【君、花海棠の紅にあらず・全49話】10・11・12話のネタバレとあらすじと感想|趙飛燕の舞

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「君、花海棠の紅にあらず(きみ、はなかいどうのべににあらず)」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信

楽天TVにて配信中(`・ω・´)ゞ

DVD

君、花海棠の紅にあらずの登場人物

  • 商細蕊:京劇役者
  • 程鳳台:商人、妻は范湘児、姉は程美心、妹は察察児
  • 范湘児:富豪の娘、夫は程鳳台
  • 范漣:范湘児の弟、恋人は曽愛玉
  • 程美心:程鳳台の姉、夫は曽万釣
  • 察察児:程鳳台の妹
  • 姜栄寿:京劇協会の会長、商細蕊の養父 商菊貞の兄弟弟子
  • 姜登宝:京劇役者、父は姜栄寿
  • 鈕白文:梨園協会所属
  • 商菊貞:商細蕊の養父
  • 鄭原木:商会の会長
  • 曽愛玉:范漣の恋人
  • 蒋夢萍:商細蕊の姉弟子、夫は常之新
  • 常之新:范湘児の従兄、妻は蒋夢萍
  • 曽万釣:司令官、妻は程美心
  • 曹貴修:父は曽万釣

【全49話】「君、花海棠の紅にあらず」あらすじ・ネタバレ・感想

「君、花海棠の紅にあらず」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第10話


程鳳台(チョン・フォンタイ)の義弟・范漣(ファン・リエン)は、遊びで付き合う女性の妊娠を知る。程鳳台は動揺する范漣に代わり話をつけようとするが、彼女から大金を要求される。一方で程鳳台は曹(ツァオ)司令官の息子・曹貴修(ツァオ・グイシウ)に希少な銃を贈り和解を求める。しかし曹司令官の裏切り疑惑が浮上するのだった。そんな折、芸能を嫌う程鳳台の妻・范湘児(ファン・シャンアル)は夫の水雲(シュイユン)楼への投資を知り…。

ネタバレ「裏切りのワルツ」

程家。程美心がレコードを聞いている。その曲には曹貴修との苦い思い出があった。

数年前、まだ司令官の側室になっていない程美心は、その美しさと聡明さで数多の男を虜にしていた。パーティーに出席した程美心は曹貴修に誘われワルツを踊る。

曽万釣司令官は戦場で見事に勝利した息子を褒め称え、褒美を与えた。そこへ程美心がやってきて、司令官は「第6夫人だ」と紹介する。曹貴修はショックを受け、褒美の小切手を破り捨てた。

その後、納得できない曹貴修は程美心を問い詰める。程美心は「司令官は勢いのある権力者、事情がある」と話すしかなかった。

雅鴻劇場。商細蕊の舞台が始まる。

范漣は恋人 曽愛玉を連れて、程鳳台のいる個室に現れた。

程鳳台が商細蕊を大絶賛すると、范漣は「陳紉香という名手がいる」と教える。

陳紉香は姜栄寿の甥で、姜栄寿は売れっ子の甥を休ませること無く酷使しているという。それでもまだ陳紉香はいい、売れない役者は悲惨だ、范漣が話していると曽愛玉は腹を抑えてうずくまり苦しみ始めた。

