【両世歓・全36話】28・29・30話のネタバレとあらすじと感想|小鹿

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第28話 ネタバレ「過去との決別」

左言希(さげんき)を不審に思って後をつけた慕北湮(ぼほくえん)は風眠晩(ふうみんばん)と合流し、彼と会っていた姜探(きょうたん)を追って敵の隠れ家に辿り着く。そして、敵の一団に追いかけられたところを慶(けい)王と景辞(けいじ)に助けられる。その後、風眠晩は長楽(ちょうらく)公主に呼ばれて出かけるが、待ち受けていたのは王則笙(おうそくしょう)だった。王則笙は風眠晩の暗殺に失敗すると記憶が戻る薬を取り出し…。

町外れの屋敷。

左言希は姜探に父親が見つかったと報告する。

先に父親を雍から逃がし、姜探も合流させる作戦だ。

2人は一生かけて添い遂げ、生死を共にし永遠に離れないと天に近いを立てていた。

左言希は2人を逃した後、雍国で得たものは全て捨てて姜探と生きると誓う。

風眠晩と慕北湮はその屋敷を見張っていた。

そこへ左言希が出てきて、姜探が見送る。

風眠晩たちは姜探を追い、染物店にたどり着いた。

染物店。

風眠晩は小悪を使って馮亭をおびき出し、その間に染物店に侵入した。

室内には鄴王と喬立と姜探。

鄴王は「景辞は病で長くない捨て置け」と話している。

さらに、有力な将軍である魏州 楊世厚を始末する話をしていた。

姜探は左言希に言われたとおり「今は動くべきではない」と主張。

しかし鄴王に「慎重になるのは意中のもののためでは?」と疑われてしまった。

そこへ馮亭たちが戻り、風眠晩たちが見つかってしまう。

その頃、景辞は付小涵に呼び出され待ち合わせ場所に向かっていた。

すると小悪が空を飛び回っている。

景辞は阿黄に慶王を呼びに行かせ、風眠晩を助けに向かった。

逃げ出した風眠晩と慕北湮は、馮亭たちに囲まれる。

そこへ景辞と慶王が駆けつけ刺客を追い払った。

慕北湮は「沁河の事件に関わるものが染物店にいる」と知らせ、兵士はすぐに向かう。

景辞は風眠晩と慕北湮の様子を見て立ち去ろうとする。

呼び止めた風眠晩は「婚儀に是非お越しを」と煽った。

景辞が返事をせず立ち去ろうとすると、風眠晩は石を投げる。

それでも景辞は何も言わず行ってしまう。

路地裏。

染物店から逃げ出した鄴王は「慕北湮と阿原を生かしておけない、殺せ」と命じた。

山中。

景辞は付小涵との待ち合わせ場所へ。

そこに現れたのは鄴王の側室になった付小涵だった。

付小涵は妓楼に売られそうな娘を演じて鄴王に取り入ったのだ。

なんとしても仇を討つと覚悟は堅い。

原府。

自宅に戻った風眠晩は、染物店で聞いたことをすべて慕北湮に話す。

小指を切り取られた事件には鄴王が関与している。

小玉と傅蔓卿を殺した姜探は鄴王の配下だ。

憤怒する慕北湮を原夫人がなだめる。

「今は耐えなさい、窮地に陥れば一気に追い詰めることができる」

賀王府。

左言希は師匠の書物から、景辞の病を治す処方箋を作っている。

そこへ慕北湮が来て姜探との関係を問い詰めた。

慕北湮は悪事を知りながら女をかばっていた兄に激怒する。

