【両世歓・全36話】25・26・27話のネタバレとあらすじと感想|信じられない

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第25話 ネタバレ「一刀両断」

宮中で宮女と宦官の遺体が発見され、雍(よう)帝の命令で風眠晩(ふうみんばん)と長楽(ちょうらく)公主が事件捜査に当たることに。一方、景辞(けいじ)は雍帝に風眠晩を娶りたいと直談判するが、全てを知る雍帝は風眠晩だけは許さないと激怒する。そんな中、王則笙(おうそくしょう)が風眠晩に湖に突き落とされたと訴え大騒ぎに。だが、景辞は雍帝の手前、風眠晩を庇うことができず…。

雍王宮。

風眠晩と長楽公主は鄴王に話を聞くため万春宮へ向かう。

その道中、風眠晩は趙岩との仲を尋ねた。

そこへタイミングよく趙岩がやってくる。

趙岩は長楽公主を心配してやってきたようだ。

風眠晩はすぐに気づいて「湖で調べ忘れたことがあるから2人で調べに行って」と気を利かせる。

万春宮。

鄴王から従者について話を聞く。

瑟瑟が汁物をこぼしたので外で跪かせた、すると気を失って倒れ、今にも死にそうだったので小印子に命じて捨てに行かせた。

鄴王はその道中に一緒に足を滑らせ落ちたのではないかと話す。

趙岩と長楽公主は瑟瑟の部屋を捜索して、植木鉢の下から謎の鍵を見つけた。

攬月湖。

風眠晩は2人が落ちたと思われる場所に残っていた足跡に目をつける。

小印子は捨てようとしたのではなく、瑟瑟を連れて逃げようとした。

しかし、落下地点で何かを見て後ずさり湖に落ちたようだ。

長楽公主と趙岩も合流し、3人は遺体を調べることに。

賀王府。

その頃、姜探に刺された左言希は一命をとりとめていた。

景辞は姜探が妹弟子だと気づいて話を聞く。

左言希は姜探の過ちを認め「改心させたい」と話した。

そこへ長楽公主と慕北湮がやってくる。

長楽公主は「なぜ風眠晩に会わないのか」と景辞を問い詰めた。

ぐだぐだと言い訳をする景辞を見て、長楽公主は「慕北湮との婚姻の勅命を出してもらうわ〜^^」と煽る。

そして「私が同じ目に合わされたらさっさと殺して魚の餌にしてるわよ」と罵った。

景辞は長楽公主に感謝し立ち去る。

原府。

東屋でぼんやりしている風眠晩。

そこへ小鹿がやってきて、長楽公主が湖で待っていると知らせた。

雍王宮。

景辞は雍帝を尋ね「慕北湮と原清離を破談にして、私に嫁がせて欲しい」と願い出る。

雍帝は愛する息子の足の腱を切った風眠晩を許さないと話す。

知夏が雍帝に吹き込んだらしい。

雍帝は風眠晩を毒婦と呼び、決して婚姻を認めなかった。

それどころか、風眠晩をかばい続ける景辞に激怒し「逆らうならあの女を躯にする」と脅す。

攬月湖。

風眠晩は1人で長楽公主を待っている。

長楽公主は趙岩と会っているため約束に遅れていた。

そこへ通りかかった王則笙と知夏が風眠晩を見つける。

