【海棠が色付く頃に・全52話・最終回】51・52話のネタバレとあらすじと感想|ハッピーエンド

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「海棠が色付く頃に」について、全52話のネタバレとあらすじと感想をまとめています!

登場人物&キャスト一覧

  • 顧海棠(こかいどう)…ヒロイン、父から受け継いだ技術と生まれ持った才能で弟と母を養う、失踪した父を探すため昆楊に移り住む
  • 顧夏合(こかごう)…海棠の弟、成績優秀で聖ヨハネ学校に通う
  • 顧順琪(こじゅんき)…海棠の父、10年前に失踪
  • 海棠の母…夫が失踪したショックで精神が不安定になる、お針子
  • 朗月軒(ろうげつけん)…朗家の三男、養子、海棠と出会い変わっていく
  • 朗月明(ろうげつめい)…朗家の長男、母は馮春言、顔に火傷の跡がある
  • 朗斯年(ろうしねん)…朗家の当主、朗里春の主、良識的だが子供のことになると判断を誤る
  • 馮春言(ふうしゅんげん)…朗家夫人、感情的な部分がある
  • 朗月円(ろうげつえん)…朗家次男、故人
  • 朗青青(ろうせいせい)…朗家の末っ子娘、顧夏合と同級生になる
  • 妙蘭(みょうらん)…朗月円の嫁、厄払いで嫁ぐが、7歳で死別、それ以来朗家と馮春言に縛られ続けている
  • 龍莫嫿(りゅうばくかく)…龍徳水の娘、幼い頃に母をなくしたため龍徳水に甘やかされて育つ
  • 龍徳水(りゅうとくすい)…長官、軍を指揮し昆楊を守る、お金が大好き
  • 施済周(しせいしゅう)…施家当主、施杭露の主、悪巧みの才能しかない
  • 施迪文(してきぶん)…施済周の甥、愛嬌がある、施済周には叱られてばかり
  • 華吉利(かきつり)…イギリスの商人、朗月軒と施迪文の友人
  • 易蓉蓉(えきようよう)…文系の名家易家の娘、龍莫嫿と犬猿の仲、胡阿然と付き合っている
  • 胡阿然(こあぜん)…龍徳水の配下、易蓉蓉と付き合っている
  • 全執事(ぜんしつじ)…朗家の執事
  • 陸凡真(りくはんしん)…海棠の同僚、友人になる
  • 藺新巧(りんしんこう)…海棠の同僚、施済周のスパイ
  • 韓瑞斌(かんずいひん)…施済周に雇われた男
  • 胭脂(えんし)…謎の女性

【全52話】「海棠が色付く頃に」あらすじ・ネタバレ・感想

「海棠が色付く頃に」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第51話 ネタバレ「最後の一頁」

海棠園で一夜を明かした顧海棠(こかいどう)は朗月軒(ろうげつけん)が幼い頃からつけていたというペンダントから芙蓉膏の処方が書かれた最後のページを見つけ出す。一方、龍徳水(りゅうとくすい)は朗月軒から施済周(しせいしゅう)と組んだ胡(こ)副官がクーデターを起こすと知らされて兵を出すが、胡副官はあらかじめ龍莫嫿(りゅうばくかく)を人質に取っていた。そんな中、施迪文(てきしぶん)は龍莫嫿を助けようとして…。

