【白華の姫】52・53・54話のあらすじとネタバレと感想|解毒は慎重に

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • …西啓…
  • 容楽(ヨウラク)/漫夭(マンヨウ):西啓の公主、北臨では攏月楼の女店主 漫夭に扮する
  • 容斉(ヨウセイ):容楽の兄 西啓の皇帝
  • 皇太后:西啓の皇太后、容斉の母
  • 容毅(ヨウキ):先の皇帝
  • 蕭煞(ショウサツ):容楽の侍従
  • 蕭可(ショウカ):蕭煞の妹 医者
  • 泠月(レイゲツ):容楽の侍女
  • 蓮心(レイシン):容楽の侍女
  • 攏月(ロウゲツ):間者 漫夭に仕える
  • 小荀子(ショウジュンシ):容斉の侍従
  • …北臨…
  • 宗政無憂(ソウセイムユウ):第7皇子 黎王
  • 宗政允赫(ソウセイインカク):皇帝
  • 宗政無郁(ソウセイムイク):第9皇子 陳王 無憂と仲良し
  • 宗政筱仁(ソウセイショウジン):皇太子 無憂と敵対
  • 傅筹(フチュウ):北臨の大将軍
  • 項影(コウエイ):傅筹の侍従
  • 常堅(ジョウケン):傅筹の侍従2
  • 余世海(ヨセイカイ):尚書 皇太子と手を組む
  • 余文杰(ヨブンケツ):将軍 余世海の息子
  • 昭蕓郡主(ショウウン):無郁を慕う
  • 孫雅璃(ソンアリ):中書監 孫継周の娘
  • 孫継周(ソンケイシュウ):無憂の師
  • 沈魚(チンギョ):香魂楼の芸妓 官吏の娘
  • 苻鴛(フエン):元皇后
  • 雲貴妃(ウンキヒ):皇帝の愛妻、無憂の母
  • 秦永(シンエイ):無憂の師 養民変法と山河志の生みの親 処刑されている
  • 范陽王(ハンヨウオウ):皇帝の弟 宗政玄明
  • 無相子(ムソウシ):無隠楼の楼主
  • 羅植(ラショク):将軍
  • 楊惟(ヨウイ):臣下
  • …宸国…
  • 鎮北王(チンホクオウ):寧千易 宸国の皇族
  • 宸帝(シンテイ):幼帝 10歳
  • …その他…
  • 雪狐聖女(セツコセイジョ):蕭可の師匠 美魔女らしい

【白華の姫〜失われた記憶と3つの愛〜】あらすじ・ネタバレ・感想

「白華の姫」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第52話 ネタバレ 雪解け


擎天閣。沈魚は鎮北王に剣を向け、昭蕓は自らの首に短剣を当てた。寧千易の昭蕓への気持ちは本物で「最後の警告だ、こっちにこい」と昭蕓を容楽たちから引き離そうとする。しかし言うことを聞かないと知ると、総攻撃の命令を出した。

そこへ宸国の幼帝が現れる。寧千易は「陛下は天下統一ができるんですよ」と謀反を隠し言葉巧みに丸め込もうとする。だが昭蕓が盟書を持ち出し、沈魚が読み上げた。

「鎮北王は有能ながら幼童に仕える身、志が遂げられず誠に遺憾です、私が力を貸しましょう、容楽の息の根を止め息子と黎王を戦わせ黎王の始末を成功すれば南境を割譲します、玉座を手に入れてください」

すべての罪が露見し、連行される寧千易。だが寧千易はそれを拒絶し毒酒を飲んだ。死に際「約束してくれ、私のような父親がいたと子供に告げないと」と昭蕓に言い残す。事の顛末を見届けた容楽は倒れてしまった。

鎮北王府。すぐに医者が呼ばれ容楽の懐妊が発覚。それを聞いてしょんぼりする傅筹。

崖の上。真実を知った傅筹は、自らの存在を見誤りそうになっている、そこへ雲貴妃の幻影が現れた。幼い傅筹に雲貴妃は「阿筹」と名前を呼び優しくしてくれた。彼女は痣を見て傅筹が自分の子だと気づいていたようだ。そこへ無憂がやってきた。傅筹は「父上はまだ生きている」と宗政允赫の生存を教える。

