【君、花海棠の紅にあらず・全49話】あらすじ一覧とネタバレと感想|京劇に人生を捧げた男

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「君、花海棠の紅にあらず」について

全49話のネタバレ・あらすじ・感想を最終話まで掲載していきます。

未視聴の方はご注意ください。

「君、花海棠の紅にあらず」全話まとめ

「君、花海棠の紅にあらず」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ ) 1・2・3

4・5・6

7・8・9

10・11・12

13・14・15

16・17・18

19・20・21

22・23・24

25・26・27

28・29・30

31・32・33

34・35・36

37・38・39

40・41・42

43・44・45

46・47・48

49(最終話)

基本情報

『君、花海棠の紅にあらず(原題:鬓边不是海棠红)』は2020年3月に放映された中国のテレビドラマ。

「瓔珞(エイラク)」のスタッフが再集結し京劇の世界を描くヒューマンドラマ。全49話からなり、音声は中国語で日本語字幕がつく。

  • 原題:「君、花海棠の紅にあらず」「鬓边不是海棠红」
  • 製作年:2020年
  • エピソード:全49話
  • 主演:ホアン・シャオミン、イン・ジョン、カーメイン・シェー、ミーラー、リュウビン
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 時代:1930年代、現在の北京が舞台

あらすじ

1930年代の北平。

京劇の人気俳優の商細蕊(イン・ジョン)は、気性が激しく頑固なため、同業者の中にも多くの敵を抱えている。

ひょんな理由で商細蕊の舞台を見ることになった豪商の程鳳台(ホアン・シャオミン)は、客に難癖をつけられている細蕊を救う。

その夜をきっかけに2人は友情を育んでいくが、鳳台の妻はそんな夫の変化を快く思っていなかった。

そんな中、日中戦争が勃発。

過酷な戦火の中、更に二人の絆は深まっていくが―。

登場人物&キャスト一覧

予告

配信


DVD


【全49話】「君、花海棠の紅にあらず」あらすじ・ネタバレ・感想

第1話 「邂逅」


1930年代、北平(ほくへい)では芸能が隆盛を極めるも、国難の時でもあった。実力は最上だが強情な京劇役者·商細蕊(シャン·シールイ)。京劇協会の会長·姜栄寿(ジャン·ロンショウ)にも媚びることなく、役者魂を貫いていた。一方、北平一の豪商で皆が恐れる曹(ツァオ)司令官を義兄に持つ程鳳台(チョン·フォンタイ)。京劇に興味がない程鳳台だったが、ある日、舞台に立つ女役の商細蕊を見て心を動かされる。

ネタバレ

視聴後に追記します!DVDの発売は5月7日!

感想

第2話

ネタバレ

感想

第3話

ネタバレ

感想

次回、4・5・6話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。