【両世歓・全36話】22・23・24話のネタバレとあらすじと感想|君を守りたい

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第22話 ネタバレ「冷たい拒絶」

将軍の陸賜安(りくしあん)が殺害され、それを阻止できなかった左言希(さげんき)は雍(よう)帝の怒りを買って罰を受ける。また、都に帰って捕吏・原沁河(げんしんか)から原清離(げんせいり)の身分に戻った風眠晩(ふうみんばん)は県尉・景知晩(けいちばん)ではなく皇子・端侯だと知った景辞(けいじ)に会いに行く。だが、思いがけず彼から冷たく拒絶され驚き悲しむ。しかも、景辞を追って昭州の公主・王則笙(おうそくしょう)が雍に来て…。

陸将軍の屋敷。

深夜、飛廉衛として屋敷の警備をしていた左言希は姜探を見つける。

説得するが、姜探は父親を人質に取られており組織を抜けることができない。

そこへ陸将軍を暗殺した馮亭が現れた。

姜探は左言希の足止めに利用されたようだ。

姜探と馮亭は逃げ、左言希は犯人に間違われ誤認逮捕される。

雍皇宮。

しくじった左言希に雍帝は激怒。

杖刑の上、蟄居を命じた。

賀王府。

杖刑を受けた左言希は背中が血まみれになっている。

その傷を見た慕北湮は「なぜ罰を受けるんだ」と憤った。

そこへ、知らせを受けて景辞が駆けつける。

景辞は慣れた手付きで治療し「侍女に薬を塗ってやったので慣れたんだ」と微笑んだ。

その様子を複雑そうに見ている慕北湮…

景辞は、刺客の男が落とした令牌について聞く。

慕北湮は「鄴王の令牌と同じ紅桐製だ」と気づいた。

原府。

景辞は風眠晩を訪ねる。

沁河を去る時、手紙で二人の過去を明かしたのに訪ねてこないのは妙だと考えている。

門を叩くが、風眠晩は貴公子を門前払いしており取り次いでもらえない。

使用人は「外出している」と言って景辞たちを追い払った。

帰路についた景辞は、密偵の尾行に気付く。

阿黄と共に追い詰めると、密偵は口封じのため馮亭に殺された。

街中に密偵がいて景辞が狙われているようだ。

景辞は風眠晩を危険に巻き込まないため、ある決断をする。

端侯府。

景辞が戻ると、門前で風眠晩が待っていた。

せっかくの再会、しかし風眠晩を巻き込むわけに行かない。

景辞は風眠晩の差し出した古い方の巾着を受け取らず、冷たくあしらった。

「また遠ざけるの…?」

引き止める風眠晩の手を振り払い「何の関係もない無理強いしないでくれ」と巾着を踏みつけ屋敷に入る。

風眠晩は巾着を拾い上げて涙を流した。

景辞は密かに護衛を付け、風眠晩を守る。

染め物店。

鄴王は染め物店を新しい住処にした。

左言希の弱点が姜探だったと知り、悪い笑みを浮かべた。

原府。

風眠晩はなぜ突き放されたのか分からず泣いている。

そこへ小鹿がやってきて、同じように涙を流し悲しみに寄り添った。

「すべてが幻想だったの、他人を見るような目で見ていたわ…(´;ω;`)」

端侯府。

その頃、景辞は「黒幕の正体がわかるまで会わない」と決意していた。

