驪妃(りひ)4話5話6話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城王(劉義康)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵王(劉義宣)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • 沈夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正…沈家の執事、元校尉
  • 王勉…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺…王勉の息子、故人
  • 王松…王勉の息子、故人
  • 徐臨…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲…沈廷章の一番弟子
  • 春芳…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷の民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第4話「沈家の姉妹」ネタバレ

武器横領の罪で陸遠(りくえん)を弾劾するはずが、中途半端な結果に終わってしまった彭城王(ほうじょう)。その後、街に出た彼は昨晩出会った驪歌(りか)を見つけて興味を抱く。一方、魏に勝利して凱旋した安北将軍・沈廷章(しんていしょう)を訪ねた竟陵(きょうりょう)王は、驪歌を見て昨晩助けた刺客は沈家の娘だったのかと驚く。そして、沈楽清(しんらくせい)に逆恨みされた驪歌を再び助けることに…。

朝堂。

彭城王は裴如海を証人として、陸遠を弾劾しようとする。

しかし陸遠は手を回して裴如海にひどい拷問を行った。

朝堂に連れてこられた裴如海はとても証言できる状態ではない。

証拠がなく陸遠を追い詰めることはできなくなってしまった。

彭城王は関わったものを全員罷免、陸遠の職を解き武庫の管理を沈家に任せることにする。

そこへ吉報が届いた。

安北将軍 沈廷章が領地を魏から奪還し建康に戻るというのだ。

彭城王は喜び、竟陵王に命じて沈家に扁額を届けさせることに。

沈家。

沈楽清は沈夫人に驪歌の背中に傷があることを教える。

夫人は傷のことは聞かず、苦労させたことを謝った。

そして隠し事があっても構わないので話したくなれば話してほしいと驪歌に優しく接する。

陸家。

陸遠の父 陸延弟は実入りの良い官職を失ってしまったと嘆いている。

陸遠の送り込んだ密偵は追い出され、将軍 沈廷章が戻ってくるとなればさらに動きが取れなくなる。

陸遠は殺さず1人だけ生かしていた阿綾を使うことに。

陸遠は阿綾を問い詰めるが口を割らない。

街。

街にでかけた驪歌は詐欺師に「つぼを割った」と因縁をつけられる。

そこへ変装した彭城王が通りかかり「箱の中のつぼは最初から割れていた」と詐欺師の手口を指摘。

すぐに驪歌を連れて逃げた。

彭城王は驪歌を気に入った様子。

しかし驪歌は「ついてきたら殴るわよ」と逃げてしまう。

驀然軒。

竟陵王は琴の名手 婉に会いに来る。

2人ともお互いの素性は知らないが、音楽によって結ばれた知己のようだ。

綏遠軍を率いて建康に沈廷章が戻った。

驪歌も美しく装い出迎えるが「父上」と呼ぶことはできない。

そこへ竟陵王が「偉大なる功績」と書かれた扁額を届けに来る。

竟陵王は驪歌が助けた女性だとすぐに気づいた。

その日、驪歌は沈廷章のために琴を奏でることになっている。

その楽譜を見た竟陵王はそれが人の心を乱す鬼楽であると気づいた。

驪歌は助けてくれたことに加え竟陵王に感謝を示す。

しかし「沈家は無関係、個人的な恨みがあるため黙っていてほしい」と頼んだ。

驪歌は琴を持って宴席へ。

琴を奏でず沈楽清の頬を引っ叩いた。

そして沈楽清に「西域に伝わる人の心を乱す曲」を渡されたと話す。

しかし侍女が取ってきた楽譜は何の変哲もない普通の楽曲になっていた。

驪歌は沈楽清の侍女 霊犀を呼び「竟陵王から話を聞いたあと楽譜に蜜を塗ったのよ、この蜜は毒蠍の好物なの(´◠ω◠`)」と脅す。

霊犀はすぐに沈楽清に命じられたと白状した。

沈夫人はショックで失神してしまう。

驪歌は夫人に一晩中よりそい看病した。

その姿を見た沈廷章は「気性は激しいが根は優しい、娘を信頼する」と沈植に話す。


感想:スルーすな

お父ちゃん久々にあった養女をスルー…

ひどくない???実の娘がそんなに大事かい?

多分驪歌が実の娘だとおもうけど、まだ阿奴が本物な可能性もなくはないぞ?

さてさて、部下がたくさん出てくるんだけどちょっと誰が誰だかわかってないです。

曽三宝は彭城王のお付き

季恕は将軍?

