【運命の桃花・全60話】25・26・27話のあらすじとネタバレと感想|平穏な日々

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第25話


人間界で赤子に生まれ変わった霊汐(れいせき)は林黙(りんもく)と名づけられる。そんな中、霊汐が人間界にいると気づいた仲昊(ちゅうこう)は彼女を捜しにくるが、九宸(きゅうしん)に撃退される。また、紫雲台で裁きを待っていた元瞳(げんどう)は死刑を免れたものの鎖妖塔の見張り番にさせられる厳罰を受け、恨みを募らせる。一方、幽閉された景休(けいきゅう)は山霊界の行く末を案じていたが…。

ネタバレ「うごめく敵意」

林家。せっかく拾った子供の耳が聞こえないと知った楊氏は、霊汐に手を下そうとする。そこへ青瑶が現れ「感情に任せ悪行を働くより、ご縁を慈しむべき」と諭した。

林少海は赤子を可愛がり、林黙と名前をつけた。

幽都山。仲昊は魔君の封印されている黒蓮が枯れていないことから、霊汐の生存を確信し探し出すよう命じる。

林家。林夫人は孫の耳が聞こえないと聞いて「呪われている」と嘆く。そして側室を迎えるよう強要した。

従極淵。人間の霊汐の耳に病がある、知らせを聞いた九宸は飛び出していこうとするが「人間界への干渉はしっぺ返しがある」と司命星君に止められた。九宸は「陰謀ではないか見に行くだけ」と言って結局 飛び出していった。

林家の門前。人間界を楽しんでいた九宸は、霊汐を探す仲昊をみつけ追い払った。祝巫山まで追い詰め、仲昊と戦う。

祝巫山。仲昊に深手を追わせようと九宸が仙術を使ったことで、祝巫山は真っ二つになってしまった。派遣されていた彭仙人は「めちゃくちゃになった!こうなったら従極淵で療養させてもらうぞ!」と怒ってしまう。

林家。九宸は赤子の耳の様子を見る。そして魔印を封じた。

扶雲殿。天君は彭仙人の訴えをきき九宸のもとへ。「相応の償いをすべきだぞ」と叱られてしまった。九宸は征伐隊を作り魔族の残党を探すことに。

雷首宮。彭仙人の一件を見ていた天雷真君は「何か今回の件は怪しい」と睨んでいる。戦神の冷えの病が治っていないのではないかと考えた。

扶雲殿。山を真っ二つにするなど九宸の力であればありえないこと。雲風は女媧石がないことが影響しているのでは、と心配している。

従極淵。杜羽がやってきて元瞳の命乞いをする。

紫雲台。罰を受けた元瞳。そこへ杜羽が九宸を連れてきた。「私がほだされると思うな、元家を滅ぼしたのは元征ではなくお前だ」と叱りつける。元瞳は「唯一無二の戦神なのに、あんな女のために」と口を荒げた。元瞳は死罪を免じられ、鎖妖塔で門番をさせられることに。

山霊界。景休の過去。景休は幼い頃、前国主 垣渡によって檻に閉じ込められ、父を告発する書類への署名を迫られた。垣渡は縛霊淵に玄鳥族を集め、一族の前で景休が父を告発したと話す。景休は「裏切り者め地獄へ落ちろ」と同族に罵られ、目の前で父を殺された。

翎月の部屋。景休が牢に入れられたと聞いた宝青が真相を聞きに来た。翎月は「私の娘でいたければお黙り」と追い払う。

牢。巫医が景休のもとへ。景休は「私が血のにじむ思いで安息の地を築いた、謀反を起こすべきか」と恨みを口にする。巫医は「鳳凰族あってこその山霊界、心の魔に打ち勝て」と助言した。景休は「すぐに体制を整えるべき、仲昊や撼山族に対抗するため軍の整備を」と翎月への伝言を頼む。

感想:景休の言う通り

彼は自らの罪に苦しんでるのか。なら翎月と話し合いさえすれば解決しそうなもんである。どっちかというと翎月がお嬢さん過ぎて問題ありだね。国を作っていくには切り捨てることも必要だし、彼のような政治手腕があってこそ今の安泰がある。それよりもただ一人の娘が大事というのは頂けない。不機嫌を理由に養女にも冷たく当たるし。

