【運命の桃花・全60話】19・20・21話のあらすじとネタバレと感想|抑えられない魔気

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第19話


霊汐(れいせき)を助けるため仙力を使い体が弱った九宸(きゅうしん)の治療のため、青瑶(せいよう)は望月泉で魚を釣る。すると雲風(うんほう)が現れ、かつての過ちを心から謝罪する。一方、霊汐は九宸のために月餅を作る。そして、中秋節に人間界ではキスをして幸せを祈るのだと伝えると、九宸は優しく額にキスをしてくれる。だが、その後、欽原(きんげん)にさらわれた霊汐は…。

ネタバレ「中秋節のキス」

扶雲殿。青瑶は九宸を診察し「命に別条はない」と判断した。そして霊汐を助けてくれたことに感謝する。

桃林。青瑶は楽伯に霊汐の無事を報告に戻った。このままでは危険だ。そこで「どこか誰も知らない遠くに逃しては?」と提案する。

一方、霊汐から目を離し罰を受けて縛られたままの承晏。青瑶によってやっと解放され、霊汐に文句を言いに出かける。

扶雲殿。まさか二人が思い合っているとは考えもしない承晏は再度「釣り合わない!」と警告。しかし霊汐は色ボケ中だ。

司命殿。十三と雲風は司命の不在中に二人でしこたま酒を飲んでいる。そこへ司命が戻ってきて十三は扶雲殿から追い出された不満を口にした。さらに花煙はあらゆる部署から声がかかっているが十三は…「だから頼れるのは司命だけなの!」押し切られる司命。

望月泉。青瑶は霊汐に良くしてくれる九宸の病のため、望月泉の魚を釣る。そこへ雲風が現れ、バランスを崩し泉に落ちそうになった青瑶を助ける。そして「人間界の夫のことを心からわびたい」と頭を下げた。青瑶は何も言わず立ち去る。

薬王洞。東海水君が騎獣をこてんぱんにされ雲風を訴えた、と天宮中の噂に。雲風はあらゆる妖獣を退治して回っているらしい。

南天門。雲風がハチの妖獣に刺されて返ってきた。そこへ青瑶が現れ「十分です」と一言 言って去っていく。

薬王洞。司命星君は十三に稽古をつけられ腕が傷だらけになっている。青瑶はわざと蜂の毒を治療に使い「間違えたわ^^ごめんね」と虫刺されに効く妙薬を渡した。それは青瑶の思惑通り、雲風の手に渡る。

中秋節、観雲殿で月をみる九宸と霊汐。霊汐が丸一日かけて作った石のような月餅を九宸は美味しいという。九宸は月餅に仙術をかけて切り分けた(柔らかくした??)

霊汐は「桃林では家族の誰もが互いの額に口づけして縁起のいい言葉を贈り合うのです」と民間の風習について話をする。すると九宸は霊汐の額にキスをして「平安あれ、幸あれ」と言った。

南天門。欽原が天宮へ侵入。南極仙翁の令符を持っているため入り放題だ。

同じ頃、九宸は「処遇が決まるため凌霄殿へ行ってくる、終わったら従極淵へ」と霊汐に話し扶雲殿を出た。

凌霄殿。普化仙君は「崑崙の衛兵を殺めたのは黒蚩、呑天獣のため仲昊と策謀した、その為 無関係の霊汐は天宮を出ても良い」と裁きを下す。

扶雲殿。欽原は扶雲殿に忍び込むと霊汐を気絶させ誘拐。入れ違いで戻ってきた九宸は傷を負った五碗を助け霊汐を探し回る。そこへ十三が帰ってきた。

南天門。九宸と十三は門番によそ者の来訪を尋ねる。欽原の名を聞いた九宸はすぐに幽都山へ向かった。

扶雲殿。玉梨は誰もいない扶雲殿へ。汁物を持ってきたが人がいないため、侍女部屋へ向かう。そこで魔気の宿った九龍神火罩を見つけ、恐ろしくなり持ち出した。

青ざめた顔で歩く玉梨を見つけた元瞳。近づきわざとぶつかって中身を確認した。玉梨は「扶雲殿の侍女の部屋で見つけた、私じゃないわ」と慌てる。

幽都山。九宸は十三に見張りをさせ魔君のもとへ。霊汐を救うため魔君に立ち向かう。すると元征の幻影が現れて…

感想:これも運命

うまく行きかけたら邪魔をされ〜これの繰り返しを運命と言うなら残酷ねえ。こんなポジティブ娘にこれだけ不幸が降りかかると笑えないわ。

欽原は養父への恩返しに命をかける割に、同じくらい良くしてくれたであろう南極仙翁の顔には泥を塗りまくっている。これ後で南極仙翁も罰を受けるんじゃないの。

それから青瑶様があっさり雲風を許しちゃってなんだか拍子抜け。これだけ真面目な人なら夫を思って、仇は討たずとも仲良くはしないと思ってた。いや…かたきを討つため懐に…?さすが青瑶様^^

