【新 白蛇伝・全36話】25・26・27話のあらすじとネタバレと感想|実らない初恋と

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「新・白蛇伝〜千年一度の恋」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 白素貞はくそてい:純真な白蛇、修行をして人間の体を手に入れた
  • 許仙きょせん:医師、愛称 漢文
  • 小青しょうせい:青蛇、白素貞と姉妹になる
  • 法海ほうかい:金山寺の僧侶
  • 金如意きんにょい:許仙を慕う済世堂の娘
  • 景松けいしょう:釈迦の弟子 金鼠
  • 許姣容きょこうよう:許仙の姉、母が亡くなり許仙を連れて李公甫に嫁いだ
  • 李公甫りこうほ:巡査長、姣容の尻に敷かれている
  • 許懐仁きょかいじん:許仙と姣容の父、罠にはめられ流刑に
  • 睦王ぼくおう:許仙の友
  • 梁墨涵りょうぼくかん:許懐仁を罠にはめた、梁俊の父
  • 梁俊りょうしゅん:小悪党
  • 秦三しんさん:梁墨涵の配下
  • 胡可心こかしん:妖狐
  • 小青の子分:貴宝、大鉗子、阿羅、大鼓
  • 東海竜王:小青の父
  • 玉芙蓉ぎょくふよう:小青の母
  • 王道陵おうとうりょう:ヒキガエルの妖怪

【全36話】新・白蛇伝〜千年一度の恋 あらすじ・ネタバレ・感想

「新・白蛇伝〜千年一度の恋」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第25話


呂洞賓(りょ・どうひん)に扮した王道陵は、許嬌容に家の中に妖魔がいると告げ法術を見せて自分を信じこませる。許仙と白素貞は帰宅途中に医院に診療を拒否された皮膚のただれた老人に出くわし保和堂に連れ帰り心を込めて世話と治療をする。だがこの老人こそが本物の呂洞賓だった。呂仙人は許仙と白素貞夫婦の厚意に報いるため、許嬌容が家に持ち帰っていた天師令(てんしれい)を処理し、白素貞は危機から免れる。郊外にいた小青は張玉堂に助けられ彼に心を動かす。白素貞は小青と張玉堂の関係を心配するのだった。

ネタバレ「一日だけの師匠」

崖の上。王道陵は「屋敷で千年の妖蛇が猛威を奮っている」と話し、李公甫の職業や不吉な事件を言い当てた。そして姣容に天師令を渡す。その様子を覗き見する小青と張玉堂。小青は知らせに走ろうとするも突然の腹痛に襲われてしまう。

保和堂。薬業の創始者呂祖の肖像画を見て素貞は「あんな姿じゃないわ」と文句を言う。夕食に戻る途中、医館から追い出された老人に遭遇。2人は保和堂に連れ帰り治療することに。

許仙は貴重な薬を使い治療しようと試み、素貞は食事を用意し老人を気遣った。この変わり者の老人の正体は本物の呂洞賓だ。

王道陵の巣。王道陵は金如意と出会った前世の話をする。太上老君の弟子だった王道陵は丹薬を作る間 炉を守れと言いつけられた。そこへ金如意の前世 霊蕊仙子がやってきて、美しさに一目惚れした王道陵は炉を放置してしまう。炉は爆発、王道陵は地に落ちて妖怪になってしまった。

李邸。姣容は天師令を自宅に持ち帰る。

保和堂。嫌な顔ひとつせず世話をする二人を見た呂洞賓は直伝の医学書をお礼として渡す。

天令牌が嵐を起こし小青を狙う。張玉堂は小青をかばって怪我をし、小青は彼の男気に心を動かされた。

保和堂。不穏な気配に気づいた呂洞賓は嵐を鎮め、李邸にある天令牌を壊す。王道陵の企みは、許仙と素貞の善行により失敗に終わった。呂洞賓は2人に法典と霊薬までプレゼントし姿を消す。

李邸。天師令が壊れた衝撃で気を失っていた姣容は「妖の言葉を信じたら災いが起こる」と呂洞賓が話す夢を見た。駆けつけた許仙は「夢で本物が忠告してくれたんだ」と、如意が紹介した人物は偽物であることを教えた。

そこへ小青が帰ってきて「2人はぐるでお姉さんを騙したんだ」と真実を話す。

張玉堂は小青が毒にあたったと心配している。素貞が様子を見ると小青は初潮を迎えていた。

李邸。姣容と李公甫は年頃になった小青の相手を吟味中。そこへ呼ばれた素貞は「嫁に行く気がない」と言って話を濁した。

許仙の部屋。素貞は小青が張玉堂に思いを寄せていることを不安視している。だが許仙は前向きだ。素貞は情毒や張玉堂の親族のことが気になるっている。

保和堂。素貞は小青の気持ちを確かめる。小青は好きだと認めた。


感想:生理

妖にも生理が来るんですか!?妙に生々しいとこだけ入れてくるな…なんだろう、これティーン向けのドラマなの?おばさんが見ちゃいけない…?

