萌医甜妻(ほういてんさい)7話8話9話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全28話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」について、全28話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を各話掲載していきます。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

【全話】「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」あらすじとネタバレと感想

「萌医甜妻」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

萌医甜妻の登場人物

  • 田七…太医見習い、沈昭児、8年前に両親を殺されかたきを討つため紀家へ
  • 紀衡…紀家当主、節帥、母は紀夫人
  • 紀征…紀衡の腹違いの弟、愛人の子供
  • 康寧児…紀衡たちのいとこ、紀衡が好き
  • 康徳…紀衡たちのいとこ、足が悪い
  • 紀夫人…紀衡の母、先代の正妻
  • 盛安懐…紀衡の側近
  • 丁志…田七の師匠
  • 沈青雲…田七の父、8年前に殺された
  • 順成郡主…紀衡の婚約者
  • 万紅…田七を助け医術を教えた、沈青雲の妹弟子
  • 林千…万紅の相棒(?)
  • 潔児…妓女、田七の敵の手がかりとなる腕輪を客からもらう
  • 淑夫人…紀家先代当主の愛人、本名は 廖淑儀
  • 春花…紀家の侍女、田七のことが好き、とってもいいこ、こんないい子がいていいの?
  • 孫大刀…紀家の侍衛、うんこ野郎
  • 菫子淳…菫家山荘の生き残り、山荘を滅ぼした紀家に恨みを持つ
  • 孫従瑞…国侯、田七の父を裏切った男
  • 孫藩…孫従瑞の息子、うんこ野郎
  • 鄭少封…紀征の友人
  • 陳無庸…紀夫人の側近

