驪妃(りひ)31話32話33話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第31話ネタバレ「国境での開戦」

驪歌(りか)は陳少巽(ちんしょうそん)、空城(くうじょう)、王子衿(おうしきん)とともに北の国境へ向かい、途中で魏軍から兵糧を奪って馬頭城を目指す。一方、沈廷章(しんていしょう)と沈植(しんしょく)が率いる綏遠軍は万景勝が指揮する魏軍の後方に回り込み、それを機に彭城(ほうじょう)王が魏軍を挟み撃ちにして緒戦を勝利で飾る。その頃、崖から落ちたものの命を取り留めた沈楽清(しんらくせい)は孫(そん)太妃に驪歌の生存を知らせ…。

郊外。

驪歌は陳少巽、空城、王子衿と一緒に北の国境へ向かう。

見送りに来た竟陵王は、驪歌に高祖皇帝から賜った鎧下を送った。

王子衿は父に無断で屋敷を抜け出していた。

手紙には「領土と民を守ります、沈植がいるので大丈夫」と書かれている。

彭城王府。

孫太妃は謝顥を引き込み、彭城王不在の間に息子と自分が有利になる方向へ動かそうと企んでいる。

山小屋。

崖から落ちて木に引っかかっていた沈楽清は老夫婦に助けられ一命をとりとめた。

すぐ孫太妃のもとへ戻り「驪歌が生きていた」と知らせる。

孫太妃は騙されていたことに憤怒。

怪我を負った沈楽清は療養することに。

馬頭城。

彭城王は馬頭城に到着。

沈植たちの到着を待って出陣すると決定。

軍議から遠ざけられた陸遠は、民に炊き出しを行っている。

彭城王は意図を探ろうと陸遠のもとへ。

そこへ驪歌からの文が届く。

「馬頭城に向かっているので待っていて」

その様子を見ていた陸遠は疑念を抱く。

その後、孫太妃から知らせが届き驪歌が行きていたことを知る。

陸遠は馬頭城へ向かう驪歌たちを待ち伏せして殺せと命じた。

馬頭城への道中。

馬頭城へ向かう途中、驪歌は魏軍の補給隊を見つけ荷駄を奪う。

その頃、彭城王は沈廷章率いる綏遠軍を後方に回らせ、魏軍をはさみうちにしていた。

作戦は成功し宋は初戦を勝利で飾る。

皇宮。

竟陵王は嘘の報告をしてきた名族に激怒している。

季恕と曽三宝を荘園に送り込み調べことにした。

そこへ驪妃から文が届く。

「名族が隠した兵戸(世襲制の兵士)を見つけ国境へ連れて行った」

竟陵王はさすが驪歌だと感心。

そこへ勝利の知らせも届き歓喜する。

馬頭城。

彭城王のもとに「城外に民がいる」と知らせが入った。

驪歌が率いる一行だ。

陸遠の刺客が現れ驪歌は窮地に陥る。

そこへ彭城王が駆けつけ驪歌を助けた。

感想:再会

予定調和すぎて再会シーンちっとも感動しなかった_( _︶⌓︶ )_

それよりも沈楽清の帰還が嬉しかったですわ。

あとねえ彭城王が陸遠仲間はずれにしていじめてるみたいで嫌な気分になっちゃった。

それもこれも陸遠や沈楽清がガチの悪人じゃないから、見てるほうが翻弄されるという構図にまんまと巻き込まれた管理人の…楽しいからいいけど(*ˊᵕˋ)

みんなで話し合いして落とし所見つけたら争わなくてもいいんじゃないかと思えるようなドラマだなあ。

第32話ネタバレ「偽りの勝報」

都では竟陵(きょうりょう)王が名族の利益を守って新政を邪魔する謝顥(しゃこう)と対立。国境では万景勝(ばんけいしょう)に奇襲をかけられた綏遠軍が兵力の半分を失う。そんな中、彭城(ほうじょう)王は援軍を要請するため曹三宝(そうさんぽう)を密かに竟陵王の元に派遣するが、孫(そん)太妃の手に落ちた彼は絶体絶命に。それを目撃した沈楽清(しんらくせい)は彭城(ほうじょう)王に危険が迫っているのではないかと不安を覚えて…。

