと宣言する。

未平斎で牧雲笙は精神力を増やす薬を飲み、端明帝が殺されたときの光景を見ようとする。そこへ牧雲合戈と皇后がやってくる。牧雲笙は気づかず過去を見る。端明帝を殺したのは皇后の乳母だった。

牧雲笙は薬の副作用で精神が乱れ、墨禹辰に心を囚われてしまった。操り人形のようになった牧雲笙は、合戈の言うままに「穆如一族を処刑、家紋は断絶、盟約は破棄」「太子の位を返還、家法に則り罰を受ける」という詔書に署名してしまう。

寒江と牧雲笙は殤陽関に吊るされる。

勝利の喜びに湧く赫蘭陣営。和葉は浮かない顔だ。そこへ赫蘭鉄朶が戻ってくる。そして和葉を見つめて船を見つけたと言った。さらに索達、龍格、苦速の族長の印章が入った袋を渡し、これで赫蘭鉄轅と対等だと言い出す。

遺詔は?

端明帝が虞心忌に預けてた遺詔はどうなったんだろう。あれが出てくるか、もしくは牧雲笙がODしなけりゃこんな面倒なことにならなかったのに…?

復活した皇后の頭のでかいことでかいことwww吹き出してしまった。冠含めて2メートル位ありそうだ。

次回、70・71・72話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。