【解憂(かいゆう)・全45話】7・8・9話のネタバレとあらすじと感想|

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信&DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 劉解憂りゅうかいゆう…旅芸人の娘、王族の娘であることがわかり和親公主として烏孫へ嫁ぐ
  • 翁帰おうき…烏孫の王族、昆弥(王)の従弟、父は大禄
  • 昆弥こんび…即位名は軍須靡、烏孫の王
  • 長山翕侯ちょうざんきゅうこう…烏孫の貴族、匈奴派で度々翁帰とぶつかる
  • 阿彩あさい…旅芸人の娘、解憂の侍女として烏孫へ行くことになる
  • 大禄たいろく…翁帰の父、息子を王位につけたい
  • 李陵りりょう…漢の将軍、解憂の玉佩を見て楚王府を訪ねるよう助言をくれた恩人
  • 阿生あせい…旅芸人の男、解憂たちの仲間
  • 義律ぎりつ…匈奴の将軍、解憂と翁帰にやりこめられたことがある
  • 単于ぜんう…匈奴の王、西域の支配を目論む
  • 淮天沙わいてんさ…漢の将軍、和親公主となった解憂を護衛して烏孫へ行くことになる
  • 靖君せいくん公主…楚王の娘、和親公主候補だったが武帝は解憂に目をつけたため免れる
  • 楚王そおう…解憂の父の弟、現在の楚王、解憂を大切に思っている
  • 馮嫽ふうりょう…やり手の商人、普段から男装をしている
  • 塔娜とうな…妓女、翁帰のお気に入りだが寝たことはない
  • 義妁ぎしゃく…漢の医師、女性で初めて医師となり解憂に付き従って烏孫へ
  • 阿伊臘あいろう…長山翕侯の妹、翁帰が好き
  • 西女せいじょ…亡くなった前の和親公主 細君の侍女、医術の知識がある
  • 雲古特うんことく…昆弥(王)の妻
  • 那林羽侯なりんうこう…雲古特の弟、一応将軍
  • 仙谷せんこく…匈奴の医師
  • 小烏しょうう…翁帰の部下、何でもできる
  • 木哈孜ぼくこうし…昆弥の侍従、良き相談相手にもなる
  • 末振離まつしんり…昆弥と翁帰の師匠、辺境を守っている
  • 安索克あんさくこく…烏孫の右大将、馮嫽に一目惚れする
  • 右谷蠡王うろくりおう…匈奴の将軍

【全45話】「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」あらすじ・ネタバレ・感想

「解憂」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

解憂 第7話

和親公主となった解憂は、王宮で教養や礼儀作法の特訓を受けた後、西域へと旅立つ日を迎えた。花嫁の正装をまとった解憂を武帝と旅芸人一座が見送る。玉門関(ぎょくもんかん)を過ぎた解憂一行は、隊商を率いる馮リョウ(ふう・りょう)と出会い、烏孫までの道案内を依頼。その頃、匈奴でも和親公主となった胡姑(ここ)が烏孫へと旅立っていた。匈奴の義律(ぎりつ)将軍は、漢の和親公主が烏孫に到着するのを阻止するため….。

