驪妃(りひ)16話17話18話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城王(劉義康)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵王(劉義宣)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • 沈夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正…沈家の執事、元校尉
  • 王勉…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺…王勉の息子、故人
  • 王松…王勉の息子、故人
  • 徐臨…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲…沈廷章の一番弟子
  • 春芳…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷の民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第16話ネタバレ「ときめく心」

驪歌(りか)が沈家(しん)の娘として家族と強い絆を結ぶ一方、信用を失い桐城の洛(らく)家に嫁ぐことになった沈楽清(しんらくせい)は驪歌への憎しみを募らせる。一方、山に薬草を摘みに行った陳少巽(ちんしょうそん)は偶然、父親の死で悲しみに暮れる陸遠(りくえん)の妹・陸婉(りくえん)を助ける。また、いまだに互いの正体を知らずにいる彭城(ほうじょう)王と驪歌は、二人で一緒に街に出て楽しい一時を過ごすが…。

沈家。

沈廷章と沈植が釈放され沈家には幸せな日々が戻ってきた。

驪歌は父と手合わせし「有望だ」とお墨付きをもらう。

沈楽清もその輪に加わろうとするが、沈廷章の思いやりのない行動に傷つくだけだった。

その夜、驪歌は沈植と沈楓とともに酒を飲み幸せな時間を過ごす。

彭城王府。

謝顥は沈家の令嬢の輿入れにより、妹 謝韞之の地位が揺らぐと恐れている。

妹の気持ちも考えず「我が一族から世継ぎを生む女を」と提案した。

河原。

陸遠は沈楽清を呼び出す。

沈楽清は「彭城王府に入れてくれれば何でもする」と懇願。

陸遠はまず自分の輿入れを片付けろと命じた。

驀然軒。

一方、父を亡くした陸婉は悲しみを琴にぶつける。

そこへ、山で薬草を採取していた陳少巽が駆け込んでくる。

生まれつきの病がある陸婉は意識を失ってしまった。

陳少巽は三玖堂に連れ帰り治療する。

目を覚ました陸婉は陳少巽に感謝し、竟陵王に贈られた楽譜を大事そうに持って帰った。

街。

驪歌は彭城王と街へ遊びに出る。

曽三宝も着いてくるが、気にもとめず幸せな時間を過ごした。

その夜、2人は天灯を空に上げる。

陸家。

父を亡くし、朝廷での味方も無くした陸遠は新たな策に出る。

彭城王が儀賢館で学生と政の議論をしていると知り、名族を味方につけ追い詰めようというのだ。

三玖堂。

徐臨は婚儀の日に暗殺を実行しろと驪歌に命じる。

陳少巽が協力者として潜入し驪歌を逃がす。

最後は落花舗で落ち合うという。

沈家。

驪歌は花嫁修業のため彭城王府へ向かう。

別れの前に、家族全員に贈り物をした。

もちろん沈楽清にも。

儀賢館。

儀賢館では方清率いる学生たちが議論をしている。

竟陵王は「名族が独占している官吏への門を開けば新政の道につながる」と進言。

謝家の誇りである九品官人法(名族しか役人になれない)を変えようというのだ。

仁寿閣。

陸遠は孫太妃のもとへ。

彭城王が朝廷に庶族を入れると話した。

孫太妃は息子を王位につけるため、陸遠に味方する。

沈家。

驪歌より先に沈楽清が桐城へ嫁ぐ。

しかしその道中、沈楽清は従者の酒に毒を盛って殺害。

姿を消す。


感想:束の間の幸せ

何もかもがフラグに見えて…管理人にも平安結びをください!!不幸を!不幸を呼んでしまいます!

沈植の買ってきたおもちゃ?の物語って誰の暗示なんだろう。

まさか登場するカップル全員か?

彭城王と驪歌、沈植と王子衿、陳少巽と陸遠…全員敵同士みたいになっちゃうってこと?お兄ちゃんのとこだけは幸せになってほしい。

さてさて、怖い女が野に放たれました。

自分で輿入れに始末をつけて彭城王府に入り、驪歌の命を狙うんですかね。

殺すだけならもっと簡単にやれそうだが。

すっごい遠回しに復讐頑張るよねみんな。もっと効率よくやったほうが、後々の人生長く幸せに生きられるわよ。

そういう話じゃないって?へへ(´◠ω◠`)

第17話ネタバレ「別れの句」


彭城(ほうじょう)王が方清や学生たちと新政要略を書き進めていた儀賢館が火事となる。一方、驪歌(りか)への復讐に燃えて再び陸遠(りくえん)に近づいた沈楽清(しんらくせい)は、謝韞之(しゃうんし)の侍女となり彭城王府に潜入する。その頃、心に秘めた初恋の気持ちにけじめをつけた驪歌も彭城王府へ。そこで婚儀の前に孫(そん)太妃が差し向けた教育係・月梅(げつばい)から礼儀作法を学ぶことになり…。

