【麗姫と始皇帝・全48話】16・17・18話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第16話「偽り」

王宮を脱出したものの、麗の心は以前と違っていた。敵であるはずのエイ政をかばう麗に対し、荊軻は不満をあらわにする。麗はエイ政との子がいると嘘をつき、皆に別れを告げて王宮へ帰ってゆく。それは荊軻と天明を守り、蘭の思いを実らせるためだった。エイ政は激高する一方、麗が天明を置いて行くはずはないと思い返す。趙高はエイ政の命令で捜査を始めるが、同時に麗への報復を画策していた。祖太后と楚夫人は祖国の利を図るため、李斯の懐柔に動き出す。

ネタバレ「偽り」

山の中。蓋蘭に手合わせをと言われ、麗と荊軻は剣を交えた。

麗はもう昔のままでいられないのだと悟る。

牢。敏夫人が清児の拷問を止めた。

「無関係なら、罰を受けるのはあなた」と趙高を脅し、清児を助ける。

麗たちのもとに呂不韋自害の知らせが入る。

韓申たちが「嬴政に殺されたようなもの」と言うと、

麗は「嬴政はそんな人じゃない、呂不韋にも情は残っていたはず、幼い頃から利用され続けた愛情を知らない人よ」とかばった。

荊軻は嬴政の理解者となった麗に憤る。

正殿。嬴政は麗が失踪した日、警備にあたっていた1人の兵を殺した。

趙高は必死に命乞いをして助かろうとする。

李仲は「不在の間、内務を担当していた死罪にすれば捜索が難しくなる」と嬴政を止め、趙高は命拾いする。

竹林。麗は蓋蘭に「誰か気になる人はいないの?」と聞く。

蓋蘭ははっきり答えなかったが、麗は荊軻を想っていると気付いた。

王宮。嬴政は麗が見つからないことに憤る。

「己の意思なら天明を連れて行く、きっと誰かの手引があったはず」と推測した。

その頃、韓申は捜索の手が迫っていると知らせる。

蓋蘭は太行山にある父の小屋に隠れようと提案した。

しかし、麗は咸陽に戻ると言い出す。

理由を聞く荊軻に「嬴政の子を産んだ、置いていけない」と嘘をついた。

荊軻は激怒する。

蓋蘭は麗を引き止め「嬴政の子も連れてくればいい、きっと荊軻も受け入れる」と説得。

しかし、麗は聞き入れなかった。

馬に乗り王宮へ向かった麗を韓申が追いかける。

麗は王宮を出たときから戻る決意だったと話す。

「嬴政は地の果てまで追ってくる、荊軻は自分の子が王宮にいると知れば命をかけて潜入し危険な目に合う」

麗はすべてを1人で背負う覚悟をした。

王宮。捜索に戻った趙高は逃亡を手引した者がいると考え「暇を取ったものを調べろ」と命じる。

華陽宮。華陽太后は変わりの手駒を用意しなければならないと考え李斯に目をつけた。

楚夫人が李斯を調査することに。

韓申が戻り「麗がしたことはすべてお前のため」と話す。


感想:なんのために脱出を…

荊軻にひと目会いたかったから…?それしかないけど、まあ、うーん、まあ…ちょっと自己中ですね。

楚夫人にあれだけの助言ができる人間が、失踪によって引き起こされる悲劇に気づかないわけがないよな。

清児はかんざし一本貰っただけでたいへん可哀想である。

そして出てきました敏夫人。清児を助けて快戎し、何やら企んでいるんじゃないかとにらんでいます。

楚夫人が小者すぎるから、絶対敏夫人が悪役だよな。

第17話「供述」

荊軻は麗を失った現実を受け止めきれず、韓申に怒りをぶつける。一方、秦王宮へ帰り着いた麗をエイ政は投獄する。楚夫人から、麗の逃亡に関する一部始終を告げられた祖太后は怒りを爆発させるのだった。やがて趙高により、麗の協力者だと引き立てられた韓申は、エイ政に対して「麗をさらった」と供述する。麗は自身の代わりに投獄された韓申の様子を見に行く。同じ頃、趙高はエイ政に、韓申と麗が深い仲にあるのではと不安を煽(あお)るのだった。

