【解憂(かいゆう)・全45話】16・17・18話のネタバレとあらすじと感想|

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信&DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 劉解憂りゅうかいゆう…旅芸人の娘、王族の娘であることがわかり和親公主として烏孫へ嫁ぐ
  • 翁帰おうき…烏孫の王族、昆弥(王)の従弟、父は大禄
  • 昆弥こんび…即位名は軍須靡、烏孫の王
  • 長山翕侯ちょうざんきゅうこう…烏孫の貴族、匈奴派で度々翁帰とぶつかる
  • 阿彩あさい…旅芸人の娘、解憂の侍女として烏孫へ行くことになる
  • 大禄たいろく…翁帰の父、息子を王位につけたい
  • 李陵りりょう…漢の将軍、解憂の玉佩を見て楚王府を訪ねるよう助言をくれた恩人
  • 阿生あせい…旅芸人の男、解憂たちの仲間
  • 義律ぎりつ…匈奴の将軍、解憂と翁帰にやりこめられたことがある
  • 単于ぜんう…匈奴の王、西域の支配を目論む
  • 淮天沙わいてんさ…漢の将軍、和親公主となった解憂を護衛して烏孫へ行くことになる
  • 靖君せいくん公主…楚王の娘、和親公主候補だったが武帝は解憂に目をつけたため免れる
  • 楚王そおう…解憂の父の弟、現在の楚王、解憂を大切に思っている
  • 馮嫽ふうりょう…やり手の商人、普段から男装をしている
  • 塔娜とうな…妓女、翁帰のお気に入りだが寝たことはない
  • 義妁ぎしゃく…漢の医師、女性で初めて医師となり解憂に付き従って烏孫へ
  • 阿伊臘あいろう…長山翕侯の妹、翁帰が好き
  • 西女せいじょ…亡くなった前の和親公主 細君の侍女、医術の知識がある
  • 雲古特うんことく…昆弥(王)の妻
  • 那林羽侯なりんうこう…雲古特の弟、一応将軍
  • 仙谷せんこく…匈奴の医師
  • 小烏しょうう…翁帰の部下、何でもできる
  • 木哈孜ぼくこうし…昆弥の侍従、良き相談相手にもなる
  • 末振離まつしんり…昆弥と翁帰の師匠、辺境を守っている
  • 安索克あんさくこく…烏孫の右大将、馮嫽に一目惚れする
  • 右谷蠡王うろくりおう…匈奴の将軍

【全45話】「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」あらすじ・ネタバレ・感想

「解憂」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

解憂 第16話

昆弥は、太后に盛られた毒と毒消しが共に匈奴の品であると知り、胡姑の仕業を疑って冷宮に監禁する。しかし解憂の推理によって真犯人は昆弥の夫人の1人、雲古特だと判明、胡姑と解憂は王宮に戻される。雲古特を処刑するつもりでいた昆弥だが、太后が命乞いをし、雲古特(うんことく)の懐妊を伝えると、昆弥は死罪を免じるのだった。解憂が義妁を連れて翁帰を見舞うと、長山翕侯に買収された仙谷が翁帰の治療をしようとしていた。

