【鳳凰伝】28・29・30話あらすじとネタバレと感想|暗君ここに極まれり!

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「鳳凰伝〜永遠の約束〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

無料配信情報

ビデオマーケット1話&2話の無料配信あり

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 葉凝芝ようぎょうし(何泓姗/ハー・ホンシャン)…主人公。雑技団の看板娘。「如懿伝」
  • 魏広ぎこう(徐正溪/シュー・ジェンシー)…相手役。頭脳明晰な皇后の謀臣。「独孤伽羅」「賢后 衛子夫」
  • 鄭淑君ていしゅくくん(曹曦文/ツァオ・シーウェン)…梁の皇后。絶大な権力を持つ。「如懿伝」
  • 朗坤ろうこん(黎耀祥/ウェイン・ライ)…尚官局司正。皇后の犬だが…?
  • 龐貞ほうてい(刘敏/リウ・ミン)…皇帝の姉。野心あり。
  • 龐通ほうつう…皇帝。
  • 班鈴児はんれいじ…宮女。
  • 龐宇ほうう…広定王。
  • 厳寛げんかん…元国師。
  • 羅英らえい…葉凝芝の母。鳳祥鳴雑技団の座長。
  • 阿嬌あきょう…葉凝芝とともに育った姉妹のような仲間。
  • 阿俏あしょう…葉凝芝とともに育った姉妹のような仲間。
  • 楊彪ようひょう…うんこ野郎。

DVD情報

【全41話】あらすじ・ネタバレ・感想

第28話 亡霊現る

あらすじ

処刑したはずの厳正(げんせい)の亡霊が現れ、怯える広定王は皇姉・龐貞(ほうてい)と獄中の厳寛(げんかん)に会いに行く。そして、厳寛の予言を信じた龐貞と広定(こうてい)王は、厳寛を連れて彦都を脱出すると、彼を大元帥にして北巓に新王朝を樹立する。一方、皇帝・龐通(ほうつう)は魏広(ぎこう)を大元帥にして反乱軍に対抗。だが、厳寛から思いがけない条件で和議の申し入れが届き…。

ネタバレ

広定王は厳正の胸に剣を刺し処刑した。だが山に埋められる最中、厳正は目を開く。

承祥宮。皇太后は頭がしっかりしているうちに、凝芝にすべてを託そうと考える。凝芝は魏広への気持ちを認めいつか自由になりたいと話した上で、皇太后の願いを聞き入れた。

華祥宮。厳正の亡霊が広定王のもとに現れる。皇姉と広定王は獄中の厳寛を訪ね理由を聞く。厳正は「厳寛は恨んでいない」と話し「双月が現れ、天から太陽が消えるとき、またここへ」と2人に言った。

厳正の予言通り、天に双月が現れ 梁は天災に見舞われる、さらにイナゴの大軍が太陽を隠し凶作をもたらした。

予言が当たったことで厳寛を信用した皇姉。厳寛を牢から出し、広定王と共に北巓へ向かう。そして「後梁」という国を新たに作り、厳寛を大元帥として梁に攻め入るつもりだ。

朝堂。皇帝は魏広を大元帥に任命し、厳寛を迎え撃つと決定。魏広は「今回の戦は民心を争うもの。そこで3つお願いが。まず1つは皇帝の正統性を疑う噂をしたものを罰する勅旨を取り下げ、心の広さと公正を示す。2つ目は民心を害する言動をしないこと、最後に国庫の銭で軍を強化するのではなく被災民の救済を行うこと」皇帝は承諾した。

永徳宮。朗坤は「前線へ向かい魏広の手助けをする、お別れをいいに参りました」と皇后に話す。

魏広は大元帥として前線へ向かった。

広宣宮。皇帝は凝芝にある話をする。「先帝は広定王を跡取りに決めていたが、天然痘にかかりしかたなく龐通を皇帝に。その数日後、広定王の病は治り私が毒を盛って帝位を奪ったと恨まれた。そうして皇姉と広定王は帝位を簒奪したと噂を流すようになった」凝芝は恨みの原因を知る。