第7話「罪の証拠」ネタバレ

庭。

田七は師匠に亀のことを聞かれ適当な話を作り上げる。

「黒くてでかくて顔はメチャクチャ醜かった(´◠ω◠`)」

その話を紀衡が聞いていた…

紀衡は「呼び出して見せてくれ」と意地悪をする。

田七は仕方なく池に餌の魚を投げ入れ呼びかける。

そのうち見物客が集まってきた。

淑夫人に康寧児、康徳も現れる。

すると小さい亀が水面に顔を出した。

淑夫人はその亀を見て「主を騙した」と田七を批判。

しかし紀衡は「先祖の記録には南の島から来たヌマガメがいると書かれていた、福が訪れ無病息災をもたらす」と助け舟を出してくれる。

その証拠に甲羅に王の文字があった。

その夜のこと。

順成郡主の酒に毒を入れた慕竹が逃げ出そうとしている。

そこへ淑夫人の侍女 織錦が現れ慕竹を始末した。

慕竹と孫大刀は恋仲。

織錦に命じられ慕竹が孫大刀に田七殺しを頼んだようだ。

田七の居所。

田七の師匠 丁志は紀家で侍女の水死体が見つかったと慌ててやってくる。

慕竹は元々淑夫人の腹心だったが、過ちを犯して左遷されたらしい。

左遷先は繍坊で主に屋敷の中で使う服を作っている。

その話を聞いて田七は帯に仕込まれた毒のことを思い出した。

繍坊侍女の部屋。

田七は侍女に変装。

堂々と侍女部屋に入り「慕竹姉さん〜」と泣きわめいた。

同情した同僚の侍女は慕竹の縫った服や香り袋を渡してくれる。

服を手に入れて帰る途中、紀衡と出くわしバレそうになるがなんとか逃げ出した。

持ち出した香り袋の中から寸断が見つかる。

寸断の臭気を香り袋の匂いでごまかしていたのだ。

証拠の品までたどり着いた田七だが、全てを明かせば自分も殺されるのではないかと怯えている。

そこへ紀征が花の神に変装して現れた。

花神は証拠を渡せば助言すると言って香袋を受け取る。

助言は「忠義を尽くせば命拾い、全て素直に話せ」というものだった。

画梁閣。

紀征はその香袋と田七の行動を全て兄に報告。

香り袋の布は先代当主が淑夫人に下賜したものだった。

2人はそこで8年前に起こった事件のことを思い出す。

菫家山荘は勝手に山を占領し、地域の民を虐げていた。

先代の当主と紀衡は菫家山荘を討伐。

先代は淑夫人を連れ帰った。

もし淑夫人が菫家山荘の関係者で、紀家への復讐を企んでいるなら話が通る。

紀衡は淑夫人の背後を調べさせることにした。

田七の居所。

紀衡は田七のもとへ向かい処刑をちらつかせて脅す。

田七は仕方なく黒幕が淑夫人だと話した。

画梁閣。

紀征の調査により頭目には一人娘 廖淑儀がいたとわかる。

2人の推測では淑夫人がその廖淑儀だ。

さらに山荘主人の息子 菫子淳も同時に行方不明になっていた。

そこへ淑夫人が一度外出し戻ってきたと知らせが入る。

どうやら菫子淳に見捨てられたようだ。

紀衡は淑夫人を郡主殺しの罪で軟禁する。

紀衡に呼び出された田七は花神の言う通り全て素直に話した。

「死を恐れたので報告しませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。」


感想:はにゃ?

紀家滅亡を企む黒幕さんは紀征じゃないの?

菫家山荘ってのが出てきて、そこの主人の息子 菫子淳が黒幕っぽい?

紀征と菫子淳が同一人物ってことはないだろうけど、どうなんだろう。

まあ28話しかなくて公式で紹介されてる登場人物が紀衡・紀征・田七・康寧児の4人となるとやっぱり…

まあいいや٩( ᐛ )و 

えーとね、紀衡坊っちゃんはいちいち怒らないとお話できないのかな?

目の前にいるのは何よりも愛した女なんですけどいつ気づくのかな?

お母さんもうハラハラしちゃって、嫌われる前に気付けるといいね。

第8話「宿敵現る」ネタバレ


淑夫人の居所。

紀衡は田七を連れて淑夫人のもとへ。

黒幕 菫子淳の居場所を教えろと織錦を人質にとって脅す。

淑夫人は自ら舌を噛み切って自害してしまった。

死に際「私が死んでも終わらない」と言い残す。

紀衡が立ち去ったあとで田七は「寸断をどこで手に入れたの」と問いただす。

しかし答えは得られなかった。

結局田七は素直に白状したことで死罪を免れる。

ただ嘘をついた罰は受けることになった。

怡然居。

その夜、田七は紀衡に信頼され腹心となって権力を持てば父を殺した犯人のことも調べやすくなるかもしれないと考えた。

眠っていた紀衡は立ち去ろうとした田七を突然抱きしめる。

すぐに目を覚まして突き飛ばした。

田七は不眠症は心の傷から来るのも、話せば楽になると提案。

紀衡は過去の苦しみを語る。

その昔、父親に認められようと努力を重ねたが、そのせいで父親に警戒されるようになった。

8年前には自分を守るために殺された人がいた。

助けられなかった後悔がある。

苦しみを打ち明けられた田七は紀衡の悪夢を断ち切ると約束した。

その夜、紀衡は沈昭児と鐘楼で凧を上げる幸せな夢を見る。

画梁閣。

紀衡は淑夫人が犯人だったと上奏。

だが官吏は引き下がらない。

そこへ孫従瑞が陳情し皇帝を納得させたという。

孫従瑞は政の邪魔をする男。

8年前の沈青雲の事件にも関わっていた。

そこへ田七が薬膳を持ってきた。

紀征は「見えないふりをして!」と兄に話し、花神の芝居をして田七をからかう。

2人にからかわれ花神の正体を知った田七は怒って出ていってしまった。

紀征は田七に謝罪。

困ったときには助けると約束する。

画梁閣。

孫従瑞が紀衡に会いに来る。

孫従瑞は息子を軍の食料係に推薦してほしいと紀衡に頼んだ。

そこへ田七が通りかかり孫従瑞を目撃した。

8年前、沈青雲は罠にはまり暗殺を企む反逆者にされてしまった。

孫従瑞は窮地に陥った沈青雲親子を国侯府にかくまった。

しかし孫従瑞は親子の居場所を官吏に売ったのだ。

その時 田七も孫従瑞に会っている。


感想:黒幕とは

孫従瑞が沈青雲を売ったなら、孫従瑞を追求すれば黒幕がわかるんじゃないの?え?

