【解憂(かいゆう)・全45話】34・35・36話のネタバレとあらすじと感想|

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信&DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 劉解憂りゅうかいゆう…旅芸人の娘、王族の娘であることがわかり和親公主として烏孫へ嫁ぐ
  • 翁帰おうき…烏孫の王族、昆弥(王)の従弟、父は大禄
  • 昆弥こんび…即位名は軍須靡、烏孫の王
  • 長山翕侯ちょうざんきゅうこう…烏孫の貴族、匈奴派で度々翁帰とぶつかる
  • 阿彩あさい…旅芸人の娘、解憂の侍女として烏孫へ行くことになる
  • 大禄たいろく…翁帰の父、息子を王位につけたい
  • 李陵りりょう…漢の将軍、解憂の玉佩を見て楚王府を訪ねるよう助言をくれた恩人
  • 阿生あせい…旅芸人の男、解憂たちの仲間
  • 義律ぎりつ…匈奴の将軍、解憂と翁帰にやりこめられたことがある
  • 単于ぜんう…匈奴の王、西域の支配を目論む
  • 淮天沙わいてんさ…漢の将軍、和親公主となった解憂を護衛して烏孫へ行くことになる
  • 靖君せいくん公主…楚王の娘、和親公主候補だったが武帝は解憂に目をつけたため免れる
  • 楚王そおう…解憂の父の弟、現在の楚王、解憂を大切に思っている
  • 馮嫽ふうりょう…やり手の商人、普段から男装をしている
  • 塔娜とうな…妓女、翁帰のお気に入りだが寝たことはない
  • 義妁ぎしゃく…漢の医師、女性で初めて医師となり解憂に付き従って烏孫へ
  • 阿伊臘あいろう…長山翕侯の妹、翁帰が好き
  • 西女せいじょ…亡くなった前の和親公主 細君の侍女、医術の知識がある
  • 雲古特うんことく…昆弥(王)の妻
  • 那林羽侯なりんうこう…雲古特の弟、一応将軍
  • 仙谷せんこく…匈奴の医師
  • 小烏しょうう…翁帰の部下、何でもできる
  • 木哈孜ぼくこうし…昆弥の侍従、良き相談相手にもなる
  • 末振離まつしんり…昆弥と翁帰の師匠、辺境を守っている
  • 安索克あんさくこく…烏孫の右大将、馮嫽に一目惚れする
  • 右谷蠡王うろくりおう…匈奴の将軍

【全45話】「解憂(かいゆう)~西域に嫁いだ姫君~」あらすじ・ネタバレ・感想

「解憂」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

解憂 第34話

解憂の過去を知る証人として連れてこられたのは旅芸人一座の座長だった。異様な空気を察した座長は、解憂とは初対面だと嘘を突き通し、長山翕侯の屋敷にある牢に入れられてしまう。淮天沙は座長を救うべく、屋敷へ潜入を試みようとする。その瞬間、背後から呼び止める声が。馮リョウだった。思いのたけをぶつけられ、初めて感情を明らかにする淮天沙。それでも潜入を強行するが、匈奴の義律将軍によって捕らえられてしまった。

