【解憂(かいゆう)・全45話】19・20・21話のネタバレとあらすじと感想|

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信&DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 劉解憂…旅芸人の娘、王族の娘であることがわかり和親公主として烏孫へ嫁ぐ
  • 翁帰…烏孫の王族、昆弥(王)の従弟、父は大禄
  • 昆弥…即位名は軍須靡、烏孫の王
  • 長山翕侯…烏孫の貴族、匈奴派で度々翁帰とぶつかる
  • 阿彩…旅芸人の娘、解憂の侍女として烏孫へ行くことになる
  • 大禄…翁帰の父、息子を王位につけたい
  • 李陵…漢の将軍、解憂の玉佩を見て楚王府を訪ねるよう助言をくれた恩人
  • 阿生…旅芸人の男、解憂たちの仲間
  • 義律…匈奴の将軍、解憂と翁帰にやりこめられたことがある
  • 単于…匈奴の王、西域の支配を目論む
  • 淮天沙…漢の将軍、和親公主となった解憂を護衛して烏孫へ行くことになる
  • 靖君公主…楚王の娘、和親公主候補だったが武帝は解憂に目をつけたため免れる
  • 楚王…解憂の父の弟、現在の楚王、解憂を大切に思っている
  • 馮嫽…やり手の商人、普段から男装をしている
  • 塔娜…妓女、翁帰のお気に入りだが寝たことはない
  • 義妁…漢の医師、女性で初めて医師となり解憂に付き従って烏孫へ
  • 阿伊臘…長山翕侯の妹、翁帰が好き
  • 西女…亡くなった前の和親公主 細君の侍女、医術の知識がある
  • 雲古特…昆弥(王)の妻
  • 那林羽侯…雲古特の弟、一応将軍
  • 仙谷…匈奴の医師
  • 小烏…翁帰の部下、何でもできる
  • 木哈孜…昆弥の侍従、良き相談相手にもなる
  • 末振離…昆弥と翁帰の師匠、辺境を守っている
  • 安索克…烏孫の右大将、馮嫽に一目惚れする
  • 右谷蠡王…匈奴の将軍

【全45話】「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」あらすじ・ネタバレ・感想

「解憂」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

解憂 第19話

淮天沙と馮リョウの調査により、翁帰に使われたのは誰かが毒を仕込んだ生薬と判明。混ぜ物のない生薬を処方された翁帰は無事回復した。解憂は黒幕が誰かも突き止めるが、告発はしないと決め、昆弥には太后の薬で治ったと告げる。そして、義妁と大禄の情状酌量を願い出るのだが却下されてしまった。応じてもらえるまでひざまずいて待つ解憂に、昆弥の怒りは増すばかり。体力の限界も近づいたころ、話を聞いた翁帰が現れる。

