【運命の桃花・全60話】46・47・48話のあらすじとネタバレと感想|青瑶の過ち

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第46話

九宸(きゅうしん)が突然姿を消し、林黙(りんもく)は彼を捜す旅に出る。その姿を見かねて再び林黙の元に駆けつけた九宸。彼はやがて訪れる誕生日までに重い病で亡くなる運命にある彼女に寄り添うが、そこに林黙を死なせまいと考える景休(けいきゅう)がやって来て彼女を連れて逃げようとする。それに気づいた九宸が景休を阻もうとすると、さらに仲昊(ちゅうこう)が現れ…。

ネタバレ「最後の劫」

桃花小築とうかしょうちく。眠ってしまった林黙を見つめる九宸。「待っているぞ」と声をかけ姿を消した。

翌朝、目覚めた林黙は九宸が姿を消したことに気がついた。薬舗で仕事を済ませ、急いで桃花小築とうかしょうちくへ戻るが出迎えたのは五碗だけだ。

司命殿。九宸はその様子を見守るしかない。

宿。宝青は続霊丹によって命を取り留めた。景休は宝青のことを赤鷩に任せ、林黙のもとへ急ぐ。

薬舗。林黙の様子がおかしいと気づいた孫医師は数日の休暇を彼女に与える。

桃花小築とうかしょうちく。家に戻り、1人で咳をする林黙…

九宸は司命殿でその姿を見守り続けている。

林黙は五碗に餌を与えて九宸を探しに出かけた。九宸が故郷だと話した太平府を目指す。しかし、道行く人に尋ねても、その存在さえつかめない。その姿を見た九宸は、司命が止めるのも聞かず司命殿を飛び出していった。

庭軒楼。急な雨に濡れた林黙は庭軒楼の戸を叩く。官吏しか泊まれない宿だったため、近くにある小屋を使えと言われた。林黙は雨に濡れ具合が悪い。そこへ九宸が現れた。

「どうしてさよならも言わずに去るの、選ぶのは霊汐ね、私は生き写しで身代わりでしかない、私を好きだったことは?私への言葉に真実があった?全部ウソだったの?」九宸は林黙を抱きしめて謝った。

宿。九宸は林黙を宿に泊まらせ介抱する。人間界へやってきた司命は「助けたいなら静観しなければ、死期はもうすぐ、誕生日に重い病で亡くなる、ちょうどその日は戦を好む山霊族が赤い月を愛でる日、霊汐は国主の娘なのでその日に劫を終えれば大きな成果を得られる」と話した。その時、林黙の部屋から叫び声が。

九宸が駆けつけると林黙は「体中が痛む」と叫び声を上げていた。

幽都山。元瞳は醒神丹を飲んでも魔に侵されると気づいた。

桃花小築とうかしょうちく。九宸は林黙を連れ帰った。林黙の食べたいものを買いに行くと話す九宸に、林黙は往診を頼んでほしいと話す。九宸が出ていくと、林黙は塩を舐め味覚を確かめた。何を食べても味がしない。林黙は泣き崩れ、そこへ九宸と孫医師が…

林黙のもとへ景休が戻った。刧から逃れさせるため、景休は林黙を連れ出そうとする。九宸が待ち構えていた。

「お前が助けたいのは霊汐だろう?」二人は林黙を巡って戦闘。

林黙は「私は死ぬの?霊汐となんの関係が?」と聞く。景休は林黙が死ねば霊汐が蘇ることを教えた。それを聞いた林黙は吐血してしまう。

そこへ仲昊が現れた。九宸が気を取られている間に、景休は林黙を連れ去った。仲昊を追い払った九宸だが、仙力を使いすぎたため火精が尽きそうになってしまう。駆けつけた司命に、雲風を呼ぶよう頼んだ。

森の中。景休は林黙を抱きかかえている。林黙は「何も見えない」と行って意識をなくした。

「私から唯一の愛まで奪うのか?」

景休は林黙に命珠を与え共に生きると誓った。


感想:悩ましい

どっちが正解…?うーん、九宸が耐えられず関わってしまったことが全ての元凶だと思う。関わろうが関わるまいが、どっちにしたって同じ運命をたどるなら、余計な恋心なんて抱かないほうが良かったじゃん。

劫を受けなければいけないのは天族にとって絶対だというなら、林黙だけが可哀想という特別視はできないよね。それなら5万年もさまよってた桑南星君なんて、せっかく帰ってきたのに青瑶にふられちゃって何もいいことないじゃん。

というわけで、景休さんを責める気もないです。しかし彼が命珠を与えちゃったら一体何が起こるの~!

