萌医甜妻(ほういてんさい)10話11話12話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全28話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」について、全28話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を各話掲載していきます。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

【全話】「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」あらすじとネタバレと感想

「萌医甜妻」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

萌医甜妻の登場人物

  • 田七…太医見習い、沈昭児、8年前に両親を殺されかたきを討つため紀家へ
  • 紀衡…紀家当主、節帥、母は紀夫人
  • 紀征…紀衡の腹違いの弟、愛人の子供
  • 康寧児…紀衡たちのいとこ、紀衡が好き
  • 康徳…紀衡たちのいとこ、足が悪い
  • 紀夫人…紀衡の母、先代の正妻
  • 盛安懐…紀衡の側近
  • 丁志…田七の師匠
  • 沈青雲…田七の父、8年前に殺された
  • 順成郡主…紀衡の婚約者
  • 万紅…田七を助け医術を教えた、沈青雲の妹弟子
  • 林千…万紅の相棒(?)
  • 潔児…妓女、田七の敵の手がかりとなる腕輪を客からもらう
  • 淑夫人…紀家先代当主の愛人、本名は 廖淑儀
  • 春花…紀家の侍女、田七のことが好き、とってもいいこ、こんないい子がいていいの?
  • 孫大刀…紀家の侍衛、うんこ野郎
  • 菫子淳…菫家山荘の生き残り、山荘を滅ぼした紀家に恨みを持つ
  • 孫従瑞…国侯、田七の父を裏切った男
  • 孫藩…孫従瑞の息子、うんこ野郎
  • 鄭少封…紀征の友人
  • 陳無庸…紀夫人の側近

第10話 ネタバレ「仲人になる」

宿屋。

目を覚ました田七は万紅に「無鉄砲だ」と叱られた。

それはともかく女だとバレていないと聞いて一安心。

万紅に看病され、両親を殺した黒服の男に崖から落とされたときのことを思い出した。

その時、田七は万紅に拾われ助けられたのだ。

とにかく今は傷を治して紀家に戻り、両親の仇を探さなくてはならない。

紀家。

回復して紀家に戻った田七は使用人たちにちやほやされる。

どうやら紀衡を救った英雄ということになっているらしい。

部屋の調度品は紀衡の命令ですべて新調されていた。

怡然居。

その夜、紀衡は田七のための寝台を用意する。

全快していない体を気遣っているらしい。

田七は褒美として死罪免除の金牌を求めた。

しかし紀衡に断られてしまう。

紀衡は「お前もお前の命も私のもの、死なせたりしない」と金牌を渡さない理由を話した。

甲庫。

田七は甲庫で紀衡のお手伝い中。

そこへ康徳と康寧児がやってきた。

康寧児は紀衡に薬膳茶を渡すよう田七に頼む。

賄賂を渡された田七はあっさり承諾した。

更に褒美をもらうため田七は薬草茶を激推して紀衡に飲ませる。

その様子を不審に思った紀衡は「お前も飲め」と強要した。

田七は男のツバがついたお茶を嫌がりながらも飲み干す。

康寧児の居所。

田七は「喜んでました」と報告し、さらなる褒美をもらった。

街。

その日、田七は師匠のお供で生薬の買付にでかけた。

すると薬局の主人が娘を紀衡に紹介してほしいと貢物をしてくる。

田七は「他にも節帥様を慕う女子はいますか?」と尋ねた。

紀衡がモテモテだと知った田七は、紹介を餌に名家の女子たちから賄賂をしこたま集める。

怡然居。

田七は女達から受け取った贈り物をさっそく紀衡に渡す。

紀衡はすぐに田七が賄賂を受け取ったと悟った。

そしてその品を見せろと激怒する。

田七の部屋には貴重なサンゴや100年物の人参などが所狭しと置かれていた。

紀衡は怒って洛神賦図を持ち去る。

田七を叱りつけた紀衡だが、実はそれほど怒っていない。

それどころか「ずる賢いが根は優しい」と評価していた。

街。

紀衡に叱られた田七は品物を一軒ずつ返して回った。

その帰り道、珍宝館で鎖帷子(くさりかたびら)と木箱を手に入れる。

屋敷に戻りそれを紀衡にプレゼント。

田七が見つけたくさりかたびらは掘り出し物だった。

喜んだ紀衡は田七にかかった金額の3倍の褒美を与える。


感想:恋に落ちた節帥様

ベタぼれですね(σ・∀・)σ

もうここまでくれば田七が裏切ろうが何しようが紀衡が彼女を嫌うことはない、ということは次に待ち受けるは田七の心変わり…?

