【海棠が色付く頃に・全52話】9・10・11話のネタバレとあらすじと感想|二枚舌夫婦

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「海棠が色付く頃に」について、全52話のネタバレとあらすじと感想をまとめています!

登場人物&キャスト一覧

  • 顧海棠(こかいどう)…ヒロイン、父から受け継いだ技術と生まれ持った才能で弟と母を養う、失踪した父を探すため昆楊に移り住む
  • 顧夏合(こかごう)…海棠の弟、成績優秀で聖ヨハネ学校に通う
  • 顧順琪(こじゅんき)…海棠の父、10年前に失踪
  • 海棠の母…夫が失踪したショックで精神が不安定になる、お針子
  • 朗月軒(ろうげつけん)…朗家の三男、養子、海棠と出会い変わっていく
  • 朗月明(ろうげつめい)…朗家の長男、母は馮春言、顔に火傷の跡がある
  • 朗斯年(ろうしねん)…朗家の当主、朗里春の主、良識的だが子供のことになると判断を誤る
  • 馮春言(ふうしゅんげん)…朗家夫人、感情的な部分がある
  • 朗月円(ろうげつえん)…朗家次男、故人
  • 朗青青(ろうせいせい)…朗家の末っ子娘、顧夏合と同級生になる
  • 妙蘭(みょうらん)…朗月円の嫁、厄払いで嫁ぐが、7歳で死別、それ以来朗家と馮春言に縛られ続けている
  • 龍莫嫿(りゅうばくかく)…龍徳水の娘、幼い頃に母をなくしたため龍徳水に甘やかされて育つ
  • 龍徳水(りゅうとくすい)…長官、軍を指揮し昆楊を守る、お金が大好き
  • 施済周(しせいしゅう)…施家当主、施杭露の主、悪巧みの才能しかない
  • 施迪文(してきぶん)…施済周の甥、愛嬌がある、施済周には叱られてばかり
  • 華吉利(かきつり)…イギリスの商人、朗月軒と施迪文の友人
  • 易蓉蓉(えきようよう)…文系の名家易家の娘、龍莫嫿と犬猿の仲、胡阿然と付き合っている
  • 胡阿然(こあぜん)…龍徳水の配下、易蓉蓉と付き合っている
  • 全執事(ぜんしつじ)…朗家の執事
  • 陸凡真(りくはんしん)…海棠の同僚、友人になる
  • 藺新巧(りんしんこう)…海棠の同僚、施済周のスパイ
  • 韓瑞斌(かんずいひん)…施済周に雇われた男
  • 胭脂(えんし)…謎の女性

【全52話】「海棠が色付く頃に」あらすじ・ネタバレ・感想

「海棠が色付く頃に」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第9話 ネタバレ「騙された花嫁」

自分が婚礼を挙げた相手が朗月軒(ろうげつけん)ではなく兄の朗月明(ろうげつめい)だったことに衝撃を受けた顧海棠(こかいどう)。火傷跡のある彼の顔を見て卒倒した彼女は目覚めると、朗(ろう)夫人に家に帰してほしいと訴えるが、取りつく島もなく部屋に閉じ込められる。一方、顧海棠が自分を裏切って花嫁の輿に乗ったと腹を立てた龍莫嫿は、父親とともに朗家を訪問するが…。