ネタバレ

座長は解憂を守るために初対面だと嘘をつく。

長山翕侯は座長を長山府の牢に入れるよう命じた。

長山府。

長山翕侯は座長を問い詰める。

しかし黄金をちらつかせても座長は絶対に口を割らなかった。

解憂の寝殿。

部屋に戻った解憂は座長の身を案じている。

父親も同然である座長を絶対に助けたいと解憂は焦っていた。

馮嫽と淮天沙は解憂をなだめる。

そして部屋を出ると、淮天沙は座長を救うために1人で長山府へ行く覚悟をした。

馮嫽との別れ際「君の過去を…騒動が終わったら少しずつ知りたい」と気持ちを告げた。

翁帰の屋敷。

翁帰も座長のことを知る。

引き止めようとする阿伊臘を振り切って外に出ると淮天沙が現れた。

淮天沙は「戻らなければ公主を頼む」と翁帰に頼む。

翁帰は長山府の厳重な警備を危惧。

もし捕まれば解憂は過去を打ち明けてでも座長を助けようとすると警告した。

解憂の寝殿。

翁帰のマネをして酒を飲んだ阿伊臘がやってきて騒いでいる。

阿伊臘は翁帰が解憂のもとに行ったと思い込み、

「翁帰を返して、翁帰のいない家に帰りたくない!」と暴れまわった。

そこへ翁帰が。

翁帰は阿伊臘を抱きしめ「一緒に帰ろう」と優しくなだめる。

阿伊臘は「もういい、無理しないで」と振り払って立ち去った。

長山府。

その夜、淮天沙は長山府に立った1人で忍び込もうとしている。

馮嫽が止めに来た。

馮嫽はついに「あなたのためなら死ねるわ、あなたが好き」と告白。

しかし淮天沙は公主のために生きる道を捨てられないという。

公主には西域と烏孫の未来がかかっているのだ。

馮嫽は「使命だから?愛しているから?」と聞く。

淮天沙はあくまで敬愛と責任だと答えた。

淮天沙は馮嫽に好意を持っているようだ。

馮嫽はすぐに右大将 安索克のもとへ。

安索克は状況を察し「愛する女の頼みなら何でも聞くぞ」と受け入れた。

長山府。

淮天沙は厳重な警備の前に敗北。

捕らえられてしまう。

顔が暴かれる直前、安索克が部下を率いて現れた。

安索克は「私の屋敷で盗みを働いた泥棒」として淮天沙を連れて行く。

知らせを受けた長山翕侯は急行し「私が詮議する」と引き渡しを迫った。

安索克は別の人間に入れ替え引き渡す。

ひとまず淮天沙は捕らわれずに済んだ。

しかしそこへ阿伊臘が自害を図ったと知らせが入る。

翁帰たちはすぐに駆けつけた。

侍医は一命をとりとめたが回復に時間がかかるという。

解憂は「大切にしてあげて」と言って、2人のそばを離れた。

解憂の寝殿。

解憂は淮天沙の無謀な行動に怒っている。

座長を救うことができるのは昆弥だけだと話した。

淮天沙は馮嫽が安索克と取引したことを知る。

馮嫽は「私のことを好きだと言ったら安索克のところには行かない」と淮天沙を試した。

しかし淮天沙は最高の親友だと言ってしまう。

感想:ほんとにみんな考えてる?

あの、座長を救える救えないに関わらず、淮天沙が捕まってしまえばそこでアウトなんですが…一体何を考えて!?

淮天沙は「俺が死んだら公主を頼む」とかかっこいいこと言ってるけど、死んだ時点で捕まってるわけだし顔割れるし解憂に累が及ぶじゃん。

どゆこと〜(‘∵`)

馮嫽はいつも困ったときに助けてくれて…えぐえぐ…正直なとこ淮天沙より安索克のほうが色々上手だと思うのでその選択は間違ってないと思うわ。

淮天沙は今後出世しないけど、安索克は将来有望だし。

解憂 第35話

解憂の過去について頑として口を割らない座長の様子から、昆弥は真相を察していた。処刑せぬよう懇願する解憂に、昆弥が代わりに提示したのは翁帰の処刑だった。解憂が昆弥と牢へ行くと、座長はすでに帰らぬ人に。座長の犠牲によって危機を脱した解憂だったが、胡姑が放っていた二の矢が早くも襲いかかる。旅芸人時代の恩人である李陵が解憂を訪ねてきた。漢を裏切った逆臣とされている李陵を逮捕すべく、漢の将軍も到着する。

