【東宮・最終回】55話あらすじとネタバレ感想|きつねの夢

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

【東宮〜永遠の記憶に眠る愛〜】全55話について

あらすじとネタバレ感想を書いていきます!いよいよ最終回でございます…

DVD情報


「東宮〜永遠の記憶に眠る愛〜」あらすじ・ネタバレ・感想

第55話 最終話

ネタバレ

東宮。李承鄞はうなされながら寝言を言う。

「小楓…私が来たぞ、顧小五が来たのだ」心配した時恩が声をかけると、李承鄞は飛び起きた。

「殿下!7日間お眠りだったのです!」

李承鄞はすぐに小楓のことを尋ねた。

だがそこへ裴照がやってきて「軍からの急報です、高顕が西州王と結託し謀反を」と告げる。

西州。西州王をそそのかした高顕は言葉巧みに操る。

「王様、我らの兵力で中元と戦うのは心もとない、丹蚩の力を借りれば称賛が上がります、ただ趙敬禹が首を縦に振るかどうか

目指すのは勝利です、趙敬禹のことは私にお任せください」

さらに高顕は小楓のことを持ち出した。

「王様、そちらの手にも切り札がありますよ、九公主が帰国されたとか。豊朝皇帝は重病、今や李承鄞が皇帝、だがやつは公主のために趙瑟瑟を錯乱させました。おそらく公主を想う気持ちは本物、いっそ公主を利用し李承鄞をねじ伏せては?」

西州王はこの提案には首を縦に振らない。

「父が小楓を和親に送ったのとどう違うのだ、西州の男はたとえ死んでも女を盾にはせぬ、豊朝と戦うのは西州が侵略に屈するような国ではないと世に知らしめるため、妹を巻き込んでまで戦う気はない諦めてくれ」

西州軍営。戦の話を聞いた小楓は兄のもとへ。

「兄上、豊朝と戦を?中原に戦意はないのに挑発するの?」

「私は挑発していない、西州の威厳を取り戻したいだけ、それが私の夢であり、西州の男が進む道なのだ。お前はなぜ逃げ帰った、虐げられたからだろう?」

「そんな事望んでいない、戻るべきだと思った、戦の口実になるなら…」

「予感がするのだこれは天命だと」

西州王は小楓の話を聞き入れなかった。

丹蚩。高顕はさっそく趙敬禹のもとへ。

趙敬禹は「言わずとも分かっている。西州を煽り豊朝と戦わせる、しかし西州の兵力で勝ち目はなかろう。なぜ私がそなたと危険を犯す必要が?」

「西州と丹蚩はこの高顕の支配下、もし豊朝に負ければ私は逆徒の汚名を背負う、私と手を組み和議に持ち込めば独立を要求できる。そうすれば大草原は我らのもの。ご息女は李承鄞に追い詰められ正気を失ったのだ、それでもやつに忠義を尽くすのか?」

「わかった、丹蚩から3万の精鋭部隊を出そう」

高顕が去ると、腹心が口を開いた。

「本当に高顕と謀反を?後戻りできなくなりますよ」

「愚かな逆臣の誘いに乗ると思うか?今の状況は中原も理解している、私が高顕と組めば謀反の鎮圧は難しい。朝廷は好条件を出し私を手懐けようとする。丹蚩が参戦せねば中原の勝ちだ。すでに高于明は失脚した、そこで功を立てて中原に戻ったなら朝廷では無敵となる。

皇太子妃が逃げ帰ったそうだ、つまり李承鄞が即位すれば我が娘は皇后になる、病だろうが錯乱しようが皇后に変わりはない」

趙敬禹は野心に燃える。

西州。小楓とアドゥは街から逃げ出す人々を見て怪訝な顔をする。「戦が始まるので逃げるのだ、息子が心配」と老婆は話した。

西州王と王妃の墓。

「父上、母上、小楓が戻ったわ、でも2人はいない裴照が言ってた、私が帰れば李承鄞との不仲が西州と中原の不和を招くと。分かっていたけど帰ってきてしまった…私は間違えたのかしら…」

アドゥは「王様が戦を決めたのは公主が戻る前、西州の威厳を取り戻すため男たちは立ち上がったのです」と慰める。

「殺し合いが正しいことなの、苦痛を都においてきたはずが勘違いだった、苦痛が消えるどころか無辜の民を苦しめている

私は身勝手だったわ西州を丹蚩のように血の海にしたくない」

「公主は悪くない」

「私が兄上の背中を押したのよ、これは天罰なのかも、人は死ぬ以外に苦痛から逃れるすべはない、でも西州へ戻ればやり直せると思ってた。自分を騙してたのよ」

「違います、国境の城壁に立った時覚悟を決めたのでは?あの時、何を考えてました?」

「李承鄞への想いを絶ちたかった」

「飛び降りた瞬間に断ったのです、もう記憶や愛のために苦しんではいけません私達は西州のために生きるべきです」

「そうね、私情に捕らわれすぎて自分の勤めを忘れてた。兄上が戦を選んだのは西州の存続のため、わたしは西州の安寧のために生きる」

「私も後悔しません」

2人は覚悟を決める。

豊朝。薬で身動きの取れない豊朝皇帝は玉座に座らされている。その前に立った李承鄞は「丹蚩王府に勅旨を”趙敬禹を護国大将軍に封ず、反乱平定に助力せよ”」と命じ自ら親征する。