王則笙は「もうすぐ義理兄様と婚姻するの〜間もなく勅命が下るわ〜」と自慢を始めた。

風眠晩は「嫁ぐ前から嫁気取りなど恥晒し、言いふらしてやろうか」と言い返す。

王則笙は立ち去ろうとした風眠晩を追いかけ、自ら欄干を乗り越えて湖に飛び込んだ。

それを見ていた知夏は「原清離が突き落とした!」と叫ぶ。

雍 建章宮。

原夫人が雍帝に会いに来た。

そこへ「原清離様が郡主を突き落とした」と知らせが入る。

攬月湖。

知らせを受けて雍帝、原夫人、長楽公主、趙岩、景辞が集まった。

王則笙は知夏に寄り添われながら「殺されそうになった」と主張。

風眠晩は「自ら飛び込んで陥れた、こうして悪者にするためよ」と事実を話す。

景辞が口を出してきたため風眠晩は「私を信じる?それとも知夏と性悪の王則笙を信じる?」と問う。

景辞は「やめろ」と風眠晩に言った。

雍帝は「むち打ち50回、3年間禁足」にと一方的に処分を決める。

景辞は擁護すればさらに苦しめると考え「事実を前にしてどう信じろというのだ」と風眠晩にいった。

景辞に目配せされた長楽公主は「私は信じる、阿原を信じる!」と声を上げる。

長楽公主と風眠晩は、目撃したという知夏が言うとおりに再現。

長楽公主に突き飛ばされた風眠晩が欄干にぶつかると、虫食いで空洞になっていた欄干が壊れて落下する。

その場に残っていた足跡も、王則笙が自ら落ちたことを示していた。

さらに、一部始終を見てた老女 勤が「郡主が自ら飛び込んだ」と証明した。

風眠晩は事件の直後に、欄干が壊れていると気づいていた。

申し出なかった理由を「誰が私を信じ、疑うか見たかったのです」と話す。

そして景辞に向き直ると「もう信じない、信じようがない、信じるほど愚かじゃないわ」と決別した。

景辞の胸元から巾着を取ると、それを宙に投げ剣で粉々に切り刻む。

原夫人は娘を苦しめる景辞を睨みつけた。

感想:それが正解

試したのは正解だよ。

一回や二回なら許せても…いや一回でも許せねえわ!もういい!別れよ!慕北湮と結婚して慶王の後ろ盾になって国を牛耳って生きていこ!

そもそも景辞は一体どうしたいの?

風眠晩が足を切った犯人じゃないと思ってるなら、昭州も雍も捨てて紀にでも行って暮せばいいじゃん。

それがだめなら、さっさと問題解決するなり黒幕見つけるなりすればいいのに、鄴王はなんで野放しなのよ。

もー!ヒロインを苦しめるやつだけは毎回許せませんな。


第26話 ネタバレ「残酷な真実」

姜探(きょうたん)にこっそり会った左言希(さげんき)は父親を救出すると約束し、もう誰も殺めないでほしいと頼む。一方、風眠晩(ふうみんばん)は自分が知夏(ちか)にさらわれた原清離(げんせいり)の双子の姉で、入れ替わりは原清離と景辞の計画だったことを原夫人から知らされる。その事実に衝撃を受け倒れた風眠晩を見た原夫人は景辞(けいじ)への復讐を誓い、慕北湮(ぼほくえん)は彼女を娶ると約束して…。