田七がわざわざ紀家に入る理由とは。

ラブコメだからよお╰( ^o^)╮わかってんだろお

このドラマは後出しジャンケンしてくる系っぽいので細かいことは無視していこうね。

さーてさて、ここまで見てきて田七を兄弟で取り合わなくても3人で仲良く暮せばいいじゃんという気持ちになってきました。

一夫多妻は歪みそうだけど、一妻多夫で妻が賢ければうまくまわると思っているのは管理人だけ?

妻がポンコツだと殺し合いが起きそうだけど…(σ・∀・)σ

第9話「田七の危機」ネタバレ


紀家。

孫従瑞を目撃した田七は敵討ちを再度心に決める。

その様子を見ていた紀征は、なぜ田七が孫従瑞に恨みを持つのか不審に思った。

紀征はそのまま兄のもとへ。

兄 紀衡は民を苦しめる孫従瑞が欲を出して息子を推薦してきたことに腹を立てている。

紀家で起きた事件は一件落着したが、淑夫人の背後関係は明らかになっていない。

疑問が残るのは寸断の入手先についてだ。

屋敷内に淑夫人の協力者がいるはず。

紀衡は田七の名前を上げる。

紀征は田七をかばい、女であることは話さなかった。

弟が嘘をつくとき目をそらす癖があると知る兄は怪しむ。

紀家。

紀衡はわざと外出し刺客をおびき寄せることにする。

「怪我に備えて」と理由をつけて田七も連れ出した。

田七は馬車の中で紀衡にお茶をこぼして早速叱られる。

練兵場に向かう途中、一行は食事休憩を取ることに。

追い払われた田七は森に入り、両親と楽しい時間を過ごした場所にたどり着いた。

父が笛を、母が歌を、田七が舞を。

田七は1人で歌いながら涙を流した。

そこへ散歩に出てきた紀衡が現れる。

紀衡は歌声を聞いて美女だと思いこむが、現れたのが田七だったため怒ってしまった。

田七が花かんむりをつけていたため「一輪でも落としたら罰するぞ」と脅す。

宿屋。

一行は宿屋で一泊。

紀衡は田七に入浴を手伝わせる。

田七はなんとか上の着物を脱がせるが、どうしてもはかまを脱がせることが出来ず固まってしまった。

その表情を見た紀衡は田七を追い出す。

翌日、一行は練兵場に向けて出発。

紀衡の狙い通り黒幕の放った刺客が現れた。

襲撃に備えていた紀征も現れ、兄とともに刺客を捕らえていく。

その時、茂みに隠れていた刺客が紀衡に向けて矢を放った。

逃げ惑っていた田七はつまずいて紀衡の前に。

田七の右肩に矢が刺さる。

宿屋。

紀衡は田七を宿屋につれて戻り治療しようとする。

着物を脱がされれば女であることがバレてしまう。

そこへ紀征の呼んだ医者が到着。

田七の危機を知った万紅(葉千紫)だった。

万紅の治療で田七は命を取り留める。

その夜、紀衡は田七のそばを離れず看病を続けた。

しかし紀家を留守にするわけにも行かず、翌日仕事のために戻っていった。

目を覚ました田七は万紅をから全て説明され叱られる。


感想:ピクニック

前半あまりに平和すぎてみんなでピクニックにでも来てるのかと錯覚した(´◠ω◠`)平和ねえ

って言ってたら田七がうっかり八兵衛して大変なことになってます。

女バレフラグがビンビンだけど、女医登場で回避かな。

やっぱりねえ管理人的にはねえ、

「田七がいい、田七でないとだめ、性別は関係ない、彼だろうが彼女だろうが君の命は僕のもの何があっても守ってみせるマイラブ」くらいじゃないと可愛い娘を嫁に出せませんわ。

そんなセリフを言いそうにない人が相手役なんですけどね╰( ^o^)╮

となってくると普通に女バレして一回関係こじれる感じ?