賀王府 門前。

屋敷から出てきた左言希を知夏が呼び止める。

左言希は頼まれていた「風眠晩の記憶が戻る薬」を渡した。

過去を思い出させて婚姻を辞めさせるというのだ。

王則笙の部屋。

湖事件の一件から王則笙は景辞に避けられていた。

嘆く王則笙に喬貴嬪は「邪魔なのは誰かわかるわよね」と毒薬を渡す。

夜の街。

鄴王は姜探に新たな殺しを命じた。

姜探は戸惑い「人殺しから足を洗いたい」と話す。

すると鄴王は「任務をまっとうすれば父親を解放し思い通りにする」と約束した。

姜探は最後の任務と覚悟を決める。

原府。

風眠晩に長楽公主から文が届いた。

嫁ぐ前に舟遊びをしようというのだ。

明日は婚儀、すでに花嫁衣装が準備されていた。

風眠晩は出かけることにする。

王則笙の部屋。

知夏は記憶が戻る薬を王則笙に渡す。

「風眠晩に飲ませ、足の腱を切ったことを思い出させ、悪事を思い出させるのです」

王則笙は薬を受け取り、知夏に内緒で密かに出かける。

水辺。

舟遊びにやってきた風眠晩は、侍女を見てすぐに中にいるのが王則笙だと気づいた。

王則笙は長楽公主の筆跡を真似て偽の文を出したのだ。

風眠晩は中へ入り、王則笙と対峙。

湯のみのフチに毒が塗られていると指摘した。

それは喬貴嬪が王則笙に渡した毒だ。

王則笙は「お前さえ死ねば兄上は私のもの、毫王に嫁がされることもない」と口にする。

毫王に嫁がされることが決まり、思い余っての犯行だった。

風眠晩が立ち去ろうとすると、王則笙は記憶の戻る薬を渡す。

「私の人生は私が決める、誰にも邪魔させない」

風眠晩は薬を湖に投げ捨てた。

王則笙は風眠晩を追いかけ「兄上の足の腱を斬り、狼の山に放置した、私を責められないわよ!」と過去を明かした。

風眠晩は脚に包帯を巻いた景辞の姿を思い出し、血を吐く。

その血は着物の袖に付着した。

山中。

左言希は姜探の父を救い出し、雍国から逃がす。

端侯府。

景辞のもとへ知夏がやってきて「王則笙が戻らない」と慌てて話した。

知夏は記憶が戻る薬のことも話す。

感想:憎む男の側室に

王則笙が鄴王の側室になったんだけど…(´・ω・`)ナゼ

しかも鄴王さん付小涵に夢中なんだって…キモ…

鄴王が姜探をベタベタ触るのは、単に気に入ってるだけだと思ったけど、よく考えたらそんなわけないよね。

左言希だって気づいてるだろうけど、まあ闇だな。

さーて、なんか王則笙が殺されたんじゃないかと思わせるような終わり方でした。殺したのは姜探…のような匂わせをしてたから違う人?

これで風眠晩が疑われて、また大変なことになるのかな。


第29話 ネタバレ「仕組まれた誤解」

風眠晩(ふうみんばん)と慕北湮(ぼほくえん)の婚礼の日。王則笙(おうそくしょう)と護衛たちの遺体が早朝に発見され、最後に彼女と会っていた風眠晩が殺人容疑で逮捕される。事件を担当する大理寺卿・喬立(きょうりつ)は鄴(ぎょう)王と共謀し風眠晩に不利な証拠をいくつも用意していたのだ。そんな中、景辞(けいじ)は原(げん)夫人から母親の景(けい)妃を殺した真犯人は彼女ではなく慶(けい)王の母・張(ちょう)賢妃だと聞かされ…。