ネタバレ「供述」

荊軻は現実を受け止められず韓申に八つ当たりする。

冷静さを失った荊軻は、韓申に襲いかかった。

蓋蘭が間に入り止める。

荊軻は韓申と縁を切ると宣言する。

王宮。麗が戻った。

嬴政は牢へ入れる。

牢。麗は清児と再会し謝った。

趙高は清児をかばう麗を拷問しようとする。

そこへ嬴政が駆けつけた。

嬴政は王宮を出た理由を聞く。

「窮屈な暮らしが嫌で、気晴らしがしたかった」

それ以上何も話さない麗を、嬴政は牢で反省させることに。

蓋蘭は荊軻を励まそうと、あれこれ声をかける。

しかし、荊軻は苛立ち声を荒げた。

王宮。趙高は「韓申が休暇を取り戻らない」と報告を受ける。

来歴を調べると、衛の濮陽出身で、暇を取って故郷に帰ったにしては日程が短すぎると判明した。

趙高は王宮に戻った韓申を捕らえる。

そして嬴政の前で尋問する。

その頃、楚夫人は華陽太后にすべてを報告していた。

逃亡を知った華陽太后は激怒し、処罰すると言い出す。

韓申が何も話さないため、嬴政は「麗を尋問する」と言って脅す。

韓申は「私がさらった、下心を抱いて連れ出したが逃げられた」と嘘をついた。

牢。華陽太后の侍女が麗と清児に迫っている。

そこへ嬴政が来て、侍女を追い払った。

嬴政は韓申を連れてきて麗を問い詰める。

しかし麗は何も答えない。

嬴政は麗を昭徳宮へ戻し、韓申に処罰を与える。

牢。韓申を拷問する趙高は二人の仲を勘ぐっていた。

昭徳宮。その夜、麗は清児に頼み込み韓申に会うため部屋を抜けだした。

趙高は「自分をさらった悪人をかばうなど、深い関係なのでは」と嬴政に2人の関係を匂わせる。


感想:なんで戻ったの?

麗「なぜ戻ったの」

視聴者「なぜ戻ったの?????」

こっちが聞きたいわーい!!!

捕まらないと思ってたなら、どんな思考回路してんだ?

侍衛に扮して嬴政と顔合わせちゃってるのに疑われないわけ無いじゃん。

それと、麗がまた清児に頼み事したのが引っかかった。

守るからって言ったって、こう度重なる不祥事では嬴政も清児を処分しちゃうぞ。

清児は麗が優しいから一生仕えたいとかいうし、どうした?

第18話「忠誠」

韓申を訪ねたところをエイ政らに見つかり、師兄妹だと打ち明ける麗。エイ政は2人の関係を確かめるため、蒙武と手合わせさせる。拷問で弱っていた韓申は力を発揮できないが、麗の加勢で息の合った剣さばきを見せ、師兄妹であることを証明する。韓申が麗に師妹以上の思いを抱くことを見抜いたエイ政。王宮に留まり麗を守りたいという韓申の願いを一度ははねつけるが、絶対の忠誠を条件に受け入れる。酒に溺れる荊軻であったが、蓋聶に奮起を促され、剣に生きることを誓う。

ネタバレ「忠誠」

王宮。嬴政のもとに麗が宮女にふんして抜け出したと報告が入った。

牢。麗は韓申に会う。

「趙高は己の功名のため躍起になって罪人に仕立てる、助けるすべがない」と涙した。

韓申は「命ある限り守り抜く」という。

そこへ嬴政がやってきて激怒。

韓申の処刑を命じた。

麗は韓申が大師兄だと明かし、実の兄妹同然に育ったと教える。

しかし、王宮を出たのは義理の妹 蓋蘭に会うためだと嘘をついた。

韓申は麗と同じ剣法の使い手であることを証明するため、蒙武と決闘することになる。

嬴政と2人きりになった麗は、王宮を出た本当の理由は荊軻だったと真実を話す。

「天明はあなたの子だと言ってきた」

その言葉を聞いて嬴政は麗を追い詰めなかった。

一方、荊軻は酒に溺れている。

蓋蘭は荊軻を助けるヒントを得たいと、父に「母上が夏侯央に殺されてすぐ、どう生きていた?」と聞いた。

「抜け殻だった」

蓋聶は諦めろと言うが、蓋蘭は前向きだ。

蒙武と韓申の手合わせが行われる。

拷問により体力が落ちている韓申は、蒙武に歯が立たない。

麗が助けに入り、2人で剣法を繰り出し蒙武を倒した。

蒙武は「同門に違いない」と証明する。

嬴政は韓申を呼び「兄妹以上の情を持っていだろう」と告げる。

韓申はそれを認め「麗を守るために危険を犯して戻った、王宮に留まり守りたい」と願い出る。

一国の王である嬴政には、命をなげうって麗を守ることは出来ない。

竹林。酒を飲んだ荊軻を蓋蘭が連れ帰ってきた。

蓋聶は公孫羽を侮辱し荊軻を刺激。

荊軻は怒りのあまり蓋聶に斬りかかる。

そして、忘我の境地となり剣の真髄に触れた。

自分の為を思って去った麗のためにも、荊軻は過去を捨てて剣とともに生きると決意する。

王宮。韓申は侍衛に留任された。

嬴政は韓申に「誠心誠意忠義を尽くせば置いてやる、行動は逐一報告を」と密命を下している。


感想:のんだくれ

無我の境地に達するために、荊軻さん15話近く飲んだくれだったの…?かわいそう。

まだ廃人になってたほうが同情できたな!はは!

さて、もう麗は嬴政に同情して惚れちまってますな。どうしたこっちゃ。

今の所、いいなと思えるキャラクターさえいない。

蓋蘭が暗黒面に落ちなければ見どころある。

次回、19・20・21話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。