謝顥は正室 謝韞之のお兄ちゃんで中書令

一番目立つ薛逑は陸遠の部下。

あと今回出てきた婉ちゃんは多分陸家の人間。

竟陵王も婉ちゃんも知らずに交流しているから、開けてびっくりの展開だな。

第5話「縁談の相手」ネタバレ


彭城(ほうじょう)王に説得された沈廷章(しんていしょう)は娘を側室として彼に嫁がせる政略結婚を了承。一方、これを知った彭城王の正室・謝韞之(しゃうんし)の兄である謝顥(しゃこう)は、名族が庶族を娶るのは礼法に反すると孫(そん)太妃に訴える。そんな中、姉に代わって彭城王に嫁ぎたいと考える沈楽清(しんらくせい)は密かに策略を練っていた。そして、おじの郭復(かくふく)に驪歌(りか)を始末するように頼むと…。

彭城王府。

沈廷章は彭城王に挨拶をするため屋敷へ。

彭城王は沈家の娘を側室とする提案をした。

高祖皇帝の遺命でもあり、皇帝も許可しているという。

婚姻を沈家の後ろ盾にするのだ。

話を聞いた謝顥は孫太妃に「礼法に反する」と訴える。

しかし孫太妃は「正室が子を産まないので、側室が子孫を増やすならそれでいい」と気にした様子はない。

礼法では名族と庶族の婚姻は認められていないため、名族から批判の声が上がることは避けられないだろう。

孫太妃は高祖皇帝の遺命を重視、これも宋の発展のためだという。

そこへ彭城王の正妃である謝韞之がやってきた。

温厚な謝韞之は兄の口出しに顔をひそめる。

竟陵王府。

驪歌のことが気になっている竟陵王は、沈家の誰が娶られるのか気になって仕方がない。

側近の季恕は「嫡女だと公にしていないので妹では」と推測。

竟陵王はにやにやと喜んだ。

沈家。

驪歌は陳少巽に頼み、母の神経症が治る処方箋を書いてもらう。

しかしそれは危険な処方だ。

驪歌は「父上、兄上、母上を害したければとっくに見捨てています、どうか試させてください」と懇願した。

沈廷章は娘の思いに感心し、薬を飲ませることに。

そこへ陸遠が「婚姻の祝いを」と沈家にやってくる。

目的は彭城王と手を組んだ沈家への警告だ。

話を終え去ろうとした時、驪歌が父を呼んだ。

その声を聞いた陸遠は驪歌が刺客の生き残りだと気づく。

薬を飲んだ沈夫人は目を覚ました。

そこへ沈楽清が来て「母上の建康を願って写経をしました」と謝罪する。

沈夫人はまた発作を起こし、沈楽清が血を飲ませて落ち着かせた。

その夜、驪歌は沈楽清のもとへ。

社協が書かれた竹簡が桃仁の液に浸されていた、そのため薬の成分と反応し吐血につながったと暴く。

驪歌は「争う気はない、母上に手を出したら殺すわよ」と警告し立ち去った。

沈家。

驪歌は母のために蓮子羹を作る。

芯を取り除くと甘く、残すと苦味が残る。

沈夫人はその苦味を感じながら武家の妻は夫の帰りを待つのだと話した。

沈廷章は沈夫人に婚姻の話をする。

夫人はもちろん反対。

退官し建康を去って平穏に暮らしたいと希望する。

しかし勅命には逆らえない。

これは監政(国政を代行する)である彭城王の大志のための婚姻だ。

婚姻のことを知った沈楽清は「絶対に彭城王に嫁ぐ」と決意。

彭城王に手巾を渡され、名前を褒められたときから惚れているようだ。

沈楽清は姉のかわりに嫁ぐと父を説得。

そのためには驪歌を建康から遠ざけ、嫁いでから嫡女が戻ったと発表したほうがいいと提案した。

それには理由があった。

沈楽清はおじ 郭覆に頼み、建康を出た驪歌を暗殺しようと企んでいるのだ。

城外。

建康を出た驪歌は刺客に襲われた。

ちょうどその頃、彭城王は方清という新政に必要な人材を連れ戻すため建康を出ている。

刺客に襲われた驪歌を助け、一緒に河へ転落した。


感想:結婚するのはどっち

え?沈楽清が彭城王に嫁ぐの?

でもタイトル驪妃だから、驪歌も皇家に入るんだよね。

襲撃されたから帰ってきて妹ボコってあたしが嫁ぐ!ってなるのかしら…強いわ…

なんかこう恨みでもなんでもいいから目標持って頑張れるのはとてもいいわね。

そこ目指して努力できるし、ゴールが明確だと行動もしやすいし。

復讐が終わったあと燃え尽き症候群でめっちゃ病みそうだなあとはおもうが、中国ドラマのヒロンたちは愛を手に入れて終わるのでその辺は大丈夫…現実?現実は…みんな強く生きような!!!