水辺。

早朝、農作業に向かう農夫は船の中で死んでいる王則笙を見つけた。

王命を受けて長楽公主と趙岩が捜査へ向かう。

侍女と護衛は細い鋭利な剣で殺されていた。

王則笙は絞殺。

首にできたアザから、手が小さい小柄な人物の犯行がと推測される。

そして犯人が残していったと思われる耳飾りが落ちていた。

郡主殺しに大理寺の喬立も駆けつける。

そこへ景辞と阿黄、そして知夏もやってきた。

知夏は王則笙の遺体を見て泣き崩れる。

武術に長けた女、細く薄い剣、現場を見た景辞は風眠晩を犯人に仕立て上げる策略だと気づいた。

景辞の話を聞いた長楽公主は

「阿原が鄴王と喬立が密会しているところを見たと話していた」と教える。

さらに、王則笙の袖から絹の手巾が見つかる。

知夏は「郡主のものではない」と話した。

端侯府。

左言希のもとに阿黄が来て事件のことを教えた。

左言希は「用があるので行けない」と処方した薬を託す。

原府。

婚儀の日。

真っ赤な花嫁衣装を纏い、風眠晩は婚儀の準備をしている。

しかし原夫人の姿がない。

原夫人は朝早く宮中へ呼び出され、廿七も一緒についていったというのだ。

風眠晩は異変を感じ、剣を手にする。

そこへ、喬立が踏み込んできた。

事件のことで大理寺へ連行するという。

風眠晩と小鹿は、王則笙の死を知って驚く。

大理寺。

喬立は知夏の「薬を渡すため阿原に会った」という証言を持ち出して風眠晩を犯人にする気だ。

風眠晩ははっきりと否定。

長楽公主は王則笙が偽造した証拠の文を見せた。

喬立は「記憶が戻る薬を飲み、不仲だったことを思い出して郡主を殺したのでは」と言い出す。

賀王府。

その頃、景辞は左言希と話をしている。

風眠晩が狙われたのは風眠晩が鄴王と喬立のことを知ったから。

慕北湮と左言希も危ない。

景辞は風眠晩が勅命によって捕らえられ、拷問を受けないか危惧している。

そこで「飲むと脈が弱まり、死の兆しが現れる薬はないか」と聞いた。

大理寺。

傷口と風眠晩の剣が一致、手巾も風眠晩のもの、喬立は証拠を揃え犯人に仕立て上げる。

さらに、事件があった日、近くで釣りをしていた男が証人として現れた。

男は風眠晩と小鹿が去ったあと、誰も現れなかったと話す。

立ち去る時、風眠晩の腕の袖口には血がついていたと。

喬立はしっかり押収した証拠の衣を持ち出した。

黙って聞いていた風眠晩は「恨みのあった相手の差し出した薬を飲むわけがない

薬は湖に捨てた

正々堂々としている今の自分が好きだ」と話す。

風眠晩と小鹿は容疑が晴れるまで牢に入れられることになった。

大理寺。

賀王と原夫人、さらに景辞が大理寺に駆けつける。

原夫人は景辞に話があると東屋へ。

そこで景妃の死の真相を話し始めた。

雍王に嫁ぐと思っていたが、雍王は私に婚姻を賜り原皓に嫁がせた。

雍王は私の友だった張薈を娶った。

しかし景家の侍女を愛し、張薈を説得して正室の座を捨てさせた。

そして景妃が雍王妃となった。

張薈は正室ではなくなっても才色兼備で寵愛を争わなかった。

私は腹いせに雍王妃が懐妊した時、わざと雍王に近づいて2人をもめさせた。

気性の激しい景妃は怒って、身重の体で昭州へ。

その道中、張薈の差し向けた刺客に襲われた。

愚かな知夏は刺客が落とした令牌だけを証拠に、原夫人が犯人だと信じ込んだ。

景辞は「信じられない」と困惑している。

湖で風眠晩を弁護した老女 勤さんが当時のことを知っていた。

勤さんの兄は張薈の従者で、その兄は景妃が殺された時、名手を連れて都を離れていた。

帰ってきたときには深手を負っていた。

その後、後宮を張薈が仕切るようになり、慶王を産んで張賢妃になった。

「信じないのなら、雍帝が探した証人が何を言うか聞けばいい

あなたの父は何度も阿原を犠牲にする、あなたは何度も阿原を絶望の道へ追い込む

娘に万一のことがあればあなたも葬る」

原夫人はすべてを話して立ち去る。

景辞と風眠晩の間には最初から何のしがらみもなかったのだ。

水辺。

趙岩と長楽公主は供述を説明するため薬を探す。

見つかった薬瓶には薬が入ったままだった。

風眠晩が薬を飲んでいないと知った景辞は、

「記憶を失っている方がいいのかも知れない、両親に愛されて育つべきだった」と悔やんだ。

牢。

小鹿は無視やネズミの出る牢に怯えきっている。

風眠晩は小鹿に寄り添い「なにか聞かれてもありのまま答えるの」と話した。

「何をしてでもお嬢様を守ります」

原清離は尋問へ連れて行かれる。

感想:不穏

やだ〜なんか血なまぐさいことが起こりそうな予感…最後の次回予告数カットで風眠晩が血を流して倒れてたし…

はい!とりあえず置いといて、今回やっとやっと過去の話が明かされました。

景辞の母景妃を殺したのは、正室の座を降ろされた 張薈という人。この人は慶王の母でもあるらしい。

慶王めっちゃいいやつだったけど、上辺だけの可能性もあるのか。

親世代の争いに巻き込まれてしまった風眠晩は完全に人生の18年間を無駄にしてしまった。

可哀想過ぎる、これは国を相手取って訴訟を起こせますな。


第30話 ネタバレ「痛ましい死」

喬立(きょうりつ)に拷問を受けた風眠晩(ふうみんばん)は密かに景辞(けいじ)が手を回して届けてくれた薬によって重病を装い、牢に戻されたことで一命を取り留める。だが、壮絶な拷問に耐えられなかった侍女・小鹿(しょうろく)は深手を負い風眠晩の腕の中で息を引きとる。その一部始終を見た左言希(さげんき)は姜探(きょうたん)に会いに行くが、罪なき人々まで犠牲にした彼女を許すことができず…。

