最終回!解憂(かいゆう)43話44話45話のネタバレとあらすじと感想|結末はラブが勝つ

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信&DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 劉解憂りゅうかいゆう…旅芸人の娘、王族の娘であることがわかり和親公主として烏孫へ嫁ぐ
  • 翁帰おうき…烏孫の王族、昆弥(王)の従弟、父は大禄
  • 昆弥こんび…即位名は軍須靡、烏孫の王
  • 長山翕侯ちょうざんきゅうこう…烏孫の貴族、匈奴派で度々翁帰とぶつかる
  • 阿彩あさい…旅芸人の娘、解憂の侍女として烏孫へ行くことになる
  • 大禄たいろく…翁帰の父、息子を王位につけたい
  • 李陵りりょう…漢の将軍、解憂の玉佩を見て楚王府を訪ねるよう助言をくれた恩人
  • 阿生あせい…旅芸人の男、解憂たちの仲間
  • 義律ぎりつ…匈奴の将軍、解憂と翁帰にやりこめられたことがある
  • 単于ぜんう…匈奴の王、西域の支配を目論む
  • 淮天沙わいてんさ…漢の将軍、和親公主となった解憂を護衛して烏孫へ行くことになる
  • 靖君せいくん公主…楚王の娘、和親公主候補だったが武帝は解憂に目をつけたため免れる
  • 楚王そおう…解憂の父の弟、現在の楚王、解憂を大切に思っている
  • 馮嫽ふうりょう…やり手の商人、普段から男装をしている
  • 塔娜とうな…妓女、翁帰のお気に入りだが寝たことはない
  • 義妁ぎしゃく…漢の医師、女性で初めて医師となり解憂に付き従って烏孫へ
  • 阿伊臘あいろう…長山翕侯の妹、翁帰が好き
  • 西女せいじょ…亡くなった前の和親公主 細君の侍女、医術の知識がある
  • 雲古特うんことく…昆弥(王)の妻
  • 那林羽侯なりんうこう…雲古特の弟、一応将軍
  • 仙谷せんこく…匈奴の医師
  • 小烏しょうう…翁帰の部下、何でもできる
  • 木哈孜ぼくこうし…昆弥の侍従、良き相談相手にもなる
  • 末振離まつしんり…昆弥と翁帰の師匠、辺境を守っている
  • 安索克あんさくこく…烏孫の右大将、馮嫽に一目惚れする
  • 右谷蠡王うろくりおう…匈奴の将軍

【全45話】「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」あらすじ・ネタバレ・感想

「解憂」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

解憂 第43話

長山翕侯から国と昆弥を取り戻すべく、翁帰は右大将を説得して兵をまとめ、夜を徹して都へと急ぐ。長山は本性を明らかにし、匈奴人ながら烏孫の国益を第一とする胡姑をいつでも脅せるよう、息子を取り上げる。祖陵で夫と我が子の無事を祈る胡姑の前に解憂が現れ、長山に対抗するために2人で手を組もうと提案。一方、翁帰の生存を知った長山は都の守備を固め、解憂の捜索を命じる。さらに匈奴にも援軍を要請していた。

