驪妃(りひ)19話20話21話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城王(劉義康)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵王(劉義宣)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • 沈夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正…沈家の執事、元校尉
  • 王勉…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺…王勉の息子、故人
  • 王松…王勉の息子、故人
  • 徐臨…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲…沈廷章の一番弟子
  • 春芳…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷の民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第19話ネタバレ「交錯する殺意」

謝韞之(しゃうんし)は孫(そん)医官に驪歌(りか)の傷跡を消す薬、玉膚膏を処方させることに。驪歌の命を狙う沈楽清(しんらくせい)はこれを知ると玉膚膏にこっそりある細工をする。すると、その晩、驪歌は高熱を出す。これに驚いた侍女の紅丹(こうたん)と小辛(しょうしん)は彼女を助けようと奔走するが、玉煙(ぎょくえん)らから酷い仕打ちを受ける。一方、父の王勉(おうべん)に沈植(しんしょく)との結婚を反対された王子衿(おうしきん)は…。

椒華閣。

驪歌は「屋敷を出たい」と謝韞之に申し出る。

謝韞之は彭城王が気にしていないのに屋敷を出る必要はないと諭した。

そして孫医官を呼び治療をすることになる。

玉膚膏を塗れば傷は消えるが強いかゆみをともなうらしい。

薬室。

話を聞きつけた沈楽清は薬室に向かい孫医官の話を盗み聞きする。

「見血枯を多く入れれば命に関わるので注意を」

沈楽清はすきを見て見血枯を大量に混ぜた。

慈幼院。

陳少巽は孤児院に差し入れを届ける。

そこで子どもたちに影絵劇を見せていた陸婉と再会した。

陸婉は陳少巽を兄と呼んで慕う。

含泠閣。

驪歌の治療が始まった。

その夜、驪歌は熱を出して苦しむ。

含泠閣の侍女 秋琴は玉煙に助けを求めるが追い払われる。

たまらず紅丹は椒華閣へ行き、外から王妃に助けを求めた。

そこへ沈楽清が来てわざと薬膳をこぼす。

紅丹は薬膳をこぼした罪で罰を与えられた。

沈楽清は玉煙に「薬の見血枯を増やしたんですよ^^」と教えた。

もうひとりの侍女 少辛は薬室へ行き、病人になるため水をかぶって薬を求める。

実は、沈楽清が潜んでいることに驪歌はすでに気づいている。

わざと悪事を働かせるため黙っているようだ。

驪歌は怪我をした紅丹と風邪を引いてしまった少辛を看病して休ませる。

沈家。

王子衿は沈植の態度が気に入らず、男装して屋敷を抜け出した。

沈家に押し入り「意気地なし!!」と怒る。

沈植は「許してもらえるまで頼み絶対に諦めない、妻はたった1人だ」と愛を告白した。

二人の様子を見た沈楓は「駆け落ちしたほうがいいぞ」と提案。

しかし沈植は王子衿を屋敷へ送り届けさせる。

薬室。

驪歌は薬に細工をしている霊犀を現行犯で捕らえた。

謝韞之にそのことを報告。

謝韞之は厳しく調べると約束する。


感想:恨みに愛に嫉妬に

大変だなあ、人間とは浅ましいものですがこんなに感情に飲まれるのは辛いでござるな。

前も書いたけど沈楽清ちゃんきらいじゃない。

だから恨みは忘れて器量よしを上手に使って玉の輿にでも乗って「人生チョロかった〜」と吉岡里帆のように笑ってほしいわけよ。

沈家も表面上は良くしてくれるかもしれないけど、驪歌との差は歴然だし、あそこのことはもう忘れなさいな。

しかし諦めるわけがないので行き着く先は破滅…おおん…

第20話ネタバレ「生き残りの路」


驪歌(りか)は霊犀(れいさい)が玉膚膏に細工している現場を取り押さえると謝韞之(しゃうんし)と孫(そん)太妃に裁決を仰ぐ。そして、沈楽清(しんらくせい)の罪を暴くため獄中の霊犀を説得する。一方、薛逑(せつきゅう)から口封じを指示された沈楽清も霊犀と面会。その後、驪歌は謝韞之と孫太妃の前で沈楽清が妹であることを明かすと、彼女が毒を盛った主犯であることを証明しようとするが…。