でも一回田七が紀衡に惚れといたほうが面白いから、優しくなった紀衡にベタぼれしてそこから両親の死の真相が明かされて関係グシャグシャになってからの弟の謀反?

じゃあ田七が女だってわかるのはまだ先なのかな?

まだ捨てきれない「男だろうと女だろうと関係ない」展開を…諦めんぞわしは…

第11話ネタバレ「市場へ行く」


画梁閣。

鎖帷子(くさりかたびら)を贈ったことで田七は紀衡に褒美をもらう。

田七はその金を銭荘に預けるため外出許可がほしいとねだった。

紀衡に「よければ街を案内します」と提案するが断られる。

街。

田七は大金を手に入れて借金を返済。

すると銭荘の前で紀衡が待ち構えていた。

紀衡は「視察」と言い張って田七に街を案内させたいようだ。

田七は言われた通り街を案内。

その途中、屋台のかんざしに目を留めた。

かんざしに見惚れる男…紀衡と店主に不審な目で見られてしまう。

田七は側にいた女性に話しかけ「お嬢さんに似合いそうなので挿してみて」とごまかす。

そこへ孫従瑞の息子 孫藩の取り巻きのチンピラ男が現れた。

チンピラは女性に絡み、田七がかばった。

田七はチンピラの股間を蹴り上げ逃げ出す。

すぐに取り囲まれるが紀衡が一人で全員ボコボコにした。

田七はその姿に惚れ惚れ、お礼に料理をおごることに。

料理店。

田七は紀衡が自分のことを女だと疑っているのでは…と不安になる。

そこで街に出て春画を集める愛好家を演じた。

さらに万紅楼へ連れていき女遊びをしている様子を見せることに。

その頃、紀征は友人の鄭少封に呼び出され街に出ていた。

鄭少封は大財閥の跡取り息子らしい。

紀征は万紅楼に入っていく田七と紀衡を目撃する。

万紅楼。

田七は手練の妓女たちに紀衡を任せて部屋を出る。

万紅に最近のことを報告した。

林七は「身元がバレたら罰を受ける」と田七のことを心配している。

その時、紀衡の声が聞こえてきた。

紀衡は「戦場で命がけで勝ち取った名声が汚される」と激怒。

田七は万紅楼や妓女をかばうため生い立ちを話した。

両親は悲惨な死に方をした、万紅楼の女将が医学を教えてくれた、家族のような人たち。

生い立ちを知った紀衡は同情する。

画梁閣。

その夜、紀衡は田七を呼び令牌を贈った。

その令牌があれば紀家を自由に出入りできる。

持っているものは紀家の中でも10名以内らしい。

田七の両親を殺した犯人も持っていたものだ。

同じものを持っている人物を特定することにした。

その頃、菫子淳は陳無庸に密書を送っている。

「淑儀が失敗した、師父に次の行動を頼む」

紀家。

翌日、紀征は兄が田七に令牌を与えたことを知る。

田七が紀衡に危害を加えるなら、このまま側に置いておくことは出来ない。

紀征は田七に自白させることにした。


感想:田七ったら

田七が惚れるしかないじゃん〜って言ってたら惚れちゃった。

こら、田七早すぎるぞ。

ちょっと前まで間接キス…ゲロ…ってしてたでしょ。

頭が硬すぎると思うぞその男は!しかもすぐ罰だ処刑だって言うし、手は出るし足は出るしお母さんは心配だぞ!

じゃあ弟のほうか?って言うと…こっちはこっちで…

そう言えば万紅おばさんと一緒にいる林七おじさんが何者なのかわかんないんだけど?

まあ内縁の夫みたいな人かな?

そもそも万紅おばさんの本名もはっきりしないし、女医のときに名乗ったのが本名なの?

