【花様衛士・全55話】19・20・21話のあらすじとネタバレと感想|淡い恋心

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜」について、

全55話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を最終話まで掲載していきます。

バッキバキにネタバレしながら感想を書き散らしているのでご注意ください。

【全55話】「花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「花様衛士」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

「花様衛士」登場人物一覧

  • 袁今夏:ヒロイン、幼い頃に両親とはぐれ袁陳氏の養子として育てられる、六扇門の名捕吏として大活躍
  • 陸繹:錦衣衛指揮使 陸廷の息子、同じく錦衣衛として皇帝に仕えている、幼い頃に母を亡くし父との関係がこじれた
  • 楊岳:楊程万の息子、料理人になりたかったが言い出せず捕吏になる、今夏を妹のように大切にしている
  • 楊程万:楊岳の父、今夏と楊岳の上司でもある
  • 謝霄:水運業の元締め 烏安幇の跡取り息子、しかし婚姻を嫌がって家を飛び出し義侠として各地を転々としていた、今夏の幼馴染
  • 上官曦:朱雀堂 堂主、謝霄の婚約者、謝霄のために烏安幇を支えている
  • 林菱:林家の娘、楓林坳で隠居生活をしている
  • 林荷:林菱の姉、夏長青に嫁ぐがすでに亡くなっている
  • 陸大堅:陸繹の遠い親戚、林菱の兄弟子、共に薬王谷で医術を学ぶ
  • 藍青玄:道士、師は元明大師、金儲けのため龍胆村へ行き陸繹たちと出会う
  • 翟蘭葉:元役者、痩馬として金持ちに買われていた、厳世蕃に魅了され付き従う
  • 岑福:陸繹の部下、陸繹命で今夏と揉めるが和解し仲良くなる
  • 袁陳氏:今夏の養母、今夏と同じように家族をなくしている
  • 淳于敏:陸繹の母の兄の娘、両親は跡取り息子である弟を溺愛、愛されていないわけではないが差を感じている
  • 厳嵩:現在の首輔、前首輔の夏然を陥れ死罪に、裘丞・沈煉・楊其政らも排除し大きな権力を手に入れた
  • 厳世蕃:厳嵩の息子、今回の悪の親玉
  • 嘉靖帝:おじいちゃん、健康大好き、奸臣きらい
  • 陸廷:陸繹の父、錦衣衛指揮使
  • 曹昆:兵部朗中、曹霊児の父
  • 汪直:倭寇の頭領
  • 夏然:夏府の長、陥れられ死罪に、息子は夏長青
  • 夏長青:夏然の息子、父が陥れられ犠牲になる
  • 裘丞:将軍
  • 李旦:食客、曹昆の娘 曹霊児と駆け落ちするが今夏に捕まる
  • 曹霊児:曹昆の娘、物分りのいい子
  • 許朗:尚書、厳世蕃の手駒
  • 楊黙:将軍、厳家とは対立
  • 黄郁:薊遼総督、厳家派閥、偽の絵を献上したことで自分の首を絞める
  • 沙脩竹:旗牌官、その正体は貧民のために金持ちから金品を奪う義侠、謝霄に兄貴と慕われている
  • 王方興:鎮国中尉 朱観煊の部下、祝儀箱を届けるため船に乗る
  • 徐敬:大臣、陸繹に力を貸す
  • 李芳:嘉靖帝の太監
  • 廖聞華:厳嵩の娘婿、能力はなくコネで役人をやっている
  • 厳風:厳世蕃の手駒、性格はめちゃくちゃ悪いが能力はない
  • 謝百里:烏安幇幇主、謝霄の父
  • 周顕已:工部 都水清吏司、翟蘭葉に惚れている
  • 雲遮月:役者、10年前の事件で犠牲になる
  • 霧隠花:役者、現在は春喜座を買い取り座長をしている
  • 朱観煊:鎮国中尉、悪徳
  • 董斉盛:董家水寨の跡取り、先代はいい人だったらしいが…
  • 王麻子:倭寇、厳世蕃の手駒、本名 羅文龍
  • 石新:龍胆村族長の息子、生き残り藍青玄の弟子になる
  • 呉守緒:知府
  • 元明大師:嘉靖帝に妙薬を献上
  • 二胖:元明大師の弟子
  • 三痩:元明大師の弟子
  • 于大勇:将軍、軍事馬鹿
  • 祁衛綱:参謀、鬼嫁持ち
  • 祁夫人:賢く強く今夏の力になってくれる、杭州を守る武人として活躍
  • 顔紹瓊:厳家の駒