ネタバレ

街をさまよう阿伊臘。

そこへ馮嫽が現れ「生きているので数日待っていて」と知らせる。

辺境。

翁帰は安索克と再会。

安索克は「生きていると思ってました!」と体に触れた。

話はさっそく本題に。

翁帰は「一緒に赤谷城を攻め落としてくれ」と頼む。

赤谷城の惨事を知った安索克だが、命令がなければ謀反になると危惧。

失敗すればふたりとも首が飛ぶが、成功すれば英雄だ。

胡姑の寝殿。

胡姑が昆弥のもとから帰ると長山翕侯が待ち構えている。

長山翕侯は匈奴の利益を考えなくなった胡姑から子供を取り上げた。

そして長山府に連れて行ってしまう。

祖陵。

祖陵に胡姑が現れた。

「昆弥をお守りください、烏孫をお守りください、お守りくだされば喜んで命を捧げます」と祈る。

それを聞いた解憂は胡姑の前に姿を見せた。

解憂は「共闘するしかない」と提案。

しかし胡姑は受け入れず立ち去ってしまう。

長山府。

長山翕侯のもとに「右大将の軍が夜通し赤谷城へ向かっている」と知らせが入った。

さらに反乱軍の中に翁帰がいるという知らせも。

長山翕侯は翁帰がいるなら解憂も生きていると考え、解憂を探し出し捕らえる命令を出した。

そして妹のもとへ行くと「解憂が生きているようだ」と教える。

阿伊臘は見つけたら報告すると返事をした。

昆弥の寝殿。

長山翕侯は昆弥に無理やり聖旨を書かせようとする。

しかし顔につばを吐かれた。

激怒し昆弥を殴りつける。

そして、今や朝廷はほとんど匈奴派であると教えた。

祖陵。

解憂を守るため翁帰が一足先に戻ってくる。

そこへ胡姑が現れた。

胡姑は「長山を倒せる方法を思いついた」と解憂たちを捕らえて王宮に連れて行く。

朝堂。

那林羽侯は「右大将が昆弥を引き渡せ、長山翕侯が軟禁したのは政権を乗っ取るためだ」と主張していることを知らせた。

そこへ胡姑が現れる。

胡姑は「この混乱は解憂が李陵を逃し、匈奴と漢を敵に回したことが発端」と主張。

解憂を引き渡すので子供を返せと長山翕侯に迫った。

長山翕侯は解憂が罪を認めるなら子供を返すという。

解憂が連行されてきた。

解憂は「太后を害した原因になった」と話す。

しかし罪を認めたわけではない。

解憂は太后が流産の薬を使っていたことを暴露。

さらに匈奴に生まれたある人物は単于の密命で西域を回り、行く先々で殺戮と陰謀を繰り返したと話した。

その人物は烏孫で貴族になりすまし、烏孫を単于の統治下にするため動いていると全てを暴露。

そこへ証人である太后に長年仕えた侍女が呼ばれる。

侍女は十数年前、長山翕侯が内密に太后に接触し、前王が逝去すると”王位を翁帰に譲る”と書かれた遺言を持ち出したと話す。

太后はそれを書き換え、息子に王位を継承させたのだ。

長山翕侯は協力を交換条件に肩書をもらった。

その後、長山翕侯は太后を脅して言うことを聞かせていた。

感想:翁帰×右大将 安索克

いや…逆…か……?

安索克×翁帰がいい!わしこれがいい!!

翁帰が右大将を呼び戻しに行って再会するシーンが最高だった。

理由ははっきりしないけど、安索克がすごく好き、同じ人いるかな?出てきたキャラクターの中で一番好きなんだけどまじで謎。

イケメンでもないし、重要キャラでもないし、なんか好き…一番理性的だし…融通効くし…(*´ェ`*)ポッ

翁帰のことも大切にしてくれると思う。

えー、なんかもう想像ついてたけど太后が息子を王にしたいばかりに謎の匈奴人に協力したことが腐敗の発端になってました。

しかしそんな突然現れた男を貴族にしても怪しくね?

残るは匈奴軍との決戦。

解憂が李陵を助けたことがいい方に働けばいいけど。

残り2話!死亡フラグが立ってる人が複数いますが、あまり死なないでほしいな。

解憂 第44話

正体を暴かれた長山は、翁帰を人質にとって脱出を試みるが、阿伊臘が命懸けで翁帰をかばい、脱出は失敗に終わった。だが、長山の企みで匈奴の大軍がすでに烏孫に向けて進軍を開始している。毒に体をむしばまれ死期を悟った昆弥は、烏孫と解憂のどちらを取るかと翁帰に問う。匈奴軍が目前に迫り、淮天沙は漢に援軍を要請するため敵陣を突破、翁帰は都を死守するべく守備兵を鼓舞する。そして、ついに匈奴軍の総攻撃が始まる…。