施家。

施済周と胡阿然は明日の計画について相談中。

施済周は朗家の屋敷を差し押さえ、胡阿然は龍徳水を始末することになった。

そこへ施迪文が現れる。

施迪文が父を批判すると、施済周は開き直り「龍莫嫿を捕まえて監禁しろ」と命じた。

施迪文は初めて父に抵抗し、腕力で押さえつける。

「絶対にしない」

「なら他のものにさせるだけだ」

施迪文はしかたなく引き受けた。

海棠園。

その夜、海棠園に泊まった月軒と海棠は別々に眠る。

深夜、雷雨により激しい音が鳴り響く。

月軒は顧順琪に連れられて逃げたときのことを夢に見ていた。

海棠が父の夢を見て飛び起きると月軒がうなされている。

翌朝、海棠は「雷雨の日に怖い思い出が?」と聞いた。

月軒は昔から雷雨が苦手なのだと話す。

その時、月軒の胸元からペンダントが滑り落ちた。

それは、月軒が幼い頃からずっと身につけているもの。

海棠は「それは父さんが私の誕生日の贈り物に用意したものよ」とすぐに気づく。

その時、月軒の中に記憶の断片が蘇った。

ペンダントの中から芙蓉膏の配合を記した最後の1ページが出てくる。

「僕は君の父さんに選ばれた婿だな」

そこへ朗斯年が現れた。

海棠は配合のノートをとっさに隠す。

親子で話をする。

朗斯年は月軒に謝罪。

「家を守りたいという思いが強すぎた

秘密にしたのはお前たちを愛しているからだ」

月軒は母を朗家の祠堂に祀ってほしいと頼んだ。

しかし、馮春言とはもう顔を合わせるわけにいかない。

「もっと早く打ち明けていれば、母さんと慕った人が本当の母を殺した人なんて…」

月軒は家を出ると話した。

去り際、朗斯年は海棠に「許してもらえなくても悪かったと言わせてくれ」と謝罪した。

海棠は「真実を隠したことは罪、でも本当の悪は施済周」と割り切っている。

月軒は最後の決着をつけるため、龍徳水のもとへ。

龍家。

月軒は施済周と胡副官が結託していることを知らせ、クーデターを忠告。

「施済周を法で裁きたいだけだ」と本心を告げる。

郊外。

馬副官は龍莫嫿を誘拐。

施迪文は「あいつが来たら守れない、何もかも本意じゃないんだ」と龍莫嫿をなだめた。

胡阿然は龍莫嫿を人質に進軍。

その道中、爆発が起こり現れたのは龍徳水だ。

海棠園。

海棠と月軒のもとに、施迪文からの龍莫嫿の危機を知らせる手紙が届いた。

2人はすぐに助けに向かう。

郊外。

龍徳水は「お前に買収される兵などすぐに寝返る」と兵士を説得。

すると半数以上の兵士が降伏した。

施迪文は「僕を信じて必ず守る」と龍莫嫿の縄をほどく。

胡阿然は龍莫嫿を連れ出し人質にした。

龍徳水は娘の姿を見て号令を止める。

「娘を解放するなら好きにしろ」

龍徳水はすぐに投降し、胡阿然の方へ歩み寄る。

その時、施迪文は龍莫嫿を守るため胡阿然を撃った。

馬副官が反応し、施迪文の心臓を撃つ。

龍莫嫿は施迪文に駆け寄った。

「僕が誘拐して密かに守るしかなかった、君に出会えたことが人生のすべてだ」

そこへ月軒と海棠が駆けつける。

「父さんが君の母さんを殺した、ごめん、もう父さんに悪事を働かせないで、僕に韓瑞斌を殺させた…

だからこんな罰を、これで楽になれる

僕は本当に君が好きだった」

龍莫嫿は施迪文の頬に口づける。

その瞬間、施迪文は息を引き取った。

ショックを受けた月軒は、過去の記憶を取り戻す。

龍徳水は月軒に兵と銃を預ける。

朗家。

朗斯年はご機嫌で朗家に現れた。

月明を指すと「君は弟を傷つけるために家業を犠牲にした」と罵る。

馮春言は「私が自首する、あなたも制裁を」と対抗。

そこへ月軒が駆けつけた。

感想:死んでも何も残らない

死んだら終わりなんですよ、死んだら何も残らないんですよ。

だから償ったり復讐したいなら生きてなきゃだめなんですよ…施迪文ー!!!!

守るにしてももっと方法があったんじゃないかと思うけど、彼も施済周の犠牲者だからその手から逃れられなかったんだな。

さて、ついに最終回。


第52話 ネタバレ「愛の証明」

銃を手に朗(ろう)家に戻った朗月軒(ろうげつけん)の脳裏には幼い日の記憶がよみがえっていた。彼は胭脂(えんし)を殺害した真犯人は施済周(しせいしゅう)だと告発。クーデターの失敗を知り追い詰められた施済周は朗月明(ろうげつめい)を人質にして逃亡を図る。それを追った朗月軒と顧海棠(こかいどう)は朗月明を助けるため施済周に芙蓉膏の処方を差し出すことに。だが、その時、銃声が響いて…。