婚礼が行われる前のこと。

朗家。朗家の奥様 馮春言は夫 朗斯年に、朗月明に好きな女ができたと相談。

気に入った娘を娶りたいと話していることを教えた。

奥様は朗月明の顔のせいで朗家の体裁が傷つくのを恐れ閉じ込めたと夫を批判する。

朗斯年は「好奇の目にさらされることを案じた」と本心を伝えた。

それでも気に入らない奥様は「私達の息子より朗月軒を愛している」と怒り出す。

朗斯年は長年お経を読んでも成長しな妻をたしなめた。

そして、顧海棠の人柄を認め、息子を外の世界に連れ出してくれることを期待する。

奥様は「朗家のものが協力し秘密を漏らさず、朗月軒を使って顧海棠を娶る」という方法を提案した。

奥様は朗月軒を呼び出す。

そして朗月軒が顧海棠のことを好きになったので、自分に嫁ぐと思わせて縁談を進めろと命じた。

「あなたに嫁ぐと思えば縁談はうまくいくわ」

もちろん朗月軒は反対する。

しかし、朗月軒は兄に負い目があった。

さらに「やらないのならもう母ではない」と言われ従うしかない。

恵徳。朗月明は婚姻の承諾が得られたと知り喜ぶ。

そして、海棠に最高の贈り物をしたいと言い出した。

朗月軒は手作りの庭園を贈るよう助言する。

朗月軒は庭園を作るため外出するようになった。

現在に戻って〜

朗家。妙蘭は顧海棠が哀れな新婦になったことで、孤独ではないと不敵な笑みを浮かべた。

龍家。龍莫嫿も顧海棠が婚礼を挙げたと知る。

龍莫嫿は父 龍徳水に頼み、朗家に乗り込んで真実を確かめることにした。

朗家。龍徳水は「息子の婚礼になぜ招かない」と朗斯年を問い詰める。

そこへ奥様 馮春言がやってきて誤解だと話した。

恵徳。その頃、気を失っていた顧海棠が目を覚ました。

側にいた朗月明を見て怯える。

朗月明は顧海棠が熱を出していると気づき、医者を呼べと騒いだ。

その様子を、庭を散策していた龍莫嫿が目撃する。

当主の書斎。奥様は行われたのが朗月軒の婚礼ではなく、朗月明の婚礼であると明かした。

その昔、朗月明は美しい少年だった。

書物や音楽を好みしとやかで皆に愛され、奥様の自慢の実子だった。

しかし、10年前の事故で顔にひどいやけどの痕が残り、引きこもりになってしまった。

朗斯年は「商売のため醜い息子がいることは良くない」と泣く泣くその存在を世間に伏せたと話す。

龍徳水はその話を聞いて涙した。

今回行われたのが、その哀れな息子のための婚礼だったと知った龍徳水は態度を変える。

龍莫嫿は隠れてその話をすべて聞いてしまった。

そこへ全執事が顧海棠の病を知らせに来る。

恵徳。奥様は顧海棠の様子を見に恵徳へ。

顧海棠は「家に帰してください」と懇願する。

しかし奥様は「嫁ぐと約束した、栄華を極められる卑しい娘を娶ってあげた」と聞き入れない。

顧海棠は恵徳に閉じ込められてしまう。

恵徳。事情を知った龍莫嫿は顧海棠のもとへ。

侍女を脅して侵入する。

龍莫嫿は朗月軒に嫁ごうとした顧海棠を責めた。

顧海棠は「諦めると決めていたの、あなたが去ったあと喜ぶ母を見て心を鬼には出来なかった、どうすることも出来なかったの」と泣きじゃくる。

感想:引きこもり

引きこもりでマザコンのお兄ちゃんきついっす。

この時代なんだから人前に顔見せなくたってお坊ちゃまならどうとでもやっていけるでしょうよ。

それこそ朗月軒を看板にして、裏で経営すりゃいいじゃん。

その努力さえしないで、唯一の自慢だった美貌をなくしたからと引きこもりって…おじさんは嫌いだなそう言うの!

奥様がぽろっと言ってたけど、朗月軒は実子じゃないんだな。朗斯年がよそで産ませた子?

中国ドラマ見てると、いつも泣くのは女なんだよなあ。

その辺もうちょっと最近の考えで作って欲しいわけだが。

さて、起こってしまったことはしょうがないのでここからどうしましょう。

龍莫嫿が助けてくれそうなことが救い。

彼女は孤独を知っているから優しさを他人に分け与えられるのかな。


第10話 ネタバレ「虚しい謝罪」

龍莫嫿(りゅうばくかく)の協力で朗(ろう)家を抜け出し実家に戻った顧海棠(こかいどう)。すると、家の前で泥酔した朗月軒(ろうげつけん)に出くわす。そこで彼から必死に謝罪されたものの、心を打ち砕かれた顧海棠は聞く耳を持たない。一方、姉から驚きの事実を聞いた顧夏合(こかごう)はすぐに一家で昆楊から逃げようと言う。だが、父親捜しを続けるために顧海棠はある覚悟を決めて…。