ネタバレ

朝堂。

胡姑は長山翕侯を捕らえるよう命じる。

そこへ翁帰が昆弥を連れてきた。

命乞いをする長山翕侯は、池に隠していた剣を手に取り翁帰を人質にする。

死を恐れないという翁帰に「死ねば愛しい女は永遠に兄貴のものだぞ^^」と笑った。

そこへ阿伊臘が駆けつける。

阿伊臘は長山府にいた泥を胡姑に返した。

そして「皇子を返します兄を許して」と懇願。

翁帰と長山翕侯の間に立ち「私を愛してくれた?」と聞く。

翁帰は嘘がつけず「どうしても妹としか思えなかった」と答えた。

その瞬間、阿伊臘は翁帰を突き飛ばして長山翕侯から離す。

長山翕侯は剣を振り回し昆弥が負傷。

翁帰に迫った時、阿伊臘は間に入り兄の剣を受けた。

「兄が死ぬのは嫌、あなたが死ぬのはもっと嫌…

私を愛さなくてもいい、忘れないでね」

阿伊臘は息を引き取った。

昆弥の寝殿。

侍医は刀傷により毒が骨髄に混ざってしまったと診断。

残りの寿命は3ヶ月か、早ければ10日だという。

翁帰は匈奴軍が赤谷城に迫っていることを教えた。

2人は手を取り合い「子供の時のように狼を狩れるぞ」と笑う。

赤谷城。

匈奴は5万の兵士を連れ赤谷城に迫っていた。

大義名分は昆弥が倒れたすきに翁帰が王位を奪ったからだという。

そして「解憂を引き渡せ、長山翕侯を釈放しろ」と要求していた。

烏孫の守備兵は6千。

解憂は民を巻き添えにしないため要求を飲むという。

翁帰はそれを止める。

昆弥の寝殿。

死期を悟った昆弥は翁帰を次期王に指名する。

「お前なら撃退できる、何よりも烏孫の国益を優先しろ

昆弥(王)になったら解憂を長安に送り返せ」と命じた。

解憂が烏孫にいれば災いの火種となるからだ。

翁帰は選ぶことができない。

その気持ちを汲み取った「なら解憂を連れて遠くへ逃げろ、烏孫は匈奴に飲み込まれ消えてしまうだろう」という。

昆弥はどちらも守れなかった後悔を話して「わたしのようになるな」と助言した。

解憂は王の玉佩を手にし「翁帰は間違えません、烏孫の国益に従うはず」と返事をする。

解憂と二人になった昆弥は本音を語った。

「二人一緒の姿を見たくない、今までは私が譲ったのだから今度はそなたが譲れ…」

解憂は泣きながら昆弥に抱きついた。

城門。

淮天沙が敵陣を突破し援軍を呼びに行くことになった。

少数の兵で安索克が道を切り開く。

淮天沙は見事に敵陣を突破し敦煌へ向かった。

しばらくして淮天沙が戻り敦煌守備隊が承諾したと吉報を届ける。

しかし勅命が必要なためすぐ援軍は来ない。

激しい防衛戦が始まった。

3日続いた激しい戦闘の最中、淮天沙は馮嫽を守って背中に矢を受ける。

馮嫽はそれに気づかず淮天沙を突き飛ばしてしまった。

感想:惚れた男と惚れられた男

ちょっと、安索克は無事なんですか…?

戦いのあとに、人はみんな倒れていて馬だけが草原に立っているシーンがあってな…?

そんなことある!?モブと言えどもまあまあ出張ってたんだから死ぬことある?

だめだ気になって解憂どころじゃない。

続きよ!!!

解憂 第45話 最終回

匈奴軍の激しい攻撃は続くが、烏孫は漢からの援軍も得て必死の抗戦を続ける。互いが消耗する中、匈奴軍を率いる右谷蠡王(うろくりおう)は交渉の意向を示唆し、解憂が和平交渉に臨む。降伏を求める相手に対し解憂は一歩も引かず、和平交渉を見事にまとめあげるのだった。匈奴軍撤退に都中がわく中、昆弥が崩御し翁帰が王座に就く。解憂は意を決して馮リョウと漢へと発つ。行く手には意外な旅の連れと、最後の刺客が待ち受けていた。