DVD&配信

第19話 あらすじ「八卦陣からの脱出」

陸繹が鎖龍井(さりゅうせい)の構造を見抜いたことで、今夏らは井戸からの脱出に成功。しかし、鎖龍井が破られたことを知った毛海峰(もうかいほう)は村民を皆殺しにすべく、乱心者を放って龍胆村を襲撃させる。村に戻った陸繹らもこれに応戦し、藍玉簪(らんぎょくさん)の花を燃やして乱心者を抑えるが、今度は倭寇を引き連れた毛海峰が現れ大乱闘となる。負傷した毛海峰は撤退したものの、村は爆薬で焼かれ、今夏をかばって毒が塗られた暗器を受けた陸繹は重症に陥ってしまった。

ネタバレ

井戸の底。

陸繹は鎖龍井の動きに「塩の満ち引きが関係している」と分析。

今日は3月10日、満潮は戌時(19時から21時)干潮は丑時(1時から3時)になる。

おそらく今は干潮なので、海の水が引けば脱出口が現れると考えた。

水量に合わせて開閉し、洪水から民を守る仕掛けがあるはず…龍の口の中を動かすと穴が出現する。

陸繹は迷わずその穴に飛び込んだ。

今夏たちも後を追う。

葦原。

翟蘭葉が毛海峰に会いに来た。

「陸繹に注意を」と忠告するが、毛海峰は聞く耳を持たない。

そこへ「鎖龍井が壊された」と知らせが入った。

毛海峰は「毒薬作りの男は連れ戻し、あとは殺せ」と命じる。

湖。

その頃、穴を抜けた陸繹たちは湖に到着。

鎖龍井は洪水を湖に流し、民を守るための仕掛けだった。

丐おじさんこと陸大堅は謝霄の様子を見て「あの子に惚れてるな?」と聞く。

さらに3人の様子を観察し「娘は陸繹に惚れてるから面倒なことになりそうだ」と楽しそう。

龍胆村。

縛られていた藍青玄のもとに族長の息子 石新がやってきた。

石新は藍青玄の縄を解いて助ける。

陸繹たちも村に戻ってきた。

そこへ竹笛で操られた乱心者が押し寄せる。

陸大堅は青い龍胆花を燃やし、その匂いで乱心者を気絶させた。

今夏たちは、疫病神の話は作り話で、乱心者は倭寇が意図的に増やしたもので疫病は存在しないと話す。

藍青玄も「呪いはでまかせ、傷つけるつもりはなかった」と謝った。

族長は陸大堅に「乱心者を助けて欲しい」と頼む。

陸大堅は解毒を試みることに。

街。

一夜が開け、上官曦は楊岳と街へ戻ってきた。

すると街の人々が上官曦を見てうわさ話をしている。

男を捕まえ問い詰めると「昨夜、董家水寨が全滅した、堂主が董家を滅ぼしたと噂になっている」と話した。

烏安幇。

急いで烏安幇に戻ると、捕らわれていた小飛や他の仲間が戻っている。

小飛は「お助けいただき感謝します」と上官曦に頭を下げた。

聞けば、捕らわれている時に外で争う音がして外に出ると100人以上が倒れていたというのだ。

倭寇の頭領 毛海峰のもとにも董家全滅の知らせが入る。

埠頭。

上官曦は楊岳を連れ急いで埠頭へ向かった。

そこに翟蘭葉の姿が。

「生きていたの?」

翟蘭葉は「代わりに敵討ちをした」と話す。

上官曦は受け入れることが出来ず「一緒に役所へ」と剣を向けた。

2人は戦闘になる。

親友だと思っていた上官曦に対し、翟蘭葉は「私は最下層の役者でしかない、身分も対等ではない」と自らを蔑む。

「痩馬と偽る日々にあなたがいて幸せだった」