まあそんなことは知らんというわけで、金如意はあれだけひどい目にあってもまだ諦めず許仙に執着し続けております。さすがに王道陵もしびれを切らして「もう無理だって諦めようよ、どう考えても結婚してもらえないって!」と言ってしまう。そりゃあ過去にちょっといいなと思った女が、謎の復讐心に燃えてる姿は見たくないよな。今回、如意と王道陵の前世が明かされたわけですが、如意は王道陵を追って人間界に降りたわけではなさそう。まだ明かされていない部分で許仙と素貞の前世も絡んでくるんだな。楽しみ^^

第26話


白素貞は小青の情毒が張玉堂の命を奪うことを知っていた。そして、まだ修行の浅い小青の妖丹では小青も玉堂も守れないと判断し、許仙と話し合って2人を近づけないようにする。その一方で小青の実の父である東海竜王を訪ねて娘の恋をかなえるための協力を求めたが、拒否されてしまい、やむなく心を鬼にして2人の仲を引き裂こうとする。だが生来頑固な小青は初めての恋を実らせようと反抗し、張玉堂が自分を愛していると信じる。張玉堂は出自も分からぬ自分は小青に釣り合わないと考えて諦めようとするが、小青の熱意に押され、2人は愛を確かめ合った。思いを貫くことを決意した小青は手始めに玉堂の家族を捜す手助けをする。

ネタバレ「妹のために」

保和堂。小青は素貞の心配を知りもせず「姉さんと許先生のように玉堂と仲良く暮らしたい」と言った。

許仙の部屋。その夜、素貞は許仙に情毒と妖丹のことを話した。小青が素貞と同じ事をするには修行期間が短すぎる。許仙も二人が親密な仲にならないよう協力する事になった。

保和堂。張玉堂につきまとう小青。素貞は「春の装いを見に行こう」と言って遠ざけた。

小青は着物屋でおしどりの匂い袋を気に入る。それを張玉堂に贈ろうとしたため、許仙が不吉な話を吹き込んでやめさせた。

許仙の部屋。小青のためといえど嘘をついてしまったことにしょんぼりする許仙。許仙はある本に「神血が情毒を解く」という記述があったことを教える。

白邸。許仙の話を聞いた素貞は神仙である子分たちに相談し、血を分けてもらおうと考えた。しかし子分たちは東海竜宮の下位の小神、血を飲んでも情毒を抑えるのは難しいという。上仙である東海竜王の血なら効果があるらしい。

子分は小青の父親が東海竜王で、小青が竜女であると明かした。

「10滴の竜血があれば抑えられる」それを聞いて素貞は飛び出していく。

東海竜宮。東海竜王は引水令を紛失した男に、忘情水を飲ませ永遠に探し続ける罰を与えようとしている。素貞は偶然 引水令を見つけ東海竜王に届けた。

「御礼の品の代わりに竜女小青のために血を」それを聞いた東海竜王は怒り出し「娘はいない」と全否定する。素貞は忘情水を奪って逃げ帰った。

保和堂。素貞は小青を助けるため、張玉堂を遠ざける作戦に出る。しかしそこへ小青が来て、余計に反発してしまった。

波止場。「玉堂が好きだ」小青はまっすぐに愛を告白。張玉堂は「自分の生い立ちも知らず銭もない」と消極的になってしまう。小青は張玉堂に無理やりキスをした。

逃げ出した張玉堂を追いかける小青。そこへ法海が現れ、人を惑わさないよう警告した。金山寺に連れされれそうになった時、張玉堂が駆けつけ法海を追い払う。そして「お前が好きだ!この気持ちは100年変わらない!」と愛を受け入れた。

心の魔が暴れ出した法海は、とうとう体を乗っ取られてしまう。小妖の手助けで猫の中に逃げ込み、心の魔から逃れた。

気持ちが通じ合った2人。小青は張玉堂の肉親探しをすることに。「養父は俺を拾った時 高価な衣を着て長命鎖をつけていたと」小青はそれを聞いて長命鎖を探しに向かう。


感想:小青ちゃん!いけません!!

おっお母さんは!もう!!!!もう!混乱中ですお待ち下さい。

エンディングネタバレでキッスするのは知ってたけど、そんな小青ちゃんから〜な上に、走り幅跳び飛ぶくらいの勢いでもうベロンベロンになるなんてそんな…聞いてません!乙女のように逃げ出す張玉堂が可愛く見えてしまった。

なんかあっさりうまく行ってるメインの2人じゃなく、小青が主役に見えてきちゃったよ。力の入れ具合も小青のほうが…脚本家のお気に入りか?

はーい、なんか色々話が進んでいますが、東海竜王は小青の母 玉芙蓉さんとなんかあるらしく、娘のことを聞かれて頭に血が上ってました。でも小神といえど4人も護衛を付けてるのに、愛情がないのはおかしくない?あれはお父さんの配下でしょ?