ネタバレ「忘れる努力」

闇市。

淮天沙と馮嫽は金蓯蓉を探し回る。

馮嫽は知り合いの商人の店へ。

闇商人は「若造が全部買い上げていった、闇市のどこにも在庫はないぞ」と教える。

話を聞いた淮天沙はすべてを理解した。

昨年、大宛国が買って太后に献上した金蓯蓉には毒が仕込まれていた。

金蓯蓉は生傷が絶えないものには特によく効く薬。

そのため将軍などの武人に贈られる。

負傷者が使用すれば絶大な効果を発揮するため、毒を仕込んだものは負傷者にしか効かない毒を選んだ。

そのため、解憂はなんともなかったのだ。

毒を仕込んだ犯人は長山翕侯。

目的は外敵に対する防衛を揺るがすためだ。

長山翕侯は烏孫を内側から壊そうとしている。

闇商人は買い占めていった男の首の後にアザがあったと話した。

解憂の寝殿。

馮嫽と淮天沙は寝殿に戻ってすべてを報告。

そこへ阿伊臘がやってきて、解憂たちが金蓯蓉を探していると知る。

阿伊臘は兄が燃やす前に確保した金蓯蓉を渡した。

翁帰の屋敷。

毒の仕込まれていない金蓯蓉を飲んだ翁帰は目を覚ます。

解憂は阿伊臘を巻き添えにしないため、長山翕侯を告発しないと決めた。

解憂が立ち去ると淮天沙は馮嫽に「なぜアザのことを知っていた?」と聞く。

馮嫽は「湯浴みを覗いたの〜」とごまかした。

朝堂。

解憂は昆弥の元へ向かう。

そして翁帰が太后の金蓯蓉で回復したと嘘の報告をした。

ひざまずき、大禄(翁帰の父)と義妁(漢の医師)を許してほしいと懇願する。

昆弥は激怒し立ち去った。

解憂は聞き入れられるまでその場を動かないと決意する。

翁帰の屋敷。

仙谷(烏孫の医師)が都を出たと知らせが入る。

翁帰は尾行を命じた。

小烏(翁帰の部下)は黙っていられず、大禄が牢へ入れられたことを話してしまう。

さらに解憂が昆弥に会いに行たことも教えた。

烏孫王宮。

昆弥のもとに「大禄の処刑撤回を求めて大臣が太后の部屋の前に押しかけている」と知らせが入る。

昆弥は激怒し大臣たちを収監。

隠し通せず太后に「大禄を収監した」と話す。

朝堂。

ひざまずき続ける解憂は限界に達し崩れ落ちる。

そこへ翁帰が現れ抱きとめた。

「もうやめろ」

「あなたは私のために辺境へ行く、でも私にはなにもできない」

2人は狂おしいほどの愛に支配されている。

解憂は「忘れるよう務めるしかない」と口に出した。

しかし翁帰は「忘れたくとも努力はできない」と言って立ち去った。

翁帰の屋敷。

翁帰は昆弥の元へ向かう。

その昔、2人が草原で2匹の狼に出くわした時の話をした。

狼は2匹で争い共倒れになったという。

翁帰はそうならないため、昆弥への忠誠を示したいようだ。

その場で父の謝罪をし「辺境の将兵に父子5年分の税収を贈る」という罰を申し出る。

昆弥は翁帰を許した。

解憂の元へ義妁(漢の医師)が駆けつける。

翁帰の指示でやってきたらしい。

解憂は義妁に連れられ寝殿へ戻った。

翁帰の屋敷。

仙谷(烏孫の医師)が夜逃げしたと知らせが入る。

翁帰は長山翕侯の配下が捕らえに行くはずだと考え、先に動いて仙谷を引き入れることにした。

そこへなぜか馮嫽が捕らわれてくる。

金蓯蓉を盗み出そうとしたらしい。

「長山翕侯を糾弾しようと思って」

翁帰は金蓯蓉を没収した。

深夜の街。

馮嫽は布に書かれた名前を見つめている。

長山翕侯の名前にだけまだ☓印がない。

朝堂。

大禄も釈放され一件落着。

昆弥は辺境大将に那林羽侯を指名した。

翁帰は結局昆弥の信頼を得られなかったと脱力感に襲われる。

解憂の寝殿。

なにか目的があるらしい馮嫽は、解憂に頼み込んで寝殿の護衛となった。


感想:馮嫽お嬢さん

馮嫽は長山翕侯に因縁ありなの!?やだなんか、胸熱展開。

始まってから今までで一番面白い回だったかもしれない。

解憂と翁帰の結ばれない愛の処理の仕方もいいし、便利キャラだと思ってた馮嫽が長山翕侯に恨みを持っていると判明して深みが増したし、昆弥が誰も信じず孤立していくの面白いし、え〜ここから最後まで面白いならやっぱり衛星劇場買い付なだけあるな。

まあ…面白くない可能性も…

解憂 第20話


匈奴から「秋の狩り」の招待が届き、昆弥は烏孫の草原を取り戻すため招待に応じると決めた。その晩、昆弥は翁帰に、なぜ解憂に短刀を贈ったのかを尋ねる。翁帰が解憂を愛しているのではと疑っていたのだ。昆弥は翁帰と左右の両夫人を伴って狩り場の草原へ出向いた。匈奴の単于(ぜんう)の希望で解憂と胡姑が馬術を競うことになり、解憂が見事に勝利を収めて昆弥を喜ばせると、嫉妬に駆られた翁帰はその思いを解憂にぶつける。