ネタバレ

長山府。

座長が牢からこつ然と消えてしまった。

長山翕侯に拷問され動けないはずだ。

長山翕侯はすぐ胡姑に報告。

胡姑は「座長以外にもうひとり素性を知るものがいる」と新たな人物を召喚することに。

それは匈奴に投稿した元漢の将軍 李陵だった。

2人は義律に命じて手配させ、漢にも書簡を送る。

長山翕侯は座長が消えたことは内密にしたまま動くことにする。

烏孫王宮。

座長を連れ出したのは昆弥だった。

昆弥は解憂の態度から全てを見抜いており「感謝すべきは養女 解憂だ」と話す。

「深く思い合っているな、拷問を受けても守り抜いた」

昆弥の気持ちを知った座長は「私は死んでもいい、悪人は天罰を受けるべき」と長山翕侯のことを指し示す。

安索克の屋敷。

安索克が部屋に戻ると、馮嫽が裸で寝台に座っている。

驚く安索克に馮嫽は「これが条件でしょ?」と聞いた。

馮嫽は取引の条件として体を求められたと思ったらしい。

しかし安索克は「見くびらないでくれ体ではない、心と体どちらもほしい」と誠実に話す。

烏孫王宮。

昆弥は解憂を呼び出し「座長は西域のお尋ね者だった、処刑する」と話す。

すると解憂は「私が一座の座長だと証明する、当時は翁帰とも面識はなかった」と釈明。

昆弥は処刑しなければ翁帰と解憂の噂が真実になってしまうと話す。

解憂は命をなげうってでも座長を助けたい一心だ。

翁帰の屋敷。

翁帰は阿伊臘の看病をしている。

阿伊臘は翁帰に初めて優しくされ笑顔を見せた。

屋敷の外に出ると、解憂が来ている。

解憂は「会いたくなっただけ」と言ってすぐに立ち去った。

そして覚悟を決めて昆弥のもとへ。

「座長に合わせてほしい」と願い出る。

ちょうどその頃、翁帰は牢に忍び込み座長を助け出そうとしていた。

しかし座長は拷問の傷により死期を悟っている。

「敬愛され無事に暮らせ」

翁帰は苦しみながら座長に手を下した。

翁帰画廊から姿を消したあと、解憂がやってくる。

解憂は死んでいる座長を見つけ声を上げて泣いた。

「私が死ねばよかった!心から憎みます」

解憂は興奮し昆弥の肩を短刀で刺してしまう。

胡姑の寝殿。

長山翕侯は胡姑に座長が死んだことを報告。

運び出されるところを見たので間違いないという。

朝議。

長山翕侯は話を合わせて「男は処刑済み」と報告した。

座長が解憂を守りすべて終わったかに見えたが、胡姑の用意した次なる試練が解憂に襲いかかる。

敦煌に駐留していた漢軍が烏孫へやってきた。

昆弥に謁見し「逆徒の李陵が烏孫に来ると情報が入った」というのだ。

それは胡姑が解憂の名前をかたって出した書簡の情報だった。

「公主からの書簡」を疑うものは誰もいない。

李陵は匈奴との戦で指揮を誤り、軍を壊滅させた。

匈奴に身を寄せたため、皇帝を裏切ったことになっている。

武帝は李陵を捕らえ長安に連行しろと命じているらしい。

昆弥は捜索についての返答を先延ばしにする。

解憂の寝殿。

その頃、李陵が解憂を訪ねてきた。

李陵のおかげで出自がわかったため、解憂にとっては恩人である。

李陵は匈奴に移って単于の娘を娶り右校王となっていた。

いい暮らしをしているが、弁明もできないまま問答無用で一族と親友を処刑されたことは根に持っているようだ。

解憂は「機会があれば皇帝に伝える」と間を取り持つことを約束した。

それを聞いた李陵は「そのために呼んだのでは?」と不思議に思い手紙を見せる。

解憂が受け取った瞬間、長山翕侯が侍衛を連れて現れた。

李陵は解憂に騙されたと勘違いしたまま連行される。

李陵を捕らえた知らせはすぐに昆弥の耳に入った。

しかし、李陵をこのまま漢に引き渡せば匈奴が攻めてきてしまう。

感想:(`;ω;´)

