驪妃(りひ)7話8話9話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第7話 ネタバレ「潜入作戦」

彭城(ほうじょう)王に嫁ぐことになった驪歌(りか)だったが、仲間の阿綾(ありょう)が陸遠(りくえん)に囚われているとわかり地下牢に忍び込む。そこで阿綾を救出するも陸遠と相討ちとなった彼女は水に落ち、偶然出会った彭城王に介抱される。その後、驪歌は陸遠の兵器密造場所を探す彭城王に協力を申し出る。そして、彼と一緒に陸遠の手下を装いある村に潜入すると…。

陸家。

驪歌は阿綾を救うため陸家の地下牢に侵入する。

待ち受けていたのは大きな檻のような通路。

驪歌は敵に挟み撃ちにされながらも、陸遠が待ち構えている場所までたどり着く。

その場で驪歌は沈家を潰す取引を持ちかけた。

陸遠を油断させ阿綾を連れ出す作戦だ。

驪歌は阿綾に見立てた人形を連れて脱出。

本物の阿綾は陳少巽と空城が救い出した。

驪歌は追ってきた陸遠に剣を向ける。

しかしとどめはさせず2人とも水路に落ちた。

船。

許詹は陸家の鋳造所が栖霞山にあると突き止め彭城王に報告している。

その時、外で物音がした。

驪歌が追手を逃れて船まで逃げてきたようだ。

彭城王にかんざしを奪われた驪歌は、かわりに玉佩を奪う。

彭城王はずぶぬれの驪歌に外套を着せた。

陸府。

怪我をして意識を失っていた陸遠が目を覚ます。

陸遠は陸家の背後には綏遠軍がいるためうかつに動くなと薛逑を止めた。

そこで「なぜか刺客が沈家の嫡女になり、彭城王の側室になろうとしている」と気づく。

陸遠はこの芝居を傍観することにした。

その頃、刺客が現れたと沈植のもとに情報が入った。

急いで家に戻った沈植。

そこでは驪歌と沈楓と沈夫人が仲睦まじく過ごしている。

沈植は思い過ごしだったと安堵した。

沈家。

沈廷章と沈夫人は家系譜の名前を嘉寧から驪歌に改めた。

驪歌を救った師匠が与えた名なら福があると考えたのだ。

祖廟に家族や使用人が集まり、驪歌が陸家に戻ったことを認める儀式が行われた。

沈廷章は「鸞鳳和鳴」という最上級の刺繍を贈る。

それを見た沈夫人は「30年連れ添った夫婦に贈る柄ですよ」と夫の無知に呆れた。

驪歌はその刺繍が気に入ったと微笑む。

沈楽清だけは軟禁されたまま蚊帳の外だ。

郊外。

王家当主 王勉と令嬢 王子衿は喪中のため郊外にいる。

婚姻の話を聞いた王子衿は「竟陵王には嫁ぎません!想い人がいます!」と断固拒否。

その想い人は沈植だ。

沈家。

喪が開けた王家が建康に戻ってくる。

王子衿は王家の代表として婚礼の祝いを述べに来た。

沈夫人は驪歌に王子衿を紹介する。

琅邪王氏は名族の大家、そのため孫太妃は王子衿を竟陵王に嫁がせたいのだ。

王子衿は母と二人の兄を亡くした身の上。

兄 沈植が慕っていると聞くと、驪歌は飛び上がらんばかりに驚いた。

郊外。

阿綾は自分のために生きると決め建康を出る。

驪歌たちも誘われるが、復讐を諦めることはできない。

船。

船で待っていた驪歌は彭城王の気配を感じて姿を隠した。

彭城王は「兵器密造の証拠をつかめば陸家を一網打尽にできる」と話している。

その話を聞いた驪歌は「あなたと共に陸遠を探る」と申し出た。

栖霞山。

驪歌は男装、彭城王は変装して栖霞山にある陸家の小屋までやってきた。

陸家の新しい執事だと名乗って令牌を見せるがすぐに偽物だとバレる。

戦闘になったところへ、元黒甲軍の男たちが現れた。

男たちは驪歌と彭城王を捕まえてしまう。

感想:沈植お兄ちゃん

お兄ちゃんかわいい〜!

兄弟姉妹たちに柱のようだと言われるお兄ちゃんは、名門のハキハキした利発なお嬢さんに夢中なの!やだー!

