【麗姫と始皇帝・全48話】10・11・12話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第10話「失意」

錯乱した太后が麗の寝所に侵入する。麗を呂不韋の女と勘違いしたのだ。欲望に溺れ堕落した太后を、エイ政は一喝する。堕胎薬の件で楚夫人に買収され、エイ政の前でも事実を隠す趙高(ちょうこう)。エイ政は激怒するが、麗の懇願で黙過することに。一方、荊軻は田光に助けられるが、麗を失った悲しみは大きく、燕に戻っても酒浸りの日々。泥酔したところを丹頂門一派に襲われるが、蓋(こう)親子に助けられる。自暴自棄になる荊軻に、蓋聶は公孫羽の昔の姿を語り始めた。

ネタバレ「失意」

麗の寝殿。錯乱した趙姫が侵入し麗に襲いかかった。

すぐに嬴政が駆けつけ引き離す。

南宮。連れ戻された趙姫。

嬴政がやってきて「呂不韋は追放された、目を覚ませ」と告げる。

だが趙姫は呂不韋に会いたい、ここには居たくないとわめく。

嬴政は「薬を飲ませろ」と命じて立ち去った。

楚夫人は、麗が侍衛と宝を送られたと聞いて不満げだ。

そこへ趙高が来て「堕胎薬の件を調べに来た」と言う。

楚夫人は華陽太后が味方であることを話し、楚の極上の玉を贈って趙高を買収した。

麗の寝殿。趙高は「楚夫人に疑わしいところはなかった」と報告。

嬴政はすぐに気づき「何者に買収された、言わないなら死罪に」と激怒する。

様子を見ていた麗は「誰かの死の上に生まれるなんて不幸を背負わせる」と追求しないよう言った。

趙高が退出すると、李仲は「警備は厳しく外部の犯行ではない、しかし麗良人が入内したころに忍び込んだものがいた」と話した。

麗は荊軻のことでは、と勘付く。

1人になった麗は、労役に送られたという荊軻を思って涙を流した。

労役へ送られる道中、兵が金を渡しなぜか荊軻は解放される。

そこへ田光が現れ経緯を教えた。

田光は絶望している荊軻に「剣法を受け継がなくては」と声をかけた。

麗の寝殿。子供は順調に大きくなっている。

嬴政は麗を守るため、一緒に食事をし何かあれば不敬だと布告することにした。

しかし、麗が食事を拒否するので、嬴政は口移して食べさせる。

麗は「食べる」というしか無い。

荊軻は自暴自棄の酒浸りになっている。

麗の幻覚を見て「まだ選択できたあの日に戻り、やり直したい」と涙した。

林。その帰り道、丹頂門の鮑野に襲われる。

そこへ蓋聶と蓋蘭が現れ助けた。

田光の住み家。蓋聶は「血影」と呼ばれた公孫羽の過去を荊軻に話す。


感想:目をつぶって3秒

チャン・ビンビンがキッスするとき目をつぶるのめちゃめちゃ気になる。乙女かよ。

ディリラバはがん開きなのに、しようとする側が目を閉じるのなんかカァ/////ってなる。やめてほしい。

視聴者に恥じらわせないでほしい。

あとナツメ?をわざわざ口移しで食わせるのクソ笑った。

固形物だし意味ねえし、キッズが口でべろんべろんにしたせんべいくらいシケってそうだしやめてほしい。真剣。

話の内容は…特になにもない^^

第11話「天明」

蓋聶は荊軻に秦を阻むためにも、鵠落剣法を習得せよと励ます。麗は男児を産み、天明と名付ける。韓申は麗と再会を果たし、これまでのいきさつと秦の侍衛となったことを話す。そして麗から天明が荊軻の子だと告げられ驚くのだった。秦を表敬訪問した趙王趙偃(ちょうえん)は、エイ政に燕を討つよう唆され、賛同する。祖太后から宴席に呼び出され、虐げられた麗をエイ政が救出、敏夫人は楚夫人を厳しく非難するのだった。