朗家。

月軒が駆けつけ、施済周と私兵を取り囲む。

月軒は施済周に施迪文の死を教える。

施済周は「どうせ私のための命」と悲しむ素振りも見せなかった。

海棠は「父も母もあなたが殺した」と朗家の人々の前で罪を暴いた。

開き直る朗斯年。

しかしすでにクーデターは鎮圧され、胡阿然たちは返り討ちにされたと知り下手に出る。

「悪いのは朗斯年だ!君たちとの幸せは朗家に奪われたんだ〜」

月軒は「胭脂を殺したのはお前だ!」と真実を告げた。

過去。

馮春言が胭脂に襲いかかったときのこと。

慌てて部屋を後にした馮春言は、その生死を確かめなかった。

朗斯年はかんざしを拾い、倒れている胭脂の顔を傷つける。

すると胭脂は目を覚まし抵抗した。

「逢引を続け妻まで乗り込んできた、醜い顔になった屍を送りつけてやる」

施済周は胭脂の首を絞めて殺してしまう。

その一部始終を幼い月軒が目撃した。

朗家。

施済周は「私が殺した、朗斯年を思い続ける見たくなかった」と罪を認める。

朗斯年は「嫁いでからは会っていない」と不貞の話を否定した。

では一体誰が馮春言と施済周に不貞の話を吹き込んだのか…

後がなくなった施済周は月明を人質に取り屋敷から逃げ出した。

埠頭。

月明は自分など人質の価値がないという。

施済周は「大事にされているからこそ切り札だ

月軒は不正を知っていたが大切な兄のために黙っていた

それなのにお前は陥れるために私と手を組んだ」と指摘。

月明はやっと自分の愚かさに気づいた。

そこへ、月軒と海棠が追いかけてくる。

その周囲を密かに兵士が囲んだ。

月軒は「僕が兄と変わる」と人質交代を要求。

しかし、施済周は聞き入れない。

そこで海棠は「芙蓉膏の配合を教えるわ」とノートの切れ端を取り出した。

それを見た施済周は「嘘だ!顧順琪は私の目の前で死んだ」と叫ぶ。

「ついに認めたわね」

過去。

施済周が母 胭脂を殺す場面を目撃した月軒。

逃げ出してタンスの中に隠れる。

そこへ顧順琪と施済周が現れた。

顧順琪は「顧家の秘伝の配合は娘に伝える、渡さない」と抵抗。

施済周は器で顧順琪の頭を殴り気絶させる。

月軒は顧順琪を起こして、

「いい人だよね?父さんは母さんを殺した悪党だ」と話した。

2人は逃げ出すが、施済周に追われる。

顧順琪はペンダントにノートの切れ端を隠し「私の娘に渡せ、名前は顧海棠」と月軒に託す。

顧順琪は月軒を守って顧順琪に殺された。

埠頭。

海棠が施済周にノートの切れ端を渡す。

その瞬間、銃撃を受けた施済周は倒れ込んだ。

月明に駆け寄る月軒。

施済周は死んでおらず、月軒に銃を向ける。

それに気づいた海棠は月軒を守り意識を失った。

再び銃撃を受けた施済周は腐りきった人生に幕を下ろす。

病院。

医者は頭に重傷を負ったため目覚めないかもしれないと話す。

月軒は医者の話を否定。

「回復させる自信が僕にはある、僕が目覚めさせる」と連れ帰る決断をした。

「海棠、家に帰ろう」

朗家。

気を失っていた馮春言が気がついた。

馮春言は「私の嫉妬が胭脂を死に追いやった、実の父親を奪ってしまった」と後悔を話す。

朗斯年も「悪いのは私だ、胭脂の子だと知られたら君が拒むと思った…やむを得ず、あんな策を」と謝罪する。

2人は「血の繋がりはなくても立派な家族

真実は明かされた、まだやり直せる」と前向きに進む決意をした。

海棠園。

月軒は奇跡を信じて海棠の目覚めを待つ。

意識のない海棠の世話を続けた。

1年後。

朗里春はかつての活気を取り戻している。

月軒は工房の様子を見て回った。

海棠園。

顧夏合と朗青青が海棠の世話をしている。

そこへ、月軒が戻った。

「朗里春は順調だ、早く良くなれ」

月軒は海棠に語りかけるが、反応はない。

埠頭。

月明は1人で海外へ行く決意をした。

龍莫嫿が見送りにやってくる。

月明は「月軒が付ききりで看病する姿に感動した」と改心したようだ。