ネタバレ

戦が始まって3日後。

淮天沙は馮嫽をかばって背中に矢を受けた。

息も絶え絶えになり「私と約束を…これからは自分の身はしっかり守れ」と馮嫽に告げる。

そこへ漢の援軍が到着した。

馮嫽はもう立つこともできない淮天沙を背負って城壁の上へ。

援軍を目にした淮天沙は、馮嫽の背中に体を預けたまま息を引き取った…

「私の過去を聞いてくれる約束だったでしょ…兄さん…」

馮嫽は叫び声を上げて泣く。

林。

戦の最中だが、すぐに淮天沙の墓が作られた。

解憂は「顔向けできない、1人で眠ることになったのは私のせい」と後悔している。

漢の援軍は精衛5千人。

それだけでは匈奴の包囲を突破できない。

解憂はまた1人で犠牲になることを考え始める。

翁帰はすぐに察して「匈奴に行く考えは捨てろ、淮天沙が浮かばれない」と止める。

解憂は墓の前に座り込む馮嫽に寄り添った。

城門。

烏孫に限界が近づいていた。

その日は胡姑が城門に現れる。

匈奴の右谷蠡王を見た胡姑は、相手が交渉したいのだとすぐに察した。

解憂は馬に乗り和平交渉へ。

右谷蠡王は進軍の目的を話す。

烏孫の投降、反逆者の誅殺、公主と長山翕侯の連行だ。

解憂は「ちなみに5万のうちあと何割残ってるんです?」と聞いた。

右谷蠡王は答えを濁す。

解憂の見立てでは1万が犠牲になったはず。

烏孫は絶対に降伏せず、焦土と化しても徹底抗戦するので壊滅的な打撃を受けると忠告した。

さらにこれから冬になれば厳しい寒さの中で補給もなくどう戦うのか。

解憂は最後のひと押しに「お礼に長山翕侯を無傷で渡します」と申し出た。

これ以上戦うメリットがないと考えた右谷蠡王は撤退を承諾する。

赤谷城。

匈奴の兵が撤退した。

解憂を称える民の声が響き渡る。

そして昆弥が逝去する…

朝堂。

解憂と翁帰は臣下の待つ朝堂へ。

解憂は翁帰を玉座に留め下に降りると「昆弥に拝謁します」と膝をついた。

解憂の寝殿。

その夜、王となった翁帰は解憂のもとへ。

解憂は「翁帰はもういない、翁帰靡よ」と拒絶し扉を閉めた。

翁帰には何も告げず解憂は馮嫽とともに漢へ旅立つ。

馮嫽は「命ある限り公主とともに」と淮天沙の遺志を受け継いだ。

匈奴。

匈奴に戻された長山翕侯は単于に拝謁。

単于は「好き勝手をやったな」と怒っている。

長山翕侯は「すべて解憂のせい、殺したあとでお詫びをします」と申し出る。

烏孫王宮。

翌朝、翁帰は解憂が旅立ったと知り慌てて寝殿へ。

すでに姿はない。

草原。

解憂と馮嫽は少数の護衛を連れて漢を目指していた。

草原は漢から嫁いだときと同じ季節だ。

解憂は「道は戻れるけど人生はやり直せない、だから後悔は禁物、過去には笑顔で向き合いたいの」と微笑む。

そこへ胡姑が現れる。

胡姑は烏孫にとどまっても政権を狙う母になってしまうため、泥を翁帰に託して国を出たのだ。

3人は国境まで一緒に旅をすることになった。

そこへ長山翕侯が襲いかかる。

長山翕侯は油壷をなげ草原に火をつけようとする。

「お前らが台無しにした、最愛の妹も死んだ」

その時、どこからか矢が飛んできた。

現れたのは義律だ。

義律は「単于に背いても胡姑を害するものは許さない」と胡姑を守る判断をした。

必死に戦い逃げ惑う一行。

解憂に長山翕侯の刃が向けられた時、槍が飛んできて長山翕侯を串刺しにした。

もちろん現れたのは翁帰だ。

黒幕 長山翕侯は息絶える。

一息つくと、胡姑は義律とともに旅立った。

馮嫽は気を利かせて翁帰と解憂を2人にする。

翁帰は「本当に行くなら俺は昆弥の座を捨てる、愛する女のほうが大事だからな」と宣言。

「やめたら誰が統治するの!」

「安索克や那林羽侯に父ちゃんもいる、ただ愛するものと一緒にいたいだけだ」

「烏孫から遠のくほど気が沈む、でも烏孫の昆弥はあなたしか…」

「君がいなければ無意味、生きる望みを失ってしまう、そんな俺を置き去りにできるか?」

「できない…」

翁帰は解憂を抱きしめた。

その後、烏孫の王が誰になったか…知る由もない。

感想:解憂完結しました

長らく放置してた解憂やっと最後まで完走しました。

正直言うとね、中盤クソ過ぎてもうこれ最後まで見れないかもと思ったんですよ。

でもね何十話もずっと見てきてるキャラクターたちを見捨てられなくて、どんなクソドラマでも最後まで見るんですよ。

すると不思議最終回で号泣してるっていう。

解憂は愛する男の兄(従兄弟)に嫁いで苦しみながら国を守る使命を果たすというテーマがとても良かった。

それを支えていたのは軸がぶれない徹底したキャラクター設定にあったと思います。

みんなグダグダはするけど、愛とか義理とか恩とかそういうものを決して捨てないし自分の信じたものを信じ続ける力を持ってました。

長山翕侯さえ最愛の妹を亡くして嘆いていたっていうね。

最後に出てきた胡姑と義律には笑ったけど、まあなんかお似合いだし女王様と下僕で旅をしたら幸せそうだなと思いました。

解憂は翁帰を選んだけれど、烏孫がどうなったかは誰も知らないという終わり方だったので、視聴者的には烏孫を幸せに導いていてほしいなと思います!

全話、まとめ記事はここから!

2 COMMENTS

中華

解優はなんで翁帰が好きに?
昆弥の方が落ち着いて ハンサムだった・
翁帰の印象はかっこだけで今いち
好きではなかった・

返信する
ミルコ

中華さん┏○ペコッコメントありがとうございます!

私も解憂がなんで翁帰を好きになったのかよくわかりません( ˙-˙ )
好きになる要素とかじゃなく運命の人なのね〜と無理やり納得してみてました笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。