でもなんかすでに幸せなれなさそうな雰囲気感じるの私だけ…?結ばれないかどっちか死にそう。

まあ先のことは置いといて、陸遠を追い詰めるためにどさ回り中の彭城王と驪歌。

正体に気づいてもいいもんだが、お互いに知らないほうがいいこともあると思っていそうだ。

先に知っとけばショックが少ないのに(‘∵`)なあ

衣装が可愛くて好きなので早く嫁いできらびやかなシーンをみせておくれ。

第8話ネタバレ「腕輪の行方」

孫(そん)太妃に縁談を勧められた竟陵(きょうりょう)王は想い人がいると打ち明けるが、それが彭城(ほうじょう)王の妻となる驪歌(りか)とは言えない。一方その頃、霍雲(かくうん)に陸遠(りくえん)の手下と誤解され監禁されていた驪歌と彭城王は逃亡に成功。だが、大事な腕輪を失くしたと気づいた驪歌は独りで現場に戻る。そこで彼女は陸遠の支配下にある黒甲軍に襲われた霍雲を助けて…。

彭城王府。

孫太妃は名族の声望を集める琅邪王氏と婚姻させたいと息子に話す。

しかし竟陵王は「想い人がいます」と拒絶した。

想い人はもちろん驪歌だ。

だが兄の側室になる娘を慕っているとは言えない。

栖霞山。

驪歌と彭城王は元黒甲軍の霍雲たちに捕らえられてしまった。

そこには黒甲軍から逃げたものに加えて、陸家に虐げられ武器密造に協力させられた村人たちもいる。

驪歌は仕込みが入ったかんざしを使って鍵を開け、山から逃げ出した。

船。

逃げ戻った驪歌は、彭城王がつけひげをしていることに気づく。

しかしまだお互いの正体には気づかない。

彭城王は「陸家を排除しても乱世は終わらない、宋を法治国家にしなければ」と大きな夢を語った。

彭城王府。

彭城王は曽三宝を身代わりにして出かけたようだ。

それを見つけた謝韞之は咎めることなく「太妃に見つかったら怒られるわ、着替えなさい」とたしなめた。

彭城王は共寝の日にいつも仮病か外出を使って逃げてしまうらしい。

そこへ孫太妃がやってきた。

孫太妃は「夫を諌めるべき、子をなさないのは不徳」と謝韞之を叱る。

とそこへ彭城王が戻って謝韞之をかばった。

栖霞山。

驪歌は腕輪をなくした事に気づいて栖霞山に戻る。

その頃、陸遠にも報告が入っていた。

「作業場へ続く道は見つからなかったが、江東王の魚尺剣を盗まれた」

賊が霍雲だと聞いた陸遠は取り戻せと命じる。

さらに作業場が見つかることを恐れ、あと10日ですべての玄鉄剣を完成させろと命じた。

完成すれば職人は皆殺しだ。

皇宮。

彭城王は書庫である記述を見つける。

天降石(隕石)を粉末にして溶かした水で鋳造すると頑丈な玄鉄剣ができる。

しかしその水に触れたもの命を落とした。

高祖皇帝はその製造を禁じた。

陸遠は職人の命を使い捨てにしてこの玄鉄剣を作っているようだ。

沈家。

沈夫人は沈楽清のもとへ。

「自分の過ちを認めればそれでいい」と抱きしめた。

そして桐城の洛家への嫁入りのことを話す。

由緒ある家柄だが裕福ではないらしい。

栖霞山。

腕輪を探しに戻った驪歌。

ちょうどそこへ陸遠の黒甲軍が攻め込んできた。

驪歌は霍雲たちを手助けして逃げ出す。

薛逑は落ちていた腕輪を拾った。

逃げ延びた驪歌は敵ではないと霍雲に話す。

霍雲たちは元黒甲軍だったが、陸家の民を苦しめる行いに嫌気が差して山に入り賊となったらしい。

陸家。

驪歌の腕輪が陸遠の手に渡ってしまった。

陸遠は腕輪に毒を染み込ませる。

沈楽清のおじ 郭覆を脅して沈楽清に通じた。

陸家に呼ばれた沈楽清は「父の死も今の境遇も沈家のせい

すべてを取り戻す」と沈家への恨みを口にする。

陸遠は沈楽清に劇毒漬けにした腕輪を渡す。

沈夫人が庭で見つけ、驪歌の手に戻ってしまう。

彭城王府。

王子衿と王勉は孫太妃に招待され彭城王府へ。

王子衿は酒飲み娘を演じてなんとか破談にしようとする。

その夜、驪歌と霍雲は陸家に侵入。

陸遠の話を盗み聞きした。

「玄鉄剣が完成したらすべての職人と見張りを処分しろ」

感想:闇落ち沈楽清

あーあ、復讐に走っちゃった。

でも養父母の対応が良くないよね、驪歌との差をあれだけ感じさせれば恨みもしますわ。

善意を向けられても欲しい物じゃなければ意味がないし。

お顔が大変可愛いので応援してます(´◠ω◠`)

ここまで見た感じでいうと、孫太妃が確実にやばいおばさん。

息子の竟陵王を王位につかせたいはずだから彭城王が邪魔。

そのためには親族の陸家を平気で利用しそう。

王妃は物分りの良い王族に嫁ぐにふさわしい女性だけど、あとからシワ寄せが来るんじゃないかと不安。

沈夫人は精神弱すぎて驪歌がまたいなくなったりしたらぽっくり…

悪い想像しかできないんだけど先行き不安だね!?