龍莫嫿も「私ももう諦めた、身勝手のせいで海棠を苦しめた

もっと早く認めていたら二人は幸せな時間を過ごせた」と後悔を口にする。

月明は「償いのために昆楊を離れる、外国の技術を持ち帰り朗里春を世界で通用する銘柄にする」と決意を語る。

龍莫嫿も「私も変わる、海棠に見せる」と励ましあった。

海棠園。

月軒がふとベッドを見ると、海棠の姿がない。

月軒があたりを見回すと、海棠は橋の上に立っていた。

「どなた?」

「僕は月軒だ」

「会ったことが?」

「僕を忘れたのか?」

「ここは私のお庭よ」

「そうだ、君のために僕が作ったんだ、物語を話そう」

月軒は愛し合うようになった二人の話を聞かせる。

海棠は「話は終わり?」と家に帰りたそうにしていた。

「まだだ、でも用があるなら行けばいい」

海棠は月軒を置いて立ち去ろうとする。

しかし次の瞬間、海棠は記憶を取り戻し月軒を抱きしめた。

「月軒、ずっとそばにいてくれた

1年の間のことを全部知っている、覚えているわ

月軒、愛してる」

「ずっと一緒だ」

2人は海棠園で結婚式を挙げた。

最終話の感想:海棠が色付く頃に、終わりました!

長かった〜!!!

全体評価は……50かな。

繰り返される話が多い上に、登場人物へのイライラ要素が積み重なって脱落者が多くなりそうなドラマでした。

好みに合う人は好きな気がするから、真ん中を取って半分の点数にします。

それにしても、施済周は最後まで極悪人だった。

これで施迪文も死んでいるから、施家も施杭露も途絶えてしまうんだろうな。なんだか悲しい。

状況が断片的に語られていたので整理しておきます。

・朗斯年が使用人の胭脂に恋をする

・使用人との結婚は許されず、馮春言が嫁いでくる

・胭脂に嫉妬した馮春言は、朗里春の使用人だった施済周に払い下げ

・胭脂のお腹には月軒がいて、施済周は朗斯年への恨みを持つ

・時は流れて〜施済周は胭脂と月軒を虐待するようになる

・尚監督が虐待を知って朗斯年に知らせる

・なぜか胭脂と朗斯年が密通していると馮春言に情報が入る

・馮春言は胭脂に詰め寄り、胭脂は転んで頭を強打

・朗斯年はまだ生きていた胭脂を殺してしまう

・母を殺す施済周を月軒が目撃

・胭脂の死化粧をするため、海棠の誕生日に顧順琪は家を出る

・胭脂の葬儀で施済周は顧順琪の技術に目をつけ監禁

・月軒と顧順琪が逃げ出す

・顧順琪は海棠への贈り物のペンダントと芙蓉膏の配合を月軒に託す

・顧順琪は月軒を逃して、施済周に殺される

・川に落ちた月軒を、駆けつけた朗斯年と全執事が助ける

・追ってきた施済周はかんざしを証拠に夫人の罪を暴露すると脅す

・朗斯年は顧順琪のことを黙認、大金を渡して月軒を養子にする

・施済周はその金で施杭露を立ち上げる

・朗斯年は全執事と計画し、馮春言に月軒を拾わせる

なんか順序は曖昧なところもあったけど、だいたいこんな感じ〜!

それにしても施済周1人いなければみんな幸せだったのでは…でもそれだと海棠は月軒と出会わないんだよな。

良くも悪くも全部運命でしたね、っていうお話でした。

全話、ネタバレ一覧はここから!

2 COMMENTS

BittaShu

途中、登場人物の名前や漢字変換が混乱していたように思いますが、とても楽しく読ませていただきました。今後はテレビでじっくり味わい直したいと思います。ありがとうございます。

返信する
ミルコ

BittaShuさん、コメントありがとうございます!
ご指摘の通り…誤字脱字がひどいので一度すべての記事を確認しようと思います…なかなか時間が…うっ
見ている間、朗斯年施済周月軒月明月円と本当に混乱していました。
なぜか、朗斯年と施済周がごっちゃになってしまうんですよね。
間違いがある中でも読んでくださってありがとうございます( ¨̮ )/精進します

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。