🌊海上牧雲記|1分でわかる7・8・9話あらすじ・ネタバレ・感想|

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2019/01/blog-s.pngみるこ

今回は、10月からBS12で放送される「海上牧雲記〜3つの予言と王朝の謎」(原題:九州・海上牧雲記読み:かいじょうぼくうんき)のネタバレ感想(7・8・9)を書いていきたいと思います。英題はtribes and empires stom of prophecy。

DVDとレンタルと動画配信情報

DVDは現在3巻まで発売中

レンタル

新作じゃなければDVDレンタルが一番安い。ツタヤ行くかゲオ宅配レンタル が便利。

動画配信

まだ見放題の配信はありません。1話の価格が200円近くするので割高。単発で見ようと思えばアマゾンプライムがよき。

相関図

(引用:https://knda.tv/datv/)

「海上牧雲記」全話あらすじ・ネタバレまとめ

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2019/01/blog-s.pngみるこ

7・8・9話のネタバレ感想を書いていきます。10話から先の続きは下のリンクからどうぞ!

第7話「檻の外へ」

皇后は林秀曼りんしゅうばんが死んだことを端明帝に報告する。父が母にした仕打ちを息子は知ってしまった、だが端明帝は牧雲笙ぼくうんしょうを受け入れるつもりだと話す。それが気に入らない皇后は、永銀宮を禁足地にし侍女に毒を飲ませるなど汚い仕事をしたのは自分だという。そして永銀宮をともに訪ねたのは穆如ぼくじょの息子だと吹き込んだ。

牧雲笙に端明帝から鎧が贈られる。それを見て牧雲笙は端明帝の居室に乗り込む。母と同じように幽閉してください、牧雲笙がそういうと、端明帝は罪人でもないのにと返す。ならば母は罪人ですか、端明帝は口淀む。言い合いになり息子の頬を叩いた端明帝は「最近できた友の影響か」と言った。

ぎょう王が釣りをしているところへ南枯祺なんこきがやってくる。鄴王は南枯と手を組み穆如に謀反の疑いをかけ排除するつもりだ。

狩場に向かう馬車の中で南枯徳は墨禹辰ぼくうしんと手を組んでいた。皇后の息子・合戈ごうかを太子に立てる協力を得るため、墨禹辰を端明帝に会わせるらしい。

せい公主 牧雲厳霜げんそう碩風せきふう和葉も狩場に来ている。男の格好をして男のように振る舞う靖公主を見て和葉が笑うと、靖公主は和葉を逆さ吊りにした。和葉はいつか必ずお前を俺の正室にしてやると大口をたたく。

端明帝と揉めたことで気落ちしている牧雲笙を連れて外に出る計画を立てた寒江かんこうだが、すぐに穆如さくとその兵士たちに追いつかれ連れ戻させる。牧雲笙が帰ることを拒否したため寒江は誘拐の罪を着せられ、鎖に繋がれてしまった。牧雲笙は端明帝に寒江を開放してくれるよう頼むがまたも言い争いになる。そして怒りに任せてに剣を向けた端明帝を見て、牧雲笙は剣の前に進み出た。母と同じように行動した息子を見て端明帝は何も言えなくなる。

和葉と寒江は鎖に繋がれて再会する。喜び合う二人だが、同じく捕らえられていた老夫が牧雲笙の気配を感じ取り「人族の朝廷に魅族の皇子が」と面白がる。

第2皇子 牧雲陸は蘇語凝そごぎょうのことを気に入っている。狩場の幕舎に秀女が集まっているとそこへやってきて、山頂で積んだという野花を蘇語凝に渡した。気に入らない南枯月漓げつりは、自分も気に入られようとすり寄るが相手にされない。二人きりになったあとで、月漓は蘇語凝を平手打ちに。しかしいつもは反撃しない蘇語凝が、もう限界だとやり返す。

南枯徳と墨禹辰は皇后の幕舎にいる。墨禹辰を端明帝に会わせるため、皇后にその手引を頼みに来たのだ。だがそこへ南枯月漓が飛び込んでくる。月漓は叱責されるが、蘇語凝に殴られたいつか殺されると泣きつく。だが合戈が僻地に飛ばされた話をしてしまったため皇后の怒りを買い出入り禁止になってしまった。

寒江をみつけた牧雲笙は囚われていた和葉と老人も連れて逃げる。夜になり四人は洞窟の中で火を囲む。寒江が穆如のものだと知った和葉は、かつての父と母の話をした。

月漓はおバカなの?