大理寺。

喬立は夜更けに風眠晩を牢から出して尋問を始めた。

風眠晩は「真実をすべて話した、私が王則笙と合うことを知っていたものが一番怪しい」と答える。

風眠晩を始末したい喬立は拷問を命じた。

その頃、小鹿も尋問のために牢から出される。

役人は字の読めない小鹿に罪状書を見せ「署名すれば帰してやる」と話した。

騙されかけるが「罪」という文字に気づいて、書状にばってんを書く。

役人は激怒し拷問が始まった…

指を締め上げられる拷問を受けた風眠晩は血を吐いて意識を失った。

水をかけられても意識が戻らない。

脈が弱く重病の様子だ。

拷問で死んだとなれば喬立は大変なことになる。

喬立は「牢に戻して医者に見せろ」と命じた。

牢。

風眠晩は原夫人が密かに渡した薬のおかげで、病を装い逃れることができた。

意識が戻った風眠晩は、牢に敷かれているわらの下に何かあると気付く。

わらをどけると、そこには血まみれになった小鹿がいた。

そこへ、左言希が役人の手引で現れる。

左言希は血まみれになった小鹿を見て救いようがないことを察した。

「お嬢様が見えません、灯りが消えたの…?

お嬢様の側なら暗がりも怖くありません

泣かないで、どこも痛くないんです

さっき打たれたときはとても痛くて死ぬかと思いました

もしかしてもう死んだのかしら…?

死んだから痛くないの…?」

風眠晩は小鹿を抱きしめて「そばにいるわ、大丈夫」と話す。

「牢から出たら小悪も連れて一緒に沁河へ行きましょうね」

風眠晩の脳裏に、沁河で小鹿と過ごした幸せな思い出が浮かんだ。

そして、小鹿は風眠晩の腕の中で息を引き取った。

小鹿は原清離として目覚めてからずっとそばにいた…

左言希は景辞に頼まれて脈が弱まる薬を作ったと話す。

川辺。

景辞たちは証言をした釣り人の男に話を聞きに来た。

男はいつも西溪で釣りをしているが、あの日は絶好の釣り場があると教えられたらしい。

景辞は現場に落ちていた耳飾りと、瑟瑟の部屋から見つかった鍵を長楽公主から受け取る。

賀王府。

景辞は左言希のもとへ。

風眠晩は無事だが、小鹿が拷問を受けて死んだと知らせる。

そして薬の瓶と耳飾りを見せた。

薬の瓶は左言希が知夏に渡したもの。

飲んでいないと知って驚く。

もう一つの耳飾りは姜探のものだった。

竹林。

左言希は姜探を呼び出す。

「お前が殺したのか?」

姜探は「鄴王の支配から逃れて平穏に暮らしたいだけよ…」と言い逃れをした。

「多くのものから平穏な暮らしばかりか命まで奪ったんだ!」

郡主が毫王に嫁げば鄴王は帝位から遠ざかる。

そのため、鄴王は姜探に命じて郡主を殺したのだ。

姜探は殺したことを認めた。

「お前が償うべきは殺した相手や巻き込まれた者だ」

「悪意はなかったの…」

「風眠晩を嫌っていたのは命を軽んじていたから、しかし愛した女こそが殺人鬼だった」

左言希は姜探を見逃し雍国から逃がす。

姜探は「一緒に来てほしい」とすがるが、左言希は腕を振り払って拒絶した。

功徳殿。

昭王のもとに娘 王則笙の訃報が届く。

昭王は「かたきを討つ」と復讐を誓った。

端侯府。

王則笙の弔いをする知夏は「あの女を血祭りに」と口にする。

景辞は「阿原は犯人ではない」とかばった。

そこへ雍帝が来訪。

王則笙の遺体をここに置くべきではないと話す。

感想:罪は償え

おいおい、逃がすんか〜い^^

あんなに人の命は大切だ、無辜の民を殺めるなと説得していたのに最後には見逃すってどがんなっとんじゃ!なあノブ!

即刻斬首だろうけど、突き出すべきだと思いますよ。

それこそ逃したら無辜の民は報われないんじゃないですかね?

姜探突き出して鄴王告発して喬親子も排除してきれいきれい…とは行かないからこの流れなの?

さて、触れないようにしてましたが小鹿が死んでしまいました。

風眠晩が原清離として目覚めてからずっと一緒にいて、ずっと尊重してくれて、ずっと側を離れないでいてくれました。

ここで彼女を殺す必要…と脚本に言いたい。

次回、31・32・33話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。