2人はお互いを見つめながら涙を流す。

上官曦は翟蘭葉を見逃し、彼女は立ち去った。

龍胆村。

陸大堅は「解毒は出来ても人格は戻らない」と診断。

そこで、楓林坳に隠居している古い知り合いならなんとかできるかもしれないと考える。

楓林坳は楓の木に囲まれた人里離れた場所らしい。

そこへ毛海峰たちが襲撃を仕掛ける。

戦闘になり、陸繹は村人をかばい刺されてしまう。

今夏がすぐに気づいて陸繹を助けるため毛海峰を撃った。

そこへ忍者のクナイが。

陸繹は今夏をかばい、背中に傷を負った。

負傷した毛海峰は退避を命じ、陸大堅を再び連れ去った。

倭寇が去ると、乱心者が襲撃した時に仕込まれた大量の火薬が爆発し始めた。

龍胆村の人々が次々犠牲になる。

……静けさを取り戻した龍胆村に石新の悲痛な声が響いた。

藍青玄は親を失った石新を引き取ることにする。

「今後は俺について来い、ひもじい思いはさせない」

陸繹はクナイに塗られていた藍玉簪の毒にあたってしまったようだ。

今夏は丐おじさんの話を思い出し、楓林坳へ向かうことにする。

藍青玄に怪我をした謝霄を託し、楊岳への伝言を頼んだ。

烏安幇。

翌朝、謝霄が目を覚ました。

上官曦は寝ずの番で看病していたようだ。

謝霄は今夏を探しに行くと行って起き上がる。

上官曦は謝霄を止め「今夏と陸繹は役所に探してもらうから」となだめた。

しかし謝霄は言うことを聞かない。

そればかりか「師姐は俺を見下してる、何をしても否定する

支えてくれるのは分かるが母親ではないのだから管理しないでくれ!」と反抗する。

上官曦は行かせるしかない。


感想:お母さあん

おい、謝霄やめろ!それ以上言うな!お母さんなんて言うなー!!

ちょっとこれフラレるのはいいけど、それ以上にお母さんだと思われるなんてどう立ち直ったらいいの?

謝霄は上官曦の気持ちがこれっぽっちもわからないの?

うーん、でも大事だと思うからこそ危ない目に合わせないよう無意識に管理してた部分はあるのかも。

そう考えると今夏は魅力的だな。比べたくはないんだけど。

第20話 あらすじ「取り引き」

暗器で受けた傷の手当てのため、陸繹と今夏は名医を訪ねて楓林坳(ふうりんおう)を目指した。だが陸繹は解毒薬も効かず歩くことさえままならない。今夏の必死の励ましで何とか旅籠にたどり着いたものの、そこへ捕らわれの身となった陸大堅(りくたいけん)を引っ立てて毛海峰と配下が現れる。大堅を救い出し、ひそかに逃げ出した3人だが毛海峰に気づかれ、結局、捕らわれてしまう。今夏の銃に目をとめた毛海峰は、銃の設計図と引き換えに命を助けると言うが…。

ネタバレ

街。

楊岳は謝霄が今夏を探しに出たと知って上官曦のもとへ。

上官曦は亡き父が20年前に用意した嫁入り用の酒を見つめている。

そこへ楊岳が来て、開封を止めた。

「嫁入り用の大切な酒です、もっといい男が現れます!」

そう言うと、楊岳はその酒瓶を水の中に沈めてしまった。

「あなたがいい人を見つけて嫁ぐ日に、私が潜って水から引き上げます!」

「嫁がなければ?」

「ありえない、必ずいい人が現れます」(目の前におるがな)