早々に退場するのかと思いきや、結構終盤まで残る様子。いま出てきている子どもたちが皆成長していく姿が見られるのかな。まだまだ未熟だもんね。

黄歇の子役はどこから見つけてきたのか不思議なくらいにてて不気味である。そしてとても利口。父親はなんか臆病者だし早いとこ親世代は撤退してよし!

調べ物をしていて気がついたけど、主要三人のキャストも蘇語凝も月漓もみんなキャストが入れ替わるのか。楽しみ。

第8話「厄災の始まり」

洞窟で話をしていた和葉・寒江・牧雲笙は星読みの予言から現在にいたるまでの経緯を知る。和葉の両親を殺した穆如鉄騎は寒江の父、寒江が捨てられたのは牧雲笙の予言のため、そしてすべては牧雲笙が誕生したときにされた「帝王の剣を握った時、天下に乱を起こし民を苦しめる」という予言によるものだった。牧雲笙は戸惑い、大きな力に翻弄されているのならそれを消すと出ていった。

寒江と和葉も別れを告げる。次に会ったときには仇だと。

寒江の名で呼び出された蘇語凝は崖から突き落とされる。それを見て南枯月漓は微笑んでいた。

和葉は老人とともに逃げるが靖公主の兵士に追い詰められる。和葉が老人だけを逃がそうとした時、「借りを返す」と老人が向かってきた兵士たちを始末した。負ってから逃れ川で水を飲む二人。老人が持っている兵士を一掃した特殊な指輪は”天羅刀絲てんらとうし“というもので、老人はそれを和葉に託す。鉄沁になり天啓を手に入れた時返してくれればいい、そして天拓海峡で”横公おうこう“という船を探せと言った。

翌朝、牧雲笙は幕舎に連れ戻される。端明帝の幕舎に置いてあった天子の剣 辻目つじもくを手にしようとした時、端明帝に突き飛ばされる。端明帝は今夜ある場所へ連れて行くと言った。

その晩、南枯徳は墨禹辰と幕舎にいた。墨禹辰は皇帝を葬るため特別な剣を用意したと話す。そして南枯徳の顔を不思議な術で剥ぎ取ると幕舎を出た。南枯徳は妖術により顔を焼かれたようになって死んだ。

端明帝は初めて銀容と会った白い花が輝く花畑に牧雲笙を呼ぶ。端明帝は、鄴王が廃太子となったのは先帝が病毒を盛ったためだということを教える。情は薄かったがそれでも父に愛されているという兄の自尊心を傷つけないために言えなかったと。

花畑の近くで護衛をしていた穆如槊は寒江の姿を見つけ追う。穆如槊は誘拐に脱獄をしたからには重罪人だと息子に告げる。だが碩風への虐殺を知ってしまった寒江は、父親のことを信用できなくなっていた。穆如槊は寒江を殺そうとするが、穆如寒山が止めに入る。

墨禹辰が花畑に現れる。端明帝は牧雲笙に絶対に近寄るなと言いつけ闘う。だが勝てるはずもなくとどめを刺されそうになった時、牧雲笙は剣を手にしてしまう。その瞬間、まばゆい光と爆発が起き力が開放されてしまった。

2ヶ月後、端明帝の療養により久々に朝議が開かれる。しかし玉座に座っていたのは皇后南枯名儀だった。運ばれてきた皇帝は体を動かすことができず、かろうじてしゃべることはできるようだ。皇后は次の太子を立てるまで代理を仰せつかったという。

穆如槊は直接言葉が聞きたいと迫るが、牧雲笙の命を引き換えに脅されている端明帝には反抗することができない。皇后は、南枯祺と鄴王と仕組んだ穆如の謀反を朝廷で暴露した。

南枯徳おじさん退場

この徳さんって人、最初に名前が出てこなくてずっとわかんなかったんだ。このへんまで呼んでくれた方には申し訳ないですが、死んでから名前がわかりました徳さんです!もう出てこないね。見落としてたかな。

徳さん死んで次は南枯祺になりましたけど、月漓ちゃんは誰の娘なの?