前線。魏広がわざと敗北しているため、皇姉たちは有利に立っていると思い込む。勝利を目前にして厳正は「皇后が来るなら和議を申し入れる」と言い出し、なにか計画がある様子。

魏広は「わざと負けているが、厳正がそれに気づかないはずがない。勝敗はどうでもいい別の目的がある」と勘ぐっていた。

広宣宮。魏広から皇帝に「厳寛の言いなりにならぬように」と文が届いた。魏広と凝芝は皇后が出向くことに反対だ。

和議が行われる。皇姉は「梁を半分に分け半分ずつ収めましょう」と提案。だが皇后は北の6郡を割譲するので譲歩をという。結局、和議は成立せず保留となってしまった。

皇姉の報告を聞いた厳正は「話の内容は重要ではない、これは民に見せるための芝居」と話す。しかしまだ計画のことは教えない。

承祥宮。皇后は和議のことを皇帝と皇太后に報告。そこへ皇姉から文が送られ「和議は皇后が高慢だったせいで成らなかった、皇后を廃し冷宮へ入れなければ和議は中止だ」と書かれていた。

それを知った魏広は「廃すれば民心を失う」と皇帝に忠告する。

感想:え?広定王の予定だったの?

そういう大事な話は先にしなさいよ。ていうか皇太后は正統性を主張してたじゃん。なんで後出しじゃんけんするの???後半になって皇姉が可哀想になってきたから、話を変更してるの???

まあそれにしたってちょっと病気にかかって元気になったら跡取りじゃなくなってたなんて、恨むわなあ。しかし現帝だろうが広定王だろうが、現状何も変わらないような…?皇姉が国を治めるのが一番いいって絶対。そもそも北巓で民を虐げてるのもなんか…?って感じするし。

第29話 神出鬼没の大元帥

あらすじ

盛渓にいるはずの厳寛(げんかん)が複数の軍営に現れ、分身の術を使っているという噂が流れる。それを信じた兵士たちの士気が下がって負け戦になっていると知った皇帝・龐通(ほうつう)は、皇后を廃位すれば和議に応じるという反乱軍側の申し出に心が揺れる。その頃、葉凝芝(ようぎょうし)は厳寛の分身の術を見破ろうと考え、危険を冒して敵地に潜入していたが…。

ネタバレ

広宣宮。魏広の文を読んでいる皇帝。そこへ皇后と凝芝がやってきて話をする。「天災により飢餓に見舞われた民のため、皇姉は食料庫を解放したとか」「厳寛が彦都に一部隊を送るという話もある」皇帝はどちらも心配することではないと話し、皇后を廃することもないと笑った。

皇姉と広定王は「軍を動かさなかった」として将軍を罰しようとしている。そこへ馬で6日もかかる盛渓郡に居るはずの厳寛が現れた。皇姉は「本物の神通力を持つのだな」と絶賛。厳寛は魏広を混乱させるのが狙いらしい。

永徳宮。「陛下は魏広を信じるといいながら、いつもおじけづく」凝芝は皇后に不安を話している。そこへ寧州陥落の急報が入った。

広宣宮。厳寛が分身し各軍営に現れたと噂が流れ、兵士の士気が下がった。それにより皇帝の軍は圧倒されてしまったらしい。そこへ反乱軍が使臣を送ってくる。使臣は「皇后を廃し冷宮に送る事が条件」と再度告げた。

葉凝芝は「前線へおもむき兵士を鼓舞する、厳正の分身について種明かしができるかもしれない」と皇帝に提案。戦場へ向かうことになる。

反乱軍。皇姉と広定王の前に厳正が現れた。厳正は「幽鬼となって力を貸そう」と話し、恐ろしい形相で去っていく。

広宣宮。皇帝は魏広からの密書を読む。「反乱軍を彦都に引き入れ、陛下の軍とで包囲する。皇后を廃すれば厳寛の策に陥ります、絶対に受け入れてはなりません」

承祥宮。凝芝は戦場に赴く前に、太皇太后に挨拶をしに来た。その話を班鈴児は盗み聞きし、慌てて太監にぶつかってしまう。仕事に身が入らない様子から太監に追い出されそうになった班鈴児は、凝芝に泣きつき前線へ連れて行ってもらうことに。