容楽の部屋。容斉は容楽に自らの血を飲ませる。そして眠る容楽に「全てが丸く収まり安心した、私との過去を忘れたのなら永遠に思い出さぬよう願う」と話す。そこへ無憂が戻り言い争いに。

容楽が気がついたため無憂はすぐに親になると教えた。容斉は二人の様子を見て悲しそうに去っていく。

回復した容楽は沈魚の琴を聞いている。沈魚は「洛顔」という本名を容楽に教えた。かつて、女達だけで逃げ出し夢に向かって歩こうとしたときのことを話す。「今から思えばみんな希望を持っていた」

沈魚は容楽に山河志を渡し「あなたなら対等な世の中を作れる、旅に出るわ」と去っていく。

宸帝と会食中の無憂。無憂は「願いを一つ聞いてほしい」と昭蕓を罪に問わないことを願った。宸帝は受け入れ「同盟国となり100年は戦をしない。他のものは全員無罪放免」と言う。

傅筹を見送る容楽。傅筹は中山に戻り苻鴛から直接話を聞くという。そして最後に「伝えておきたいことがある、痕香は秦永の娘、本名は秦湘という」と話した。

鎮北王府を出る昭蕓。容楽たちは南境への帰路につく。

「王妃は良馬を調達中、卑怯者の罠にはまり濡れ衣を着せられたが、無事良馬を持ち帰り退任を果たした、王妃の帰還を歓迎すべし」

西啓。国に戻った容斉は皇太后の部屋へ。従者たちは「皇太后は療養のため1年前から中山へ行き戻っていない」と話す。容斉の目的は「雪狐医典」の前半部分。しかし皇太后の持っていた雪狐医典はすでに持ち出されていた。

感想:最終回か?

まるで最終回かのようだった…

というわけで、傅筹さんとも和解し、宸国の問題もなくなって残るはラスボスですね。

とにかく、苻鴛と宗政允赫と雲貴妃の過去の話が明らかにならないと一体何がどうしてこうなってるのかはっきりしない。

整理しとくと、苻鴛は死んだ自分の子(どこかから連れてきた子?)を雲貴妃の産んだ双子の1人 傅筹とすり替えた。その時点ですでに宗政允赫に恨みがあって復讐の道具にしようとした。宗政允赫は苻鴛を罰し、傅筹にも追手をかけた(なんで?)

なんかもう繋がってるようで何が何やらわからん。火事で死んだのかと思いきや、西啓帝に差し出したとか言い出すし…?

ていうか、雲貴妃は気づいたなら助けてやれよ。

第53話 ネタバレ 残酷な解毒法


森閻宮。帰国した傅筹はまっさきに苻鴛のもとへ。だが苻鴛は姿を消していた。傅筹はすぐに捜索させる。

青洲王府。昭蕓は無郁と再会。そこへ蕭可が駆け寄ってくる。昭蕓がいるため蕭可に優しくすることの出来ない無郁。蕭可は怒って去ってしまう。それを見た昭蕓は「かつての過ちを二度と繰り返さないで」と助言した。

蕭煞は蕭可の医局で落ち込んでいた。そこへ蕭可が戻ってきて無郁に怒っている。蕭可は兄から泠月のことを聞き、蕭煞は妹が無郁を好きだと知る。

青洲王府。常堅が和議の文を持ってやってくる。すでに辺境の軍は撤退させたという。無憂は和議の文は受け取り「父上に会うため近日中に中山へ」と伝言を預けた。

戦争の終わりと無憂の婚儀が布告される。「南北の兵は撤退し二度と争わぬ、黎王殿下は吉日を選び婚儀を執り行う、終戦と婚儀の2つの慶び事を国を挙げて祝うべし」

民が喜びに湧くなか、昭蕓は黙って王府を離れた。「ここを離れて1人で生きていく」侍女一人を連れて昭蕓は姿を消す。

項影と痕香も隠れ住む必要がなくなったと喜んでいる。項影から養民変法が王妃の策だと聞いた痕香は、容楽との関係に勘付いた。

北臨皇宮。傅筹は無憂に「父上の失踪は苻鴛に関係あり、協力を請う」と手紙を書いている。そこへ常堅がやってきて無憂と容楽の婚儀を教えた。傅筹は吉事に水を指すまいとして、宗政允赫のことはひとまず伏せておく。そして容楽が静謐園に残していったものを届けるよう命じた。