恵徳。事情を知った龍莫嫿は顧海棠のもとへ。

顧海棠は仮面の男が朗月明だと教えた。

そして「手を貸して」と頼む。

朗斯年は竜親子を食事の席に招いた。

全執事が鍵を持っていると気付いた龍莫嫿は、父を酔わせて機会を伺う。

恵徳。奥様は「月明が作ったスープよ^^」と顧海棠に食事をさせる。

顧海棠はスープを口にして「気分が晴れました」と芝居をした。

奥様は「一日も早く回復して子供を」と余計なことを言う。

龍徳水はすっかり酔っ払ってしまった。

よろけた父を全執事が支えたすきに、龍莫嫿は鍵をゲットする。

恵徳。夜、朗月明は「指一本触れない、安心して休め」と顧海棠に言う。

ソファに寝床を作った朗月明は「一方的な好意で傷つけた」と謝った。

そこへ、龍莫嫿が忍び込んできた。

朗月明は眠ったふりをして、顧海棠を逃がす。

顧海棠の家。顧海棠が死にものぐるいで戻ると、家の前に泥酔した朗月軒がいた。

朗月軒は顧海棠に気づき抱きしめる。

顧海棠は激怒して頬を叩いた。

「私をコケにしひどい扱いをした、いつか報いを受けるわ」

顧海棠は怒りをぶつける。

「結納の品を受け取ったときから嘘だと気付いていた

でも信じることにしたの、結局裏切られた」

朗月軒は心から謝ると言うが、顧海棠は追い払う。

家に戻った顧海棠を顧夏合が出迎えた。

顧夏合は何かあったと察して、姉を問い詰める。

顧海棠はすべてを話した。

顧夏合は今すぐ昆楊を離れるべきだと言う。

しかし、顧海棠は父の行方を捜すためやってきた昆楊を離れるわけに行かないと考えていた。

顧夏合は「疲れたら僕に寄りかかっていいんだ」と姉に寄り添う。

顧海棠の家。翌朝、龍莫嫿がやってきた。

龍莫嫿は逃げ出していない顧海棠を見て驚く。

そして、家にかくまうことにした。

恵徳。朗月明は部屋に鍵をかけて誰も入れない。

朗月軒が駆けつけ扉を蹴破った。

「海棠が去った、海棠は悪くない、僕が逃した

体だけ嫁がせても心は僕のもとにないんだ…」

奥様は顧海棠を捜索させ、朗月軒にも連れ戻してくれと懇願した。

顧海棠の家。朗月軒と全執事がやってきた。

顧夏合は朗月軒を殴り「姉の心を踏みにじった」と激怒する。

龍家。顧海棠は父を探すために昆楊に残ったと、龍莫嫿に打ち明けた。

龍莫嫿は「一緒に探す」と言ってくれる。

顧夏合は顧海棠の化粧箱を、龍莫嫿の侍女に託す。

その様子を目撃した全執事は奥様に報告。

顧海棠の所在がばれてしまった。

朗月軒は1人で龍家へ。

感想:自分ならどうする?

同じ目にあったらどうするか考えてたんだけど、

素直に長男の若奥様になって朗家を乗っ取るなと思いました。

だって昆楊一のお金持ちでしょ?しかも皇族の覚えもめでたいときたら若奥様やりますわ。

従順なふりをしながら着々と使用人を配下に……

ちがう!そういう話じゃないの!

顧海棠が泣きじゃくっていて可愛そうだし、龍莫嫿はいい子だし、朗家の男兄弟は一体何なんだ?

あと顧夏合がいい子でお母さんはもう…産んでよかったわ…良い息子を…

それにしても、全執事は顧夏合が顧順琪の娘だと気づきそうなもんだけどな。


第11話 ネタバレ「決意の帰宅」

全部兄のための芝居だった、兄のために戻ってほしいと懇願する朗月軒(ろうげつけん)の言葉を聞いて、顧海棠(こかいどう)は戻ってもいいと答える。だが、それは正式に離縁するためだった。こうして朗家に戻った顧海棠は朗(ろう)夫人から、本当の次男の朗月円(ろうげつえん)を亡くした悲しみを埋めたのが養子の朗月軒だったこと、朗月明(ろうげつめい)の火傷は10年前の火事が原因だと聞かされ…。