彭城王府。

建康は勝利の知らせに湧いている。

謝顥は孫太妃のもとへ行き「竟陵王を止めてくれれば服従する」と申し出た。

新政を阻止すべきと考える孫太妃は謝顥と手を組んだ。

孫太妃は竟陵王を呼び出し、謝顥に面会させ懐柔しようとする。

しかし竟陵王は意思を曲げない。

その場で季恕に命じ、謝家の記録を調べに向かわせた。

すると記録を保管した書庫が火事になる。

先に手を打たれてしまったようだ。

謝家。

祖父 謝仲は火事のことを知り、孫を叱りつけた。

私欲に走るなと叱る祖父に、謝顥は無欲では生き残れないと反発する。

戦地。

魏軍の万景勝は後方に控える綏遠軍に奇襲をかける。

その攻撃により綏遠軍は兵の半分を失ってしまった。

彭城王は曽三宝に「竟陵王に援軍を求めろ」と命じる。

馬頭城内は食糧難に見舞われている。

人々は木の皮に少量の米と大量の水を入れたものを食べていた。

彭城王もそれを口にし、驪歌の言っていた民の貧しい暮らしの意味を知る。

皇宮。

その頃、陸遠の策略により建康に戦勝の報告が届いていた。

陸遠が途中で偽の軍報にすり替えたようだ。

曽三宝は現状を知らせ援軍を得ようと竟陵王府へ。

そこへ孫太妃の手下が現れさらわれてしまう。

孫太妃は「彭城王は何を託したの?」と問い詰める。

しかし曽三宝が口を割らないので始末を命じた。

その一部始終を目撃した沈楽清は彭城王のために助けるべきか苦悩する。

考えた末、竟陵王のもとへ走った。

少辛は連れて行かれる曽三宝を目撃。

兵士を殴りつけ曽三宝を助けた。

曽三宝は驪歌が行きていること、馬頭城にいることを教える。

少辛は大喜びだ。

曽三宝はすぐに旅立つが、また何者かに捕らわれてしまう。

後方。

綏遠軍を助けるため、馬頭城から援軍が到着。

王子衿も志願し着いてきていた。

思い合う2人を兵士たちがからかう。

皇宮。

沈楽清は竟陵王に「曽三宝が監禁されました」と知らせた。

閉じ込められていた部屋に向かうが、すでに姿はない。

沈楽清は曽三宝が隠した「兵と兵糧を」と書かれた密書を見つけて渡す。

感想:遊びじゃねんだ!

勇敢なのはいいけど、一緒に戦ってたら気が散ると思うんだ…

沈植は王子衿を説得して帰らせるべきだし、彭城王は王子衿を止めるべきでしたね。遊びで戦してるのかな?バッキャロー(#゚ω゚ )

子連れ勤務とか簡単に言うけど、言うやつは絶対子供育てたことないみたいな嫌な感じした。

まあ私も育てたことはないですが…

数時間預かっただけでムリデチュ(‘∵`)ってなったが…

えーと、我らが(?)沈楽清ちゃんのおかげで曽三宝の危機と、援軍を求める文が竟陵王の手に渡りました。

それにしたって王の報告を止めて嘘の情報を朝廷に流せる陸遠すごくない?

第33話ネタバレ「譲れない大義」

沈廷章(しんていしょう)が魏軍の捕虜となり、それを知った驪歌(りか)は父親の救出に向かおうとする。だが、それこそが魏軍の罠であり、沈植(しんしょく)に説得された驪歌は独断行動を思い止まる。そんな中、霍雲(かくうん)が率いる援軍が都を出発したという知らせが届き、彭城(ほうじょう)王は魏軍の先鋒隊への奇襲を計画する。そこで驪歌は自ら先頭に立って敵を待ち伏せすると…。

援軍と合流した綏遠軍は馬頭城へ向かっていた。

そこを魏軍に囲まれ、沈廷章が捕らわれてしまう。

馬頭城。

知らせを受けた驪歌はなんとしても父を助けに行くと屋敷を飛び出した。

陳少巽と空城も驪歌に付き従う。

彭城王は驪歌を引き止め、今戦っても民が犠牲になると話して落ち着かせる。

李成勲も部下を連れて彭城王に直訴した。

沈植は「私情より戦況を優先すべき、父も同じ考えだ」と李成勲たちを説得する。

霍雲率いる援軍が3日後、馬頭城に到着すると知らせが入った。

彭城王は沈楓に魏軍の食料を焼くよう命じる。

沈楓は魏軍の陣営に乗り込み、食料を焼いた。

目の前にいる父を助けることもできずその場を離れる。

馬頭城。

彭城王は魏に和議を提案し、すきをついて万景勝を討つと驪歌に話す。

その時に沈廷章も救い出す手はずだという。

話を聞いた驪歌は馬頭城に向かっていた魏軍の先鋒隊を奇襲し和議に持ち込む。

彭城王府。

竟陵王は偶然 少辛と出くわす。

少辛は「曽三宝助けた、急いで国境に戻った」と教えた。

そこでやっと竟陵王は勝利の知らせが偽物だと気づいた。

彭城王を守るため「陸遠は彭城王の側で命を守れ、できなければ死罪にする」と勅命を出す。

感想:沈楓は末っ子次男坊

今までの自由な振る舞いを見るに、末っ子だし次男だし確実に甘やかされて育ったはずの沈楓。

それでもきちんと軍人の家に生まれたことを自覚して、私情に流されず任務だけを遂行した。

えらい(‘∵`)なんてえらいの。

お姉ちゃんはパパ助けに行くってあばれん坊してたのに。

まあ、あばれん坊しても敵を叩きのめしてくるだけすごいか。

それにしてもこんな一か八かの作戦でいいのかね。

なんだかやっぱりメインカップルに魅力ない(‘∵`)…好きな人いたらごめんね。

次回、34話35話36話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。