病院。医者は妊娠4ヶ月で栄養不足により体が弱っていると二人に伝える。

妊娠させてしまったと焦る范漣は「反省しているからなんとかして」と義兄に泣きついた。

程鳳台が話をする。

曽愛玉は苦悩の末「10万元で手を打つ、性別問わず出産したら引き取りを」と条件を出した。

程家。家に戻った程鳳台は姉を訪ねる。「荷を奪うのはやりすぎだ」と指摘する弟に、姉は「何もしないで、私が話す」と説得した。

病院。翌日、程鳳台はもう一度 曽愛玉のもとへ。曽愛玉は泣きながらお金が必要なこと、家族が大変な目に会っていて10万元で助けられることを話した。

程鳳台は何も聞かず10万元を出してやる。

パーティー会場。パーティーでワルツを踊りながら程美心は荷を奪ったことについて聞いた。

「父上に造反だと思われるわよ」

「あなたが何かを決める時 心の中にあるのは損得勘定、父のものはいずれ私のものに」

「あなたが跡取りとは決まっていないわよ」

そこへ程鳳台が「贈り物を届けに来た」と現れる。

個室に案内された程鳳台はサラエボ事件でプリンツィプが使った銃を見せた。ケースの中には10万元の小切手も入っている。

しかし、曹貴修は贈り物ではなく銃での勝負を持ちかけた。

中庭に出た2人は、兵士の頭に乗ったケーキの皿を見事に撃ち抜く。程鳳台は兵士が気を抜いた瞬間に銃を放ち、驚いた兵士は腰を抜かしてしまった。

勝負は引き分け、しかし曹貴修は「荷物は第4倉庫にあるのでいつでも動かせ、君と手を組みたい」と申し出た。

そして曽万釣司令官が日本兵に手を貸していると教える。

今まで司令官に物資を提供していた程鳳台にはその話が信じられない。しかし今の話が本当なら程鳳台は重罪人に手を貸していることになる。程鳳台はどちらを信じるべきか頭を抱えた。

程家。范湘児を親戚が訪ねてきた。娘が商細蕊の芝居に骨抜きなので、楽屋が見られるように口利きをしてほしいというのだ。

それを知った范湘児は「みんなで秘密にしていた」と憤る。

雅鴻劇場。范漣が観劇にやってくると、個室で范湘児が待ち構えていた。姉は弟を叱り、弟は平謝りするしかない。

水雲楼の団員が程鳳台の妻に気づいて覗き見している。十九は古臭いと批判、しかし商細蕊は凛としていて品があると褒めた。

水汲み場。范湘児が気に入らない十九は「なんであんな古風な女が妻なの?私のほうが若くてピチピチよ!」と話している。そこへ、范湘児の侍女 春杏がやってきて話を聞いてしまう。

そして、商細蕊の舞台が始まった。


感想:親族というだけで

范湘児の弟 范漣あり得なさすぎてドン引きした。

責任も取れないのに困ったことになったら義理のお兄ちゃんに泣きついて「僕を見捨てるなんて許さないぞ!」ってどういうことや!放り出せそんなやつ!

ていうかなんで姉ちゃんにくっついて街に出てきてるの?田舎に実家があるんでしょ?家業を継ぐまで遊んでるのか、跡取りは他にいるから何もしなくていいのか…?

うーん、お気楽すぎて目障りである。

はい、それから司令官が国を売ってるんじゃないか疑惑が出てきました。この後のことを考えるとあながち嘘でもないような…

第11話


水雲(シュイユン)楼の役者が夫を狙っていると知り、いらだちが収まらない范湘児(ファン・シャンアル)。そんな中、火に油を注ぐ出来事が起こる。憤る范湘児は商細蕊(シャン・シールイ)を呼びつけ、蔑みの言葉を投げつけるのだった。一方、姜栄寿(ジャン・ロンショウ)は商細蕊を失脚させるために、甥の陳紉香(チェン・レンシャン)を地方から呼び戻す。1年の休演と“丸刈り”を賭けて、商細蕊と陳紉香の対決が始まる。

ネタバレ「侮辱」

雅鴻劇場。商細蕊の舞台を観劇した范湘児は「下品だわ」と蔑む。

それを聞いた侍女は「本人が低俗だから資質と重なってあんなふうに見えるんです」と憤りをあらわにした。

范漣に咎められたため春杏は水汲み場で聞いたことを范湘児に耳打ちする。

「お似合いの夫婦じゃないから、旦那を自分のものにすると」

范湘児はかんざしを心づけとして放り投げ、怒って帰ってしまう。

程家。朝食の席についた程美心は、水雲楼のことが義妹にバレてしまったと知った。そこで、憤る范湘児に「喧嘩したときはいつも味方でしょ?次は追い出してあげるわ」と約束する。