ネタバレ「冷宮の両夫人」

胡姑の寝殿。

匈奴の単于(王)から媚薬のお香が届いた。

そこへ昆弥がやってきて匈奴の生薬 松橛や匈奴の毒薬について話す。

一方的に「お前の父親がこの媚薬と同じように送ってきたのだろう」と決めつけた。

胡姑は冷宮に監禁されてしまう。

冷宮。

解憂は阿伊臘から胡姑が冷宮送りになった話を聞く。

話を聞いた解憂は昆弥への謁見を求めた。

昆弥はそれを許し解憂に会う。

解憂は「もう一度機会を、失敗すれば斬首で構わない」と捨て身の作戦に出た。

昆弥は治療を許可する。

その結果、太后の病は改善された。

太后は「解憂は犯人ではない、漢を怒らせてはならない」と昆弥に進言する。

その夜、解憂は王宮へ戻り夜伽をするよう命じられた。

解憂は「守ると言ったのに屈辱的な扱いを受けた」と怒る。

すると昆弥は「烏孫を守ることはそなたを守ること」と諭す。

解憂の寝殿。

翌朝、解憂は久々に寝殿で目を覚ました。

真相を突き止めるため次の作戦に移る。

まず仙谷(烏孫の医師)を呼んで貴重な生薬を分け与えた。

仙谷は上機嫌になり「妖術だと言うよう命令された」と口を滑らせる。

命令をしたのは雲古特だった。

解憂は太后に真相を話す。

鍼治療の日にやってきた雲古特は、太后の飲んだ水に毒を入れたようだ。

新たな夫人が来たことで寵愛を失ったため、2人を陥れた様子。

疑いの晴れた胡姑も王宮へ戻される。

執務室。

昆弥は雲古特の処刑を決めた。

そこへ太后がやってきて「烏孫の老臣の娘で懐妊している」と止めた。

昆弥は死罪を免じる。

長山府。

長山翕侯は仙谷(烏孫の医師)を呼び出し、金を渡して翁帰を殺すよう命じた。

鍼を使って毒を盛れというのだ。

翁帰の屋敷。

仙谷は命じられた通り昏睡状態の翁帰に毒針を刺そうとする。

そこへ義妁(漢の医師)と解憂が現れる。

解憂はすぐに仙谷が怪しいと気づき、義妁に見張るよう命じる。

治療を任せ解憂は寝殿へ戻った。

その後、義妁の鍼治療により、翁帰は目を覚ます。

翁帰は「公主には言うな、昆弥の不興を買う」と口止め。

しかし翁帰が心配でたまらない解憂は義妁を呼んで翁帰の様子を聞く。

義妁は隠すことなく翁帰の言ったことをそのまま伝えた。

解憂は翁帰に会いに行く。

2人はいつものように憎まれ口をきいて言い争いになった。

そこへ妓女 塔娜が現れる。

翁帰の世話係 小烏に、世話を頼まれたらしい。

翁帰は「俺の女だから屋敷にいる」と嘘をついて解憂を遠ざけた。

解憂の寝殿。

その夜、解憂が何も食べないため淮天沙と馮嫽が心配している。

淮天沙は翁帰の屋敷へ侵入し、昼間のことを問い詰めた。

感想:うんこ…とく…うん…こ…

うん・ことくさんですか?

うんこ・とくさんですか?

すまねえ、管理人心が小学2年生男子だからよ…うんこって聞くとどうしてもよお…

はい、なんかもう陰謀なんだかわざとやってるのかみんなでグダグダしております。

昆弥はあんなので本当に王なんですかね…?

その場にいて嫁が親に毒盛ったのに、一番怪しくない人間を閉じ込めるっていうどういう凶行なのかな…?

さらに淮天沙の誘導尋問で胡姑を閉じ込めたけど、やったのは別の嫁っていう。

だめだ、文句しか出てこない系ドラマだ!

えーとね、えーとね、阿彩と馮嫽がかわいい^^ちゅっ

解憂 第17話

解憂は長山翕侯の妹である阿伊臘(あいろう)の助けを得て、細君公主の侍女だった西女(せいじょ)を捜し、自分の住まいに連れ帰る。一方、静養する翁帰を父親である大禄(たいろく)が訪ね、任務に専念するよう命じ、背けば解憂の命はないと言い渡した。翁帰は憂さ晴らしで大酒を飲み、再び体調を悪化させてしまう。その頃、漢と匈奴の間で緊張が高まっていた。わずかの間に3度も交戦したのだ。