第6話「使命のために」ネタバレ


彭城(ほうじょう)王に命を助けられた驪歌(りか)は彼の傷を手当てする。こうして二人は以前より打ち解けるが、互いに正体は明かさない。そのため彭城王を誤解したままの驪歌は、彭城王に嫁いで彼を暗殺すると師匠の徐臨(じょりん)に約束するのだった。一方その頃、驪歌を刺客と見抜いた陸遠(りくえん)は、彼女の正体を暴いて沈(しん)家を破滅させようと画策していたが…。

廃屋。

川に落ちた驪歌と彭城王は廃屋で服を乾かす。

驪歌は止血剤を作って彭城王に渡した。

驪歌は「侠女」彭城王は「四兄上」とそれぞれあだ名のような名前を名乗った。

驪歌が立ち去ると見守っていた許詹たちが姿を表す。

許詹は襲ってきた刺客は陸遠の手先ではなく江湖の者だと報告した。

彭城王府。

謝顥は彭城王に庶族を娶り礼法をやぶってはならないと進言。

彭城王は奏状だけ受け取る。

三玖堂。

驪歌たちの師匠である徐臨が現れた。

驪歌は「阿奴を死なせましたね」と問い詰める。

徐臨は阿奴が驪歌の身代わりであったこと、民を幸せにするには犠牲がつきものだと話した。

そして「親や死んだ仲間のために彭城王を成敗しろ」と命じる。

驪歌は計画は独自に決めること、沈家を巻き込まないことを条件に嫁ぐことを決めた。

陸家。

陸遠は阿綾に侍女の服を着せ「嫡女に会わせる、もし刺客ならその場で暴け」と命じた。

沈家。

驪歌は実家に戻り刺客の襲撃に合い、黒幕は沈楽清であることを家族に暴露する。

しらばっくれる沈楽清だが、おじ 郭復が「楽清に指示された」と白状してしまった。

それでも沈楽清は諦めず彭城王に嫁ごうとする。

そこへ竟陵王が婚姻の勅旨を届けに来た。

陸遠も阿綾を連れて祝いの品を届けに来る。

陸遠は孤児院の宋さんと、嘉寧の腕輪を作った腕輪職人を証人としてつれてきた。

2人は嫡女が沈楽清ではないと話す。

陸遠は皇帝を欺く好意だと沈家を批判し始めた。

隠れて話を聞いていた驪歌は姿を見せ、阿綾から祝いの品を受け取る。

受け取る瞬間、阿綾は驪歌の手に触れ落ち着かせるようにポンポンと叩いた。

陸遠が問い詰めるが、仲間ではないと嘘を付く。

驪歌は勅旨を受け取り、彭城王に嫁ぐことが決まってしまった。

沈家。

沈楽清は幽閉され、驪歌と沈家への恨みを募らせる。

三玖堂。

驪歌は阿綾が生きていることを陳少巽に報告。

空城も協力し助けに行くことになった。

陸家の地下牢には仕掛けが多く、どんな罠が待っているかわからない。

驀然軒。

役目を終えた竟陵王は、驀然軒でやけ酒をしている。

その姿を見た婉は「胸の内を率直に打ち明けては」と背中を押した。

竟陵王は驪歌を呼び出し気持ちを明かそうとする。

しかし驪歌の決意を知って何も言えなくなった。

街。

竟陵王は追われていた職人の娘 少辛を偶然助ける。

少辛は「親が帰ってこないので役所に訴えようとした」と話した。

薛逑たちが口封じをしようと追っていたようだ。

彭城王府。

竟陵王は娘のことを彭城王に報告。

少辛の両親は街から失踪した16人目の職人だった。

陸家。

薛逑は娘を逃したと陸遠に報告。

すでに両親は栖霞山で死んでいるという。

陸遠は栖霞山で武器密造を行い、そのための職人を街からさらっているようだ。


感想:裕福な実家

そんなにお嫁に行きたいかなあ?管理人が将軍家に生まれたとして、裕福なら一生独身貫いて好きなことするけど。

推しの追っかけとか同人活動とか…あるかこの時代…することなくてめちゃくちゃ暇そうだな?

えーと、やっぱり驪歌がお嫁に行く事になりました。

陸遠は竟陵王を利用したいと考えているようなので、ここで驪歌に失恋したことに漬けこまれないといいなと思います。

気になるのは孫太妃。

彭城王が栗を送るのは敬っているからではなく警告しているから?

太妃なのに彭城王府に住んでいる理由もなにかありそう。

ていうか死にそうだっていう陛下は出てこないの???

次回、7話8話9話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。