官駅。

その頃、藍青玄は石新を連れて楊岳を探していた。

そこへ楊岳が戻って来る。

藍青玄は「奇妙な毒にあたったので鎮江にいる医者を訪ねる」と今夏の伝言を伝えた。

約束を果たした藍青玄は、石新を連れて古巣 丹青閣に戻ることにする。

郊外。

その頃、楓林坳を目指す今夏と陸繹を雨が襲う。

陸繹は毒が回り意識を失ってしまった。

今夏は「起きてくれたら何でもしますから〜死なないで!!」と必死に呼びかける。

そして陸繹を抱えあげ客桟へ向かった。

客桟。

宮中の解毒薬を飲むが、その効果は現れない。

陸繹は気を巡らせてなんとか持ちこたえている。

今夏は汗びっしょりになった陸繹の体を、目を閉じて手探りで拭いた。

その客桟に毛海峰が現れる。

陸大堅も一緒だ。

今夏と楊岳は見張りを眠らせ、陸大堅を助け出した。

しかし、宿代替わりに渡した陸繹の玉佩を見た毛海峰に気づかれる。

今夏は銃で応戦するが、囲まれてしまった。

銃を見た毛海峰は「銃の設計図を渡せば見逃してやる」と条件を出す。

陸繹に使われたのは精製した藍玉簪の毒で、乱心はしないが喜怒哀楽の感情を制御できなくなり想像を絶する苦しみを伴うという。

今夏は苦しむ陸繹を助けるため条件を飲んだ。

まずは半分設計図を書き、鎮江についてからもう半分を渡すことに。

毛海峰は日本語で「設計図を手に入れたら全員殺す」と部下に告げた。

林。

その頃、楊岳と上官曦は今夏たちを追っている。

そこへ生き残った配下とともに董斉盛が現れた。

楊岳を人質に取られ、上官曦は武器を捨てる。

董斉盛は2人を縛り付けた。

そして上官曦に「同衾すれば楽に死なせてやる」と条件を出す。

楊岳が口を荒げると、董斉盛は愛犬 黒の話を始めた。

「もう出迎えてくれないんだ…そうだ、お前が首輪をつけて四つん這いで歩けば、配下にはお前の惚れた女に触れさせないぞ」

楊岳は首輪をつけられ、犬のように歩いてみせた。

すると董斉盛は「私が可愛がってから一緒に旅立たせてやる」と上官曦に手を出す。

楊岳は怒り狂い董斉盛を殺した。

そこへ謝霄が助けに現れる。

楊岳は謝霄が上官曦を助ける光景を見てから意識を失った。

烏安幇。

謝霄はまた今夏を探しに行こうとする。

そこで楊岳は今夏からの伝言を教えた。

翌朝、上官曦は楊岳に感謝し、恩に報いると話す。

楊岳は「あなたのためならなんでもない」と笑った。

しかし様子がおかしい。

上官曦が理由を聞くと「昨夜初めて人を殺した」と話す。

「今夏は料理人の手だと…」

「これが最初で最後だといいわね…」


感想:愛犬家。

董斉盛おじさん愛犬家なの?見方変わるわ〜

まだ生きてるみたいなので、大変なことにならないよう願っとく。

さて、プライドも捨て奮起し命がけで助けたというのに謝霄に美味しいところだけ持っていかれた楊岳お兄ちゃんが不憫でなりません。

でもなあ、謝霄に同じことをしろと言っても出来ないと思うんだよ。

優しさを持つ楊岳だからこそ、プライドなんか捨てて上官曦のために犬のマネだろうがなんだろうが…なあ?

なんだか謝霄の何がいいのかわからなくなってきました。でもよく考えてみると、謝霄と今夏が似た者同士、陸繹と上官曦が似た者同士なんだよな?うーん

第21話 あらすじ「命を懸けた大芝居」

鎮江に到着した今夏は隙を突いて銃を取り返し、大堅が時間を稼ぐ中、陸繹を連れて逃走。だが結局、崖に追い詰められて逃げ場を失ってしまう。毛海峰は陸繹の能力を買い、解毒と引き換えに仲間に引き込もうとするが陸繹はこれに応じず、今夏の肩を抱くと、つるを手に崖から飛び降りた。しかし、つるの長さは地上まで及ばず、2人は宙ぶらりんの状態に。崖の上の毛海峰は、つるを断ち切ろうと刀を振り上げるが、その時…。

