【麗姫と始皇帝・全48話】19・20・21・22・23・24話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第19話「剣舞」


剣と共に生きると決意した荊軻は、蓋蘭と共に鵠落剣法の剣譜を捜す旅に出る。同じ頃、麗の殺意を見抜いたエイ政は、天明の身柄を人質代わりに隠していると告げるのだった。麗は祖太后から祝宴で剣舞を命じられる。祝宴当日、麗は仕掛けのくす玉の中から落ちてきた真剣を手に取る。一斉に祖太后の侍衛が襲いかかる中、麗はエイ政めがけて走り寄り、背後の女刺客を倒すも、李仲に刺されてしまうのだった。

ネタバレ「剣舞」

荊軻は「旅をしながら剣譜の暗号を考えてみる」と蓋親子に話す。

蓋蘭もその旅に同行することになった。

華陽宮。華陽太后は妃を集めて今後の相談をしている。

そして「秩序を乱すものに罰を与える」と麗の話をした。

昭徳宮。その夜、嬴政は突然「ここで寝る」と言い出す。

麗に迫り「契りを結ぶ頃合い」と無理矢理キスをした。

麗が拒絶すると、明日もまた来ると言って去る。

敏夫人。嬴政は気楽に話せる敏夫人のもとへ。

敏夫人の祖国である趙の話をすると、夫人は「嫁いだ祖国のことは忘れた」という。

嬴政は、新しく即位した趙遷が敏夫人を愛していると言っていた話をする。

昭徳宮。その夜も、嬴政は麗のもとへ。

麗はかんざしを後ろ手に隠して嬴政に近づく。

嬴政はすぐに麗の殺気に気づき「殺して自害する気だろう、天明はいいのか?」と言った。

天明は王宮の外に極秘裏に移され、いずれ戻るという。

天明を人質に取られ、麗は涙を流す。

華陽宮。華陽太后は「誕生の祝宴で手を下す」と楚夫人に話した。

そして麗を呼び出すと「祝宴で舞を献じれば許す」と告げる。

麗は交換条件として「天明の命をお守り下さい」と頼む。

華陽太后は天明を狙った犯人は必ず罰すると言った。

祝宴。麗は剣舞を披露。

最後にくす玉を割ると中から真剣が出てきた。

華陽太后は、麗に真剣をもたせ謀反の罪を着せ殺すつもりだ。

剣を手にした麗はまっすぐ嬴政に向かっていく。

嬴政の背後には剣を持った侍女が!

麗は丹太子の仕掛けた刺客を始末。

しかし嬴政を守ろうとした李仲に刺されてしまった。

韓申も重症を負う。


感想:キッスキッス!!!

盛り上がるところだが、なんだかあんまり(*´艸`*)キャッとはなりませんなあ。なんででしょうなあ。

麗はまたしても嬴政を守ることになってしまいました。

走ってるときはいい機会だし始末しようと思ってたのか、それも刺客が最初から見えてたのか。

各国の太子がたくさん出てくるんだけど、誰がどの国だったかわからなくなる。

第20話「女傑」


麗の傷は幸い浅く、エイ政の献身的な看病で順調に回復していた。麗は自身を陥れた者と、刺客を放った者、黒幕は2人いるとエイ政に指摘する。刺客は燕の丹太子の差し金であったが、誰も気付かない。エイ政は麗を襲った侍衛を死罪にしようとするが、麗の進言で考えを変え、楚からも兵を撤退させる。蘭と旅を続ける荊軻は、高漸離と大梁で再会し、鵠落剣法の剣譜が嵩山(すうざん)にあることを知る。エイ政は、祖太后と楚夫人に、麗を王后(おうこう)に立てると告げるのだった。