長楽公主の部屋。

長楽公主は傷ついた風眠晩を部屋につれてくる。

「辛かったら私の胸で泣けばいいわ!」

励まされ風眠晩は笑顔になる。

長楽公主は狩りのとき、景辞に呼び出され話したことを教えた。

景辞は「王則笙は義理の父の娘なので世話をしないわけに行かない、阿原には勘違いしないようにと伝えてほしい」と話したという。

それを聞いても、風眠晩の思いは変わらなかった。

端侯府。

景辞が血を吐いて意識を失った。

阿黄はすぐに左言希を呼びに行く。

その頃、左言希のもとに姜探が現れた。

姜探は「ごめんなさい」と涙の謝罪をする。

左言希は姜探の父の監禁場所を探しだし救い出すと話す。

「もう誰も殺めないと約束して欲しい」

そこへ阿黄が飛び込んできた。

端侯府。

左言希は「気持ちの乱れ」により体に影響が出ていると診断。

意識のない景辞は風眠晩の名前を呼んでいる。

原府。

風眠晩は過去の夢をみてうなされている。

そこへ慕北湮が見舞いにやってきた。

慕北湮を案内してきた原夫人は娘に駆け寄り落ち着かせる。

風眠晩は「嫌よ、飲みたくない…」と記憶を忘れる薬を飲まされたときのことを夢に見ていた。

数時間後、風眠晩は落ち着き起き上がれるようになった。

そして母に真相を訪ねる。

「私は原清離ではないのですね、知夏に風眠晩と呼ばれた時、無意識に反応しました、だから私は風眠晩なのでは…」

話を聞いていた慕北湮は、趙岩がすぐに気づき自分も遅れて別人だと気がついた話をする。

原夫人はとうとう娘たちの秘密を明かした。

「あなたは私の長女、原清離の双子の姉」

原夫人は生まれてすぐにさらわれた風眠晩を、ずっと探していたという。

誘拐事件のあと、戻ってきた娘と話して、すぐにもう1人の娘だと気がついた。

原清離と景辞が計画した替え玉作戦のことも全て話した。

「昭王は風眠晩を紀の国王のいとこ 李源に嫁がせようとした

それは原清離の想い人だった

紀と雍の関係が悪化し、原夫人は李源を雍から遠ざけた

清離は母を恨み”私と李源を苦しめたものには報復する”と思いつめた

その時、慕北湮がそばで支え縁談が決まった

替え玉作戦では誘拐劇を演じて、賊が清離を連れて行った

そこへ雍帝が差し向けた賊が現れ、原府の使用人を殺した

景辞は雍帝と景妃の息子

雍帝は景辞の計画のことを知り、景辞を雍に呼び寄せるため計画に介入した」

風眠晩は自分をさらった犯人が知夏で、助けたのが景辞だと聞き混乱してしまう。

風眠晩の部屋。

具合が悪くなった風眠晩は医者の診察を受けた。

いらだちと憂鬱で血と気が滞っているため安静にと言われる。

慕北湮と原夫人は婚姻の話を進めることにした。

山中。

付小涵は亡き父母の墓に拝礼している。

付小涵の父は匡国軍副司だったが、鄴王を弾劾しその恨みで殺されたのだ。

鄴王の口からその事実を聞いた付小涵は復讐を誓う。

端侯府。

景辞のもとに付小涵が現れた。

付小涵は「敵討ちをする、もうお仕えできません」と別れを告げる。

景辞は止めるが決意は固く、付小涵は去っていく。

原府。

あまりにも思いつめた様子の景辞を放っておけず、阿黄は原府へ。

そこへお菓子を買いに行っていた小鹿が戻ってきた。

小鹿は怒って取り合わない。

「若様も苦しいんだ、そうだ!文を残して身分を明かしただろう」

「文??あるなら出して!会いに行ったのに、お嬢様を追い返したじゃない」

言い争いになり、小鹿は阿黄を突き飛ばしてしまった。

阿黄はおでこをぶつけて血が出る。

小鹿は急いで傷薬を取りに行くと、それだけ渡して屋敷に入った。

端侯府。

原夫人は景辞を弱らせるため、太監を買収して慕北湮と風眠晩の噂話を流すよう仕向ける。

それを聞いた景辞はショックを受けた。

そこへ阿黄が戻り「文が届いていませんでした」と報告。

景辞が倒れたため、阿黄は知夏に手紙を預けたのだ。

知夏に渡れば、風眠晩に届くはずもない。

さらに、知夏が風眠晩の面会を断ったことも話す。

「変わらぬ愛を誓った後、黙って去った

その後会うことを避け何度も追い払った

私は卑劣で恥知らずな男だな…」

感想:???

えーと、ちょっと勘違いしてました。

景辞は手紙で過去のことをすべて明かしたから絆は切れないと思ってたんだな。

だから冷たくしたし、遠ざけたと。

いやでもそれわかったところで、風眠晩をかばわなかったのは事実じゃないですか…?

風眠晩の生い立ちがどうあれ、知夏にさらわれ昭州で育った過去がどうであっても、その信頼は2人のものでは…?それを景辞が先に裏切ったんでしょ???

は〜(´・ω・`)???ナニイッテンノ〜(´・ω・`)???

ていうか阿黄ももうちょっと警戒しろよ。

「風眠晩は死んでくれた!?」とか聞いてくる気の狂ったおばさんが、ちゃんと手紙渡してくれるわけないじゃん。

それから皆さん当たり前のように「阿原」って呼ぶけど、「阿辞」と混ざって見ずらいので風眠晩で行きます。


第27話 ネタバレ「婚姻の勅命」

沁河を離れるときに書いた文を風眠晩(ふうみんばん)が受け取っていなかったと知った景辞(けいじ)は、彼女に誤解されていると気づいてショックを受ける。しかも、雍(よう)帝を訪ねていくと原(げん)夫人と慕北湮(ぼほくえん)が現れ、目の前で風眠晩と慕北湮の婚姻の勅命が下される。一方その頃、捜査に奔走する風眠晩は宮女と宦官が口封じで殺されたことを突き止めていた…。