ネタバレ「辺境の後任人事」

翁帰の屋敷。

淮天沙は「公主に何を言った」と問い詰める。

翁帰は「出て行けと言っただけ」と返答。

淮天沙は激怒し立ち去る。

解憂の寝殿。

解憂は西女の行方を追っていた。

しかしどれだけ探しても見つからない。

遊びに来た阿伊臘に、生前の細君公主がよく行っていた場所を尋ねる。

洞窟。

案内されたのは洞窟。

昆弥と公主は仲睦まじく同居していた。

同じ屋敷にいた太后は線香で頭が痛くなるので公主は住まいでの読経を控えた。

しかし読経をやめることはできず、洞窟へ来ていた。

それを知った昆弥は禁衛軍を使って毒蛇や野獣を退治した。

解憂は細君公主が愛されていたと感動する。

洞窟の奥では火が焚かれ、人の気配が。

住んでいたのは西女だった。

解憂は西女を寝殿に引き取ることにする。

太后の寝殿。

解憂は太后を見舞う。

鍼治療によりほぼ回復したようだ。

解憂は身ごもっている雲古特に安胎薬を贈りたいと相談。

太后は「安胎薬を送ることは禁忌、処方箋だけ贈ればいい」と助言する。

翁帰の屋敷。

大禄(翁帰の父)が見舞いにやってきた。

絶好の機会だった辺境行きを途中で切り上げ、勝手に戻ったことに怒っているようだ。

さらに解憂への気持ちにも気づいている。

大禄(翁帰の父)は「女のために前途を台無しにするな、指示に背いたら解憂公主の命はない」と脅した。

翁帰は王位継承者として最有力候補と言われているため、父の期待も大きい。

解憂の寝殿。

解憂を尋ねてきた塔娜は、翁帰が酒を飲み自暴自棄になっていると話した。

そして翁帰が心を揺さぶられたのは解憂だけだと教える。

解憂は昆弥の代理で翁帰を見舞う。

惹かれ合う2人だが触れ合うことはできない。

解憂が帰ろうとすると、翁帰は「そばにいてくれ」と引き止めた。

淮天沙の笛の音で我に返った解憂は立ち去る。

そして淮天沙につらすぎる思いを打ち明けた。

烏孫王宮。

匈奴と漢が数日の間に3度も交戦したと知らせが入った。

北庭を奪われた漢は李将軍を派遣。

烏孫の辺境は末振離将軍が守っているが飛び火しかねない状況だ。

昆弥と翁帰の師匠である末振離将軍は還暦を迎える。

このまま辺境を守らせておくわけには行かない。

長山翕侯はその後釜に匈奴派の将軍を置きたいようだ。

解憂の寝殿。

解憂の留守中に昆弥が尋ねてくる。

しばらく滞在したあと、昆弥は胡姑の元へ向かった。

見舞いから戻り、解憂は淮天沙から事情を聞く。

解憂は胡姑の寝殿に出向き「昆弥にお会いしたい」と申し出た。

へそを曲げた昆弥は会おうとせず、解憂もしばらく待ってから立ち去る。

翁帰の屋敷。

大禄(翁帰の父)が見舞いにやってきた。

長山翕侯らが末振離将軍の後任を推薦しようとしていると教える。

もしも長山翕侯が兵権を握れば烏孫に平和は戻らない。

翁帰は後任として辺境に行くと申し出た。

その昔、まだ幼かった翁帰は王宮で暮らしていた。

それは大将軍であった大禄の息子を昆弥が人質にとっていたも同然。

翁帰は「都で駒にされるより自ら辺境へ」と決意する。

感想:信用できない君主

昆弥と翁帰の確執がよくわかんない。

これから昔話が出てくるの?それとも単に翁帰が王位を脅かす存在だから注意を払ってる?

まあ仲良しこよし王家一族よりこっちのほうがリアルだな。

最後まで昆弥が王のままなら、最後まで視聴者はこのよくわかんない君主にお付き合いしなければならなのかしら。

えーとえーといいとこ!

解憂が翁帰に触れたいのに触れられない演出はとても良かった!切ない!

そんで触れそうになるけど、淮天沙の笛で引き戻されるのも漢を思い起こさせ使命をという部分につながってよき。

まあその男も解憂ちゃんに懸想してるんですけどね。

解憂 第18話

翁帰の看病に通う解憂は昆弥が嫉妬していることに気づくが、看病は昆弥の代理だと説明し、昆弥にも翁帰の見舞いに行かせる。昆弥を前にした翁帰は、自ら辺境行きを志願して一生都に戻らないと誓った。しかしその翌日、容体が急変、危篤状態に陥ってしまう。仙谷から、翁帰が飲んだ薬湯に毒が入っていたと聞かされた昆弥は、激怒して義妁を投獄した。解憂は翁帰を助けるため、鍼を打たせてくれと昆弥に懇願するが…。