焼餅ってなんだろうと思い調べましたら、小ぶりのぱんの一種で表面にごまをふったもの、間に羊肉などを挟んで食べるって出てきた。美味しそう…ジンギスカン好きなんだけど、向こうの羊はもっと癖があるのかなあ。

第26話


林黙(りんもく)は耳が聴こえないせいで異母妹・林綻(りんたん)に虐められるが、賢く善良な少女に育つ。一方、霊汐(れいせき)を死刑にした天族を恨む翎月(れいげつ)は山霊界を守るのに青丘を頼ろうとするが、一足早く魔軍を率いる仲昊(ちゅうこう)に攻めこまれてしまう。そんな中、宝青(ほうせい)によって檻から助け出された景休(けいきゅう)は危険を顧みず魔軍と戦った末、仲昊に捕らわれてしまうが…。

ネタバレ「山霊界の危機

林家。林黙はあっという間に少女になった。林少海の側室には女の子 林綻が生まれ元夫人はその子ばかりを可愛がっている。しかし、林少海は相変わらず林黙に優しい。

その夜、林黙は父に連れられ別の屋敷へ。好物のお菓子を食べさせてもらい、金のネックレスを贈られた。そして発語の練習をした。林少海は「言葉がわかるのになぜ言い返さない」と聞く。林黙は「言い返しても耳が聞こえず口が聞けないのは本当」と答える。

鎖妖塔。元瞳は鎖妖塔に入れられ、門番を命じられた。

林家。林綻は昼寝をしている林黙の首からネックレスを取る。それに気づいた林黙は父の元へ。林少海は宋承恩と話をしている。林黙は取られたことを話さず、父を気遣った。

山霊界。巫医が景休の伝言を伝える。しかし翎月は「天族に頭は下げない」と青丘へ救援の手紙を書く。石ばあやは手紙と令牌を持って青丘へ向かった。その様子を宝青が見ている。

景休からの返事がないことに気づいた黒蚩は山霊界へ。そして幽閉されていることを知った。黒蚩はそれを仲昊に報告。「勢力を広げる好機」と判断し攻めることになる。

山霊界はあっという間に包囲され、臣下は景休の解放を望んだ。

宝青は石ばあやから令牌を盗み、景休のもとへ。景休は「天族に救援を請うためのものだろう!」と叱りつける。景休は宝青と赤鷩と共に逃げ出す。しかしその道中、殺される民を目撃し宝青をを赤鷩に託すと民を助けるため戻った。

1人で戻った景休は欽原と仲昊に捕らわれてしまった。

景休との合流を待つ宝青。そこへ「占拠され連れ去られた」と報告が入る。宝青は景休の行方を探すことにした。

縛霊淵。縛霊淵の上に吊るされた景休。仲昊は仙気を封じ仙骨を奪って仙術が使えないようにする。再び檻に入れられた景休。そこへ黒蚩が様子を見に来るが、欽原に追い払われた。巫医が現れ景休は逃げ出す。

鎖妖塔。元瞳は祝融火神の騎獣 禍斗に目をつけ、長右に丹薬を渡して内情を聞き出した。

林家。林綻は盗んだ首飾りで腕輪を作ったと林黙に自慢。悲しむ林黙を見守っていた九宸は桃の木に花を咲かせた。

感想:父上ぇ!!

林黙の父上優しすぎない?ちょっとうるっと来ちゃったよ…違うの…これは前頭葉の衰え…

今の所、いびられてるけど直接ひどい目に合うことなく済んでます。それはきっと子役だから〜^^もっと成長してもとの霊汐が演じるようになったら悲劇の始まりだ。

人間界の人々は名前に役割が込められているみたい。父上は小さな海、つまりそこまで度量は大きくないけど優しく穏やか?林黙はそのまま黙って寡黙に耐える、林綻はほころびの象徴、宋承恩はいい人だと信じたいな。

さて、まだまだしぶとい元瞳さんが新たなる復讐劇を模索しています。禍斗を利用して何をする気なのか。すでに魔道に落ちていると言っても過言ではないのに、この程度の処分で済んでいるのは脚本の都合~。杜羽が諦めないのは素晴らしいけど、いつも他力本願だし彼女を更生させる気はないというのがムカつくな。