第20話


天宮で元瞳(げんどう)が魔気を帯びた九龍神火罩を天君に見せて、霊汐(れいせき)は魔の一味だと訴える。その結果、霊汐には魔君だけにある魔印があることがわかり、死罪を免れない状況となる。そこで、九宸(きゅうしん)は天君に戦神の座も神の位も返上するので死罪だけは免じてほしいと請う。するとその時、天尊山の鐘が鳴り師匠の天尊が九宸を呼び出し…。

ネタバレ「芽生えた執着」

幽都山。魔君は元征の幻影を見せ、九宸の心を揺さぶる。魔君は「お前は変わった執着が生まれた、魔を討つのが使命ならなぜあの女を殺さない」と痛い所を突いてくる。

凌霄殿。元瞳は霊汐が魔の一味であると告発し、九龍神火罩を提示した。天君は霊汐から直接話を聞くため天軍を向かわせる。元瞳は同行を願い出た。

欽原は幽都山へ移動中。四次元ポケットに入れられていた霊汐は目を覚まし、暴れて袋から落下した。霊汐は欽原と戦う。

幽都山。天雷真君が軍を引き連れ霊汐を探す。その途中、十三と九宸に出くわした。九宸は元瞳が密告したとすぐに気づき立ち去る。

一方、欽原に追い詰められた霊汐。崖から落下し危ないところで九宸に救われた。

天宮に連行された霊汐は、普化仙君によって幻覚を見せられている。桃林で目覚めた霊汐は、すべて夢だったと思い込み父を探した。楽伯は「お前には魔気がある、側にいれば九宸を苦しめるから桃林にいろ」と話す。そこへ仲昊が現れ楽伯を殺す、さらに霊汐を連れて逃げた承晏は黒蚩に殺された。

凌霄殿。楽伯に承晏までが殺される幻覚を見た霊汐は、怒りと悲しみにより魔気を現した。正気に戻り、絶望する霊汐。九宸は何も言わず霊汐を置いて立ち去った。

扶雲殿。九宸は1人になり血を吐く。霊汐のことを思い出していた。

凌霄殿。普化は「霊汐は魔気こと無支祁の精気を帯びており魔君だけにある魔印を持つ、魔族の残党の手に落ち魔君の封印を解くために利用されたなら世界が混沌に」と天君に報告。

決断を迫られる天君だが「なぜ魔気を帯びるのか解明を、すべてが明らかになった後で話し合う」と先延ばしにする。元瞳は昇格し天宮に留め置かれ、紫光と含章は残党狩りを命じられた。

紫雲台。霊汐は膝を付き、鎖をつけられ天兵に見張られる。

凌霄殿。天雷真君は死刑を要求。雲風以外の仙人も同意した。そこへ九宸が現れ「死罪にせず、従極淵に霊汐を閉じ込め私自らが守り魔族を近づけません、戦神も神位も返上する」と戦印を持ち願い出た。

その時、天尊山の鐘が鳴り響く。天尊が姿を現したようだ。

天尊山。九宸は天尊のもとへ。天尊は九宸の心が磨かれたと褒める。しかし、洞窟にこもっていても世界の全てを見通していた天尊は「あの小仙を生かしておくな、存命していては魔君に復活の機会を与える」と九宸に決断を迫った。天尊は九宸に考える時間を与える。

薬王洞。霊汐が捕まってからこもりきりだった青瑶のもとに玉梨がやってきた。そして「霊汐が刑に処される、騒ぎの原因を作った私を恨んでいるのはわかる、殺す気などなかったの」と話す。青瑶は「恨んでいません。いい香りの薬ができました^^よくかいでみて…」と眠り薬を嗅がせる。青瑶は薬王洞のものをすべて眠らせ霊汐のもとへ向かった。