青洲王府。無郁は「軍の老兵が偶然見つけて献上してくれた」と雪狐医書の前半部分を蕭可に渡す。そこには「天命」という毒のことが書かれていた。

漫音閣。痕香は侍女として王府に潜り込む。容楽との関係を突き止めたいが、眠っていて話をすることが出来ない。

そこへ項影が懐妊のお祝いに駆けつけた。無憂は「何歳から天仇門に?」と質問し、若門主を殺せば足を洗えるという過酷な状況の中で傅筹が生きてきた事を知った。

痕香が潜り込んでいることに気づいた項影はすぐに連れ出す。痕香は「風鈴を容楽に渡して、危害は加えない大事な話があるだけ」と言った。

容楽が目を覚まし、蕭可は脈を見る。だがいつも元気な蕭可の様子がおかしい。容楽が尋ねると、蕭可はごまかして去ってしまう。

医局に戻ってきた蕭可は「自分と子供の命、片方しか選べないとしたら どうすべき」と無郁に質問。その話を無憂が聞いてしまう。問い詰められた蕭可は「出産の際、鍼にて子に毒を移すべし」と医書に書かれていたことを話し、容楽には毒のことを口止めされていたと白状した。

子供に毒を移せば、子供は薬でしか生きられない。無憂は容楽に真相を付けず、子供に毒を移す決意をした。

容楽は蕭可のもとへ。そして「覚悟はできているはっきり話して」と迫る。ごまかそうとする蕭可だが、うっかり「子供を助ける手段は探す、毒を消すほうが先決」と口を滑らせた。蕭可はすべてを容楽に話す。

漫音閣。話を聞いた容楽を無憂が待っていた。容楽は「私には絶対にできない」と拒絶する。

感想:残り半分

雪狐医典の残り半分に他の方法が書いてあるんじゃないの?まだ希望はありますよ。

さてさて、そんなことより昭蕓が1人で旅立ってしまいました。金もあるし侍女もいるけど、やっぱりそんなのって悲しいな…?無郁が薄情だとは思わないけど、やっぱり…まあ子供を産んでそれなりに大きくなって、また人と暮らしてみてもいいかもしれないと思えるようになってくれたらお母さんは嬉しいな。

男女の関係だけじゃなく、親友でもなんでも人とわかり会えるって大事なことだよね。まあ惚れた腫れたは…次!

第54話 ネタバレ 秦家の姉妹


漫音閣。子供を救いたい容楽と容楽を救いたい無憂は言い争いに。無憂は容楽の作った仏像を投げ「私にお前の母はもういないと言わせるのか?」と迫った。

医局。無郁は蕭可に呼びだされ「好きよお嫁さんにして、お姉さんのことを知って人の縁は儚いものだと知ったの」と愛を告白。無郁は蕭可を抱きしめて気持ちを伝えた。

漫音閣。項影から痕香の風鈴を受け取った容楽は、待ち合わせ場所へ向かうため項影と屋敷を出た。

北臨 皇宮。傅筹は苻鴛の侍女を探し出し詰問。苻鴛輿入れの際の侍女は、冷宮に送られる前に宮中をでていたため口封じを逃れていた。

〜過去〜

20年余り前、北臨が復興した際に宗政允赫は西啓帝の容毅と中山で会盟した。会盟の後宗政允赫は急に苻鴛を疎み冷宮に入れた、皇后は冷宮で子供を産んだ。

宗政允赫は苻鴛に仕えるものを殺し、苻鴛に毒を飲ませて記憶を消した。

そこに至るまでの経緯はこうだ。

苻鴛は宸国の公主、宗政允赫の父の代に北臨は宸国に占領され北臨の皇族は皆宸国の臣下となった、しかし苻鴛が宗政允赫と情を交わし輿入れが決まったことで、宗政允赫は宸帝に目をかけられるようになり軍権を得た。