だから言ったのにい!もうねえドラマの中に特攻してああしろこうしろって言いたい。

殺されるのは嫌なので45話全部見てから特攻するけど。

私が神である(^o^)私の予言を聞きなさい

冗談を言っていても仕方ないので、座長の冥福を…めそ…

久々に翁帰のこと以外で悲しんでいる解憂を見てとてもつらくなりました。

胡姑は追撃の手を緩めず、今度はいつの間にか単于の娘と結婚していた李陵が登場。

彼も解憂が旅芸人だったと知っている1人だから、もうこれは翁帰と旅をしたことは隠し通せないんだな。

解憂 第36話

解憂は、自分の名をかたる偽の手紙によって李陵が烏孫におびき寄せられたと知り、昆弥に真相を訴える。昆弥は、漢と匈奴の双方から李陵の身柄引き渡しを要求され、どちらに渡すべきか苦悩していた。胡姑は解憂の苦境を翁帰に知られないよう、裏で手を回す。解憂は淮天沙の手を借りて牢獄へと出向き、李陵を無事に救出、その代わり自分が牢内に留まった。監禁された解憂の無事を確かめるため、馮リョウは右大将に掛け合うことに。

ネタバレ

牢。

昆弥は李陵に直接話を聞くことにした。

李陵は解憂から「昔話がしたい」と手紙をもらった。

そこには「皇帝陛下は李陵の罪を許し帰郷を許したと書かれていた」と話した。

手紙を持ってきた使者は名前を名乗らなかった。

烏孫王宮。

昆弥は解憂を呼び出して話を聞く。

解憂は「書いていないと誓う」と正直に話す。

しかしすでに手紙の真偽は問題ではない。

両国が渡せと迫っているのだから渡すしかないが、どちらに渡しても苦境に陥ってしまう。

だからといって李陵を逃せば、両国が烏孫を攻める口実を作ることに。

胡姑の寝殿。

胡姑はその苦境を楽しんでいるようだ。

翁帰が気づいて解憂を助けないよう手を回すことにした。

さっそく、長山翕侯は大禄(翁帰の父)に会う。

長山翕侯は首謀者が解憂であること、もし翁帰が知れば必ず助けに行くことを教えた。

長山翕侯が帰ると大禄は阿伊臘のもとへ。

阿伊臘は翁帰の看病ですっかり回復していた。

大禄は解憂のことを教え、阿伊臘に病気がぶり返した芝居をさせる。

大禄は「寒気と熱には城外の温泉治療がいいぞ!」と息子夫婦を送り出す。

解憂の屋敷。

その頃、解憂は昆弥が李陵を漢に渡すと考え、先手を打って救出する計画を立てていた。

淮天沙に計画を打ち明け「私と救出に行くか、昆弥に密告するかどちらを選ぶ」と迫る。

淮天沙は解憂に従うことに。

解憂は正面から牢に入り、自分の外套を李陵に着せて入れ替わった。

解憂は牢に残る。

草原。

淮天沙は命じられた通り李陵を城外へ連れ出した。

一度剣を向けるが「公主の意に反する」と見逃した。

赤谷城に戻った淮天沙は解憂を救うため翁帰の屋敷へ。

しかし翁帰は入れ違いで出発してしまった。

大禄は行き先を教えない。

烏孫王宮。

解憂が李陵と入れ替わり逃したことが発覚。

昆弥は安索克に命じて解憂を監禁させた。

淮天沙は馮嫽にすべてを報告。

馮嫽は安索克に助けを求める。

安索克は「監禁場所に食事を運ぶ侍女としてなら…」と馮嫽を解憂に会わせることを承諾。

解憂に再会した馮嫽は翁帰が消えたことを教える。

解憂は翁帰が安らいだ日々を過ごせると安堵する。

別れ際、解憂は軽はずみに動かないよう忠告した。

感想:みんな落ち着いて

そもそも平和のために和親公主を贈ったわけでしょ?

匈奴は烏孫を侵略したいみたいだけど、少なくとも武帝は平和を望んでいた。

なのに李陵1人のために進軍してくる?

しかも匈奴のボスの娘と結婚して地位を築いてるのに手を出さないほうが絶対いいじゃん。

武帝のプライドが傷ついて絶対許さない系の進軍なら過去の中国ドラマでもあったのでまあわかるけど…

史実を知りたい方はこの李陵の項目https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E9%99%B5

史実にないから起こっていないとは言えないけど、今回付け足された部分はやっぱり創作なんだね。

次回、37・38・39話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。