【麗姫と始皇帝・全48話】13・14・15話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第13話「誘拐」


天明の姿が消え、麗は必死で捜索する。趙高に天明をさらうよう命じた楚夫人は麗の様子を見に来る。麗は楚夫人に、強すぎる野心は身を滅ぼすと忠告し、自分は後継者争いに興味などないから、かまうなと釘を刺す。さらに、麗はエイ政に誘拐の黒幕だろうと詰め寄るが、エイ政はこれを否定する。同僚の話から、天明は南宮(なんきゅう)にいると考えた韓申は、エイ政に捜索を直訴する。韓申の予想通り、天明は南宮におり、何も知らぬ太后に天明は抱かれていた。

ネタバレ「誘拐」

王宮。楚夫人は麗が泣きじゃくっていると聞いてご機嫌だ。

そして侍女に「趙高との関係は口外無用」と口止めする。

楚夫人は祖太后から送られた子宝に恵まれる薬を飲んだ。

麗は趙高と朝から晩まで天明を捜し回る。

しかし疲れた趙高が文句を言いだした。

麗は「黙っておくので、戻っていい」と解放する。

侍衛の詰め所。李仲がやってきた。

李仲は韓申たちに腕立て伏せを命じ、刺客が紛れていないか確かめる。

韓申の肩の傷から血が垂れるが、李仲は気づかない。

昭徳宮。夜になり、韓申は麗に会いに来る。

怪我に気づいた麗は、昨晩の刺客が韓申であると知った。

「無謀なことはしないで」と頼む。

麗は後宮に天明がいないと確信しているような趙高の様子が気になったと話す。

華陽宮。華陽太后の耳にも誘拐事件の話が伝わる。

秦を牛耳ってきた華陽太后のだが、駒として使っていた呂不韋たちはもういない。

頼みの綱は楚夫人だ。

昭徳宮。楚夫人が様子を見に来た。

楚夫人は「私は養母として扶蘇を育てている、聡明でとてもいい子」と自慢気に話した。

それを聞いた麗は、楚夫人が犯人だと確信する。

しかし追求せず「養母なら自分の子供は望まないほうがいい」と忠告した。

扶蘇が大王となれば養母に反発する、楚夫人が実子を太子にすれば大王は楚の後ろ盾がある楚夫人を抹殺する。

麗は扶蘇の養育に専念するよう言った。

そして「大王に好かれようが嫌われようがどうでもいい、穏やかに暮らしたいだけ」と本音を口にする。

楚夫人が立ち去ると、麗は清児に「犯人は楚夫人、妬みによる犯行」と話した。

その頃、荊軻は「当てのない旅をする」と田光のもとを離れる。

王宮。嬴政は「宮中に生まれた以上巻き込まれる運命、守れるのは余だけ」と麗にいう。

侍衛の詰め所。韓申は「南宮には幽霊が出て、赤子の泣き声がする」といううわさ話を聞いた。

韓申は嬴政に直接 南宮のことを報告する。

南宮。駆けつけると趙姫が天明をあやしていた。

嬴政は母を罰しようとするが、麗がかばう。


感想:始末しないのなんで

普通なら即刻始末しない?だって、嬴政が公子を産んだら王后にするって言った直後だぞ?

私なら埋めるな。広大な土地の中で見つからないでしょ。いや、しませんけども。

それにしてもミーユエと同じ国の出身だというのに、楚夫人は知恵の浅い女だなあ。

第14話「脱出」


天明が戻り、エイ政の称賛を受ける韓申。李仲(りちゅう)に刺客だと疑われるが、麗の機転で助けられる。呂不韋は各国から相次ぐ仕官要請を黙過していた。彼の復権を恐れた李斯のざん言により、エイ政は洛陽で呂不韋を詰問するが、息子の天下統一だけを望むという言葉に心を動かしかける。その時、呂不韋が楚に仕官すると誤解した食客が祝いに駆けつけた。エイ政は激怒し、呂不韋に流刑を言い渡す。麗は韓申の導きで脱出を図るが、警備が厳しく、後ろ髪を引かれる思いで天明を置いていく。