端侯府。

風眠晩に誤解されていたと知った景辞はショックを受け血を吐く。

そこへ雍帝の使いの薛才が来た。

景辞は病を隠して対応する。

原府。

風眠晩は回復し起き上がれるようになった。

すると屋敷に攬月湖の老女 勤さんがいる。

勤さんは原夫人のはからいで、原府にて余生を過ごすことになったと話した。

しかし風眠晩は原夫人と勤さんが前から母顔を合わせていたはずだと見破る。

勤さんは亡くなった太監 小印子のおば、2人の死について何か話があるらしい。

雍 建章宮。

景辞は体調不良を隠して雍帝と碁を打つ。

そこへ原夫人と賀王 慕北湮がやってきた。

慕北湮は「父の遺言通り1日も早く賀王として大業をなすため、原清離を娶りたい」と話す。

原夫人と慕北湮は示し合わせて婚姻の許可を取るつもりだ。

雍帝は許可する。

原府。

その頃、風眠晩は勤さんの話を聞いている。

勤さんは先帝の宮女だった。

おい 小印子が参内するが、先帝の宮女と関係があると鄴王が知れば重用しなくなるため密かに会っていた。

小印子は恋仲にあった瑟瑟を紹介したという。

勤さんは臆病だと言われている鄴王が、小印子の話では違ったと話した。

賀王府。

景辞はまた吐血し、左言希の治療を受けた。

原夫人が自分を恨み、慕北湮との婚姻を急いでいることにも気づいている。

見かねた左言希は、風眠晩に真実を話したほうがいいと言う。

しかし景辞は「原夫人の計略に守られ、慕北湮も風眠晩を大事にする

私は長くは寄り添えない、それならば私を恨んだほうがいい」と話す。

左言希は「私がいる限り死なせない」と寄り添った。

原府。

話を聞きつけた長楽公主が風眠晩のもとにやってきた。

「婚姻の勅旨を出すと聞いたわ」

風眠晩は知らせを聞いて驚く。

しかし、風眠晩には自分のことよりも先に話しておきたいことがあった。

小印子と瑟瑟の事件のことだ。

遺体を調べた時、瑟瑟は窒息死、小印子は溺死だと判明した。

事件のあった夜、小印子は瑟瑟を背負っておばである勤に会うため湖へ向かった。

勤さんは甥に気づき窓の外を見た。

そこには龍虎軍の近衛兵がいて、小印子に向かって鉄鞭を振り下ろした。

鉄鞭を使うのは禁軍。

事件の時、近くにいたのは龍虎軍の頭領 韓勍だけ。

さらに勤さんは鄴王が後宮の宮女と密かに通じていると証言した。

小印子はその秘密を知ったために殺されたのではないか。

話を聞いていた長楽公主は瑟瑟の部屋で見つけた用途不明の鍵のことを話す。

鍵を見つけたあと、鄴王の宮女 屏児が現れて「鄴王の話は嘘です、瑟瑟は身分が低く鄴王の汁物に触れられない、小印子とは仲がよく捨てるなんてありえない」と証言したという。

長楽公主は鄴王が通じている後宮の宮女は、雍帝が寵愛している喬貴嬪ではないかと話した。
喬貴嬪の父は大理寺卿 喬立。

その登用には鄴王が尽力した。

娘が寵愛されたおかげで、喬立は出世したという。

原府。

あくる日、原府に賀王府から結納品が届いた。

小鹿は風眠晩を励まそうと明るく振る舞う。

そこへ慕北湮がやってきた。

風眠晩は「あなたには嫁げない、賀王の大業の邪魔をしたくない

鬼面の下の優しさは知っている、私を慰めるために一生を棒にふることはないわ」と中止を申し入れた。

しかし慕北湮は「俺のどこが鬼面なんだ?」とおちゃらける。

風眠晩はその様子を見て笑ってしまった。

慕北湮は「婚儀を左言希に伝えたい」と風眠晩を連れて賀王府へ向かった。

賀王府。

風眠晩は義理の兄になる左言希に挨拶をする。

しかし左言希は、景辞の苦しみに寄り添い風眠晩に冷たい態度を取った。

風眠晩は「人との信頼はたやすく壊せ、直せない」と話す。

その話を景辞が隠れて聞いている。

慕北湮は用事のために風眠晩のそばを離れた。

風眠晩は左言希の作っていた薬の匂いを嗅いで、頭が痛くなる。

室内に入ると、そこで景辞がお茶を入れていた。

「茶で蘭の花を描けるか」

そのセリフを聞いた風眠晩は過去のことを思い出した。

そこへ慕北湮が戻ってくる。

馬車。

帰り道、風眠晩は「左言希の薬を嗅いだら気分が悪くなった」と話す。

慕北湮は”婚姻に反対する左言希が、薬を用意して記憶を消そうとしているのでは”と考えた。

賀王府。

慕北湮が戻ると、左言希が配下の者と話している。

どうやら姜探の父の居場所が判明したため、救出するようだ。

盗み聞きしていた慕北湮は、左言希が欺いているのではないかと疑う。

原府。

毎日お菓子を持ってきていた慕北湮が、お菓子だけ贈って本人は原府に訪れなくなった。

気になった風眠晩はは小悪に命じて、慕北湮を探させる。

街。

慕北湮は左言希が姜探と会っている屋敷を見つけ出していた。

そこへ風眠晩もやってくる。

感想:蚊帳の外

風眠晩と慕北湮が蚊帳の外なので見てると混乱してくる。

鄴王の悪行を知れば、風眠晩も慕北湮もじっとしていないだろうから仕方がないけどさ。

さて、父のためとは言え殺しを重ねてきた姜探は生き残れるのかな?

そもそも捕らわれてる父親ってのが全く出てこないのも気になるんだけど…?だってあと9話しか無いのに…

あと9話しか無いのにって普通に言ってる…中国ドラマの意味分かんない話数に慣れちゃってらあ(´・ω・`)

次回、28・29・30話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。