【運命の桃花・全60話】28・29・30話のあらすじとネタバレと感想|最初の生刧

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第28話

林少海(りんしょうかい)は旧知の仲である宋承恩(そうしょうおん)から彼の評判の息子・宋子玉(そうしぎょく)と林黙(りんもく)の縁談を申しこまれて快諾。だが、宋子玉に想いを寄せる林綻(りんたん)はこれを聞いて憤慨する。一方、霊汐(れいせき)が聴覚を失った顛末を禍斗(かと)から聞いた九宸(きゅうしん)は、林黙が聴覚を取り戻せるよう取り計らうことに。そして、山で薬草を摘んでいた林黙の前に人間の姿になって現れると…。

ネタバレ「人間界での再会」

雲風は方駿を無理やり連れてきて「粥を作れ」と迫る。「朝廷の重臣なのになぜこんな辱めを!?」と言いながら方駿は必死に作った。しかし何度作ってもまずいため帰らせ、結局自分で作る。

雲風は完成した粥を二日酔いの青瑶に粥を差し入れた。青瑶はすべて食べ、その翌日 姿を消した。

林家。林黙は霊汐と同じくらいの年頃まで大きくなった(子役時代が終わったよ!)九宸の咲かせた桃の木を大切にしている、

宋承恩は「林黙に息子との縁談を、心根が真っ直ぐで美しく賢い」と林少海に持ちかけた。林少海は「宋子玉の足かせになるかもしれない」と心配するがその提案を受け入れる。

話を聞いていた侍女は勘違いして「綻様の縁談が整った」と話してしまう。大喜びの林綻だが林少海が来て、相手が林黙であることを話した。「耳の聞こえない嫁を欲しがる家が!?信じないわ」憤慨する林綻。

司命殿。九宸はその様子を司命殿から見ている。九宸は「禍斗が聴覚を回復させた」と司命星君から聞き鎖妖塔へ向かった。

鎖妖塔。禍斗の問いかけに九宸は「祝融火神はもう死んだ」と真相を伝える。7万年前、祝融火神は魔君の手にかかり命を落としたのだ。戦いで生き延びたのは禍斗だけ、祝融火神は大切に思っていた禍斗を逃し死んだ。

禍斗は拝礼し祝融火神に詫びる。九宸の「自由にする」という提案を退け「心を入れ替え修行に励む」という。そして九宸が霊汐に話をした日 何が起こったか伝え、償いとして聴覚を返した。

霊汐の聴覚を取り戻した九宸。司命星君は人間の体では受け付けないため、種と五感を植えて取れた霊果を食べさせるよう言った。

林黙は林少海から「望まれて決まったことだ」と聞かされる。宋子玉も人格者で申し分ない人物。林黙は「父上に従います」と答えた。

ある日、猫が薬剤をひっくり返し地面に落ちてしまう。林黙は混ざった薬を的確に分け、それを見た林少海は賢さを褒めた。林少海は林黙に薬草の使い方を教え込み「後世についでほしい」と言う。

林黙は薬草を取りに山へ。獣の罠にかかった所を九宸に助けられた。「あなたはいつも守ってくれる神仙では?」九宸は否定。すると林黙は宋玉氏だと勘違いした。九宸は足を怪我した林黙をおぶって連れて帰る。


感想:勘違い

宋子玉と勘違いして恋をするのかな。異母妹につけこまれそうな展開なので、今から不安になってきた。

それにしても跡取りを産んでないのは一緒なのに、耳が聴こえない娘を産んだと言うだけで側室が正妻のように振る舞うとは。まあ生んではないんですけども…お父さんが優しいことだけが救いよ。

さてさて、大きな出来事と言えば、禍斗さんが真実を知って改心し聴覚を返したことですね。林黙が生きているうちに聴覚が戻るのかな。しかし7万年もの間、助けてくれた人を恨んで生きてたなんて良心が死にそう。人に恨みのは楽だけど、自らの過ちだったとは知りたくないよねえ。

第29話

九宸(きゅうしん)は人間界で林黙(りんもく)のために桃花小築とうかしょうちくという名の居心地の良い住まいをしつらえる。その頃、結婚が決まった林黙は実家で過ごす最後の誕生日を迎えていた。だが、嫉妬深い林綻(りんたん)に大事に育てていた桃の木を切り倒されてしまい、悲しみに暮れる。一方、人間界にいた青瑶(せいよう)は雨宿りのために立ち寄った旅館で偶然、方(ほう)公子と再会し…。

ネタバレ「最後の誕生日」

大岳国。九宸は荒れ果てた郊外の屋敷に霊汐の聴覚と種を埋めた。その屋敷を修繕し「桃花小築とうかしょうちく」と名付ける。

林家。その夜、林黙は優しく接してくれた九宸のことを思い出していた。

翌日、林黙は林少海のため息を聞き心配する。林少海は「宋子玉は家を出て何年も経つので、人が変わっていたらどうしよう…」と不安になっていた。林黙は九宸のことを宋子玉だと勘違いし「今日会いました」と伝えた。それを聞いて安心した林少海は、林黙の手を自分の喉に手を当てさせ、発音の練習をさせる。

宗家の家職が林黙に誕生祝いを持ってきた。それが気に入らない林綻は贈り物を蔑み「娶るのは恩返しなんだから、宋子玉は嫌がっている家に来ないのが証拠よ!」と林黙に言った。

元夫人は嫁いでいく林黙を気遣い、誕生日に特別な長寿麺を用意した。林黙はそれを持って楊氏のもとへ。しかし受け取ってもらえない。林黙は「嫌われているのは知っている、でも嫁ぐ前に親孝行がしたい」と訴える。楊氏は「お前は神仙に守らてた尊い子よ」と嫌っていたわけではないことを話して打ち解けた。

