萌医甜妻(ほういてんさい)13話14話15話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全28話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」について、全28話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を各話掲載していきます。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

【全話】「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」あらすじとネタバレと感想

「萌医甜妻」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

萌医甜妻の登場人物

  • 田七…太医見習い、沈昭児、8年前に両親を殺されかたきを討つため紀家へ
  • 紀衡…紀家当主、節帥、母は紀夫人
  • 紀征…紀衡の腹違いの弟、愛人の子供
  • 康寧児…紀衡たちのいとこ、紀衡が好き
  • 康徳…紀衡たちのいとこ、足が悪い
  • 紀夫人…紀衡の母、先代の正妻
  • 盛安懐…紀衡の側近
  • 丁志…田七の師匠
  • 沈青雲…田七の父、8年前に殺された
  • 順成郡主…紀衡の婚約者
  • 万紅…田七を助け医術を教えた、沈青雲の妹弟子
  • 林千…万紅の相棒(?)
  • 潔児…妓女、田七の敵の手がかりとなる腕輪を客からもらう
  • 淑夫人…紀家先代当主の愛人、本名は 廖淑儀
  • 春花…紀家の侍女、田七のことが好き、とってもいいこ、こんないい子がいていいの?
  • 孫大刀…紀家の侍衛、うんこ野郎
  • 菫子淳…菫家山荘の生き残り、山荘を滅ぼした紀家に恨みを持つ
  • 孫従瑞…国侯、田七の父を裏切った男
  • 孫藩…孫従瑞の息子、うんこ野郎
  • 鄭少封…紀征の友人
  • 陳無庸…紀夫人の側近