椒華閣。

驪歌は霊犀を玉煙に引き渡す。

沈家。

沈廷章は過去のことを思い出している。

城門の外で「裏切り者ではない城門を開けろ」と兵士たちが叫んでいる。

沈廷章は城門の扉を開けなかった。

その一件のせいで王勉は沈廷章を憎んでいるらしい。

沈夫人は「将軍の責務であり民のためだった」と夫を気遣う。

仁寿閣。

竟陵王は母 孫太妃の様子を見に来る。

そこへ謝韞之が来て驪歌の薬に細工がされていたこと、侍女を尋問していることを報告した。

竟陵王は慌てて「政務がある」と出ていく。

孫太妃は驪歌を見舞うことにした。

竟陵王が向かったのはもちろん驪歌のもと。

驪歌は元気に生け花の訓練をしている。

竟陵王は安堵し、驪歌に生け花を教えた。

そこへやってきた孫太妃は2人の仲睦まじい様子を目撃。

驚いて引き返す。

その後、竟陵王を呼び叱責する。

悪意のあるものが噂を広めれば兄弟間の争いを生んでしまうと孫太妃は危惧していた。

彭城王府。

彭城王は陸遠が謝家と手を組むだろうと推測。

そこへ丹陽から急報が届いた。

各地に開いた儒学館を邪魔をするものが現れたのだ。

彭城王は陸遠と謝顥を呼び出し、儒学館を中傷する文章を見せる。

そして陸遠の仕業だと知りながら「儒学館の学生はお前たちが守ってくれ^^」と命じた。

驪歌は杖刑を受ける霊犀のもとへ。

「活路を与える」と提案し、沈楽清の悪事を証言するよう頼んだ。

その後、沈楽清も霊犀に会う。

沈楽清は霊犀に手作りの豚まんを差し入れした。

その中には「玉煙」と書かれた紙が入っている。

朝堂。

竟陵王は大臣の奏書をこっそり取り替える。

彭城王は取り替えられた奏書を読み上げた。

「方清は仁徳と才能を備え勤勉、文官に任じるべし、即日 侍郎に」

方清の父は敵前逃亡、師匠 崔葛は謀反の罪で自害している。

大臣たちは反対するが彭城王は庶族の方清を侍郎にした。

仁寿閣。

驪歌は太妃の前で黒幕は椒華閣にいると宣言。

侍女を全員呼び出し、その中から沈楽清を選んだ。

その場で妹であることを暴露。

霊犀が呼ばれ証言を求められる。

しかし霊犀は黒幕が玉煙だと証言した。

沈楽清は「何もしていません(‘∵`)」としらばっくれる。


感想:成長期

あらあら!?沈楽清のほうが今回は一枚上手?それともこのあと驪歌がやり返す?

いや〜お母さんは沈楽清ちゃんの成長が嬉しいわ。無駄に悲しい思いをしてないわね。

そうよね、復讐するにも成長していかないとね!

でも薛逑と密談するときは、そんな目立つ高台じゃないほうがいいと思うな…丸見えではないか…

もうちょっとで半分終わるんだけど、一向に嫁に行かないヒロイン。見てる感覚としては婚姻が決まってから数年立ってますけども。

第21話ネタバレ「天灯に託して」


玉煙(ぎょくえん)を身代わりにして罪を逃れた沈楽清(しんらくせい)は、素性を偽った罰として苦役を課されるだけで済む。そんな彼女の手腕を評価した陸遠(りくえん)は彼女を孫(そん)太妃の元に送りこむ。一方、どこの誰かもわからない驪歌(りか)のことを忘れられずにいる彭城(ほうじょう)王は、彼女への想いを託した天灯を空に浮かべる。それに気づいた驪歌は彼の姿を探して走り出すが…。

仁寿閣。

驪歌は見血枯に触れたかどうか調べることに。

見血枯は はちみつと混ざると黒く変色する。

はちみつ水に手をつけると玉煙だけ変色した。

仁寿閣に来る前、沈楽清が玉煙の手を握り見血枯を付着させていたのだ。

沈楽清は素性を偽った罪で苦役を課せられ、霊犀は杖刑30回のあと追放される。

驪歌は苦役に送られた沈楽清のもとへ出向くと「両親に免じて生かしておいたのに」と締め上げた。

沈楽清は「私の親じゃない」と抵抗する。

驪歌は沈楽清を始末せず「いずれ身を滅ぼす」と警告して立ち去る。

驪歌は沈楽清の所業をすべて沈植に話した。

背後に誰かいると疑っている。

彭城王府。

沈植は丹陽での一件を彭城王に報告する。

儒学館を脅かした暴徒は死に、陸遠は各地に派兵したようだ。

沈植は「警護を命じて手を封じるとは」と彭城王の手腕に感心する。

驪歌と沈楽清の件についても報告し、かわりに罰を受けると申し出た。

彭城王は「それより自分の問題を解決したらどうだ?」とにやり。

「好きなら奪えばいい」と助言した。

沈植はすぐ王子衿に会いに行く。

鍵をかけられた門戸の間から手を握り、必ず妻にすると誓った。

仁寿閣。

陸遠は沈楽清を評価し、孫太妃のもとへ送り込むことにする。

孫太妃は「美しい花だけ飾るのよ、ただし策に溺れないように」と意味深な話をした。

意に沿わぬ花は必要ないというのだ。

沈楽清は仁寿閣の花係になる。

船。

その夜、彭城王は思いを込めた詩と「侠女、四兄上」と書いた天灯を空に上げた。

そこへ驪歌の奏でる琴が聞こえてくる。

驪歌は天灯に気づき、彭城王は琴に気づいてお互いを探し回るが出会うことはできなかった。

三玖堂。

徐臨は驪歌の使う短刀に毒を仕込む。

陳少巽には口止めした。

その後、徐臨は黒幕と密会。

黒幕は「すべてが終わったら始末せよ」と命じる。

沈家。

翌日の婚儀を控え、驪歌は実家に戻る。

母に沈楽清のことを報告し、警戒するよう忠告した。

そしてついに婚儀の日がやってくる。


感想:おっさんに見えたけど

徐臨の裏に黒幕がいるの!?

おっさんに見えたから、今までに登場してるおっさんか?謝顥とか?そこまで頭はよくなさそうだったけども。

過去のことがほぼ明かされないので特定できないね。

沈廷章が仲間を見殺しにした?ときの回想シーンがあって、それで王勉は娘を嫁がせたくないらしい。

そのときに死んじゃったのが王子衿のお兄ちゃんたちってことか。

そりゃあまあ、恨むし嫁がせたくないよなわかるよ。

次回、22話23話24話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。