風眠晩を守り安心させるためにも早く刺客を捕まえたい。

そのために罠を仕掛けおびき出すことにする。

その夜、姜探は左言希を川辺に呼び出した。

再度、左言希は組織を抜けるように言う。

しかし姜探は父の命が大事で動けない。

左言希は「罪もなく殺された人たちはどうなんだ、自分勝手すぎる」と問い詰め立ち去った。

原府。

原夫人に呼ばれた風眠晩は、皇宮で花の宴が開かれるので参加するよう言われる。

昭州から来る王則笙をもてなすらしい。

風眠晩を送り出した原夫人は、以前のように悪知恵に長けていない娘を心配していた。

廿七は景妃と原夫人の不和は周知の事実であり、風眠晩が景辞と関わることを危惧している。

原夫人は「端侯は添い遂げると誓ったのに、赤の他人だと突き放した

端侯の父も私を裏切り虐げた、それでも信じて笑いものになった」と娘の現状と過去のことを重ね合わせる。

原夫人は娘を不幸にしないため、密かに慕北湮との婚姻を進めることにした。

雍皇宮。

王則笙が到着し、知夏と合流する。

知夏はすぐに「元家の令嬢が風眠晩」と教えた。

その頃、風眠晩は長楽公主に王則笙のことを聞いている。

「王則笙は婚姻のために来た、どの皇子と婚姻するか」

花の宴。

雍帝や皇子たちも並ぶ豪華な宴が始まった。

長楽公主は記憶がない風眠晩のために毫王や慶王のことを教えてくれる。

そこへ王則笙が現れた。

長楽公主は「絶世の美女かと思ったらこの程度^^」と笑う。

王則笙は毫王の誘いを断った。

原府。

その頃、原夫人は慕北湮を招き話をしていた。

慕北湮は「愛する男に嫁いで欲しい」と素直な気持ちを話す。

すると原夫人は「不誠実でやがて女を捨てるなら?」と尋ねた。

「危機から救い出します」

「そうよね、私ね破談には反対なの」

感想:メンヘラなの…?

めんどくせ…好きだよって言ったり突き放したり…なに…?

守りたいのはわかるけど、もうちょっと手はずを整えてからにしてほしいよな。

知らなくてこんな冷たい態度取られたら、仲が戻ったってトラウマになっちゃうよ。

いやー!もう慕北湮でいいよ!慕北湮のほうが丈夫だし若いころしっかり遊んでるから結婚したら落ち着くし、親父が死んだ自責の念でしっかり賀王の仕事するだろうし!なあ!

さて、王則笙がちょっとブスだなと思っていたのを長楽公主が代弁してくれてすっきりしました。

だよな?この程度?って顔だよな?

中国ドラマ見てると美男美女ばっかりなのかなって錯覚するけど、そんなことねえんだこれが。


第23話 ネタバレ「辛い試練」

雍と昭州の政略結婚で景辞(けいじ)に嫁ごうと考える王則笙(おうそくしょう)はあの手この手で景辞に近づき、それを見せつけられた風眠晩(ふうみんばん)は賀王府で酔いつぶれ、慕北湮(ぼほくえん)に介抱される。そして、慕北湮の書斎で目覚めた風眠晩は、部屋にあった原清離(げんせいり)の書画を見て自分の字とは違うことに気づく。一方、景辞は敵の残した令牌から鄴(ぎょう)王に疑いの目を向けて…。