陸家。

沈楽清は陸遠のもとへ。

「侍女として彭城王付へ入れてくれれば何でも言うことを聞く」と懇願した。

陸遠は沈楽清の手腕に感心し、驪歌を見張れと命じる。

儀賢館。

陸遠は儀賢館に紛れ込ませていた密偵に新政要略を盗ませる。

その際、儀賢館は火事になり燃え落ちた。

陸遠は盗ませた新政要略を謝顥に見せる。

「旧法を変えれば名族を脅かすことになる、名族で一丸となり反対を」

謝顥は陸遠と手を組む。

陸遠は謝顥を通じて沈楽清を謝韞之のもとに送り込んだ。

船。

彭城王は驪歌に琴を教え幸せな時間を過ごす。

ついに「そなたのことが好きだ」と思いを告げた。

驪歌は酒を飲んでごまかし、そのうちに彭城王は眠ってしまう。

驪歌は眠ってしまった彭城王に「一番大好きなのはあなた」と思いを告げた。

そして佩玉を返し「永遠の別れを」と書き置きして思いを断ち切った。

彭城王府。

驪歌は花嫁修業のため彭城王府へ。

彭城王のもとに到着の知らせが届く。

しかし、同時に儀賢館が火事になり新政の草稿が焼失したと知らせが入った。

彭城王は修儀館の件を調べるため驪歌に会わない。

含泠閣。

驪歌は客人の建物である含泠閣に住むことになった。

担当の侍女は秋琴。

それとは別に孫太妃のよこした教育係の侍女 月梅が待ち構えている。

偉そうな態度を取る月梅を驪歌は一喝。

「立場をわきまえよ」と追い払った。

すべては竟陵王から授けられた教訓だ。

一方、謝韞之は兄の推薦してきた沈楽清を警戒。

庭の掃除係にして遠ざける。

侍女になった沈楽清は早速行動を開始。

末端の侍女から、王妃付きの玉煙まで心付けを渡して取り入ろうとする。

沈楽清の侍女 霊犀は「沈家の令嬢の体には傷跡がある」と噂を流した。

沈楽清は沈家の令嬢が傷物だと噂を流して、婚姻をお流れにしたいらしい。

彭城王府。

彭城王は儀賢館の放火が陸遠の仕業だと気づく。

そこで堂々と屋敷内に儀賢館を作ることにした。

含泠閣。

湯浴みの時間。

侍女秋琴は侍女 紅丹をわざと転ばせ、驪歌の背中の傷を見ようとする。

驪歌はすぐに気がついて紅丹を助けた。

紅丹は沈家の侍女となり、驪歌の側に仕える。

王家。

沈廷章は息子の婚姻のため王勉に面会を求める。

渋々面会した王勉は「受けられない」と断った。


感想:後宮編スタート

やっと後宮編だ(;´Д`)長かった…陸遠に興味ないから泥にまみれて追っかけるヒロイン見てても楽しくないんだよな。

女の闘いが始まるわけですが、最初の敵は侍女たち?ラスボスは孫太妃として沈楽清は最後まで生き残るかね。

これだけ手にかけてたら生き残らないか。

初登場のときから品があって思慮深い謝韞之が好きなので、彼女が騙されたり敵に回ったりしないといいなあ。

第18話ネタバレ「側室の資格」


侍女の紅丹(こうたん)を救う正義感があり、月梅(げつばい)に屈せず自分の意志で行動する驪歌(りか)を気に入った謝韞之(しゃうんし)は、彼女に婚儀用の冠を贈る。一方、驪歌と彭城(ほうじょう)王の結婚を阻止したい沈楽清(しんらくせい)は、侍女の霊犀(れいさい)とともにわざと驪歌の体に刀傷があることを言いふらし、孫(そん)太妃の耳にも入るようにする。その結果、孫太妃は噂の真偽を確かめようとして…。

椒華閣。

驪歌は謝韞之に挨拶。

謝韞之は紅丹を助け、自分の考えで行動する驪歌を気に入ったようだ。

しかし「掟を厳守しなければ自分を守れないわよ」と忠告する。

婚姻祝いに、婚礼でかぶる冠を送った。

冠を運んできた沈楽清は、驪歌に顔を見られないよう隠れる。

庭。

驪歌が怪我をした小鳥を助けようと騒いでいる。

それを遠くから眺める謝韞之はとても楽しそうだ。

竟陵王も想い人を見つけ微笑んだ。

その頃、沈楽清は薛逑と密会。

勝手な行動をする沈楽清は「見張るだけだ命令に従え」と忠告される。

彭城王府。

沈植が彭城王府へやってくる。

驪歌に「沈楽清が消えた、行方知れずだ」と知らせた。

仁寿閣。

沈楽清は孫太妃に聞こえるよう驪歌の噂話をする。

「刀傷があるらしい」

孫太妃は驚き真相を確かめることに。

沈楽清はうわさ話をした罰として杖刑を受けるが、目的は達成したようだ。

その頃、驪歌は教育係の月梅にやり返している。

そこへ謝韞之がやってきて「江湖を渡り歩いた話を聞かせて」と助け舟を出した。

謝韞之は「女の争いなんて悲しいもの、にぎやかで嬉しい」と驪歌に好意を示す。

2人は太妃に呼ばれ仁寿閣へ。

傷のことを聞かれ、驪歌は素直に背中の傷を見せた。

孫太妃は彭城王に判断を委ねるという。

謝韞之はすべてを彭城王に報告。

「嫁ぐ前に会えば守ることができます」と提案した。

彭城王は含泠閣へ。

驪歌は短刀を握り待ち構えている。

しかしそこへ急報が入り彭城王は引き返した。


感想:並んだ影

謝韞之はいつも彭城王の姿絵を書いてるんだよ…なんてなんて清純な恋心なの…今どき中学生にもいないわってな。

含泠閣に向かう途中、彭城王の影を見て自分の影が並ぶように足を早める場面は文学的でしたなあ。

あなたと並んだ影ふたつ…ってか?

陸遠が驪歌に手を下さないのは気に入ってるからなの?

とりあえず彭城王が想い人だったドッキリを演じさせてから始末するのかね。

王女未央みたいな正義と悪どっちの男もヒロインにベタぼれドラマも嫌いじゃないですよ。

次回、19話20話21話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。