その頃、察察児は裏庭で臘月紅に会っていた。

以前、忍び込んだときに貰ったお金の代わりに贈り物を持ってきたのだ。そこへ、范湘児が来て見つかってしまう。

程家。商細蕊は范湘児に呼び出された。

部屋の中に入ることは許されず、御簾の外から話をさせられることに。

事情を知らない商細蕊は「昨日は途中で帰られました、次にいい演目があれば券を贈ります」と話す。

そこへ、捕らえられた臘月紅が引きずられてくる。

「昼間から人の家に忍びこんで妹にちょっかいを出すとは、目的は盗みか誘拐かしら?」

范湘児は臘月紅を蔑み侮辱した。

「寧九郎は生涯奴隷も同然、紫禁城を追われた後今度は斉王府で使われている」

范湘児は歴代の人気役者まで持ち出して、役者のことをけなす。

商細蕊は訂正するが、范湘児は聞きもせず部屋から出ていった。

陳紉香が北平に戻った。記者に囲まれ大人気の陳紉香を、姜登宝が連れて行く。

水雲楼。商細蕊は臘月紅を連れ帰り罰を与えた。

尻が裂けるまで叩いていると、そこへ程鳳台がやってくる。

商細蕊は帳簿を程鳳台に押し付け「ご自宅で勘定を、賊の住み家には来ないでください!」と追い出した。

小来はかんざしも返して「事情は口八丁の奥様がよく知ってますよ」と嫌味を言う。

姜家。陳紉香を呼び出した姜栄寿は、商細蕊が横暴なので対決して負かせと命じる。

水雲楼。杜洛城も事情を知り「程鳳台は妻方の財で家を再興した、だから嫁は神様、劇場の話はご破産になるぞ」と話す。

さらに、程鳳台を追い出してしまっては契約書の規定の意味さえわからない。

商細蕊は杜洛城と新しい演目の話をしている。趙飛燕は女官から頂点に上り詰める女。手のひらで舞うことが出来たという伝説がある。新しい演目に飛びついた商細蕊だが、まずはどう舞うか考えなければならない。

そこへ、陳紉香が対決を申し込みにやってきた。

商細蕊は対決を受け、負けたら一年休演という条件に加え、丸刈りにすることを約束させる。陳紉香に「身なりが質素」と言われたことが気に食わなかったのだ。

程家。程鳳台はかんざしを妻の上に挿してやる。しかし、范湘児は「弟子に察察児を誘惑させたんだから!」と激怒してかんざしをゴミ箱に捨ててしまった。


感想:深窓の令嬢

ただのご令嬢じゃないのがめんどくさいな范湘児。

突然、後宮の女イビリが始まったのかと思って困惑したわ。

そりゃあ最初に司令官に一矢報いようと忍び込んだのが悪いし、その後こっそり会いに来たのも悪いけど、その人が役者だからといって一括にして侮辱するのはどうかと思うわ。ただの差別ですよご令嬢。

うーん、なんとも言えませんがこの姉弟うんちだな。

あと、侍女の春杏ちゃんの気が利かないこと…あんな悪口黙ってればいいのに自分の主がけなされて気分悪いからってそのまま教えて揉め事起こすって…クラッシャーかよ。

どうした!?突然臭くなってきたぞ!?

第12話


新演目「趙飛燕(ちょう・ひえん)」の配役を決める日を迎えた水雲(シュイユン)楼。商細蕊(シャン・シールイ)は新規定に基づき年功序列を排除したため、師叔(ししゅく)たちからひどく反感を買う。一方、程鳳台(チョン・フォンタイ)は范湘児(ファン・シャンアル)を怒らせたまま、夫婦間に不穏な空気が流れる。陳紉香(チェン・レンシャン)は姜栄寿(ジャン・ロンショウ)から秘伝の技“仙人歩法(せんにんほほう)”を教授され優位に立つが、商細蕊は趙飛燕の舞をどう演じるか行き詰まってしまうのだった。