ネタバレ「翁帰の急変」

解憂の寝殿。

淮天沙は胡姑の寝殿を訪ねたのは軽率だったのでは?と解憂に聞く。

解憂は「昆弥は賢いものを嫌うので軽率な真似をすればいい」と理由を教えた。

わざと会いに行って半時以上待ってやったため怒りも消えるだろうというのだ。

なりほどにっこり淮天沙(´◠ω◠`)

解憂は時を見計らって昆弥の元へ。

翁帰を匈奴人が狙っていると考え、昆弥の名声のために看病をしていると話した。

そして翁帰が目覚めた時「昆弥は来たか」と聞いたという嘘を付く。

昆弥は心動かされ翁帰を見舞うことに。

翁帰の屋敷。

解憂と昆弥が翁帰を見舞う。

義妁の治療により翁帰の病は好転している。

翁帰は「師匠の任務を引き継いで辺境へ行きます」と自ら申し出た。

大将軍になれば京へは戻らない決意だ。

その話を解憂が盗み聞きしていた。

解憂の寝殿。

その夜、星を見ていた解憂は淮天沙に弱音を吐く。

「もうこんなところは嫌…」

淮天沙は涙を流す解憂に触れることもできない。

長山府。

仙谷はなかなか翁帰に手を下せず、金を返すのでなかったことにしてほしいと願い出る。

しかし、長山翕侯は別の方法で翁帰を始末すると言い出した。

脅された仙谷は胡姑のもとへ。

太后が大宛国の貴重な生薬 金蓯蓉を持っていると話した。

「長山翕侯が左夫人ならわかると…」

すべてを理解した胡姑は太后の見舞いへ。

太后は昆弥のために滋養のある薬草を用意しているところだった。

胡姑は話の流れで「もしかして金蓯蓉では?」と薬草の名前を口にする。

金蓯蓉のことを思い出した太后は、深手を負った翁帰に贈ることにした。

翁帰の屋敷。

翁帰が突然吐血し意識が戻らないと急報が入る。

仙谷(烏孫の医師)はどす黒い血を吐いたため毒の可能性があると話した。

義妁は「生薬は自分で詰んだ、太后から贈られたものは違う…」と口を滑らせる。

昆弥は太后を侮辱した義妁に激怒し処刑しようとする。

しかし、解憂が命を張って処刑を止めた。

烏孫王宮。

大禄(翁帰の父)は昆弥に「殺すなら殺してください」と詰め寄った。

先王は翁帰を継承者に選んだ。

しかし昆弥と太后の妨害で翁帰は自ら王位を辞退した。

大禄(翁帰の父)は、翁帰が辺境を志望するのも身の危険を感じるからだと激怒する。

昆弥は動揺しながらも「でたらめだ」と取り合わない。

そして大禄を捕らえ死罪を命じた。

ますます状況が悪化していく中、解憂は翁帰を救う手立てを考える。

昆弥に謁見し「鍼を打たせてほしい」と懇願した。

長山府。

その頃、長山翕侯は各地からかき集めた金蓯蓉を焼き捨てるよう命じている。

使用人が燃やす準備をしていると、阿伊臘が偶然通りかかり「もったいない!」と持っていってしまった。

翁帰の屋敷。

解憂の鍼により翁帰の意識が戻る。

翁帰はいつもの様子で「閻魔大王にもう一度君に合わせてくれと頼んだんだ」と笑った。

解憂の寝殿。

ひとまず翁帰を助けた解憂は原因を探ることにする。

金蓯蓉を食べてみるが何も問題はない。

しかし淮天沙が食べると強い胸の痛みを感じた。

淮天沙は馮嫽に頼み金蓯蓉を集める。

感想:昆弥と翁帰の確執

え(‘∵`)

翁帰が後継者の予定だったの?????

それがどうしてなんであんなめんどくさい小者な昆弥に???

なにもわからないよう(‘∵`)

じゃあ大禄(翁帰の父)の話が真実だとして、もし翁帰がスムーズに王位についてたら解憂と夫婦になって幸せだったってことか。

とんだ邪魔が入ったもんだ。

それこそ運命じゃん。

謀反人の子で出自も知らず芸人として育ったけど、何の因果か出自を知って公主になり、異国の王と真実の愛を結ぶ。

ええやーん!なんで昆弥いるんです?

次回、19・20・21話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。