その後、宗政允赫の起こした謀反で宸国は分裂し、宗政允赫は北臨を得て容毅は西啓を得た、苻一族が皆殺しになった後は、現在の寧氏が王位簒奪して宸国の権力を手にした。

こうした事情で、宗政允赫は容毅を中山に招いた。会盟前に予想外の事態が、雲貴妃を見た容毅が貴妃を所望した。宗政允赫は別離を経て一緒になれた貴妃を手放したくない。そこで苻鴛に毒を飲ませ容毅に贈った。元々陛下にとって皇后は侵略された屈辱の象徴でしかなかった。苻鴛は天命の毒を盛られ記憶を失った。

郊外。痕香と念児が暮らす家にやってきた容楽。

痕香は秦家の密室に入ったことがないか容楽に聞く。2人は忍び込んだ秦家の屋敷で戦ったときのことを思い出した。「私は秦湘、秦家の娘はもうひとり秦漫というの、父上は女も学ぶべきと勉強させた」2人の姉妹はその時の詩を暗唱。抱き合い再会を噛み締めた。

青洲王府。無憂は容楽の置き手紙を読む。「無憂へ、一人で静かに子供の将来を考えたい、私にしかできない決断を下す、帰るべきときには必ずあなたのもとへ帰る」いても経ってもいられなくなった無憂は蕭可を連れて探しに行く。

夜。容楽は「当分帰らない」と痕香に話した。容楽は無憂と傅筹が双子であることを教え苻鴛と天仇門が真の敵であると真相を告げる。その夜、2人は同じ床で抱き合って眠った。

西啓。皇太后が戻った。しかし容斉は姿を消しており皇太后に伝言が残されている。「両親の仇に固執せず、ただ死を恐れず自由を望む、二度と朕のような者を生むべからず」

北臨皇宮。真相を知るため容斉を探している傅筹。だが容斉は行方も生死も不明だと報告が入った。

森の中。林申と落ち合う苻鴛。苻鴛は雪狐医書が容楽のもとへ渡るよう裏で手を回していた。さらなる計画が始まる。

医局。蕭可のもとへ項影がやってきて「王妃が丸一日目を覚まさない」と話す。そこへ無郁がやってきて見つかってしまう。

同じ頃、容楽は痕香に毒のことを話していた。痕香も子供を諦めるべきと主張するが、容楽は決意が堅い。

そこへ無憂たちがやってくる。容楽は気が付かず念児をあやしていた。無憂はその姿を見て連れ戻すことを諦め、代わりに蕭可を置いていく。

青洲王府。無憂に呼ばれた蕭煞は「解毒薬は西啓のもの、容斉は公主に血を飲ませました。あの血が功を奏したのかも」と話す。真相を探るため無相子が西啓に向かうことに。無憂は「なぜ秦永の娘が容楽公主になったのか」と疑問をいだいた。

容楽は治療に来た蕭可を追い返す。さらに項影に「好きなら追いかけなければ」と痕香を追わせた。1人になった所へ容斉が現れ「解毒するため一緒に」と連れ去る。

感想:宸国と西啓と北臨

ちょっと新情報てんこ盛りなんですけど、後出しやめてほしいです!話を聞く限り、北臨帝がクズなんですが違うんですか?

時系列を誰か整理して!

宗政允赫の父親の時代に、宸国に負けて皇族はみんな宸帝の臣下になった。

宗政允赫と苻鴛が情を交わしたので、宸帝にも気に入られて軍権を得た。

宗政允赫軍権を得たので、容毅と一緒に謀反を起こす。

宗政允赫は北臨を、容毅は西啓を手に入れる。

宸国は苻鴛の一族が皆殺しになって、寧千易の一族が王位簒奪した。

宗政允赫は西啓と盟約を結ぶため中山に呼ぶ。

容毅は雲貴妃を気に入ったけど、宗政允赫は差し出したくないので苻鴛に毒を飲ませて贈る(ひどない?)

この時系列のどこで、無憂&傅筹&容斉が生まれるんですか???まあ、後でまた実はこうでした~ってなりそうなので話半分に聞いときます。

次回、55・56・57はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。