花の宴。

王則笙は景辞のもとへ。

体を心配し「来なければ一生会えなかった」と積極的に話しかける。

王則笙は茶で杯を交わし、かんざしを落として髪に挿すよう頼み、景辞にアピールしまくった。

その様子を見ていられなくなった風眠晩は「気分が悪いので退席を」と申し出る。

長楽公主も「化粧臭くてむせそうだわ〜!」と一緒に退席した。

長楽公主は風眠晩を気遣う。

そこへ景辞が追いかけてきた。

さらに慕北湮まで現れる。

慕北湮は「原府に行くと夫人が君の薄着を心配していたので上着を持ってきた」と上着をはおらせた。

王則笙の侍女がやってきて「公主が頭痛を起こした」と話す。

景辞は王則笙のもとに行くしかない。

原府。

慕北湮は風眠晩を屋敷に送り届けた。

意気消沈する風眠晩を見ていられず「どんな奴がいても何があっても、俺がいる」と励ます。

王則笙の部屋。

景辞が向かうと、雍帝の妃である喬貴嬪が王則笙の具合を見ていた。

喬貴嬪が立ち去り、景辞も帰ろうとするが知夏と王則笙に引き止められる。

皇宮になれるまで側に、と押し切られ景辞は王則笙の側を離れられなくなった。

賀王府。

賀王の棺が出棺される日。

雍帝は息子たちを引き連れ弔問に訪れる。

左言希と景辞は示し合わせ別室に向かった。

それに気づいた風眠晩は2人のもとへ行こうとするが、知夏に止められる。

知夏は王則笙と景辞の婚姻の話が順調に進んでいて、勅命が出れば口を出せないと勝ち誇った。

さらに王則笙も現れ「兄上は夜も付き添ってくれるのよ」とドヤ顔。

風眠晩は「私は自分の意志に従います、端侯は私のもの!」と言い返して立ち去る。

一方、景辞は左言希の診察を受ける。

脈が乱れあまり良くないようだ。

景辞は禁軍について教えて欲しいと頼む。

龍虎軍と龍驤軍、頭領はそれぞれ韓勍と黄世兼。

2人は犬猿の仲で衝突しているため、雍帝は2つの禁軍を残しているらしい。

左言希は景辞の気持ちを見抜き「会いたいなら慕北湮のところだぞ、最近親しいからな」と教えた。

賀王府。

その夜、小鹿と執事 廿七は「お嬢様が帰っていない」と慕北湮を訪ねた。

屋敷を探すと、風眠晩はしこたま酒を飲んで庭で酔いつぶれていた。

風眠晩は賀王府に泊まり、慕北湮が介抱する。

風眠晩は「2人が一緒になったらと思うと、胸が痛い…息もできないの…」と泣きじゃくった。

そんな彼女を見て慕北湮は「俺だって君を譲り渡すなんて胸が張り裂けそうだ」と気持ちを伝える。

風眠晩は「信じろって、だから信じるの、信頼を踏みにじったらさよならするの…」と話して眠ってしまう。

翌朝、目を覚ました風眠晩は慕北湮の書斎にあった絵に目を留めた。

慕北湮と小鹿は、原清離の作品だという。

風眠晩はそこに書かれている字が自分のものでないことに気づいた。

原清離は書画が趣味だったと言うが、原夫人が片付けさせたため見たことがない。

風眠晩は自らの出自に疑問を抱いた。

原府。

原夫人は廿七から紀国の知らせを聞いている。

自作自演で屋敷を出ていった原清離は、李源に寵愛され幸せに暮らしているらしい。

原夫人は娘の幸せを喜んだ。

しかし、風眠晩には今までつらい思いをさせている。

娘を幸せにするため慕北湮との縁談を進めることにした。

端侯府。

刺客の令牌と鄴王の令牌の彫師は一ヶ月前に急死していた。

令牌を落とした後に口封じをされたのだ。

そこへ知夏がやってきて、王則笙が鄴王の居所に言ったという。

万春宮。

王則笙を迎えに来た景辞は、そこで秘色青磁を目にした。

感想:姑再来

うぜー!いい年なんだからもうちょっと上品に煽ればいいのに、わかりやすい小娘みたいなイキリかましてくるから見ててイライラするだけなんだよな。

風眠晩の対応はガツッと言い返していて百点満点でした。それもこれも旦那が役に立たないから…

原夫人の発言が気になってるんだけど、若い頃雍帝と愛し合って信じてたのに裏切られて原皓大将軍に嫁いだってことだよね?やっぱり雍帝もクズなの?

でもそうなると寵愛された景妃が逃げた理由がわかんない。里帰りって言ってたけど、明らかに逃亡だよな。


第24話 ネタバレ「暗殺計画」

雍(よう)帝をはじめ皇族たちが万安山で狩猟を行い、原(げん)家の令嬢として風眠晩(ふうみんばん)も招待される。だが、その宴席に景辞(けいじ)だけが姿を現さず、風眠晩は彼を待ち続ける。一方その頃、景辞は慶(けい)王の名で別の場所に呼び出されていた。そこに変装して現れた姜探(きょうたん)は毒入りのお茶を彼に差し出し、彼の息が止まったことを確認すると鄴(ぎょう)王の元に急ぐが…。