その道中。山賊に襲われ酒蔵に逃げ込む一行。皇宮への報告に誰を走らせるか凝芝が悩んでいると「私が報告に戻ります」と班鈴児が手を上げた。班鈴児は男装して皇宮へ戻り皇帝に報告。

広宣宮。涵城滑落の急報が入る。そこへ魏広から密書が。「2日お待ちを我軍が駆けつけます」しかしすでに反乱軍はすぐそこまで迫っていた。

永徳宮。皇帝は皇后に廃位を申し渡す。皇后はあまりに情けない皇帝をみて「大切なのは天下ではなく、我が身だけですね」と批判する。(超名場面必見)

皇帝は皇后を廃す詔書を配布。魏広にも凝芝にも報告が入る。

酒蔵。すでに皇后は廃された。今から皇宮に戻っても遅いと考えた凝芝は、敵軍に潜り込み戦況を変える事を思いつく。

魏広は厳寛の策をすべて呼んでいたが、皇帝の一手で台無しになってしまった。「厳寛が皇后を廃すよう要求したのは、陛下が妻を見捨てる冷血漢だと民に思わせるためだ、陛下が非情な性格だと民に知れれば、王位を簒奪したという噂も民は信じてしまう」

冷宮。皇后のもとに朗坤がやってきた。「機会を見つけ必ず救い出します」二人は再会を誓う。

民に変装し厳寛を探りに出かけた凝芝の前に、厳正が姿をあらわす。厳正は「我が命を返せ」と言いながら凝芝に襲いかかった。凝芝は屋根の梁の上に隠れ逃げ延びた。

感想:笑うしかないのですが

あまりのクズ具合に開いた口が塞がらないとはまさにこのこと!?ってなりました。大変驚きました。小物すぎるでしょうよ。

もうずっと言ってるけど、皇姉が国を治めたほうが平和なんじゃないの…?ちょっと年貢は厳しいかも知れないし…噂話したら処刑されたりするかも知れないけどさあ。すべてを破滅には導かない気がする。

今回の「朕は悪くないもん」の場面必見です。

第30話 妃の消息

あらすじ

厳正(げんせい)の亡霊と厳寛(げんかん)の放った追っ手から命からがら逃れた葉凝芝(ようぎょうし)。彼女は魏広(ぎこう)と再会を果たし宮中に戻ると、皇帝・龐通(ほうつう)に失望し、冷宮に追いやられた皇后を励ます。そんな中、和議の場で、先帝に寵愛された広定(こうてい)王ではなく龐通が即位した経緯に正当性があるのかが問われることになる。そこで皇太后の口から衝撃の発言が飛び出し…。

ネタバレ

反乱軍。厳寛は「葉凝芝が現れたので交渉に必要な材料が増えた」と皇姉たちに話す。彦都を去るまでに捕らえるつもりだ。

一方の魏広は「停戦協定を結んだ今、動けば平和が遠ざかる」ため助けに向かうことが出来ない。

皇姉の軍は彦都を去った。凝芝を探すため酒蔵へ向かった魏広は、焼け焦げた凝芝の令牌を見つける。そして街ですれ違う2人。葉凝芝は疲労から倒れてしまった。

広宣宮。葉凝芝が見つからず気が気でない皇帝。そこへ「皇后が食事をもう少し改善してほしいと言っている」と報告が。しかし皇帝は「廃皇后に関する報告はしなくてよい」としりぞけた。

民の避難所で粥をすする葉凝芝。粥にありつけなかった兵士は怒りをあらわにし「暗君の元を去り、寧州で反乱軍に加わる」と同志を募り始めた。見かねた凝芝は、貴妃であることを明かしなんとか説得しようとする。