第13話「数珠の持ち主」ネタバレ

紀家。

寺で先代の供養をしていた紀夫人が戻ってくる。

紀夫人は紀衡の母、紀征の育ての母だ。

加えて、紀衡と紀征の甥っ子 如意、紀夫人の側近 陳無庸も戻ってくる。

その如意が田七の前に現れ、突然「母さん」と呼んだ。

困惑していると紀征がやってきて如意のことを田七に教えた。

楽しそうに話をしている3人。

その様子を紀衡が目撃しイラつく。

3人のもとに来ると田七を叱った。

田七は如意を送り届ける途中「怒ったのはきっと一緒に遊びたかったからだよ」と優しく話す。

陳無庸の居所。

陳無庸が侍女を罰っしている。

その様子を田七と丁志が目撃。

春花は「紀夫人お気に入りの陳無庸、指揮官で恐れられている」と注意を促した。

春花は田七の持っていた数珠の持ち主も陳無庸だと話す。

田七は貢物を持って陳無庸のもとへ。

陳無庸は貢物の中にあった数珠を見て顔色を変えた。

さらに田七は「腕の古傷に効く特効薬」と薬を贈る。

カマをかけたが、どうやら本当に腕に傷があるらしい。

田七は陳無庸が両親を殺した犯人だと確信した。

その夜、陳無庸は田七に首を来られる悪夢を見る。

不審に思い消そうと考えた。

天壱堂。

陳無庸は淑夫人の侍女だった織錦を紀夫人のもとに連れてくる。

そして「田七は不運だと言われていて危険だ」と吹き込ませた。

紀夫人は息子の側から田七を排除することにする。

恋人の1人からその話を聞いた師匠 丁志はすぐに田七に知らせた。

田七は逃げ出すより、紀衡にしがみついて時間を稼ぐほうがいいと考える。

そこで、アレルギーの出る薬草を飲み水痘(みずぼうそう)を装うことに。

高熱が出て苦しむが背に腹は代えられない。

天壱堂。

紀夫人は紀衡に田七を譲ってほしいと頼む。

紀衡は承諾。

盛安懐は田七が水痘になり隔離されていると教えた。

知らせを受けた紀夫人は遠回しな手は使わず田七を処分させることにする。

画梁閣。

その頃、紀衡は「紀夫人は織錦に会ってから田七がいると祟りが起こると信じている」と報告を受けた。

紀衡はすぐに田七の策に気づく。

天壱堂。

その夜、紀夫人は息子二人と食事をする。

紀征の生母は早世しているため、育ての母 紀夫人に感謝をという話になった。

その流れで紀夫人は過去のことを思い出す。

その昔、紀夫人は紀征の産みの母に毒を飲ませて殺したようだ。

田七の居所。

紀征が田七の様子を見に来る。

高熱で朦朧としている田七は立ち上がった瞬間に倒れてしまった。

紀征はすぐに抱き起こし朝まで看病を続ける。

怡然居。

その頃、紀衡も田七のことが気にかかって眠れない。

しかし会いに行くことも出来ない。


感想:看病イベ

看病イベント来た(σ・∀・)σこれはスチルの予感

スチルで思い出した、ときメモGS4買ったのにやってないや、こういうことに気づくと学生の頃って死ぬほど時間が余ってたんだなあと実感するわ。

ゲームも漫画も小説も雑誌も消化できないったらないぜ(‘∵`)

え?それでも中国ドラマ見てるじゃんって?だって好きなんだもの(σ・∀・)σ

あとBL漫画は移動時間とかでぱっと買ってぱっと読めちゃうから消化してるなあ。

でろでろドロドロだったりするものを外で読んでいいのかというのは置いといてだね、人のスマホを覗き込むような悪趣味な人がいたらぎょっとするかもね。

さーて、紀夫人が登場しましてどうやら紀征の生母と先代当主を殺した?ようなシーンが出てきました。

謎が深まるばかりだよ。

第14話「紀衡の策」ネタバレ


田七の居所。

紀征は田七の側で一晩中看病を続ける。

翌朝、田七の熱は下がっていた。

画梁閣。

紀衡も田七を気にかけ一睡もできなかったらしい。

よくなったと聞き安堵する。

しかし紀征が看病していた事を知って複雑な心境に。

立て続けに、孫従瑞から「街で紀征と男が料理屋に入っていった」と聞き激怒。

孫従瑞は管理不行き届きだと紀衡を説教する。

料理屋。

孫従瑞は「紀征が男といちゃついている」と噂を流したようだ。

その噂を知った鄭少封は紀征を呼び出し、女二人と同じ卓につかせて噂を消すことにした。

そこでやっと紀征は田七と出かけたことが騒ぎになっていると知る。

天壱堂。

紀夫人は紀衡を呼び出し田七の話をする。

紀衡は田七をかばわず、追い出すべきという意見に同調した。

その席で神と崇められる占い師 雨揚居士の話をする。

占い好きの紀夫人はその話に食いついた。

東屋。

雨揚居士はただの詐欺師。

田七を助けるため紀衡が手を回して話をつけ、罪を許す代わりに芝居をする約束をさせていた。

雨揚居士は「紀衡と田七は欠けた部分を補い合い幸運を呼ぶ素晴らしい関係だ」と話す。

紀夫人は紀衡が処刑を命じたと知り、すぐに陳無庸を向かわせた。

それと同時に紀衡は盛安懐を田七のもとへ向かわせ捕らえる芝居をさせていた。

驚く田七。

盛安懐に「節帥様の苦心を無駄にするな」と言われ察したようだ。

芝居だとは知らない春花は紀征に助けを求めていた。

紀征はすぐに田七を助けに向かう。

そこへ陳無庸が現れた。

陳無庸は紀夫人が田七を殺めてはならないと言っていると伝言を伝える。

画梁閣。

一件落着、紀衡は策がうまくいきご機嫌だ。

一方、紀征は田七の危機により自分の恋心に気づいてしまった様子。

田七を抱きしめ「冷静でいられなかった」とささやく。

そして田七に「全て片付いたら女に戻れるよう手を貸す」と微笑んだ。

紀家。

田七はすっかり回復。

顔の疱疹が治れば紀衡のもとに戻れることになる。


感想:占い好きの姑

紀夫人が占い好きで良かった( ´ⅴ`)ノ

紀衡が母にNOが言えないなら田七が嫁ぐと最悪じゃんと思ったけど、うまいこと母親を手のひらで転がしてるから心配ないな。

もうあれですよ、今どきは家と家の婚姻ではなく個人と個人の婚姻だと考えないとだめですよ。

この時代にそんな事言われてもってか!ガハハ!