龍家。朗月軒を出迎えた龍徳水は、娘との関係を探る。

気持ちを聞かれた朗月軒は「妹のような存在」と答えた。

すると龍徳水は「私には友達だった女など1人もいない、愛と好意の区別なんて重要じゃないぞ」と言い出す。

朗月軒は適当にごまかして、その場をしのいだ。

そこでやっと本題について尋ねる。

龍徳水は海棠が逃げ出したと知り、朗月明がいじめたんだなと勘違いをした。

そこへ龍莫嫿がやってきた。

朗月軒が海棠について聞くと、

「知らないわ〜記憶がないもの〜」としらばっくれる。

朗月軒は「兄が体を壊したと伝えてほしい」とかまをかけた。

「わかったわ!あ…」

龍莫嫿は口を滑らせ、海棠をかくまっていることがばれてしまった。

しかし朗月軒は何も言わずに帰る。

龍莫嫿の部屋。海棠は朗月軒に居場所がばれたと知らせを受けた。

すると海棠は「朗家に戻る」と言う。

龍莫嫿は海棠を支えると誓った。

花畑。海棠は自転車で思い出の花畑へ。

そこへ朗月軒がやってきた。

朗月軒は海棠の思いを知りながら傷つけたと必死に謝罪する。

そして、飲まず食わずで生きる気力を失った兄のために戻ってほしいと懇願した。

朗月軒が「一生かけて埋め合わせをする」と謝ると、顧海棠は「全部芝居だったの?」と聞く。

朗月軒は否定した。

しかし、海棠に責められた朗月軒は「全て芝居だった」と言い直す。

海棠は離縁することを条件に朗家へ戻るという。

朗家。妙蘭が馮春言の髪にかんざしを挿す。

そこへ当主 朗斯年がやってきた。

奥様の世話をしていた妙蘭は、その話に聞き耳を立てる。

朗斯年は海棠の決断力と度胸を見込み「朗家をもり立てる女主人にしたい」と話す。

そこで、朗斯年は馮春言のかんざしに気付いた。

そしてなぜか「かんざしは挿すな」と激怒する。

朗斯年がでていくと、馮春言は妙蘭に激怒。

わざとかんざしを挿したと当たり散らし、役目を海棠に変わるよう言った。

叱られた妙蘭は「かんざしを嫌う理由は?」と尋ねる。

そこで、馮春言は過去のことを思い出した。

過去。馮春言は乱れ髪で慌てて屋敷に戻ってくる。

そこへ朗斯年がやってきて何があったか尋ねた。

馮春言は「狂犬に出くわした」と話す。

馮春言は「あれ以来かんざしを、なにか知っているのでは…」と独り言を言った。

妙蘭はそれを聞いてにやり…

恵徳。朗斯年は朗月明のもとへ。

朗月明は「どうすれば残ってくれるか」と父に相談する。

朗斯年は「守る力と魅力や面白みを身に付けなければ」と助言。

そして「うまくやれる」と励ました。

花園。顧夏合が海棠を訪ねてくる。

海棠は顧夏合をなだめ「戻ったのは離縁状をもらうため、必ず別れて帰る」と話す。

龍家。龍莫嫿は父の側室である第5おばさまに眉を買いてもらっている。

しかし、ごん太眉になり喚き散らした。

そこへ龍徳水がやってきて夫人を叱る。

龍莫嫿がいなくなると、龍徳水は夫人の機嫌をとった。

施家。施済周は息子 施迪文の様子を見に来る。

施迪文は本を顔に乗せて居眠り中だ。

施済周は息子を叱り「龍莫嫿と親しくなれ、娘と結婚すれば左うちわだ」と命じる。

恵徳。妙蘭はお菓子を持って海棠を訪ねる。

そして「辛い定めの者同士、助け合わなければ」とすり寄った。

海棠は素直に感謝し「いずれ家を出る、正式な形で離縁をするつもりだ」と話した。

海棠は妙蘭も自分の幸せを見つけるべきと助言。

妙蘭は「幼い頃に嫁いで実家に家族もいない、家を出たら路頭に迷う」と話す。

奥様の部屋。海棠は馮春言の髪梳きをする。

恨んでいるのかと聞かれ「人を恨んでも苦しみが増えるだけ」と答えた。

奥様は実子である月明と月円に降り掛かった不幸と、親である自分がどれだけ苦しんだか話し始める。

朗月円の死後、現実が受け入れられず馮春言は墓参りに通った。

その帰り道、大声で泣いている男の子を見つけた。

何も覚えていない男の子を家に連れ帰り引き取った。

それが朗月軒だというのだ。

朗月軒は朗家の養子だった。

馮春言は「ひどいやり方だったが、月明はとてもいい子、うちにいてくれるなら悪いようにはしない」と言う。

海棠は「気持ちはわかるが、戻ってきたのは離縁するため」と受け入れなかった。

そこで海棠は10年前の事故について聞く。

馮春言は「事故のことは兄弟以外知らない」と言う。

街。龍莫嫿を誘えと言われ困り果てた施迪文。

朗月軒を呼び止め「誘い出してくれ」と頼む。

龍家。朗月軒は芝居を見に行こうと言って龍莫嫿を誘い出した。

龍莫嫿は海棠の様子を尋ねる。

感想:二枚舌夫婦

朗家が聖人設定かと思ったのに、出てくる人間みんなクズである…どうしたものか。

父親なんて龍徳水の前では、商売上醜い息子がいるのは隠したかった〜とか本心でないにしてもポロッとこぼすし、息子の前では外に出てもいいんだよ〜って…なに?こわいな?

それから、朗月軒は拾った子みたいです。

奥様の話しぶりを聞くと、朗月円と朗月明は実子っぽい。

ということはかんざし事件で「狂犬に出くわした」というのが男に襲われた話だとすると、朗青青は朗斯年との子供じゃなかったりする?

闇が深いんじゃ~!

次回、12・13・14話はここから!

全話、ネタバレ一覧はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。