西州軍営。天幕で眠っている小楓。そこへ黒ずくめのアドゥがやってきた。アドゥは涙を流し「公主、言ってまいります」と告げて部屋を出る。

高顕は明日の開戦に備え休息を取る。寝台に横たわったその時、下から剣が突き出し高顕の左胸を貫いた。寝台の下に潜んでいたアドゥは必死でその剣を支え続ける。だが最後の抵抗を見せた高顕は寝台の下に剣を突き刺し、アドゥも息絶えてしまった。

夜中に目が冷めた小楓はアドゥを呼ぶ。だが返事がない。不安に駆られた小楓は天幕を飛び出し兄のもとへ。そこへ「高殿が刺殺されました、刺客も死にました」と急報が届く。

小楓が駆けつけると、そこには横たえられた二人の遺体があった。泣きながらアドゥを抱き起こし、頬を寄せる小楓……

翌朝、大草原で西州と豊朝の軍が対峙している。李承鄞と西州王は剣を抜き兵士を鼓舞、戦が始まる。

そこへ白装束を着て馬に乗った小楓が現れた。両者の間に止まると高顕の首を投げ捨て

「高顕は死んだ!中原最大の逆臣は当然の報いを受けたのよ、中原の兵たちよ、皆高顕に従っただけで戦うのは不本意なはず!中原人同士なのに命を犠牲にして同胞と戦うつもり?」と叫んだ。

「一体何のつもりだ!」西州王が小楓の方へ向かおうとすると、彼女は剣を抜き「動いたらアドゥの後を追う」と言う。

「兄上 戦をやめて、まだわからない?これは高顕の罠すべて陰謀なのよ、あんな男のために民の命を犠牲にするの?」

小楓の言葉に戦意を失う西州の兵士たち…

「丹蚩が滅びた時、民は塗炭の苦しみをなめ今や子孫も途絶えた、西州も同じ道を?王と生まれしもの、情に走るべからず、民の未来のため、妥協の苦しみに耐え、自らを犠牲にしてでも民を幸せに導く、それこそが西州王のあるべき姿よ」

兄を説得した小楓は李承鄞の方に向き直った。

「顧小五、こう呼ばれたら思い出してくれる?この私が深く愛したのは、たった1人李承鄞あなたよ。あなたは私を騙し、裏切って親族を殺めた。なのにあなたを殺せない。何度も自分に言い聞かせた、あなたを恨み憎むべきだと、でも今だに出来ない」

李承鄞は顔を歪め涙を流す

「すべて過ぎたことよ、今私の心にあるのは西州の民のみ、もし私を理解し償う気があるなら、どうか戦をやめて」

小楓は馬から降りる。

「西州の九公主として豊朝に嫁いだのは両国の末永い和平のためよ。もし戦を止めなければ私は父上や明遠様、そして太皇太后や西州の民をも裏切ることに、それでも今日、開戦するならどちらの側についても私は逆徒になる。この命で兄上と皇太子の目を覚まさせ西州の安寧を取り戻せるなら悔いはないわ」