第9話ネタバレ「一網打尽の策」

陸遠(りくえん)が禁断の兵器、玄鉄剣を密造する鋳造所は栖霞山にあると見抜いた彭城(ほうじょう)王と驪歌(りか)は、証拠を押さえ職人たちを助け出す作戦を立てる。そして、彭城王の要請で沈植も兵を出すことに。だが、当日、何者かに毒を盛られた謝韞之(しゃうんし)が苦しみ出し彭城王は宮中に足止めされる。一方、驪歌に協力する竟陵王は独断で丹陽兵を動かすが…。

船。

驪歌は彭城王に会い、霍雲たちのこと、職人たちの口封じについて教える。

話を聞いた彭城王は玄鉄剣の秘密を驪歌に話した。

水は毒を含んでいるため長く触れると命を奪われるという。

そこで驪歌は水源を探せば鋳造所が見つかると考えた。

沈家。

彭城王から計画を聞いた沈植は、沈家の護衛兵を派遣して協力することに。

その日、王子衿が沈植に会いに来た。

王子衿は「あなたにしか嫁がない、お父上と縁談を申し込みに来て」と気持ちを伝える。

沈植は任務を終えてから縁談を申し込むことにした。

竟陵王府。

その頃、竟陵王も陸遠を追い詰めようと丹陽兵を動かしていた。

季恕は勅命なく兵を動かすのは危険と忠告。

しかし、彭城王の真意を知らない竟陵王は独断で動いてしまう。

沈楽清は陸遠に「沈植が護衛を動員している」と密告。

丹陽兵のことも知らせを受けた。

陸遠側に彭城王の動きが筒抜けだ。

彭城王府。

陸遠は孫太妃にもとへ。

「竟陵王は独断で兵を動かした謀反の罪ですよ」と知らせる。

陸遠は平気密造も全ては竟陵王のため、彭城王を引き止めてくれればなんとかすると話した。

栖霞山。

沈植は私兵を引き連れ彭城王の合図を待っている。

驪歌は霍雲たちを引き連れ竟陵王と合流した。

汚水を見つけ鋳造所にたどり着く。

彭城王府。

知らせを受けて栖霞山に向かおうとしていた彭城王だが、謝韞之が毒にあたったと知らせを受けた。

太妃が毒を盛ったようだ。

目を覚ました謝韞之は「夕餉の汁物が原因です、行ってください」と気を使う。

しかし再び血を吐いてしまった。

彭城王はその場を離れられなくなる。

陸家。

その頃、沈楽清は沈廷章が驪歌の部屋に入るよう仕向ける。

そこには「娘は栖霞山に、陸遠」と書かれた文が置かれていた。

沈廷章は罠とも知らず栖霞山へ向かう。

鋳造所。

虐げられた職人たちが暴れ始める。

陸遠は証拠を消すことを優先し、職人たちを始末し始めた。

驪歌たちは彭城王の到着を待たず、中へ入ってしまう。

戦闘が始まり驪歌は陸遠に襲いかかった。

鋳造所の外に丹陽兵が到着。

そこへ孫太妃の勅命が届いた。

「兵を動かせば謀反、竟陵王を思うなら丹陽兵を駐屯地へ戻せ」

季恕は竟陵王のため兵を駐屯地へ戻す。

陸遠を追い詰める驪歌。

その体に腕輪の毒が回る。

炉の鉄が流れ出して爆発が起こった。

竟陵王は驪歌をかばって意識を失う。

爆発に気づいた沈植は彭城王の合図を待たず鋳造所へ。

感想:ほう!れん!そう!

とは簡単に言いますが、携帯ないもんね、難しいよねこんな時代に。

皇宮にあれだけ早く情報が届くことが不思議なくらいよ。

それにしても謝韞之の物分りの良いこと…これは彭城王への愛情からなの?それでも見返りがないと恨みそうなものなのにその気配さえ感じさせない…すき…

それに比べて沈楽清ちゃんの毒々しさに草が生い茂るわ。

でもね、どっちが好きかって言われると沈楽清が好きなんだよな。

やってることはめちゃくちゃ嫌いだけど、何が何でも復讐して全部手に入れてやるっていう胆力が好きなんですわ。このくらいで生きていきたいよね。

次回、10話11話12話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。