萌医甜妻(ほういてんさい)4話5話6話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全28話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」について、全28話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を各話掲載していきます。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

【全話】「萌医甜妻~ボクの可愛いお医者さん~」あらすじとネタバレと感想

「萌医甜妻」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

萌医甜妻の登場人物

  • 田七…太医見習い、沈昭児、8年前に両親を殺されかたきを討つため紀家へ
  • 紀衡…紀家当主、節帥、母は紀夫人
  • 紀征…紀衡の腹違いの弟、愛人の子供
  • 康寧児…紀衡たちのいとこ、紀衡が好き
  • 康徳…紀衡たちのいとこ、足が悪い
  • 紀夫人…紀衡の母、先代の正妻
  • 盛安懐…紀衡の側近
  • 丁志…田七の師匠
  • 沈青雲…田七の父、8年前に殺された
  • 順成郡主…紀衡の婚約者
  • 万紅…田七を助け医術を教えた、沈青雲の妹弟子
  • 林千…万紅の相棒(?)
  • 潔児…妓女、田七の敵の手がかりとなる腕輪を客からもらう
  • 淑夫人…紀家先代当主の愛人、本名は 廖淑儀
  • 春花…紀家の侍女、田七のことが好き、とってもいいこ、こんないい子がいていいの?
  • 孫大刀…紀家の侍衛、うんこ野郎
  • 菫子淳…菫家山荘の生き残り、山荘を滅ぼした紀家に恨みを持つ
  • 孫従瑞…国侯、田七の父を裏切った男
  • 孫藩…孫従瑞の息子、うんこ野郎
  • 鄭少封…紀征の友人
  • 陳無庸…紀夫人の側近