でもそうだよね、この時代だからこんなもんだけど人間の成熟が深まれば婚姻の目的は子孫繁栄ではなく自己実現のひとかけらにしか成り得ないし。

それにしても陳無庸は何者なんでしょうか。

菫子淳から師父と呼ばれるってことは菫家山荘の関係者だよね。

第15話「嫁の人選」ネタバレ


紀家。

孫従瑞がやってくる。

紀衡は「紀征と噂になった男はただの太医だ」と孫従瑞が噂を流したことを批判。

その反面、孫藩は女に乱暴した上に節帥の馬車を止めた不届き者だ。

紀衡は貴族への増税を承諾すれば孫藩を釈放すると条件を出した。

孫従瑞は承諾するしかない。

田七は紀衡が孫藩と孫従瑞を懲らしめてくれると考えていた。

そのため取引にショックをうけ「民を無視した人命のかばいあいだ」と批判する。

田七は庭にひざまずく罰を受けることになった。

そのうち雨が降り出し、紀衡は部屋に戻せと命じる。

田七は体力の限界が来て倒れてしまった。

紀衡は田七を気遣い、盛安懐に食事を持って行かせる。

しかし田七は紀衡を頼らず敵討ちをしなければと決意していた。

紀家。

数日後、孫従瑞が乗り込んでくる。

紀衡が孫藩を皇帝に推薦し、干ばつと疫病の地に派遣されることになったようだ。

孫従瑞は激怒し立ち去る。

国侯府。

孫藩は「行きたくない」と父に泣きつく。

しかし悪事の証拠も握られている上、増税を承諾したことで貴族から責められている。

孫従瑞は紀家に住まう康徳を呼び出すことにした。

孫従瑞は「手を組み紀家を追いやりたい」と話す。

康徳は「節度使になれるなら」と条件を出した。

足の悪い康徳が節度使になれるわけがなく、孫従瑞は代案を出す。

だが交渉決裂で康徳は立ち去った。

実は康徳にも野望があり「妹が紀衡に嫁いで子を産めば、甥の補佐をして兄弟を退けられる」と考えているようだ。

市場。

紀征は所有している茶舗などを田七に教える。

そして資産を管理する秘書になってほしいと提案した。

だが田七は断ってしまう。

怡然居。

その夜、田七はいつものように仕えるが空気は最悪。

紀衡に追い払われてしまう。

見かねた盛安懐は、紀衡が節度使になる前に孫家の協力があったこと、不義理が出来ない状況で孫藩を被災地に送ったことを話す。

田七は「紀衡が好きだから期待してしまっていた」と自分の気持ちに気がついた。

だがその恋心を抑え込み両親の復讐に利用するだけ、と言い聞かせる。

画梁閣。

翌日、田七を罰したことに罪悪感を抱いていた紀衡は褒美に金を与える。

田七は与えられる理由がないと言って断った。


感想:胸キュン

管理人、初心に戻ります。

弟が嬉しそうな顔みるとウグッ…ってなる…やっぱり管理人は弟派┏○ペコッよろしくお願い申し上げます!

「誘惑…したのか?」

ここですよ奥さん、この直後の柔らかい嬉しさを隠しきれない笑みですよ。

たまりませんね奥さん、どう思いますか、どうしてくれましょうかね。

紀衡が頑張ってるのはわかるんだけど性格歪みすぎててお兄ちゃんっぽくないんだよ、その傍若無人なお兄ちゃんのせいで弟は周りに気を使う優しい子になっちゃって。

今こう言ってるけど中国ドラマは裏切りかましてくるからな。

次回、16話17話18話はここから!

萌医甜妻全話まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。