ネタバレ

鎮江。

今夏、陸繹、陸大堅は毛海峰に捕らえられ鎮江までやってきた。

約束の場所まで到着したため、今夏は残りの設計図を書く。

そこで「陸殿が改造したので銃の構造を見ながら書きたい」と時間稼ぎ。

その間に陸繹は縄を解いた。

今夏は毛海峰から銃を奪い、陸繹を連れて葦原に逃げ込む。

陸大堅は敵をひきつけ時間稼ぎをしてくれた。

崖。

今夏と陸繹は崖に追い詰められる。

毛海峰は「解毒薬がほしければ設計図をもう半分書け」と迫った。

そこで今夏は「陸殿は東瀛の言葉がわかる」と明かす。

毛海峰の「設計図を手に入れたら全員始末する」という会話を理解していたのだ。

毛海峰は陸繹の能力に感心。

最も欲しい人材、仲間になれば解毒すると提案。

しかし、陸繹は今夏の肩を抱いて崖から飛び降りた。

そこへ楊岳たちが駆けつける。

陸繹が隠し持っていたつるは、崖の途中までしか届かない。

陸繹は片手でつるを掴み、もう片方で今夏を抱きしめた。

そして「共に生き死のうではないか、信じてくれ」と飛び降りる。

2人は崖のくぼみに着地し命をとりとめた。

その頃、倭寇に追われていた陸大堅は圧倒的な強さで敵をねじ伏せる。

河原。

今夏、陸繹、陸大堅は無事に合流。

今夏は陸繹を神医に見せるため先を急ぎたいが、陸大堅の様子がおかしい。

陸大堅は「神医は役人を見ないと決めているんだ…」と明かした。

今夏は「役人なのを黙っているだけ、騙すわけではない!」と必死に頼む。

陸大堅は「絶対に話さない」と約束させ連れて行くことに。

いかだに乗って川を登る一行。

陸大堅は神医と20年来の付き合いで一言では言えない関係だと明かす。

その時、陸繹が吐血した。

その血に誘われ川から蛇が上がってくる。

今夏は蛇が苦手で悲鳴を上げながら対処する。

厳世蕃の船。

毛海峰が会談のためにやってくる。

厳世蕃は「計画が台無しになった、女捕快の小賢しさに腹が立つ」と話した。

厳世蕃は、陸繹の連れていた今夏のことを思い出す。

毛海峰は陸繹が藍玉簪の毒にあたったため長くないことを知らせた。

厳世蕃は「東瀛人に探りを入れて必要なものを目録に」と命じる。

倭寇と商売をする気らしい。

楓林坳。

陸大堅は蛇よけの石灰雄黄粉を渡す。

今夏はそれを必死に陸繹の顔にはたいた。

「わざとベタベタ触っているな^^」

「均一に塗りたいだけなの!」

陸大堅は神医に会いたくないらしく着いてこないという。

今夏は陸繹を連れて楓林坳に入った。

楓の木が一面に植えられ、あたりは蛇だらけだ。

陸繹は多様な種類の蛇を見て「わざと蛇を放っている」と気づく。

しばらく歩くと家が見えてきた。

そこに美しい女性が。

今夏は「神医様!噂を聞いて訪ねてきたんです」と治療を頼む。

そこで同情を買うための小芝居を始めた。

「私の誘惑に負けた若様を押し切る形で江南へ来たんです…」

陸繹は今夏の芝居を見て頭を抱えた。

「はぁ〜(-_-)」

今夏は元気に芝居を続ける。

「身分違いの恋に若君の父は猛反対!猟犬を使って追ってくるのです!

盗賊に襲われ毒にあたってしまいました…

2人は生涯を誓った仲、私は若様のもの…他の人には嫁ぎません

助けてください〜わ〜ん(´;︵;`)」

黙って見守っていた陸繹は今夏を抱き寄せ「唐突な家内ですみません」と謝った。

見つめ合う2人…(何してるのよ)

神医 林菱がは「いつ怪我をし、薬は飲んだか」と聞く。

今夏は皇宮でしか手に入らない秘薬の名前を口にしてしまった。

林菱はすぐに役人だと気づいて拒絶。

今夏は混乱し、林菱に銃を向ける。

林菱は頑なで「絶対に役人は治療しないと決めいている」と話した。

しかし「あなたの命と引き換えるなら助けてもいい」と言い出す。

今夏は自分の頭に銃を向ける。

「何度も助けられた命です…私が死んだら母上や楊岳をお願いします!」

今夏が引き金を引こうとした瞬間、陸繹が飛びついて銃を取り上げた。

放たれた弾は誰にも当たらず空中をかすめる。

陸繹を見た林菱は「解毒で飲んだ薬が新たに毒を産んでいるため、解毒は難しい」と話す。

しかし治療をしてくれるようだ。

林菱は陸繹を寝台に寝かせ治療。

「働きは抑えたけれど、解毒できる保証はない」と話す。

翌朝、今夏は陸繹を助けてもらうため神医の役に立とうと張り切る。

慣れない料理を作って、手に火傷を作った。

林菱はその火傷の痕を見て微笑む。

陸繹は意識が戻らず、高熱にうなされていた。


感想:今夏のお芝居

この2人はショートコントが好きだなあ。

情に訴えかける作戦にしては欲望がにじみ出ている芝居だったw

もう頻繁にキラキラドキドキ視線が交わるシーンが挿入されるので、さっさとくっついていいですよ。

他にも上官曦やら楊岳やら控えてますから。

で、やっと相関図の最後の1人林菱さんが出てきました。

とても落ち着いた大人の女性でございます。

しかし陸大堅はなんで会おうとしないんだろう?フラれたから?

次回、22・23・24話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。