第27話


鎖妖塔からの脱出を企む元瞳(げんどう)は禍斗(かと)をそそのかして騒ぎを起こし、自分は騒ぎを収めるふりをして、その功績で特赦を受け天軍に戻る。一方、青瑶(せいよう)が人間界で林黙(りんもく)を見守るために開いた医館に、雲風(うんほう)がやってくる。そして、彼にある場所へと案内された青瑶は、かつて人間界で連れ添った夫の生まれ変わりである方(ほう)公子を見て…。

ネタバレ「忘れ得ぬ人」

林家。突然開花した満開の桃の花を見て喜ぶ林黙。九宸もニッコリ。

鎖妖塔。元瞳は「祝融火神の近況を知りたくないか?」と言って禍斗に近づいた。そしてお前は臆病で主を裏切ったと焚きつける。「神農鼎をひっくり返し外に出ないと復讐する前に祝融火神は死んじゃうわよ〜」そそのかされた禍斗は女媧石を攻撃。そこで元瞳は九宸が女媧石と神農鼎を取り替えたことを知る。

異変に気づいた天雷真君が現れ、元瞳は禍斗と戦い鎖妖塔を守っている芝居をした。女媧石を攻撃された九宸もその様子を見る。

薬王洞。玉梨は開陽の手当中。開陽は玉梨に気があるようだ。そこへ神尊が戻ったと知らせが入り、玉梨も青瑶も出ていってしまう。

扶雲殿。青瑶は姉弟子を差し置いて九宸の診察に。玉梨は怒って帰ってしまった。診察が終わると雲風が待ち構えていて「なぜ でしゃばった?九宸が好きなのか?」と聞く。青瑶は「馬鹿げたことを」と相手にしない。それを聞いて雲風は青瑶をデートに誘う。しかし青瑶は「誰かを受け入れる気はない」といった。

元家の祠堂。元瞳は鎖妖塔を守った功績で特赦が与えられ天宮軍に戻された。再び罪を犯せば過去の罪と合わせて厳罰に処される。

景休を探し回る宝青の前に欽原が現れた。戦闘になるが宝青は「肩がいたーい!衣をめくって!」と油断させ欽原を捕まえた。宝青は欽原の顔をムチでうち傷をつける。しかし反撃され逃げ出した。

白兪医館。青瑶は民の治療をしている。そこへ雲風が人間に化けて現れ「恋の病だ」と馬鹿なことを言った。雲風は民にボコられ追い出される。

雲風は青瑶を役所へ連れて行く。そこで方駿という男を見せた。それは青瑶の夫の生まれ変わり。宝青は「神のせいで死んだため、どの人生も順風満帆に過ごしている」と教えた。

青瑶は方駿に声もかけず立ち去る。急に雨に振られ二人は雨宿り、そこへ駆け込んできた妊婦を青瑶が助けた。

白兪医館。夫人は「やっと授かった子供だ」と話す。「子供は愛し合ったことの証」その話を微笑ましく聞いていた青瑶だったが、夫人のもとに現れたのは方駿だった。ショックを受ける。

青瑶は人間界での思い出を雲風に話す。「貧しかったが幸せだった。人間界の日々はありふれた日々の繰り返し、洪水がなければ添い遂げた。真に生きたのはあの10年だけだった」

役所。夫の特技が粥作りと聞いた雲風は「私と一緒にきてくれ!」と無理やり方駿を連れて行く。

感想:一段落

メインの二人がちょっと休憩中なので、別の場所で恋の花が咲きまくっております。

宝青の扱いから推測するに、彼女は死なず山霊界を継ぐのか。養女だけど鳳凰族なのであれば問題ないと思う。しかし欽原と結ばれるのは…?正直この恩知らずのせいで、大変なことになっていると思っているので、償ってほしいよな。

青瑶の過去がどんどん明かされていきます。特に目立ったことはないけど、それでも平穏な日々が幸せだったと。なんて心がきれいなんだ…青瑶様…私が見込んだだけのことはある!な!

さて、またもや元瞳が解放されました。天界ではどんなに罪を犯しても良いのかよ~霊汐のことはさっさと処罰を決めたのに。名家の娘だから甘いっていうのもあるんだろうな。

次回、28・29・30話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。