ネタバレ「旅立ちの日」

漢 皇宮。

解憂は公主としての教養を身につけるため、教育係たちとお勉強の日々。

烏孫。

その頃、翁帰は烏孫に戻り父から不在の間の話を聞いている。

匈奴派が騒いで昆弥は和親に応じたらしい。

そこへ昆弥から呼び出しがかかった。

単于の養女 胡姑が和親公主として嫁いでくると知った翁帰は、油断ならない娘だと不安を話す。

昆弥は翁帰の野心も気にしている様子。

翁帰は「私には女と酒が不可欠ですから〜」と放蕩息子を装いごまかした。

しかし解憂のことは諦められず「人生の伴侶を連れ帰るため、もう一度長安へ行かせてほしい」と願い出る。

昆弥は先に公主を迎えに行くことを条件に出した。

漢。

解憂の旅立ちの日がやってきた。

赤い花嫁衣装を身にまとって武帝の見送りを受ける。

解憂は「老いて死んだら漢に埋葬してほしい」と武帝に頼み

烏孫へ旅立った。

淮天沙も護衛兼密偵として烏孫へ。

武帝から「細君公主の死の真相も調べろ」と命じられている。

見送りには座長たちの姿も。

解憂は今生の別れを決意し旅立った。

玉門関。

解憂一行は途中で盗賊に襲われ馬が足りなくなってしまう。

このまま進んで匈奴に襲われたら逃げ切れない。

そこへ馮遼(馮嫽)という商人が現れた。

男装をした女性だ。

馮嫽は「公主の一行を助ければ烏孫と漢から褒美が出るわよ〜」と解憂に言われ烏孫まで送り届けると約束する。

淮天沙は公主のことを悪く言う馮嫽が気に入らない。

しかし解憂は「馮嫽はあなたに気があるみたいよ」とからかった。

馮嫽はたいへん賢く、襲ってきた匈奴人が公主を殺しに来たと気づいている。

匈奴に嫁入り道具を売ったときに勘付いたらしい。

野営地。

その夜、馮嫽は心を惑わすお香を解憂に贈る。

なんでも匈奴では男を誘惑する時使うらしい。

そこへ義律将軍が襲撃を仕掛けてくる。

淮天沙は応戦し、馮嫽に罠を張って危ないところを助けられた。

追い詰められたところへ翁帰が現れた。

天幕の中にいた解憂はその声を聞いて驚く。

解憂はやっと翁帰が烏孫の左大将だと知った。

翁帰も解憂がなぜ和親公主となったのか状況がつかめていない。

そんな中、公主一行は烏孫へ向けて出発する。

感想:ショックの度合い

嫁に行く決意をしたんだから、淡い恋心を抱いてた男が夫の従兄弟でもそこまで動揺しなくない?

ていうか解憂と翁帰の関係って、仲間内で遊んでてちょっと気になるけどまだそんなに近づいてないくらいの距離感だと思ってたんだが違うの?

もうやっちゃったっていうならまあショックかもなとか……ヽ(`Д´)ノコラ

でもその場合もショックのなのは翁帰の方だし…?

まあいいや!はやく烏孫に行きましょうね!

解憂 第8話

解憂は、烏孫から出迎えに来た翁帰と再会。翌朝、解憂と翁帰が姿を消し、護衛隊長の淮天沙が必死で周囲を捜索するが見つからない。その頃、匈奴の伏兵に襲われた解憂を翁帰が追ってきて助けるが重傷を負ってしまった。解憂は介抱しながら草原で一夜を明かす。匈奴兵に襲撃された解憂不在の和親公主の幕営地では、公主に扮した馮リョウが応戦。翁帰は解憂をつれて烏孫の遊牧民の村に身を寄せる。

ネタバレ「草原の逃避行」

解憂は出迎えにやってきた翁帰の軍と合流し烏孫へ出発。

その道中、2人は言い争いになる。

しばらくすると烏孫古道に到着した。

この道を行けばもう引き返すことはできない。

淮天沙は翁帰のことが気に入らない様子。

そんな淮天沙を見ていた馮嫽は「将軍は高値の花が好きなのね〜私だってそのへんの女より魅力的だけど」とからかった。

野営地。

その夜、解憂が短刀を眺めていると翁帰が現れた。

お互いに疑問に思っていることをぶつけ合う。

なぜ和親公主になったのか、なぜ身分を隠したのか。

翁帰は解憂を探したこと約束を守って見つけ出したことを伝えた。

解憂は「もう遅い」と心を開かない。

そこへ阿彩が戻ってきた。

阿彩は馮嫽のくれた誘惑するお香の話をする。

隠れて聞いていた翁帰は何も言わず出ていってしまった。

翌朝、解憂は1人で姿を消してしまう。

翁帰の姿も見えず、淮天沙は大慌て。

湖。

その頃、解憂は1人で馬に乗り湖へ来ていた。

そこへ匈奴の伏兵が現れ襲いかかる。

解憂を追ってきた翁帰が助けに入り、2人は草原に隠れて伏兵をやり過ごす。

解憂は泳げない翁帰を背負って湖を渡り、そこで怪我をしてることに気づいた。

腹に刺し傷があるようだ。

解憂は焚き火を起こして翁帰の手当をし、一晩中寄り添った。

野営地。

一夜明けても2人の行方が知れず淮天沙は焦っている。

烏孫の長山翕侯に報告すると「わざと逃して匈奴のせいにする気では」と疑われる。

結局、明日になっても戻らなければお互いの君主に報告すると決める。

淮天沙はすぐに漢の武帝に手紙を書いた。

「翁帰将軍と合流した、翁帰は漢派、長山翕侯は匈奴派、昆弥は両派の均衡をたもっている」

解憂の行方不明については書かなかった。

その頃、一夜をともにした解憂は翁帰に心を開く。

運命には逆らえなかったこと、自分の意志で公主になったわけではないと話した。

「連れて逃げてくれるの?」

「君がその気なら」

迷った解憂は「もうその話はしないで」と言う。

烏孫。

長山翕侯は昆弥に和親公主の失踪を報告した。

昆弥は「すぐに戻って噂になるのを防げ」と命じる。

野営地。

漢の野営地を匈奴が再び襲ってくる。

馮嫽は解憂の不在を隠そうと公主に化けて応戦した。

馮嫽と淮天沙たちは義律将軍を追い払うことに成功。

遊牧民の村。

翁帰は知り合いのいる遊牧民の村に解憂を連れて行く。

解憂は民族衣装に着替え、村人の歓迎を受けた。

解憂は村の子供 素光に気に入られ一緒に眠る。

翁帰は部下の小烏に文を送る。

「解憂は俺と一緒にいる、もはや漢の公主にあらず」

感想:駆け落ちはいいですけど

別にいいんですけど、阿彩と淮天沙が絶対罰を受けるなりするじゃないですか…ねえ?