第47話

元瞳(げんどう)は配下の天兵たちを連れて魔気が昇った幽都山の偵察へ。一方、火精が消えかかっていた九宸(きゅうしん)は雲風(うんほう)のおかげで命を取り留めるとすぐに林黙(りんもく)を取り戻しに行こうとするが、天尊(てんそん)に止められる。その頃、天尊に命じられて幽都山へ行った雲風は、魔に魅入られた天兵たちを斬る元瞳を目撃。元瞳はこれを青瑶(せいよう)の陰謀だと訴え…。

ネタバレ「不幸な誤算」

幽都山。九宸に深手を負わされた仲昊は魔君の力で回復。欽原がその様子を見ている。回復した仲昊は「3日後までに仙女を捕らえ幽冥門を開きます」と魔君に誓った。

醒神丹を服用しなくなった元瞳は吐血。そこへ杜羽がやってきて、醒神丹を呑ませようとするが拒絶される。仕方なく、仙術を使い元瞳を手当てする。

幽都山から急に魔気が降りてきたと報告が入る。元瞳は効能がない醒神丹を「おまえたちのものより効能が強い」と言って兵に飲ませ山に入った。

桃林。眠る青瑶を見つめる雲風。イチャイチャ^^いいところに司命星君がやってきた。雲風は「霊汐が戻ったらそなたを輿で迎える。私の飛廉殿を仕切るのはそなただ」とほぼプロポーズをかまして出ていく。

扶雲殿。九宸の消えかかっていた火精に雲風が力を与え回復させた。そこへ天尊が現れ「刧が乗り越えられなければ、私が神農鼎にある霊汐の元神を壊し魔気を消し去る。天宮を出てはならない、見届けるのだ」と九宸に話した。

天尊は雲風に幽都山行きを命じる。「3日間 見張り霊汐を魔君に近づけるな」あと3日後に霊汐の劫が終わる。

幽都山。仲昊は「仙女を捕らえてこい」と欽原に命じる。しかし欽原は「考え直してください六界が焦土と化してしまいます」と止める。仲昊は恨みに飲み込まれ聞く耳を持たない。

元瞳は兵を連れて山へ入る。天兵は回光鏡で魔気の濃度を測り、濃すぎて進めないと判断する。しかし元瞳は付き従ってきた兵を説き伏せ前進した。魔道に落ちた兵士を元瞳は殺していく。

そこへ雲風がやってきた。元瞳は「魔に惑わされたため成敗した」と話し天宮へ。その一部始終を仲昊が欽原に見せていた。

宿。赤鷩は「なぜ命珠を使ってまで助けるのです、あの者の受けるべき劫が跳ね返ります」と景休に話す。

霊汐は夢の中をさまよっていた。

扶雲殿。九宸を司命星君が呼びに来る。

凌霄殿。元瞳の報告により青瑶の罪が発覚。「効果の弱い醒神丹を作ったため、兵が魔道に落ちた」と追求を受ける。

雲風は「なぜお前は無事なのだ」と問い詰める。元瞳は「仙力の弱い配下が心配で私の醒神丹を分け与えた、調べれば明白です。敵討ちなら直接狙えばいい」と言い返した。

そこへ九宸がやってきて「あくまで監視が役目、なぜ山に入った」と尋問する。元瞳はボロを出すが、そこで青瑶が声を上げた。「すべて私の過ちです、醒神丹のせいで兵が死んだのは事実です」

天君は青瑶をひとまず紫雲台へ縛り、刑が決まってから処罰をすると決定。九宸は青瑶を助けるため幽都山へ急いた。

紫雲台。雲風は「必ず助ける」と青瑶に約束する。


感想:しっぺ返し

随分あくどい仕返しするなと思ってたら、まんまと返ってきちゃったよ。それにしたって元瞳が邪悪すぎるが。

雲風と序盤であんなにイチャイチャしてたのに、一変して命の危機に…青瑶お姉さまばっかり試練が与えられてないか?やっぱり真のヒロインなのでは?