それから張玉堂は天涯孤独なわけではなく、どこかの裕福な家の出身らしい。これから探しに向かいますと。さらに、法海さんはとうとう体を乗っ取られてしまいました。

第27話


小青は張玉堂の肉親捜しを手伝い、蘇州の名家、張家にたどり着く。生き別れた息子を捜していた張家も玉堂こそ張家の若様だと認める。しかし張夫人にとって息子を見つけた恩人は小青ではなく法海であった。張家を訪れた法海は張夫人を誘導して小青を貶めさせ、怒った小青は玉堂を置いて1人で保和堂へと戻る。その頃、許仙もまた、もう1人の法海と会っていた。法海の肉体は心の魔に乗っ取られ、張家に現れたのは心の魔のほうだったのだ。保和堂に戻った小青は意気消沈するが、程なくして玉堂が戻ってくる。彼は小青のために何不自由ない暮らしを捨ててきた。小青は二度と玉堂と離れないと固く決意するが、白素貞の強烈な反対に遭う。小青はどんな忠告にも耳を貸さず、素貞と100年別れても愛を貫くと決め、すべてを捨てて玉堂と共に去っていった。

ネタバレ「許されぬ恋」

臨安。小青は質に入れられていた長命鎖から、人形劇の劇場にたどり着く。そして張玉堂が10年前 臨安に遊びに来ていた蘇州の商家 張家の出身だと突き止めた。そこへ法海(魔)が現れ、危ない所を素貞が助ける。

素貞が助けに駆けつけたことで小青は心を開く。しかし「張玉堂の家族を探しに蘇州へ行って夫婦になる」と話して反対されてしまった。小青はまた素貞に反発する。

一方の許仙は元神になってしまった法海に助けを求められた。

許仙は法海の話を聞き「心の魔を消し去るためには肉体を鍼で仮死状態にして、肉体に宿れない状況を作ればいい」と提案した。

小青に逃げられた張玉堂(魔)は張玉堂に目をつけ一足先に蘇州へ向かう。

蘇州。小青と張玉堂は張家を探し回っている。そこへ張夫人が現れ、張玉堂の左手の痣を確認すると「私の息子よ!ずっと探していた」と再会を果たした。

張邸。屋敷に招かれた小青と張玉堂。そこへ法海(魔)が現れる。法海(魔)は張夫人に息子との再会を予言し取り入っていたのだ。張玉堂は「協力してくれたのは小青、彼女は大切な人」と間違いを正す。だが張夫人は小青が侍女だと聞いて、その身分が気に入らない。侮辱された小青は「人を見て態度を変える礼儀知らず」と言い捨て逃げ出した。張玉堂が追いかけようとするが使用人に阻まれ、小青は泣きながら臨安に逃げ帰る。

保和堂。落ち込んでいる小青。素貞は張玉堂がいなくなったため求人の紙を用意し、門前に張り出した。そこへ若様となった張玉堂がやってくる。

張玉堂は小青に「すまなかった、君が好きだ、俺にとって貧しさや飢えより怖いのは君を失うこと、俺はずっと君のそばにいて君を守るよ」と愛を告白した。

その様子を見ていた素貞は「一緒になれないのよ、彼は人間なの」と諦めさせようとする。だが小青は「説得したいなら旦那と別れてからにして」と耳を貸さない。

保和堂。素貞を避ける小青。見かねた張玉堂は素貞を説得することに。素貞は「事情を話せない理由がある」と情毒のことを教えない。その時、張玉堂が急に苦しみ始めた。すでに情毒の影響が出ているようだ。

そこへ小青がやってきて言い争いになる。小青は「100年後に会いに来るよ」と礼をし、張玉堂を連れて家を出てしまった。

探しに行こうとする素貞だが、厄日のせいで倒れてしまう。

酒楼。酒を飲む小青は「100日ごとの厄災が心配、玉堂と生涯を共にし100年後に謝りに行こう」と考えていた。


感想:オーミー豆腐

阿弥陀仏にオーミートゥオフォーってふりがな振ってあるんだけど、見るたび面白くって。法海の一発ギャグみたいに思えてきた。奥が深いね中国語。

しかし、初めての恋に狂う小青ちゃんを見てられませんな。別に結ばれればいいと思うけど、張玉堂が死んじゃうぞ。現実だとしたら…婚約者の腎臓は適合するけど好きな女の腎臓は適合しない、婚約者は結婚するなら腎臓をあげるわ!と交換条件を出していて、好きな女を捨てれば…何の話?

というかなんで祝日が木曜日なの。木曜が祝日なら金曜も休みにしろよ同盟。火曜日が祝日なら月曜も休みにしろよ。そうすれば今月2回も4連休あるのにさあ。計画的に部署で有給とってるってツイッターで見たな幸せな話だな。

次回、28・29・30話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。