第4話「添い寝の命令」ネタバレ

画梁閣。

紀衡は田七を呼び出して帯を取り上げる。

田七は毒が仕込まれた帯をすでに処分していたため、その帯からは何も出てこなかった。

紀衡は犯人をおびき出すため田七を付き添い太医にして側に置くことにする。

太医の居所。

部屋に戻った田七は師匠 丁志が数日前に着物を新調してくれたことを思い出した。

師匠は複数の侍女に手を出しており、その侍女たちに帯を贈ったと焦りを見せた。

田七は師匠を疑ったのは勘違いだったのかと納得。

そこで帯に毒が仕込まれていたことを話した。

万紅楼。

紀征の配下 許勁が手巾を返しに来る。

万紅は女達に接客させ、許勁が手巾を置いて帰るよう仕向けた。

許勁は赤くなり手巾を預け逃げ出す。

花火祭りの日。

紀衡は沈昭児との思い出に浸っている。

沈昭児は初めての親友であり、気さくに兄ちゃんと呼んでくれた妹でもあった。

何があっても守ると約束したが両親ともども事件に巻き込んでしまう結果となった。

紀衡は沈昭児に名前を伝えていなかったらしい。

話を聞いていた紀征は「遺体はなかったのだから元気で生きている」と励ました。

画梁閣。

田七は紀衡の手の傷の治療に呼び出される。

そこで墨をすることになった。

自然に墨の目利きをする田七を見て、紀衡は誰に習ったのか聞く。

田七は父だと答えた。

紀衡も沈青雲に師事し、同じ教えを受けていたのだ。

「沈青雲が師匠」

田七はそれを聞いて動揺し、墨を折ってしまった。

挽回しようと山に吹くそよ風の真似をして扇であおぐ。

心地よい風を感じて紀衡は眠ってしまった。

紀衡の不眠症を知る盛安懐は驚愕。

田七のことを見直した。

その夜、紀衡はいつものように沈昭児を助けられない悪夢を見て飛び起きた。

盛安懐は「田七に扇いでもらったらどうです」と提案し、なぜか「添い寝の命令」として田七を連れてくるよう命じてしまう。

添い寝と言われた田七は断固拒否。

無理やり布団に巻かれて連れてこられた。

勘違いだとわかった田七は命じられた通りあおぐ。

翌朝、紀衡はぐっすり朝まで眠っていたようだ。

寝台に突っ伏して田七も眠っている。

盛安懐は不眠症が改善されたと大喜び。

田七は恩賞をもらって大喜びした。

庭。

侍女 春花は助けてもらったお礼にあんこ餅を、と田七に渡す。

田七はうっかり腕輪を落としてしまった。

春花はその腕輪をどこかで見たことがあるという。

そこへ侍衛 孫大刀がやってきた。

感想:ときときめきめき

やだ〜(*´ω`*)も〜何このラブコメドラマ〜ときめき〜

前回弟派だと言いましたが、兄もいいですな…兄も…兄弟丼?

管理人がお下品なことを申しました謝罪します。

でも一個だけ言わせて、田七が沈昭児だってわからないのは百歩譲って許すけど、この年頃の子が男か女かくらいは見分けてほしいな?