次回、10話11話12話はここから!

萌医甜妻全話まとめ記事はここから!

2 COMMENTS

さつき

みるこ様、再びお邪魔いたします!
「萌医甜妻」3話まで見終えました。
いまのところめちゃくちゃ気軽に見られるコメディで安心中。
感想だけ先読みしちゃって、「うっかり八兵衛」に大笑いしました!

先日はご丁寧にコメントの返しをありがとうございました。
まるでこちらに明るく手を振って下さっている姿が見えたようで
読みながら思わず笑みが浮かびました。
みるこ様は、文で人を楽しませる天才ですね!
ここまで「読む側に感情が届く文章」を書ける方って、
なかなか居ないと思います。 素晴らしいです。

ところで最初のメルアド書かずの長文は、大変失礼しました。
1点は、返信を強要してしまうみたいで控えたかったのと、
もう1点は、私自身がふだんは頭を出さない水面下の読者なもので。
(要は「読む専門」ですね。コメントすることに慣れていなくて)
ただ、楽しませて頂いたお礼はどうしても伝えたくて葛藤の結果、
あんな感じになってしまいました。

その後「萌医甜妻」の感想を書いて下さったと知り、
「こ、これは私もちゃんと応答を!!!」と、
勇気を出して浮上してみました。( ^ _ ^ )/

個人ブログなので”好き勝手”も”文句”も、自由度高いままで大正解と思いますし、
少なくとも私にとっては表現豊かな、みるこ様の文章は
痛快・爽快そのものですので、どうか今のままで進んで下さい!
ほかの方のコメントも拝読しましたが、皆さん何よりも
みるこ様の感想を楽しみにしてるまであるんじゃないかと思うくらいですよー。

応援がプレッシャーに変わってしまわないよう、これ以上は控えますが、
とにかくみるこ様の感想は、本当に「とっても楽しい」に尽きます!
いろんなドラマの感想を、少しずつ読ませて頂こうと思います。
サイト運営(きっと時間かけて色々調べたりしますよね)は、
何かと大変と思いますが、ぜひぜひご自身の気分次第の、
ゆったり更新で無理なく進めて下さいませ。

「月に咲く花の如く」、なんと「明蘭」超えの全74話なんですね。
みるこ様のおすすめとあらば、ぜひいずれ見る時間を取りたいと思います!

返信する
ミルコ

早くも再びお会いできて嬉しいです(*’ ‘)
昨晩眠る前にコメント通知に気づきまして、べた褒めコメントを読みながら幸せな気持ちで寝落ちいたしました…ビッグラブ
全文読ませていただいて、さつき様は自己と他者の分析力がずば抜けて素晴らしい冷静な方なんだな…と尊敬の念でいっぱいになっております。
あまり褒められるとキョドってしまうところまで見透かされていて恥ずかしい(*/ω\*)

最初の長文メールにはそのような経緯があったんですね!
私もこのブログ以外では「読む専門」なので、お気持ちとてもわかります。
たまに感想メールを送り相手のことを考えて返信不要ですと付け加えるのに、最終的にお返事を頂いて申し訳ないなと思ったりなんてことがたまにあります。
逆の立場になってみて、こうして感想をもらったり褒めていただけるのがどれだけ嬉しくて幸せなことなのか実感いたしました。
なのでお気になさらないでください!
なんだか書いては消して書いては消して、どうやって何を伝えたらいいか考え続けていると無難なことばかりになってしまいました…
とにかく!お褒めに預かった通り邁進していこうと思います!!!元気100%٩( ᐛ )و

そうなのです!全74話!長すぎ〜と思われるかもしれませんが見始めるとあっという間に終わってしまいます(´·ω·`)
損はさせませんので是非ご覧になってみてください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。