賀王府。

風眠晩は慕北湮とともに誘拐事件の真相を調べ歩いていた。

しかしこれと言った情報は得られない。

そこへ廿七がやってきて万安山で行われる狩猟に夫人と参加するよう言われる。

染物店。

鄴王は度々邪魔をする景辞を疎ましく思っていた。

そこで、皇宮を離れる狩猟を利用して始末することに。

賀王府。

景辞は令牌を持って左言希のもとへ。

鄴王が黒幕であることを話し「狩りに同行して欲しい」と頼む。

万安山。

狩猟が始まった。

趙岩がうさぎを狙っていると長楽公主がやってくる。

2人は最近いい感じらしい。

そこへ景辞が現れ「長楽公主に話がある」と連れて行く。

その頃、風眠晩はキジを仕留めていた。

そこへ鄴王の声が聞こえてくる。

鄴王は妊娠しているうさぎに葉っぱを食べさせていた。

大勢の兵士を率いた毫王が現れ、そのうさぎを殺してしまう。

哀れに思った風眠晩は鄴王に声をかけ一緒に戻った。

天幕。

趙岩は遅れて戻ってきた長楽公主が、景辞と何を話したのか気になってしょうがない。

「お話とは…?」

「あなたには関係ないわ!」

「未婚の男女が私的に会っては…」

「やだ!嫉妬してるの!?」

そこへ鄴王と風眠晩も戻ってくる。

景辞も戻るが、天幕に入る前に太監に「慶王が話をしたいと呼んでいる」と連れて行かれた。

太監の正体は姜探。

景辞のお茶に毒薬をいれて飲ませる。

景辞はお茶を飲んだふりをして、気功で脈を止めた。

仕事を終えた姜探の後を、付小涵が尾行する。

天幕。

鄴王は酔いつぶれたふりをして退席。

風眠晩も原夫人とともに退席した。

原夫人は景辞を思う娘の気持ちを理解した上で「皇族の争いを避けるのは賢い選択、権力闘争に巻き込まれてはだめよ」と忠告する。

天幕。

毫王は「碧玉梅花鹿」を雍帝に贈ってご機嫌取り。

しかし雍帝は水利工事の件を持ち出し毫王を叱責した。

毫王は「部下に任せていたので知らない、陥れられた」と釈明する。

雍帝は不正があったにもか関わらず防ぐことができなかったため、県令 李斐を斬首しろと命じた((´・ω・`)は??)

そこへ慶王が出てきて「何弘や毫王に李斐は口を出せない」とかばった。

雍帝はその意見に耳を傾け、李斐の斬首を取り消す。

毫王は禁足、諫言した慶王は俸禄を減らされた。

山中。

その頃、姜探は鄴王と合流し任務の成功を報告。

しかしそこに、殺したはずの景辞が現れた。

左言希と付小涵と阿黄も一緒だ。

令牌の材質や木目が一致したこと、秘色青磁を愛用するのが鄴王だけであることから景辞は鄴王を黒幕だと見抜いた。

そこで、狩場で暗殺を行うよう罠を張ったのだ。

鄴王は「母が妓女だったため軽んじられ、あらゆるものに蔑まれた」と苦しみを語った。

景辞は「ここで手を引けば陛下には言わない」と申し出る。

「証拠もなしに何を言うんだ?」

「姜探の殺人には証拠があるぞ」

両者は戦闘に。

姜探は阿黄を攻撃するが、その剣は左言希の左胸に刺さった。

血を流す左言希を見て唖然とする姜探。

馮亭が現れ、鄴王と姜探を連れて逃げる。

景辞と付小涵は、左言希を治療するため急いで都に戻る。

雍皇宮。

皇宮で宮女と太監の遺体が見つかった。

雍帝は捕吏をしていた風眠晩と愛娘 長楽公主の2人に事件を捜査させる。

死んだのは新人宮女の瑟瑟と宦官の古株 小印子。

2人とも鄴王府のものだ。

小印子は瑟瑟を背負って溺死したような形で固まっていた。

風眠晩は「瑟瑟は小印子に背負われている間に死後硬直

水に落ちたときにはもがいても振りほどけなくなっていた」と推理する。

感想:鄴王

鄴王が小者すぎて追い詰めた感がないですわ。

しかもあそこまで罠張ったのに、助っ人に呼んだのが付小涵と左言希と阿黄だけって、そりゃ逃げられるわよ。

もうちょっとちゃんと仕事して!

左言希さんが愛する姜探に刺されてしまったけど、まあ死にはしないでしょ。

それよりも追い詰められた鄴王の宮で殺人事件が起こるほうが気になる。

真の黒幕は誰なの?

次回、25・26・27話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。