さてさて、子供世代たちが自分の身に起こっていることを知る回でしたが、碩風が他の部族を襲ったことは言わないのね?個人的にはやっぱこれのせいで皆殺しでしょ?と思ってるからすっきりしないな。まあ皇子の秘密も守らなきゃいけなかったんだろうけど。

第9話「愛憎の果て」

陰謀により謀反の疑いをかけられた大将軍 穆如槊は兵権の独占を返上し、南枯祺と分担すると宣言した。皇后は皇帝の代理として朝廷を乗っ取り、息子である合戈をすぐに僻地から呼び戻し職務補佐にするよう命じた。

1人町に逃げていた寒江は、穆如に謀反の疑いがかかり、その裏で糸を引いていたのは魅族の皇子だったという噂話を耳にする。気になった寒江は、中州 未平斎まで牧雲笙を尋ねるが、部屋の奥で狂ったように絵筆を取る牧雲笙は話せるような状態ではなかった。侍女 蘭鈺児は、皇后が嫌がらせをするため毎日のように陛下に謁見するよう使いが来ると話す。

崖から突き落とされた蘇語凝が天啓に戻った。皇后は絵を書きながら、南枯の叔父を殺したのはきっと銀容だと乳母に恨みを話している。そこへ報告が入り蘇語凝の帰還が知らされる。狩りの日に崖から落ちたがある人に助けられた、だが詳細は話せないという報告に皇后は苓鶴清の予言と月漓のことを思い出す。皇后は蘇語凝を父親につれて帰らせ外出禁止にするよう命じた。

蘇語凝が父に叱責され帰路につこうとしている所へ、寒江の兄 寒山がやってくる。寒山は寒江から頼まれたという腕輪を渡し、よろしくという言葉を伝えると去っていった。

碩風和葉は老人に言われたとおり海峡を目指していた。近くの街に入った和葉はしきりに茶を勧められる。和葉はそれを飲むよりも先に「横公という船はあるか」と尋ねる。その名を聞いた瞬間、あたりに居た人たちがみな驚いたような顔をしたが、和葉は茶を飲み干し卒倒してしまった。

和葉は横公の持ち主である唐先生という双子の前に連れて行かれた。狩場で出会った老人を知っているらしく、龍錦煥りゅうきんかんがまた厄介を持ち込んだと話している。目覚めた和葉は船に乗せてもらえることに、目的地は生まれ故郷のかん州だ。

皇后の気持ちを受け入れない端明帝に嫌気が差した皇后は永銀宮に火を放ち、燃え上がる宮を見せつけた。

蘇語凝は父親によって部屋に幽閉される。そして寒江は軍に入った。

4年の月日がたった。

牧雲笙を一人の女性が尋ねる。女は南枯祺の姪だと名乗り、亡くなった許嫁を偲ぶため自画像を描いてほしいと願いにきたのだ。牧雲笙の絵は本物よりも美しく観るものを魅了すると女性の間で人気らしい。だが許嫁の話は嘘で、本来の目的は牧雲珠幻図を盗み出すことだった。

姫昀璁きいんそうは盗み出した絵をかく思忠に渡した。引き換えに越州九原城に属する最強の傭兵軍団を貰う予定だったが、姫昀璁の身柄を渡したほうが金になると脅され約束は反故に。

蘭鈺児は絵が一枚足りないことに気がつく。牧雲笙に報告すると、彼は絵をすべて燃やしてしまうように言う。庶民が三代飢えずに暮らせるほどの価値がある絵を燃やしてしまうのかと蘭鈺児が言うと、この霊珠さえあればいいと牧雲笙は言った。

始まりました!序章が終わって本編へ

子役時代からキャストも変わって、まずはミーユエの黄歇が出てきました。この人高貴な役が似合うから結構好きです。黄歇はどうかと思うけど。

寒江と和葉の登場がまだだけど、寒江の大人時代はめちゃくちゃイケメンです。それこそ朝の仮面ライダーに出てくる感じのイケメン。日本受けするきれいな顔のイケメン、早く出して!

次回!10・11・12話はここから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。