感想:復讐の物語

絶対にそうはならないんだけど、霊汐を殺されて九宸が天界の敵

に周り、天が滅びる天界が見たい。だって天界の連中あまりにも非道でうんこなんだもん。慈悲のかけらもありゃしねえ。

魔と化した戦神が圧倒的な力で天宮をめちゃめちゃにして、ちょっとのことじゃ死ねない天宮の連中が苦しむさまを高笑いしながら見てるの^^楽しいね。

さて、ここでもやっぱり青瑶様が動き出しました。九宸は真面目すぎてなんか、せめて声くらいかけろやっていう。霊汐を助け出すつもりなんだろうけど、うまく行かないだろうなあ。

第21話


青瑶(せいよう)は薬で天兵を眠らせ、紫雲台につながれていた霊汐(れいせき)を連れて逃亡する。それをこっそり見ていた元瞳(げんどう)は天兵たちを殺すと、青瑶が毒殺したと嘘の報告をする。そして、夸父山桃林まで霊汐を追いかけた元瞳は非情にも彼女をかばう楽伯(らくはく)を斬る。それを目の当たりにした霊汐は怒りで我を忘れて覚醒すると魔君の呼ぶ声に誘われて…。

ネタバレ「怨念の呪縛」

紫雲台。青瑶は見張りの兵を全員眠らせ、霊汐を助け出した。その様子を見ていた元瞳は見張りの兵を毒殺する。

凌霄殿。元瞳は「青瑶が霊汐をさらった、見張りの兵は全員亡くなりました、青瑶の毒殺を目撃しました」と報告。天君は捕らえるよう命じる。「怪我をしているので仙術が使えない」と天雷真君の話をかわしていた雲風は身動きが取れなくなってしまった。

祝巫山。楽伯と承晏が霊汐と青瑶を待っている。到着と同時に天軍が現れ、散り散りに逃げ出した。

天尊山。九宸は霊汐を守る決断をする。「私のせいで霊汐は魔を受けた、新たな道を開きます」そう話すと九宸は天尊のもとを去り紫雲台へ向かう。だがそこに霊汐はいない。

幽都山。仲昊に霊汐の逃亡が報告される。殺されては魔君が復活できない。仲昊は撼山族を連れ霊汐を探しに向かった。

祝巫山。元瞳は青瑶と霊汐に化けた承晏を追い詰める。承晏は深手を負い、元瞳も殺されそうになった時、元神を離脱させた雲風が駆けつけた。

一方、楽伯は霊汐を連れて逃走中。目が覚めて四次元ポケットから出てきた霊汐は青瑶と承晏を助けに戻ると喚いた。しかし楽伯の思いを聞いて「どこにでも着いていく」と諦める。

山霊界。景休にも霊汐が追われている報告が入った。景休は「捕まえれば対抗できる」と出動。

楽伯と青瑶は追い詰められ天軍に囲まれる。そこへ欽原・景休・仲昊まで現れた。霊汐を追って九宸が駆けつけ二人を逃がす。

仲昊との戦闘により深手を負った楽伯は「もう走れない1人で逃げろ、三千里先に西王母と犬猿の仲の福寿神君がいる島がある。お前の親は別にいる。幽都山で、九宸の側で、お前を拾ったんだ。誰も信じず敵討ちをするな」いつもの調子で早口にそう話す。そこへ元瞳が現れた。

元瞳が楽伯を殺す、それを見た霊汐は魔の力を爆発させ意識を失った。

同じ頃、天雷真君は魔君の封印場所を探している。

目覚めた霊汐は父を弔う。そこへ魔君の声が聞こえてきた。「こっちへおいで」霊汐は呼ばれるまま封印場所へ向かう。そこへ九宸が駆けつける。霊汐は泣きながら「なぜみんな私を殺そうとするの?誰の過ちですか」と尋ねた。九宸は「私の過ちだ、私が守る、守り切る」と約束する。

感想:元瞳は女

なんか、女の嫉妬込みの恨みってのが不純すぎて気に食わねえ。純粋にお母ちゃんが大好きで敵討ちって言うならまだ理解するけど。それにしても結構ヒロイン顔なのに、この役で微妙なイメージ付いちゃうね。

さてさて、なんかもう大変なことになってきました。霊汐を巡ってみんな集結してくる場面は笑った。なんか強くなれば瞬間移動できたり、凡人でも空を飛んで移動できるのはわかるんだけど、それにしてもみんなご近所過ぎない!?位置関係一体どうなってんだ?ってくらいすぐに集結してくるからさあ。神になせないことはないんだろうか。

満を持して登場した天尊が解決策をくれるのかと思いきや、特になんの役にも立ちませんでした。九宸はなにか新しい道が開けたのか?

次回、22・23・24話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。