ネタバレ「匈奴からの招待」

解憂の寝殿。

昆弥がやってきて解憂を連れ出す。

庭には火鳳凰という花が咲き誇っていた。

それは烏孫の気候に合わない花だが翁帰がしつこく世話をさせ咲かせたらしい。

話の流れで解憂は「昆弥の心は自由でうらやましい」と話す。

しかし昆弥は「均衡を保つため心を自由にはできない」と否定した。

草原。

思い悩んだ解憂は草原へ。

そこへ翁帰が現れる。

「最後まで君は俺のもの」

解憂はとっさに短刀を取り出した。

翁帰は解憂が肌見放さず短刀を持っていたことに心打たれ抱きしめる。

「謀反は起こさない、必ず君を手に入れる」と宣言した。

烏孫王宮。

匈奴の単于はもともと烏孫のものだった草原を匈奴の土地だと主張。

その地で秋の狩りを開催し、狩猟で昆弥が勝てば草原を渡すというのだ。

昆弥は激怒。

手紙には「必ず左右の両夫人を伴って来るように」と書かれていた。

昆弥は「受けて立つ」と闘志を燃やす。

翁帰も協力を約束。

そこへ昆弥に呼び出された解憂が現れた。

昆弥は「なぜこの短刀を解憂が持っている」と問い詰める。

翁帰は「匈奴に襲われ護身用に貸した、兄上の妻なので持つのにふさわしいかと思いそのままにした」とつじつまを合わせ答えた。

昆弥は二人の関係を疑っているようだ。

秋の狩りが始まった。

昆弥は両夫人と翁帰を伴い草原へ向かう。

その道中、胡姑に単于から密書が届いた。

「昆弥を殺し草原を奪う」

昆弥への愛情を感じている胡姑は動揺する。

匈奴の天幕。

単于は一行を歓迎。

「馬術の腕を披露し興を添えてくれ」と解憂と胡姑に勝負をさせることに。

馬に乗って走り、旗を先に奪った方の勝ちだ。

結果は解憂が勝った。

解憂は褒美として「今後は後宮の他の女も狩りに帯同を」と願い出る。

狩りの腕くらべは翌日ということになった。

天幕に帰る途中、解憂は翁帰に連れ去られる。

翁帰は解憂が昆弥のために勝利しようとしたと嫉妬にかられていた。

「他の男のために戦うな!」

そしてむりやりキスをする。

解憂は「そんな目で二度と見ないで」と怒って立ち去った。

単于の天幕。

胡姑は単于に計画について尋ねる。

単于は昆弥を殺し、胡姑に男の子を産ませその子を王にするつもりらしい。

身ごもっていたことにして、他の男をあてがうつもりだ。

昆弥の天幕。

昆弥は解憂に墨をすらせる。

そこへ胡姑が「怪我をさせるところだった」と詫びに来た。

昆弥は2人を許す。

天幕の外。

阿彩は翁帰を見つけ「馬を預かっています」と話しかける。

解憂が翁帰の馬に乗って戻ったのだ。

その話を胡姑の侍女 古瑞亜に聞かれてしまった。


感想:胡姑たん

なんだか、胡姑はそこまで底意地が悪いわけでもないんだな。

完全に昆弥の惚れてるし、あらすじ見てきたら子供を生むみたいだから最終的には解憂の味方してくれるかも。

話せばわかりそうだ。

解憂が翁帰ラブなら手助けするほうがメリットあるしさあ。

さて、なんかとつぜん狩りが始まりました。

単于(匈奴の王)は昆弥を始末して、胡姑に男の子を産ませて烏孫を支配したいみたい。

いつの世も人というのは醜い生き物ですなあ。

解憂 第21話


草原をかけた匈奴との狩りの腕比べが始まる。匈奴側は狩り場に伏兵を潜ませていた。昆弥と翁帰は力を合わせて撃退するが、解憂に毒矢が当たってしまう。自ら率先して傷口から毒を吸い出す昆弥にとって、解憂は既に細君公主と同様に大切な存在となっていた。単于は、解憂がかばったがゆえに昆弥暗殺が失敗したのだと知り、解憂への警戒感と敵意を募らせる。昆弥の心が解憂に向く中、胡姑も挽回策を練り阿彩(あさい)に狙いを絞る。