小楓は首に剣を当て李承鄞に呼びかけた。

「顧小五、願いを3つ叶える約束覚えてる?あと2つ残ってる必ず叶えて。まず1つ、生きてるうちは中原軍に西州の土を踏ませない」

「わかった!約束するから剣を置け、君が死んだら私も後を追う!」

「最後の一つよ、約束して、生き抜くと…」

小楓は首に当てた剣を力強く引いた。首から鮮血が吹き出し宙を舞う。小楓はそのまま西州の土に倒れた。

駆け寄る李承鄞と西州王。李承鄞は小楓を抱え呼びかける。

「許してくれ小楓、死ぬな、頼む、私を置いていくな、お願いだ」

小楓はそっと李承鄞の頬に触れた。

「結局あのきつねは会えなかったの…羊飼いのお嬢さんと……」

小楓はそれだけ言うと目を閉じた。

李承鄞は西州王に突き飛ばされ、小楓の遺体から離される。西州王は小楓を抱えると去っていった。

〜数十年後〜

東宮。

東宮にいた李承鄞のもとへ裴照がやってきた。二人とも歳を取り、容貌は老いている。

「太上皇に拝謁します」

「よくここが分かったな」

「禅譲式が終わってからお姿が見えないので宮中は大騒ぎでした」

「新しい皇帝が即位した、この豊かで平和な国を三兄上の長男に託したのだ。豊朝で初めて血を流すことなく譲位が出来た」

「長きに渡ってお気持ちが晴れぬまま朝政に心血を注いでこられた。急に肩の荷が下りるとお体が…」

「案ずるな大事なことが残っている、西州へ探しに行く」

「まさか…小楓が亡くなって随分たちます、もう諦めては?」

「裴照よ、お前は真面目すぎる、小楓の芝居を真に受けるとは

わからぬか?小楓は私を懲らしめているのだ。間違いなく今も元気に生きている、どこかに隠れて私が苦しむのを眺めている」

「皇太子妃は亡くなったのです、西州の墓にも草が生えたもう戻られません」

「違う、死んではおらぬ、あやつはこの世で一番賢い女だぞ、我らは騙されたのだ、情けないなこの記憶を一生背負うのだ」

「お願いです、全て忘れてください」

「忘れる?忘川の水を飲めばすべて忘れるという、だが忘川は何処にある?」

忘川を求めてさまよい歩く男、どこかで紅い装束の公主と出会えることを信じて…


感想:どうしてくれよう

帰ってきて爆睡ぶっこいて変な時間に目が覚めて、実は二周目の東宮最終回見てボロボロに泣いたとこです、オッス!やってらんねえな!!

さあなんか色々説明してほしい部分があったんですが、誰も説明してくれないので自分で考えます。

まず、そもそもの元凶は高顕(&高于明)なので小楓が責任を感じる必要はなしい、彼女のせいで戦が起こったわけではないのはちゃんと説明しといてもらいたい。そこをアドゥが解説しててよかったと思う、小楓は自分を責める気持ちと李承鄞への憎しみと愛情とでぐちゃぐちゃになってたようなので。

それにしてもお兄ちゃんがあっさり西州王にたぶらかされまして、こちらとしてはいい加減にしてほしい限りです。あれがなければ、もうちょっと最後にマシな展開になっていたかもしれないのに。あと、小楓のパパがいつ死んだか全く記憶にない、なんか小楓が人質として高顕に連行されるときには廃人のようになってて、初期の頃は生存してたような…?描写自体がなかったのかも。

さらに趙敬禹おじさんよ。ひさっびさに出てきたと思ったらあっさり娘を見捨てるゲスさを見せてくれました。なんでこの話はここまで女性が道具のように扱われるんだろうね。裏のテーマか?中国の民主化か?ただ1人、自由を求めて旅に出るミロが希望なのかもしれない。

最終的に趙瑟瑟がどうなったかは出てきませんでした。李承鄞は第3皇子・栄王・李承玟の子供に王位を譲ったので、子供はいないはず。ということは趙瑟瑟は一応形だけ王妃として即位したんだろうか?それにしても悲しい運命である。彼女は錯乱したと言われていたけど、最後の登場シーンを見る限りそんなひどい感じでもなかった。でも李承鄞を待ち続けるだけの日々が彼女にとっては幸せなのかも。恋に恋してるみたいな。

えーそれからアドゥは見事に敵を討ちました。李承鄞を討ってほしかったけど、そこはちょっと色々事情があるので黒幕の高顕を暗殺。ただ彼女が返り討ちになる必要あったかなって…なつかしいね丹蚩のメンバー…

小楓ちゃんが今際の際にクズおじさんに話していた狐の話。あれは小楓が度々口ずさんでいた子守唄の歌詞です。きつねというのが李承鄞のことで、きつねは羊飼いのお嬢さんを待ち続けているんだけど最終的に会うことは出来なかった、と小楓はそれを伝えて死んでしまった。うっ。

それにしても自害のシーン美しかったわ。倒れ込んだ時に、反動で足が浮き上がるのだけちょっと美的にいただけなかったけど。

数十年後、小楓を失い王位を譲った李承鄞はボケでも始まったのか「小楓は生きてるから!探しに行くんだ!」といい出したと。現実逃避なんだろうけど、聞いてる裴照の身にもなってほしいな?

そして第1話の冒頭に出てきた「忘川を探し続ける男」の話に繋がります。彼は忘れることの出来ない苦しみを抱えたまま、最後まで忘川を見つけることは出来ないんじゃないだろうか。それが小楓を苦しめたことへの贖罪。小楓と約束したとおり、生きなければならない、生きている限り苦しみは続く。

なんだかやりきれないお話でした。

東宮ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

2 COMMENTS

森海心

こんにちわ。わたしは今、LaLaTVで#46まで見ました。
丹蚩を顧小五が征伐するであろうと思われる頃から、この物語のふたりがどうやっても悲劇でしか終わらないと思いました。
そう思うと、丹蚩での結婚式でさえ涙が溢れました。一話一話涙無しでは見られなくなって、ついにここに来て最終和を読んでしまいました。号泣です。
もう、どうしようかと思うほどに。
この感想のタイトルとおなじ気持ちです。
悲しみが胸も頭もおおって、報われません。すごく、辛いです。