しかし「都を守れと言ったり、和議をすると言ったり、常に振り回されている」と兵士たちの考えは変わらない。そこへ魏広が現れた。

魏広は「士気が下がったのも軍規が乱れたのもすべて私のせいだ」と頭を下げ、それでも「正道は邪道に勝る」と兵士を鼓舞。彼は人心を掌握する術に長けている。

皇宮への道中。魏広は凝芝を馬に乗せ皇宮へ送っていく。その途中「気が気でなかった、頼むから自分を大切にすると約束してくれ」と涙を見せる魏広。凝芝は苦難におちいっても必ず無事で戻ってきたと話し安心させようとする。魏広は「後宮を統べることになるだろう、そうすれば非難の的だ」と忠告した。2人は抱き合うこともできない。

承祥宮。皇宮に戻った凝芝を皇太后が迎える。そして凝芝を恋しがっている班鈴児を挽香殿に戻すと話した。

反乱軍。広定王は豪華な馬車で皇宮に乗り込むと話している。しかし厳寛は「質素であればあるほど民心をひきつけられる、皇宮に乗り込み暗君をひたすら辱めるのが目的」と言った。

広宣宮。皇帝は凝芝に言い訳中。凝芝は何も言わず「陛下には陛下のお考えが、私は皇后様の所へ」と冷宮へ。

冷宮。凝芝は皇后にひざまずき敬意を示した。「必ず皇后様をお救いいたします」

広宣宮。冷宮から戻った凝芝に、皇帝は「皇后が口汚く罵っているはずだ!悪口を言っていただろう」と当たり散らす。呆れ果てる凝芝ちゃん。

承祥宮。皇太后と話をする凝芝は「離れた民心を取り戻さなくてはなりません、でも私の力も限界です、今はもう絶望しかありません(視聴者も絶望しかありません!)」と行き詰まっていることを素直に話した。皇太后は「陛下の正統性を主張する」と話し、それを聞いた凝芝は魏広を呼び出した。

翌日、皇姉たちが皇宮に入る。皇帝は魏広から「陛下を徹底的に辱めるのが目的ですが、転機はかならず訪れる」と助言されていた。

冷宮。陸妃が悲しい曲ばかり奏でるので「明るい曲を弾きなさい」と注意する皇后。だが言うことを聞かないため怒って頬をぶってしまう。さらに琵琶を壊してしまった。陸妃は「19歳から軟禁されているのに琵琶も弾けないなんて」と喚き散らす。

皇后のもとへ朗坤が駆けつける。「陸妃は寵愛される姉に毒を盛り美声を潰した、だから冷宮へ入れた」皇后の話を静かに聞いていた朗坤は「物言いがきついだけで殺したことはない」と慰めた。皇后は「琵琶を持ってきてほしい」と頼む。

凝芝は皇太后とともに大広間へ。皇太后は「唯一、信実を知る私が真偽を受ける。噂はほんとうだ、先帝は広定王を気に入っていた。だが冊立については先延ばしにしていた。広定王の病は侍医が誤診していたためだ。」と皇帝をかばう。それを聞いても納得できない広定王は食らいつく。

そして「お前の体には先帝の血が流れていない!その昔、先帝を守り矢に倒れた長平王の王妃は嘆き悲しみ難産の末亡くなった、先帝は長平王の遺児を皇宮で育てることにしたのだ、もしお前が勝利し正統ではない皇帝が生まれれば天は激怒するだろう」と信実を告げる。

感想:妻夫木君

皇帝をなんか細目で見てると…妻夫木くんに見えてきちゃって!あんまりこういう、誰に似てるって話が他人と噛み合わないので私だけですかね。いやでもなんか…似てない?

さてさて、とうとう凝芝ちゃんにさえ「絶望」と言われてしまったバ皇帝です。退位は確定だとまで言われております。笑うとこかな?笑っとこ^^ハハ

そして久々の魏広さま涙目、と言うかもう号泣シーンがありましたわ。いやー顔が綺麗だね、顔がきれいなのはいいね、あたしゃ顔がきれいなのが好きだよ。

次回、31・32・33はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。