林七おじさん冷静に物事を見てて、キャッキャしてる叔母姪コンビをたしなめててすごくいいなと思いました。

若者ばっかりなので冷静な玄人がいるといいなと思います。

田七も紀衡も親がいないのである。

第12話ネタバレ「宿敵に接近」


画梁閣。

田七は万紅楼の一件で両親が悲惨な死に方をしたことを紀衡に話してしまう。

紀衡は田七を呼び出し両親のことを聞いた。

さらに両親のことと関係があると考え、紀家に来た目的を話せと迫られる。

田七は「節帥様を慕っているので、太医として出征し、国のために身を捧げたい」とでまかせを言った。

訓練場。

紀衡は田七に鎧を着せ、槍をもたせると訓練を命じる。

田七の嘘を信じたらしい。

紀衡自ら手取り足取り槍の稽古をつけた。

しかし田七は体力の限界が来て倒れてしまう。

怡然居。

その夜、回復した田七は紀衡のもとへ。

田七は訓練を命じたのは紀衡の嫌がらせだと思っているようだ。

すると紀衡は無理をさせたことを田七に謝った。

処罰もしないという。

田七は紀衡とこうして出会わなければ、どんな関係になっていたか妄想を繰り広げた。

翌日、田七は令牌を使って外出する。

向かった先は国侯府だ。

見張っていると息子 孫藩が現れた。

田七は孫藩の後をつけ、料理屋で店主の妹に乱暴し店をメチャクチャにする横暴な様子を目撃する。

いらだっていると、そこへ紀征が現れた。

紀征は孫藩を尾行していたときから田七を見張っていたようだ。

孫家にどんな恨みがあるのかと聞かれた田七は「彼のせいで家族が亡くなった」と明かす。

話を聞いた紀征は「紀家に敵意がないなら協力する」と手を差し伸べる。

2人は阿征と小七として友人になることにした。

紀征は田七を友人 鄭少封に紹介する。

田七は賭けに誘われ見事に勝利した。

その騒ぎをチンピラが聞きつけ孫藩に報告。

孫藩は子分を殴った田七に興味を持ち賭けを提案する。

田七は「勝者の要求に従う」というルールで賭けに乗った。

そして見事に勝利する。

罰として孫藩を下着一枚で船に乗せ見世物にした。

紀家。

田七は亀の世話をしながら、亀にお祈り中。

そこに亡くなった紀家の息子の忘れ形見 如意が現れた。

紀衡と紀征の甥っ子にあたる。

祖母の紀夫人が供養をしている間、一緒に寺で暮らしていたらしい。

その如意がなぜが田七を「母さん」と呼んだ。


感想:紀征の本性

弟いいやつだな…大事なものを傷つけないなら君の秘密を守るよってめちゃくちゃ融通がきくし相手のことも考えられるし…

あれれ?おかしいな?紀征が黒幕なんじゃないの?

管理人の早とちり?

今回はじめて出てきた紀家の奥様っぽい人が黒幕?

そうだ整理しておこうね。

紀征の上に兄がいてその人はすでに他界している。

紀衡が長男っぽくないのはその人が長男だから?紀衡が兄だと言っただけなので順番は謎。

その亡くなったお兄ちゃんと先代当主の弔いのために紀征が「母上」と呼ぶ人は寺に住んでいる。

兄上の忘れ形見 如意くんも一緒に。

紀征が母と呼ぶだけなので、紀衡の母なのかは謎。

次回、13話14話15話はここから!

萌医甜妻全話まとめ記事はここから!

4 COMMENTS

さつき

みるこ様 こんにちは、引き続き楽しく拝読しています!
(コメントのお返しとっても嬉しかったです。返信コメント後日します^-^)
今日は希望のみにて失礼いたしますね。
◆第10話 ネタバレ「仲人になる」
◆第11話「市場へ行く」ネタバレ
見たところ、同じ文章になっているかと思われます。
私のPCか、目がおかしい可能性もあるのでちょっとビビりつつ(^^;)
もしお時間ありましたら、再チェック頂けますと幸いです。

返信する
ミルコ

さつきさん!こんにちわ、毎日暑いですね(っ’ヮ’c)

あら〜!?なんて大変な間違いを!?
さつきさんに指摘していただかなかったらそのままになっていました…
第10話が第11話の感想になっていたので、正規の第10話に差し替えました!
ご迷惑をおかけしました┏○ペコッ
ご指摘いただいて大変助かりました┏○ペコッ
未熟なブログですがこれからもよろしくお願いいたします!

返信する
さつき

みるこ様
し、仕事が早すぎます!!!(びっくり)
10話11話ともに早速のチェックとあらすじ書き換え、ありがとうございました!

返信する
ミルコ

さつきさん(*’ ‘)せっかく褒めていただいたのにちょっと留守にしてました…
とんでもないです!間違いを指摘してくださってありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。