でも、李承鄞はクズじゃないと思いたいです。確かに顧剣みたいに高貴な魂ではないかもしれないけれど、父よりも兄を慕い尊敬していたから、奸臣に頼らない正義がまっとうされる国にしたかったんだと。

わたしも、#31「灌仏会での騒ぎ」を見るまでは、小楓の可愛らしさ、誠実さ、活発で何も考え無しに見えて、いつも他利を考えるところ、大好きになってて、権威に欲を出した李承鄞が嫌で嫌でしょうがなかったんですが、見る目が変わって#1から見直しました。そしたら李承鄞の気持ちや考えに追随できる気がしました。「兄が国や人民を思う気持ち」を理解した上で、復讐と言うよりもやはりクーデターを図ったんだと。皇帝には#1から反抗心と猜疑心を持ってましたから。
天命なんです。ふたりに課せられた天命。
小楓のいじらしさが痛いです。
でも、時代ですよね。中国だけでなく、歴史の様々な分岐点で、自分を殺して大義につかえた人たちがいるんですよね。

李承鄞のどうしようもない嫉妬心。
1年の間手を出さなかったのに、止めることが出来なかった気持ち。
もしかしたら、趙瑟瑟にも手を出さなかったかもしれない。
それなのに、、、やっちゃいけないけど、気持ちはわかります。
趙瑟瑟の恋心に打算が見えてきて嫌になったことも。
あの無邪気だった、お兄さんの李承しょくが生きてた頃の、以前の李承鄞に戻れなくて、自分が汚れていくような感じ。
必死に何かに耐えてるんだと。
「事情」があるんだと。
思わずにいられないんです。

顧剣に誘拐される前にふたりで花火を見上げるシーンで、小楓が故郷を恋しいと話すと、李承鄞が「今は?」小楓が「楽しい♪」って言うシーン。
#46を見て、この時が、楽しかった最後になるのかと思うと、、、何度もこのシーンだけで泣けました。
辛いです。

でも、今日、番外編を見ました!
日本語を見つけられなくて、ワケわかんないけど、とても癒されました。
きっと、わたしみたいな溺れ組用に撮ったんですね。
ありがたかったです。
ありがとうございました。

こんなに、人のブログに書いてしまってすみませんも。結構、心が軽くなりました。
カウンセラーって、こういうのなんですね。
ありがとうございました。
李承鄞はクズおじさんから、ちょっと昇進してください。

最後は忘川でなく、小楓を小楓との思い出を探しに出た一途な少年ななったと。
後、10話、観ます。

ホントにありがとうございました。

返信する
ミルコ

はじめまして森海心さん、コメントありがとうございます!

森海心さんの「東宮」への想い、何度も繰り返し読ませていただきました。たしかに私は李承鄞のことを「クズおじさん」と呼んで、その呼称の意味に頼ってここまで深く考えられていなかったなと反省しております!
小楓のことが可愛いから、小楓のことが大好きだから彼女の笑顔が守られる最後であってほしかったとどうしても思ってしまって…
森海心さんのおっしゃるとおり、李承鄞も国や立場、大切だった兄のことを考えての苦渋の決断だった。皇帝も信用ならず、皇后も実の母を殺した悪人で、彼が幼少の頃からどれだけ自分の本心を殺して生きてきたのかと考えると辛くなってしまいます。まだご覧になっていないと思いますが、捕らえられた高于明に李承鄞が会いに来る場面は心に来るものがありました。

ただやっぱりどうしても許せないのが、趙瑟瑟を利用していたこと…それを李承鄞は認めてしまうんですよね…
本来は優しい性格であったはずの彼の心のどこかに、妹のような関係でもいいから趙瑟瑟を思う心があってくれたらと思っています。

そして森海心さんの仰るように「天命」なんですね2人は…なんと残酷な…とも思います。
もし天命ではなかったら、李承鄞は小楓のことを手放せたかもしれない。顧剣のようにただ傍で見守るだけ、彼女の幸せを願うだけで心の充足を得られたかもしれない。
最後の「小楓との思い出を探しに出た一途な少年」という解釈には、ハッとさせられました。私は李承鄞の「贖罪」と書いたのですが、それは罰ではなく幸せなひとときだと…中国ドラマの奥が深くてますますやめられません!
こちらこそありがとうございます!中国ドラマ好きの友人もおらず一人で見ているとどうしても偏ってしまうので、ぜひまたコメントしてください!もっとお話したいです。

番外編残念ですよね…中国語はわからないのでコメント欄の英語コメントで大体の内容を推察しています!翻訳って便利です^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。