ネタバレ「天明」

蓋聶は自分の実力が公孫羽に遠く及ばないことを教える。

公孫羽は「影さえ見せず血の花を咲かせる」という意味で血影と呼ばれていた。

1人で何十人も相手にし倒してきたが、鵠落剣法の威力を恐れて封印した。

秦の暴挙を阻むために、荊軻がやるべきことは唯一つ、剣譜を探し出すこと。

荊軻は蓋聶の助言に耳を傾けた。

王宮。麗は男の子を出産し、天明と名付ける。

嬴政は産婆を始末させ、流言がはびこるのを防いだ。

公子を出産したと聞いた楚夫人は憤る。

対象的に敏夫人はご機嫌だ。

敏夫人は「楚夫人は華陽太后に泣きつくでしょう」と先の行動を予測している。

敏夫人の言ったとおり、楚夫人は華陽太后に泣きついた。

麗の寝殿。その夜、侍衛として宮中に紛れ込んだ韓申がやってきた。

麗は驚き「刺客よ」と侍衛を呼ぶ。

すぐに気づいて韓申を隠すと「猫を見た、疲れているみたい」とごまかした。

韓申が子供に手をかけようとするので、麗は「荊軻の子よ」と教える。

韓申はその告白にショックを受けた。

過去、韓申は麗への気持ちを伝えようとした事があるが、麗に言葉を遮られ拒絶されたのだ。

韓申は濮陽の戦で深手を追い、療養後に魯勾践を尋ねて事態を知ったという。

そこへ嬴政が刺客と聞いて飛んできた。

趙 悼襄王 趙偃が秦へ入朝。

正殿。嬴政は遠回しに燕討伐を指示し、燕を討てば自国のものにしてもいいと約束する。

華陽宮。天明の祝いが行われるため、麗は仕方なく参加する。

楚夫人はさっそく「生まれるのがひと月早い、計算が合わないわ」と言い出した。

華陽太后は公子を育てるために教養を身に付けろと、大量の経書を書き写すよう命じる。

翌日、麗の不在を知った嬴政はすぐに華陽宮へ。

華陽宮。麗は「怠けていただろう」と見咎められ、華陽太后の侍女に叩かれている。

嬴政が止め連れ戻った。

楚夫人は「いい気味だ」とご機嫌だ。

そこへ敏夫人がやってきて「小汚いねずみが走り回っていて不快なので退治しようと思ったの」と嫌味を言う。

さらに韓長使と景良人に「このままでは死ぬまで腰巾着よ」と忠告した。

去り際、「そう言えば大王は麗良人を抱えて戻ったそうよ〜」と話して立ち去る。

楚夫人は「次に通せば死罪にする!」と激怒した。


感想:掌返し

麗に味方しているような素振りを見せる敏夫人だけど、どうせ後で…

幼馴染だというなら執着も強そうだなあ。

さてさて、王の子(そもそも嬴政の出自があれな設定だからいいのか?)でもなんでもない公子が生まれました。

麗が無事で何よりだけど、よく倒れるヒロインだなあとちょっと胸焼け。

それにしても麗に何かあったと聞くと秒でやってくる嬴政さんは暇なのかね。

第12話「思慕」

麗は夫人(ふじん)に昇格した。荊軻を思う麗の心に気付くエイ政は、彼女をつなぎ止めるため天明を自分の下に置くことにする。趙高は、燕の丹太子(たんたいし)に趙の燕討伐を伝え、趙燕の同盟を持ちかけるが拒否される。実は、秦は燕援護の名目で趙を討つ策略だった。趙高はこれを伝えるため趙陣営に密使を送るが、密使は李斯が雇った丹頂門に殺害される。そして趙軍は惨敗し、趙王は憤死する。一方、楚夫人は趙高を買収。翌朝、天明は行方不明となっていた。

ネタバレ「思慕」

麗の寝殿。気を失っていた麗が目を覚ます。

嬴政は「余の許しなく、そなたに命令は出させない」と誓いを立てた。

麗は夫人に昇格し、昭徳宮と金銀財宝を与えられる。

相変わらず落ち込んでいる荊軻を蓋蘭が修練に誘う。

しかし、怪我をして「1人になりたい」と立ち去ってしまった。

王宮。その夜、麗は荊軻から貰った絹織物を剣に見立てて舞う。

荊軻も同じく、森の中で剣舞を舞っていた。

「荊軻どこにいるの、会いたい」

そこへ嬴政が現れる。

嬴政は無理矢理 麗を抱き寄せキスしようとする。

麗が嫌がると「自ら私の腕に抱かれるまで待つ」と言った。

しかし、麗との結びつきを強めるため天明は預かるという。燕太子府。趙高は「趙王が燕討伐の許しを得た」と燕 丹太子に知らせた。

趙高は趙の出身であり、趙 嘉太子とともに祖国を守る使命があるという。

趙 嘉太子は燕との同盟を望んでいる。

話を聞いていた燕 丹太子は「人質の私に何が出来る」と消極的だ。

趙高は密使を出し、趙王に危険を知らせようとする。

しかし、密使は丹頂門の夏侯央と鮑野に始末されてしまう。

密使は「秦は燕を援護する名目で趙を攻める」と話してしまった。

趙の王宮。趙王は秦軍が燕の援護を名目に攻めてきたと報告を受けた。

騙されたと気付いた、趙王は憤死する。

王宮。趙高の耳に密使が始末され、趙軍が惨敗したと知らせが入る。

王が崩御し、遷太子が即位。嘉太子は激怒しているという。

密使を始末させたのは李斯だった。

李斯はこの機会に敵と味方を見極めると言う。

丹頂門は手厚い報酬に乗せられ、李斯側についた。

楚夫人は趙高を呼び出す。

そして趙の内情を語ると、嘉太子を援助すると言い出した。

玉を渡して、いつでも黄金が使えるよう手配する。

楚夫人は援助の代わりに、天明を始末してほしいと頼んだ。

昭徳宮。麗がいじめられたと知った韓申は「老婆に報復してやりたい」と憤る。

嬴政との関係を疑う韓申に、麗は「男女の関係はない、疑り深く人と眠れないみたい」と教えた。

王の寝殿。その夜、韓申は嬴政の寝込みを襲う。

しかし、失敗して逃げる。

昭徳宮。翌朝、乳母が慌ててやってきて「朝目覚めると姿がなかった」と泣きわめく。

嬴政は王宮の門を閉じ、探させる。


感想:早く解放してあげて

いつもならメインとサブどっちかは気にいるんだけど、今回はどっちも微妙〜!

1人は乱暴だし人を信じないしキス顔キモいし、もうひとりは落ち込んじゃって手がつけられないし。

ディリラバちゃんが可愛いことしか…

もう早く麗を解放してあげてほしい。好きだし恩義があるというなら、手元に置くなよ〜なんだよも〜

ときめきメモリアルになる場面が全く無いんだもんな。

次回、13・14・15話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。