ネタバレ「秘伝の絶技」

水雲楼。趙飛燕の配役を決める日がやってきた。

契約書には芸歴を問わず配役を決めていいと記されている。

斉王府。寧九郎が鳥と遊んでいる所へ、斉王がやってきた。

斉王は「ようやく安心したか?商細蕊が騒動を乗り越えたと新聞に書いてあったぞ」と話す。

寧九郎は何かと商細蕊の事を気にかけ、様子を探っているらしい。

水雲楼。その頃、水雲楼ではオーディションが終わり商細蕊が配役を発表している。

中堅の女役者は妹弟子に役を譲り、臘月紅は古参の演じる役に抜擢された。古参の役者は不満を持つ。

程家。察察児と范湘児が言い争っている所へ程鳳台が戻ってきた。

14歳の察察児は外の世界を知るため学校へ行きたいようだ。

程鳳台は「范湘児に新しい考えを理解させるのは無理だから怒らせないように口をつぐまないと、でも男の言いなりにならないためにも女性に教育は必要、裏でこっそり動けばいい」と話した。

程鳳台は妻の元へ。范湘児は「一座と手を切って」と怒り出す。しかし程鳳台は「事業」だと言って譲らない。

范湘児は怒って寝室から夫を追い出す。

街中。ある日、姜登宝とその子分に臘月紅が捕まり叩きのめされてしまう。

水雲楼。騒動を見ていた屋台の店主が、臘月紅のことを知らせに来てくれた。団員たちはすぐに助けに向かう。

寒空の下、裸にされた臘月紅の背中には「12月9日舞台で会わん」と墨で書かれていた。

姜登宝が許せない商細蕊は殴り込みに向かう。

商細蕊は圧倒的な武芸で姜登宝たちを叩きのめす。

そして、外に出すと服を脱がせて背中に「わかった」と返事を書いた。何事かと集まってきた観衆に、舞台の宣伝をして帰っていく。

姜家。姜栄寿は商細蕊との対決に勝つため、陳紉香に姜家秘伝の技 仙人歩法を教える。

水雲楼。商細蕊が杜洛城から仙人歩法の話を聞いていると、外で騒ぎが起こる。

古参の役者が臘月紅に役を譲れと詰め寄ったのだ。

商細蕊は争いを止め「北平に来てから発声の練習をしたか?」と聞く。怒った役者は出ていってしまった。

商細蕊が趙飛燕の舞い方に悩んでいると、梨園協会の鈕白文がやってきた。鈕白文は「寧先生は困ったことがあると観音廟に行っていたぞ」と教える。

観音廟。商細蕊は教えられたとおり、観音廟に出向く。すると、車夫から「鳥を連れた人がこれをあなたに」と玄女が書かれた絵巻物を渡された。

その絵を贈ったのは寧九郎。鈕白文に命じて商細蕊が観音廟に来るよう仕向けたようだ。

寧九郎は「商細蕊の理解力と風格を持ってすれば、この困難を乗り越えたときには梨園の大人物になっているかもしれない」という。

水雲楼。その夜、観音廟から戻った商細蕊は一睡もせず屋根の上を歩いている。心配そうに見守る団員たちは、1人また1人と部屋に戻っていった。小来だけは最後まで見守り続ける。

そして、趙飛燕の舞が完成した。

姜家。酒楼で愚痴っていた古参を姜登宝が引き抜いてきた。演目の話も聞き出したらしく、父は珍しく息子を褒める。


感想:理にかなったこと

組織を運営していく上ですべて理にかなったことなのに、受け入れられない・不利になる人間ばっかりで変革できないのきついね。始末するわけにも行かないもんね。

年をとったから身体的にきついこと以外は全部いいわけだと思っているので、芸が仕事なら芸を磨けばいいし、パソコンがわからないなら学べばいい、そしてそれを言われないように私自身も歳を取ると決めている。おじさんは自由に生きて孤独に死ぬんだ。

さて、商細蕊と陳紉香の対決が決まりまして、その演目と秘技も出揃ったところです。商細蕊が勝つのが目に見えていますが、ここで勝っても負けても茨の道だというのが難しい所。

次回、13・14・15話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。