女の子だとわかった上でなにか事情があるんだなと黙っていてくれる人たちが好きです。

人には事情が星の数ほどあるのだから詮索しないのが一番よ。

さてさて、お兄ちゃんの方は田七が沈昭児だと知ったら溺愛しそうで今からニヤニヤしています。

全28話と短いのでどのあたりでネタバラシが来るのかしら。

まって短いって言っても2クール近くある…中国ドラマの長さに飼いならされちまったぜ。

第5話「忍び寄る影」ネタバレ

田七は孫大刀から春花を先に逃がす。

そしてすきを見て自分も逃げ出した。

その様子を紀征が目撃。

すぐに橋の上ですれ違った手巾の君だと気づく。

その時、孫大刀が田七に向かって棍棒を投げた。

紀征は田七をかばう。

しかし田七は自ら前に出て額を怪我してしまった。

紀征は「田七は恩人、迷惑をかけたら兄に報告する」と孫大刀を脅す。

紀征は田七にますます興味を持ち調べさせることにした。

太医の居所。

田七は自分で頭に包帯を巻く。

そこへ春花が来て、あまりに不格好な様子を見て巻き直してくれた。

春花は医学に興味があるらしい。

田七は師匠が女であることを明かして、女であっても医者になれると励ました。

腕輪については紀邸の誰かが持っていたことしかわからないという。

画梁閣。

田七はツツジの世話をするため画梁閣へ。

傷のことを聞かれ「鴨居にぶつけた」と嘘をついた。

田七の身長で鴨居に額をぶつけるわけがない。

問い詰められ田七は孫大刀にやられたと明かした。

紀衡は「犯人も探さずに勝手なことをしている」と田七を叱りつける。

田七は床に頭をぶつけながら叩頭し、包帯に血が滲んでしまった。

紀衡が盛安懐から細かい事情を聞いていると、康寧児がやってくる。

孫大刀は康寧児の従者だ。

田七が春花と紀征を助けようとしたことを聞いた紀衡は態度を変える。

淑夫人の居所。

その頃、事件の黒幕 淑夫人は田七を始末しようと考えている。

そこで侍女 織錦にあることを命じた。

淑夫人は紀家に復讐がしたい様子。

怡然居。

田七は新たにお灸を使った治療で不眠症を治そうとする。

見張りの侍衛は上半身裸の紀衡を見て、田七との関係を噂した。

「節帥様は男好きで太医に添い寝させている、しかも男好き」という噂があっという間に広まった。

噂のことを知った紀征は兄に報告。

紀衡が怒ったため、田七が女だと知らないのだと確信する。

怡然居。

その夜、紀衡は「懐かしい香り」に言及した。

香りの正体は田七の香り袋。

子供の頃に庭で育てていたくちなしの花を今でも香袋に入れていると話す。

紀衡は「田七がいなくても香りがあれば眠れるはず」と考え香袋を奪って田七を退出させた。

その帰り道、田七は侍衛 孫大刀に棍棒で殴られ連れ去られる。

深夜、紀衡はうなされて目を覚ました。

安眠の効果が香りでなく、田七にあったことに気づく。

盛安懐に命じて呼び戻させることにした。

そこへ行方不明の知らせが届く。

紀衡は門を封鎖し捜索を命じた。

庭。

厳しい捜索が始まり逃げ場を失った孫大刀は、池に田七を投げ捨てた。

その様子を偶然 紀衡と紀征が目撃。

紀衡は田七を助けるため池に飛び込む。

感想:らぶらぶこめこめ

これが日本のラブコメ漫画なら押し倒されてるところですよ田七ちゃん。

いやまって紀衡の坊っちゃんはまだ男の子だと思ってるのか。

男の子だと思い込んだまま「それでもいい!!!田七を愛している!何も言わないでくれ盛安懐!」って展開もいいなと思いまして、どうですか?

どこかで聞いた展開だな?

もしかして:花ざかりの君たちへ

アホなこと言ってますが、めちゃくちゃ気になるところで終わったので次見るぞ。

第6話「醜い恩人」ネタバレ

庭。

孫大刀が田七を池に投げ入れた。

紀衡がすぐに池に飛び込み助ける。

紀衡は意識のない田七を紀征に預け着替えに向かう。

目を覚ました田七は一体誰が助けてくれたのかと不思議に思った。

そこへ騒ぎを聞きつけた野次馬が集まってくる。

田七は「大きな亀が助けてくれた」と適当な嘘をついた。

紀衡も様子を見に戻ってくるが、田七にはそっけない。

田七の居所。

翌日、紀衡が田七の居所に現れる。

犯人のことを聞かれた田七は「体臭がきつかったので孫大刀」と即答した。

しかしすでに孫大刀は自害したらしい。

甲庫。

田七は父のことを探るため機密文書が置かれている甲庫に入る。

そこへ侍衛が来て見つかりそうになった。

すると紀征が現れ「従者として連れてきた」と助け舟を出してくれる。

甲庫に入った理由を聞かれた田七は「慕っている人の生年月日と紀家に入った日を知りたい」と素直に教えた。

田七の居所。

紀征は池に落ちた時 田七に貸した服を取りに来る。

しかしそれは口実で、本当は女の身で危険を犯して紀家に入った理由を問い詰めに来たのだ。

命がけで探したい人は?なぜ男のふりを?

田七はとにかくしらばっくれてその場を逃れようとする。

紀征が引き下がらないので「人格と容姿を侮辱された〜ウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。」と騒ぎ立て強引に諦めさせた。

怡然居。

鉢植えのツツジに残った花はあと一輪。

その夜、田七は紀衡が眠ったあとで鉢植えをこっそり盗み出した。

師匠にその事を打ち明けると「花を守りたいなら花の神様に祈るしかない」と言われる。

画梁閣。

紀衡は田七が何か隠していると考え紀征を見張りにつける。

その頃、田七は淑夫人に出くわしていた。

夫人は「棒で殴られたそうね、よく休むのよ」と声をかける。

棒で殴られたことは犯人と黒幕しか知らないはずだ。

田七は証拠を掴んでから紀衡に話すことにした。

感想:めんどくせ

紀衡坊っちゃんかっこいいんだけど、本心を隠したり意地悪するのは嫌だわ。

ぴちぴち10代の小娘ならやきもきするのかもしれないけど、なんかこの年になると回りくどいのはクソめんどくせー₍₍(:D)⁾⁾と思ってしまうのでなんか…

やっぱり人間素直なのが一番ですよ。

その点、紀征の清々しいことよ!

やっぱり管理人の選んだ男^^さすがよ紀征!

ちゃんと田七が女の子であることも見抜くし、男装してまで紀家に入るなんて事情があるとわかってくれるし、それでいて気になるからって問い詰めたりしないで見守ってくれる。

100000点٩( ᐛ )و 

次回、7話8話9話はここから!

萌医甜妻全話まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。