えーヒロイン霊汐ですが、一回休みでほぼ登場せず。命珠をあたえられたとは言えまだ命は危ないみたい。景休はもとのビジュアルには戻らず、顔の入れ墨だけが復活してました。なんか顔に要素多すぎてうるさいなと思いました(あんまり好きじゃない)

第48話

自分は九宸(きゅうしん)が愛する霊汐(れいせき)の劫で、彼は自分の死を待っているのだと知り深く傷つく林黙(りんもく)。そんな彼女を神と魔を敵に回しても守り抜こうと景休(けいきゅう)は考える。その頃、天宮では青瑶(せいよう)が死罪を免れ、彼女の罪を肩代わりした雲風(うんほう)が1000年石に封じこめられる石封の刑に処されることになる。それを知って自悟崖に駆けつけた青瑶は…。

ネタバレ「愛ゆえの犠牲」

幽都山。九宸を追ってきた元瞳は「探しものですか?」と壊れた回光鏡を見せた。「すべて神尊に近づくためなのに、神尊は非情すぎます、兄はここで神尊の手にかかったのでしょう…?」元瞳の言葉に九宸は耳を貸さない。入れ違いで雲風がやってきた。九宸は回光鏡が壊れたことを伝え「霊汐が戻れば真相を明かせる」と言った。回光鏡を直すには水月鼎が必要だ。

凌霄殿。雲風は青瑶を守り、代わりに罰を受けるため「全て知っていた」と天君に話す。「青瑶は無数のものを救ってきた功績に免じて許してほしい」天君はその願いを聞き入れた。

宿。目覚めた林黙は景休に、九宸と霊汐に関することを尋ねた。景休は「九宸は九天の戦神で、霊汐は小仙だったが魔族に通じたと罰を受け九宸の刃に倒れた。刧という運命における大難を乗り越え死ねば霊汐が蘇る」と教える。すべて仕組まれたことだったのかとショックを受ける林黙。景休は「私には林黙だけだ、そなたしかいない」と気持ちを伝えた。

紫雲台。青瑶はムチで打たれ罰を受けた。そこへやってきた天雷真君は「罰はムチ打ちと修為を奪うのみ、桃林に帰って謹慎を」と申し付ける。青瑶が雲風のことを尋ねると「自悟崖にいる」と教えられた。紫光は預かってきた包を渡し、中には壊れた回光鏡が入っている。

自悟崖。雲風は普化により石封の刑に処された。石化したまま千年の間 毎日朝晩雷刑を受けるという罰だ。石になる直前、青瑶が駆けつける。しかし言葉をかわす前に雲風は石化してしまった。青瑶は「何もわかっていない」と言って泣きながら抱きついた。そこへ司命と九宸が現れるが、どうすることもできない。

山霊界。欽原は南極仙翁の言葉を思い出していた。そして撮魂の術で縛られていた翎月を助け「仲昊はお前の血で縛霊淵を開く」と教え逃がす。南極仙翁の弟子である欽原は衆生を守ることを選んだ。

縛霊淵。逃げた翎月を黒蚩が追ってくる。翎月は縛霊淵の中に飛び込んだ。捕らえられた欽原は牢へ入れられる。仲昊は縛霊淵と幽冥門を開くため攢心釘を使うことに。

宿。景休は黒蚩からの報告で攢心釘が必要になったことを知った。景休は花煙に文を送り元家の祠堂にある攢心釘を取りに行かせる。

凌霄殿。青瑶は天君に謁見するため凌霄殿の前に跪いたまま動かない。そこへ百扇仙君が来て「よく考えろ」と助言した。青瑶は立ち去り雲風のもとへ…石に寄り添い物語を話した。

縛霊淵。翎月は父 垣渡と再会。しかし感動の再会とはいかない。垣渡は取り乱し翎月を襲いかけた。正気を取り戻すと「何者であってもここに来れば理性を失ってしまう、魔界の門が近い」と教える。翎月は幽冥門かと尋ねた。

祠堂。杜羽は「血も涙もないな、いつからそれほど残酷に…」と元瞳に言う。元瞳は「あなたは私と進む道が違う、好きにして」とあっさり別れを告げた。


感想:究極のご褒美

石化してしまった雲風さんですが、青瑶がデレにデレているのでこれはご褒美なのでは…?千年なんて一瞬だろうし、青瑶が殺されない手段として一番良かったんじゃないかと思います。だって桑南星君なんて5万年も転生しながら人間界さまよってたんでしょ?そっちのほうがどうか考えてもかわいそうである。

さーて、物語も終盤、林黙は自分が九宸の愛する女のために存在すると知ってショックを受けています。3つ目の刧ってこれのことなのかな?記憶が残って霊汐に戻るんだから、戻っても感動の再会とは行かない様子。

とりあえず死ぬまで景休と仲良く暮らしたらどうでしょう!

次回、49・50・51話はここから!

全話、ネタバレ一覧はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。