迷うのはわかるけど、ここに来て心ぐらつき過ぎでは。

他人を不幸にしてまで自由になろうとは思わないなあ、多分解憂も思わないので戻るだろうけど。

さて、3つの国が出てくるので誰が誰だかわからなくなりそうな感じがします。烏孫はみんな髪型同じなんだもの…翁帰だけは濃い顔イケメンなので判別できるけど、昆弥とかモブ顔すぎない?

解憂 第9話

侵略してきた匈奴兵を蹴散らした漢軍は、その勢いで匈奴兵が逃げたとされる遊牧民の村に夜襲をかけようとするが、それは烏孫を二分する匈奴派の謀略だった。匈奴兵の火攻めで村民が多数犠牲になり、村に捕らえられていた翁帰と解憂の身にも危険が迫るが、淮天沙の助けもあり窮地を脱する。翁帰と淮天沙、相容れない二人は一騎打ちをすることに。激闘の末、翁帰は川の流れの中に消えていく。

ネタバレ「和親公主の決意」

遊牧民の村。

翁帰が狩りをしていると、解憂がやってきた。

翁帰は解憂に弓を教え幸せな時間を過ごす。

しかしそこへ、匈奴に変装した烏孫の兵士が襲いかかった。

2人は囚われてしまう。

野営地。

馮嫽は「公主の顔を知ってるのは翁帰だけなので身代わりを用意し二人を自由にしてあげたらいい」と提案。

淮天沙は気に入らない。

そこへ匈奴により北庭が陥落したと知らせが入った。

匈奴が漢に攻めてきたのだ。

李息将軍が救援を求めているという。

淮天沙はすぐに長山翕侯に協力を求めた。

しかし長山翕侯は「輿入れするまでは無関係」と拒否する。

淮天沙は仕方なく護衛隊だけ連れて襲われた村へ。

すると李息将軍はすでに匈奴を撃退したという。

匈奴は村人が逃げ出した近くの村に潜んでいるらしい。

淮天沙は「公主の侍女が失踪したので探したい」と解憂を探し出すことにした。

野営地。

野営地に残っていた馮嫽は、長山翕侯の話を盗み聞きする。

長山翕侯は「烏孫の友人は匈奴だけ」と漢に罠を仕掛けたことを暗示した。

長山翕侯は解憂と翁帰を捕らえたような口ぶりだ。

馮嫽はすぐに淮天沙に知らせに走る。

話を聞いた淮天沙は長山翕侯の罠に気がついた。

烏孫は匈奴と組んで2人を殺し、漢に罪を着せて同盟を潰すもくろみだ。

遊牧民の村。

李息将軍は匈奴が潜む村に夜襲を仕掛けた。

匈奴の兵は村に火を放つ。

檻に囚われていた解憂と翁帰は、木が燃えてもろくなったところで脱出。

外に出た解憂は目の前で村の娘 素光が殺されるところを見てしまう。

野営地。

解憂の意識が戻った。

馮嫽は「お姫様が来ると聞いて平和になると辺境の民は喜んだ、でも実際は犠牲になった」とありのままを告げた。

その頃、淮天沙は翁帰を追い勝負を挑む。

翁帰は淮天沙に傷を負わされ川に落ちる。

淮天沙は翁帰の短刀を持ち帰り「匈奴の伏兵に襲われ死んだ」と報告。

その報告を解憂も聞いてしまった。

解憂は短刀を奪うと淮天沙に突きつける。

淮天沙は翁帰の遺言だと言って「その短刀で我が身を守り生きよ」と告げた。

烏孫。

長山翕侯はすぐに翁帰のことを昆弥に報告する。

しかし昆弥は翁帰が死ぬわけがないと思っている様子。

翌朝、解憂は和親公主として報いる生き方をすると決意を固めた。

そして烏孫の都へ向かう。

烏孫。

一夜立っても翁帰の行方は知れない。

長山翕侯は「偽の情報を流して匈奴との関係強化を妨げるつもりなのでは」と疑った。

その話に昆弥は激怒。

ひとまず、到着した匈奴の花嫁 胡姑を出迎えることにする。

烏孫の都に到着した解憂一行。

馮嫽は「欲しい物があれば伝書鷹を飛ばして」と解憂に鷹を送る。

商売の整理をするため一旦戻るようだ。

感想:戻らんのかい!

めちゃくちゃ駆け落ちする気だったんかい!

幸せに暮らしちゃうつもりだったんかい!

死んだら諦めるんかい!

操をたてんかい!

2人のせいで遊牧民が犠牲になるし…

翁帰は絶対生きてるのでいいとして昆弥と翁帰の関係ってそんなに複雑なの?

翁帰が優秀すぎるから?でも昆弥は別に悪い人じゃないんでしょ?

翁帰がいたら話が進まないので、一旦退場し解憂は王宮に入ります。

先に到着した胡姑ちゃんと仲良くできるわけもなく、いつものドロドロ試合が始まりますぞ。

次回、10・11・12話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。