林黙が部屋に戻ると、大切にしていた桃の木が切り倒されている。それは「黙様は仙人に守られ、誕生日には必ず桃の花が咲く」といううわさ話を聞いた林綻の仕業だった。山に捨てられ他桃の木。そこへ老人がやってきて薪にしてしまう。

林黙が悲しみに暮れ歩いていると周りの桃の木がすべて満開になった。夢のような光景に笑顔を見せる霊汐、それを見守る九宸。

宝青は景休を探して人間界へ来ている。赤鷩は景休を探し回るが見つからない。

林家。宗家から結納品が届いた。楊氏は林黙に「嫁いだら逆らわず夫に従うこと」と助言し、自分が嫁いだ時に持ってきた金のかんざしを贈る。

青瑶は急な雨に降られ旅館に逃げ込んだ。しかし官吏しか使えないと言われ追い出されそうになる。そこへ方駿が現れ助けられた。青瑶は「奥様を見たものです」と挨拶する。

食事をしていると使用人のおばさんが「息子のために医者を呼んでほしい」と店主に懇願し始めた。青瑶が診察するとただの食あたりで大事なかった。

扶雲殿。九宸は霊汐が生刧を迎えると司命星君から聞かされる。


感想:このまま嫁に行くことはない

まさか人間界で他の男と結婚するなんてことはないだろうから…一体どんな悲劇が起こるんですか!

まあなんか、悲劇が起こってもポジティブ娘なんであんまり気にしてないし、悪役が跋扈してない限りは平穏な気持ちで見られる。不安は不安…だが…

私てっきり、元夫人が長寿麺に毒を盛ったのかと思ってハラハラしてたんだけど、関係なかったみたい^^あれだけ林綻をえこひいきしてた割には、そこまでの悪人でもない様子。まあ宗家に固執しなくても、良縁を見つければ良いもんね。

第30話

九宸(きゅうしん)は林黙(りんもく)に一つめの劫が課せられると知って人間界に会いに行き、彼女を優しく励ます。その翌朝、都から役人が来て林黙と同じ誕生日の娘たちを皇太子に災いをなす妖星として逮捕する。それを知った林少海(りんしょうかい)は林黙を匿い娘は溺れて死んだと嘘をつく。だが、遺体が見つからなければ一族皆殺しと脅された上、林綻(りんたん)を人質に取られ…。

ネタバレ「一つめの劫」

旅館。偉そうな役人を青瑶が助け、その様子を見ていた禁軍の頭領は皇太子の治療を頼み込んだ。

林家。林黙を見守る九宸に司命星君は「絶対に介入してはならない、寿命は19年」と忠告して立ち去る。

霊汐に触れようとすると手に病の兆候が現れた。とっさに部屋の外へ。

林黙が気配を感じ扉を開けると、そこに九宸がいた。九宸の冷えに気づいた霊汐はしょうがを入れたお湯を用意し手を温めて気遣う。九宸は林黙の作っていた「冷えを取る匂い袋」ちゃっかり自分のものにした。林黙はまだ九宸が宋子玉だと勘違いしていて、九宸も否定しない。九宸は「私がいない間、何が起きても思い悩むな、それが終われば転機が訪れる」と励まし立ち去った。

医署局。林少海は「都の官吏が屋敷に押し入り娘が捕まった」という噂話を聞く。胸騒ぎがして自宅へ急いだ。

林家。家に戻ると楊氏が宋承恩と行き違いになったことを教える。それを聞いてすぐに飛び出した。

林家。林黙は侍女から「宋子玉が相手を言い負かし辱めた」という話を聞いて不思議に思う。そこへ林綻が洗濯の仕方が悪いと文句を言いに来た。

医署局。宋子玉は「欽天監が皇太子の病は5月3日生まれの娘が原因と言い出し、軍は災いをなす妖星を捕まえている」と林少海に教える。

林家。急いで屋敷の戻った林少海は林黙を逃がそうとする。しかし、役人が現れ、屋敷中のものが集められてしまった。林少海は郊外の屋敷に林黙を隠す。

林家。尋問される元夫人たち。そこへ林少海が戻ってきて「娘は死にました、昨日洗濯をしている時に川に落ちて」と嘘を話す。それを聞いた兵士は「嘘なら娘を殺す」と林綻を人質として連れて行ってしまう。

元夫人は林綻を助けるため林黙の居場所を聞き出そうとする。林少海と楊氏は、林黙が実の娘ではないこと、慈幼局からもらってきた子であり誕生日が5月3日ではないことを伝えた。林綻の母は混乱し「よそ者のために林綻が死ぬのですか!」と喚く。

慈幼局。林少海は林黙が拾った子であることを証明するため慈幼局へ。しかし、林黙を拾った老婆は数年前に亡くなっていた。

林家。途方に暮れて戻ってきた林少海を見て、林夫人は「お前のせいで耳の聞こえないよそ者が一族を巻き添えにする」と激怒。林少海は決断する。

郊外の屋敷。その夜、林黙のもとへ林少海が食事を持ってやってきた。林黙は父に「何かあったのか」と聞くが答えない。林黙は食事に入っていた薬で眠ってしまった。


感想:優しさは時として…

弱いから優しいんだよなあ、これがまた難しい。父上は血のつながらない娘よりも一族を選んだんだね。まあいいですよ、九宸が助けてくれるでしょ。それにしても寿命が19歳って、そっちのほうが残酷だな!?

それにしても、皇太子やら皇帝やら宮中の事が出てこないのは撮影してないからなのかな?この後出てくる?

楽伯が霊汐を拾ったシーンまで撮影してるのに、よくわかんない。

次回、31・32・33話はここから!

全話、ネタバレ一覧はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。