ネタバレ「昆弥の本心」

草原。

翌日、草原を賭けて匈奴と烏孫の勝負が始まる。

烏孫の一行は獲物の少ない場所に追いやられ、あまり思わしくない状況だ。

昆弥たちは移動を決め動き始める。

罠があることを知っている胡姑はその場に留まった。

昆弥、翁帰、解憂を刺客が狙う。

解憂が気づいて間一髪 逃げ出すことができた。

しかし解憂が毒矢にあたってしまう。

昆弥は自ら毒を吸い出し解憂を救った。

勝負の結果、烏孫が勝利し草原を取り戻す。

天幕。

その夜、祝杯が開かれている。

昆弥は席を立って解憂の見舞いへ。

そして解憂が天からの贈り物だと打ち明ける。

昆弥は細君の死後7日目に天が和親公主を授けてくれる夢をみた。

すぐに翁帰を漢に行かせて縁談を申し込んだ。

そしてやってきたのが解憂だ。

昆弥にとって解憂は大切な存在になっている。

胡姑の天幕。

その頃、胡姑のもとに単于から「解憂に対抗しろ」という密書が届いていた。

胡姑は単于と昆弥の間で板挟みになっている。

愛する昆弥を守りたいが、昆弥の気持ちは解憂へ向いている。

古瑞亜は間抜けな侍女 阿彩を利用することを提案した。

胡姑は阿彩を天幕に呼ぶと「そう言えば解憂は阿彩を兵士の嫁にと話していたわよ」とウソを付く。

兵士は飢えた狼。

阿彩は動揺してしまう。

翌日、回復した解憂も加わり烏孫一行は狩りへ出る。

解憂を邪魔に思う胡姑は、どさくさに紛れ矢を向けた。

翁帰が知らせ、間一髪逃れる。

墨をすって腕がしびれていた解憂は胡姑に負ける。

宴。

その夜、宴が開かれる。

胡姑は「兄嫁として翁帰に縁談を」と申し出た。

その相手は阿彩だ。

解憂は「私にとって妹も同然、本人の意志を聞きたい」と間に入る。

阿彩は解憂に従うという。

その席で昆弥はじっと解憂を見つめていた。

翁帰の縁談に動揺する瞳に気づく。

胡姑は「昆弥と翁帰の矢を記念に頂きたい」と申し出て許可された。

解憂の天幕。

天幕に戻ると解憂は「一座で江湖を渡り歩いたのに、まだ簡単に騙されるの?」と阿彩に聞く。

阿彩は涙を流した。

解憂も大切だが、翁帰への恋心も捨てられない。

しかし2人は密かに思い合っている…

胡姑の天幕。

阿彩は古瑞亜から翁帰の矢を渡される。

罠に気づかず受け取ってしまった。

烏孫王宮。

馮嫽は阿伊臘に近づき長山府に堂々と侵入。

「読み書きができないので、解憂の誕生日に贈る布に詩を描いてほしい」と頼む。

その間に屋敷を案内され、長山翕侯の寝室に忍び込んだ。

しかし見つかり逃げ出す。

解憂の寝殿。

騒ぎを知った阿伊臘は「お詫びしたい、護衛が誤解したんだと思うの」と淮天沙に事情を話した。


感想:惚れる展開だった?

昆弥がいつの間にか解憂にベタぼれに。

そんな惚れる要素あった?全然信用してなくてめちゃくちゃしてたじゃん。

でもいざ本心を聞くとそれっぽい立派なこと言うんだよね。

やだやだ口だけうまいやつは。

お母さんは阿彩ちゃんがころっと騙されちゃって心配でなりません。

解憂もそれがわかってるから一応警戒してるけど、阿彩は翁帰への恋心でわけが分からなくなってそうだ。

陥れられても解憂は死なないだろうけど、阿彩は…初期からフラグがすごいので無事に終わってくれえ…

次回、21・22・23話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。