ネタバレ「脱出」

南宮。嬴政は「真犯人を見つけるまで処罰は保留に」と言って立ち去る。

嬴政は韓申を呼び「褒美を取らせる」と話した。

その時、李朝が肩ににじむ血を見て刺客だと気づく。

麗は間に入り、恩人だと言って注意をそらした。

韓申は数日の休暇を求めて王宮を出る。

昭徳宮。敏夫人が見舞いに来て、滋養の品を贈る。

咸陽。領地で隠居している呂不韋。

司空馬は「趙・魏・楚が大臣に迎えたいと使いを送ってくる」と話し意向を聞いた。

呂不韋はどの国にも興味を示さず、望む国は秦だけだ。

司空馬は「国に残れば、締め付けが一層厳しくなる」と懸念した。

その話が李斯の耳に入る。

李斯は「親子の情に訴えかけて王宮に戻る気ではないか」と疑い手を打つことにした。

正殿。李斯が嬴政に謁見。

呂不韋のもとに使者がやってきて士官を要請していると吹き込む。

秦にとっての脅威は6国の合従だ。

呂不韋が寝返れば、それも実現するだろう。

嬴政は呂不韋を洛陽で追及するという。

南宮。嬴政は呂不韋に会いに行くことを母に教えた。

そして「王族でなければ私を捨てたか?」と愛情を試す。

趙姫は否定するが、嬴政は信じない。

昭徳宮。韓申が麗を逃がす手はずを整えた。

麗は嬴政が咸陽に行くため不在になると教え、田光に知らせるため荊軻に贈られた襟巻きを渡す。

咸陽。呂不韋は各国への返事を先延ばしにしている。

そこへ、嬴政が李仲を伴って現れた。

田光と蓋蘭のもとに文が届く。

中には襟巻きと「麗を王宮から連れ出すと荊軻にお伝え願う」という手紙が入っていた。

咸陽。嬴政は士官の話を持ち出し、呂不韋が養っている食客を死罪にすると言い出した。

呂不韋は「自国を収める息子を裏切るはずがない、私に残された望みは息子が天下統一を果たすことだ」と訴える。

その時、外から呂不韋が楚で令尹に就任したことを祝う声が聞こえた。

心が動きかけた嬴政は失望し、蜀へ流刑にすると言い渡す。

昭徳宮。脱出の夜、麗は清児にかんざしを贈った。

韓申とともに侍衛の変装をして天明を迎えに行く。

しかし、泣き出して乳母が起きたため連れ出せなかった。

麗は後ろ髪引かれる思いで、天明を置いて脱出する。


感想:置いていくんかい

何があろうと守るんじゃなかったんかい!人質にされるじゃろがい!

惹かれる部分まったくないのに、麗がちょっと出ていくのためらったのホンマに謎な。いつ心惹かれちゃったんだよ、教えてよ。

なんかこの話の呂不韋はマイルドですな。とても趙姫に嫪毐をあてがった男とは思えないよ。

第15話「再会」


傷心で酔い潰れていた荊軻は、高漸離と再会、手合わせを通じて励ましを受ける。韓申の手引きで王宮からの脱出に成功した麗は荊軻と再会を果たす。独り涙を流す蓋蘭に、韓申は「同士」だと慰めるのだった。同じ頃、秦王宮では麗失踪で大騒ぎとなっており、趙高は清児をはじめ、お付きの侍女たちを厳しく尋問する。一方、蜀(しょく)への流刑を言い渡された呂不韋は自害する。エイ政は冷静さを装うが、直後に麗の失踪の報せを受けると、急ぎ咸陽へと馬を走らせるのだった。

ネタバレ「再会」

王宮。麗は天明を置いていくことが不安でならない。

韓申は「秦王は天明さえ無事なら麗は戻ると考えるだろう」となだめ脱出した。

その頃、旅に出たものの相変わらず酒浸りな荊軻は高漸離に再会した。

蓋蘭は韓申の伝言を伝えるため荊軻を探している。

王宮。翌朝、麗の失踪が発覚。

捜索の指揮を取る趙高は侍女 清児を捕らえ厳しく尋問する。

麗の失踪は楚夫人の耳にも入る。

楚夫人は絶好の機会と喜び、もし戻れば今回の件を利用して追い詰めるという。

荊軻を捜していた蓋蘭は、偶然高漸離を見つけた。

そこへ荊軻も現れ、韓申からの文の事を教えた。

山の中。脱出した麗と韓申は山で一夜を明かす。

荊軻との再会が不安な麗は「天明のことはふせてほしい」と韓申に頼んだ。

牢。清児はひどい拷問を受ける。

しかし、何も知らないため「朝になったらいなかった」と答えるしかない。

待ち合わせ場所。荊軻に再会する直前、麗は嬴政のことを思い出す。

そして、2人は再会し抱き合った。

荊軻は「何があろうと命をかけて守る」と誓う。

蓋蘭は涙を流し「嬉し泣き」だと韓申に言い訳する。

韓申は蓋蘭の気持ちを察し「恋に破れた者同士だ」と笑った。

洛陽。呂不韋のもとに司空馬がやってきた。

「富や権力がなんだ、手塩にかけた息子から忌み嫌われている、人生とは何だったのか」

呂不韋は人払いして、自ら毒を飲み命を絶った。

嬴政に呂不韋の訃報がもたらされる。

さらにそこへ趙高から麗夫人の姿がなく捜索中と知らせが入った。

嬴政は馬を駆り咸陽へ戻る。

南宮。趙姫は呂不韋の死を知り取り乱していた。


感想:心を捕らわれた

なんで好きになったのかさっぱりわかりませんが、もう荊軻に気持ちはないのね。

命がけで助けてくれた韓申も片思いだし、蓋蘭も荊軻も…となると幸せなのはメインカップルだけ?

でも絶対幸せになれない空気をビシビシ感じるな。

次回、16・17・18話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。