ネタバレ「女傑」

嬴政は負傷した麗をすぐに手当させる。

そして、怪我をさせた李仲を叱責。

李仲は「今思えば助けようとしたようだ」と麗の行動を振り返る。

敏夫人と楚夫人が回廊で出会う。

敏夫人は「悪事は自分の身に跳ね返るわよ」と楚夫人に警告した。

麗の傷は幸い浅く、嬴政はつきっきりで看病する。

燕太子府。嬴政暗殺未遂事件の黒幕は丹太子だった。

嬴政が華陽宮の侍衛に目を向け、刺客の捜査はおろそかになっていると報告を受ける。

丹太子は「富や名誉に関心を持たない妃を持つ秦王がうらやましい」と話した。

昭徳宮。目を覚ました麗は、殺そうとしたのではなく刺客を倒そうとしたと話す。

そして事件の黒幕が2人いるのではないかと言った。

大梁城。荊軻と蓋蘭は大梁に到着する。

そこで、秦舞陽と対決する高漸離を見つけた。

嬴政は韓申のもとへ。

侍医は傷が深く、もし麗が受けていれば命を落としていたと話す。

嬴政は麗を守った韓申を必ず助けるよう命じた。

李仲が調査結果を報告。

刺客は魏の出身で、華陽宮の侍衛とは無関係。

華陽太后は侍衛の引き渡しを拒んでいる。

嬴政は激怒し、楚を扇動するなら粛清だと華陽宮へ向かった。

華陽宮。華陽太后に呼ばれた李斯は玉のひしゃくを贈られる。

お返しに「魏が旧領地奪還と称して楚への派兵を要請した、大王は楚へ兵を送った」と知らせた。

そこへ嬴政が禁軍を連れて乗り込んでくる。

華陽太后は「先に私を殺せ」と立ちはだかり、

嬴政は「この場で死罪に」と受けて立つ。

そこへ麗がやってきて「いま死罪にすれば真相は分からない」と助言。

嬴政は侍衛を辺境に送るだけに留めた。

大梁。高漸離は「秦が魏を援護し、楚に派兵している」という情報を仕入れる。

3人は戦により苦しむ民を助けるため戦場へ向かった。

麗は嬴政に「楚を攻めさせるのも魏の策略ではないか、魏が懐に入るのは保身のためだ」と進言。

嬴政は秦軍を撤退させる。

山の上から秦軍の撤退を見ていた荊軻たち3人は、出番がなくなったので嵩山へ行くことに。

蓋蘭と高漸離が嵩山の周りにある山の話をしていると、それがヒントとなり荊軻は剣譜の在り処に気付く。

華陽宮。華陽太后は楚への進軍を辞めさせようと嬴政を呼ぶ。

麗も同行しており、嬴政は「麗の助言があり、すでに撤退させた」と話した。

そして「文武に優れているので王后に立てたい」と言い出す。


感想:それでいいのか嬴政

腹心の部下の言うことは聞かないのに、惚れた女の言うことはほいほい聞くのか嬴政よ。

それでいいのか嬴政。

ウンウンそうだな、お前の言うとおりだって親政してるんならもうちょっと考えたほうが…

政治の話もちゃんと見てるんだから(一応)もうちょっとちゃんとして!

第21話「転換」


エイ政は麗を王后に立てると宣言、反対する祖太后に韓討伐に帯同させると言い、更に形見の短剣を麗に返す。エイ政は李仲に、麗を愛してしまったことで、弱点ができてしまったとつぶやくのだった。夜営地で、エイ政は麗に統一は平和をもたらすと説き、今夜はここで眠れと抱き締める。同じ頃、剣譜を探すべく嵩山へやってきた荊軻と蓋蘭は、丹頂門の夏侯央(かこうおう)から逃げる途中、穴へ落ちてしまう。

ネタバレ「転換」

華陽宮。嬴政は麗を王后に立てるという。

華陽夫人は楚との関係を強化すべきだと、楚夫人を推薦した。

しかし、誰を選んでも他国の警戒は強まる、それなら関係のない王后がいいと嬴政は主張。

そして「次の戦に帯同し、麗が勝利すれば王后に」と条件を出した。

華陽宮からの帰り道、嬴政は山盛りのみかんを贈る。

その中から祖父 公孫羽の形見の剣が出てきた。

麗は嬴政に少しだけ心を許し、たわむれる。

嵩山。荊軻と蓋蘭は高漸離と別れ、嵩山へ。

王宮。韓申が回復した。

嬴政は李仲配下の中侍衛に昇格させる。

さらに、麗と2人きりで話す時間を与えた。

麗は「幼いときから利用され信頼できるものを求めてる」と嬴政に理解を示す。

愛しているのか?と聞かれ、以前ほど狡猾だとは思わなくなったと答えた。

嬴政は2人の様子を城壁の上から見ている。

自由を与え信用を得たい、守るべきものがいれば弱点になると李仲に本心を語った。

丹頂門。荊軻を見張っていた密偵から「嵩山へ向かった」と知らせが入る。

夏侯央はすぐに嵩山へ。

嵩山。荊軻と蓋蘭は、村人から「嵩山には猛獣が出る」という話を聞いた。

丹頂門の尾行に気付いた荊軻は姿を消す。

王宮。その頃、麗は鎧をまとい将軍として軍に帯同している。

嬴政は戦の目的が「韓を攻め、韓非を得る」ことだと話す。

軍営。麗の前に風林火山の2人が現れ、激昂し襲いかかる。

嬴政は風林火山に「麗夫人に近寄れば処刑する」と命じた。

嵩山。夏侯央は剣譜を独り占めするため鮑野を追い払う。

荊軻が現れ追い詰めるが、姿を消した。

荊軻と蓋蘭はからくりで出来た落とし穴から洞穴に落ちたのだ。

洞穴。蓋蘭は足をくじいた。

軍営。その夜、麗は「敵国に嫁ぎ、復讐することも出来ない」と落ち込んでいる。

そんな麗に嬴政は「趙と韓を征服し長城を築くんだ、乱世を終わらせるためだ」と夢を語った。

嬴政は麗を抱きしめ天幕に帰さない。


感想:突然大接近

あ、あの、全く心の整理がついてないんですが、なんでにこやかに主役2人が追いかけっこしていたんでしょうか…?

幻覚でしょうか…?やだ私疲れてる…?

マジでなんで惹かれたかも、麗が言うこと聞くのかもさっぱりわかんね。

別に荊軻がいいわけでもないが、嬴政がいいわけでもなく、韓申がいいわけでも…どうしたら!?

蓋蘭は荊軻と大接近で良かったね!

次回、22・23・24話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。