【花様衛士・最終回】55話のあらすじとネタバレと感想|恨んだことなど一度もない

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜」について、

全55話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を最終話まで掲載していきます。

バッキバキにネタバレしながら感想を書き散らしているのでご注意ください。


【全55話】「花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「花様衛士」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

「花様衛士」登場人物一覧

  • 袁今夏:ヒロイン、幼い頃に両親とはぐれ袁陳氏の養子として育てられる、六扇門の名捕吏として大活躍
  • 陸繹:錦衣衛指揮使 陸廷の息子、同じく錦衣衛として皇帝に仕えている、幼い頃に母を亡くし父との関係がこじれた
  • 楊岳:楊程万の息子、料理人になりたかったが言い出せず捕吏になる、今夏を妹のように大切にしている
  • 楊程万:楊岳の父、今夏と楊岳の上司でもある
  • 謝霄:水運業の元締め 烏安幇の跡取り息子、しかし婚姻を嫌がって家を飛び出し義侠として各地を転々としていた、今夏の幼馴染
  • 上官曦:朱雀堂 堂主、謝霄の婚約者、謝霄のために烏安幇を支えている
  • 林菱:林家の娘、楓林坳で隠居生活をしている
  • 林荷:林菱の姉、夏長青に嫁ぐがすでに亡くなっている
  • 陸大堅:陸繹の遠い親戚、林菱の兄弟子、共に薬王谷で医術を学ぶ
  • 藍青玄:道士、師は元明大師、金儲けのため龍胆村へ行き陸繹たちと出会う
  • 翟蘭葉:元役者、痩馬として金持ちに買われていた、厳世蕃に魅了され付き従う
  • 岑福:陸繹の部下、陸繹命で今夏と揉めるが和解し仲良くなる
  • 袁陳氏:今夏の養母、今夏と同じように家族をなくしている
  • 淳于敏:陸繹の母の兄の娘、両親は跡取り息子である弟を溺愛、愛されていないわけではないが差を感じている
  • 厳嵩:現在の首輔、前首輔の夏然を陥れ死罪に、裘丞・沈煉・楊其政らも排除し大きな権力を手に入れた
  • 厳世蕃:厳嵩の息子、今回の悪の親玉
  • 嘉靖帝:おじいちゃん、健康大好き、奸臣きらい
  • 陸廷:陸繹の父、錦衣衛指揮使
  • 曹昆:兵部朗中、曹霊児の父
  • 汪直:倭寇の頭領
  • 夏然:夏府の長、陥れられ死罪に、息子は夏長青
  • 夏長青:夏然の息子、父が陥れられ犠牲になる
  • 裘丞:将軍
  • 李旦:食客、曹昆の娘 曹霊児と駆け落ちするが今夏に捕まる
  • 曹霊児:曹昆の娘、物分りのいい子
  • 許朗:尚書、厳世蕃の手駒
  • 楊黙:将軍、厳家とは対立
  • 黄郁:薊遼総督、厳家派閥、偽の絵を献上したことで自分の首を絞める
  • 沙脩竹:旗牌官、その正体は貧民のために金持ちから金品を奪う義侠、謝霄に兄貴と慕われている
  • 王方興:鎮国中尉 朱観煊の部下、祝儀箱を届けるため船に乗る
  • 徐敬:大臣、陸繹に力を貸す
  • 李芳:嘉靖帝の太監
  • 廖聞華:厳嵩の娘婿、能力はなくコネで役人をやっている
  • 厳風:厳世蕃の手駒、性格はめちゃくちゃ悪いが能力はない
  • 謝百里:烏安幇幇主、謝霄の父
  • 周顕已:工部 都水清吏司、翟蘭葉に惚れている
  • 雲遮月:役者、10年前の事件で犠牲になる
  • 霧隠花:役者、現在は春喜座を買い取り座長をしている
  • 朱観煊:鎮国中尉、悪徳
  • 董斉盛:董家水寨の跡取り、先代はいい人だったらしいが…
  • 王麻子:倭寇、厳世蕃の手駒、本名 羅文龍
  • 石新:龍胆村族長の息子、生き残り藍青玄の弟子になる
  • 呉守緒:知府
  • 元明大師:嘉靖帝に妙薬を献上
  • 二胖:元明大師の弟子
  • 三痩:元明大師の弟子
  • 于大勇:将軍、軍事馬鹿
  • 祁衛綱:参謀、鬼嫁持ち
  • 祁夫人:賢く強く今夏の力になってくれる、杭州を守る武人として活躍
  • 顔紹瓊:厳家の駒

DVD&配信

第55話 最終回 あらすじ「待ちわびた春」

厳世蕃の所業と野心を知った皇帝は直ちに斬首の刑を申し渡し、長く続いた厳家の繁栄も終わりを迎える。市中での斬首を見届けた今夏は、心の中で両親と祖父に夏家の敵を討ったことを報告する。しかし、過去を忘れて新しい人生を始めようとする今夏に驚くべき知らせが届いた。陸廷が残した夏然の無実を訴える文書を、陸繹が皇帝に渡したというのだ。怒った皇帝は陸家を取り潰し、投獄された陸繹には、すでに“斬首”の聖旨が下っていて…。

ネタバレ

皇宮。

厳世蕃が倭寇と通じ、毛海峰に兵力配置図を渡したこと

司馬長安の名で悪事を働いていたこと

帝王の気を持つ土地に屋敷を建てたこと

報告を受けた嘉靖帝は激怒する。

そしてとうとう「厳世蕃の罪に酌量の余地はない、即刻斬首しろ」と聖旨を出した。

厳府。

陸繹が厳世蕃を捕らえにやってくる。

厳世蕃はまさかすぐに斬首されるとは思わず「北鎮撫司か六扇門か?」と行き先を聞いた。

「六扇門ならかわいい捕快の娘がいるな^^

罪臣の娘だから、陛下が知ったらどうなるかな〜^^」

余裕を見せていた厳世蕃に陸繹は聖旨のことを告げる。

毛海峰は厳世蕃を裏切り、証拠となる書簡を差し出したのだ。

街。

連行された厳世蕃は罪人の服を着ている。

民の前に連れてこられ、その場で公開処刑されることになった。

厳家に恨みを持つ人々が集まる。

その中には今夏や林菱、翟蘭葉の姿もある。

厳世蕃は林菱を見てウインクした。

死の間際だと言うのに微笑んでいる。

そしてついに刑が執行された。

厳世蕃の首が刑台に鈍い音を立てて転がり落ちた。

今夏は「かたきを討てた」と心のなかで家族に報告する。

これで誰にも怯えず安心して暮らせる。

厳世蕃の墓。

翟蘭葉は厳世蕃を弔う。

「私の好意を無にした報いよ」とつぶやき涙を流した。

今夏の家。

今夏のもとに陸大堅がやってきた。

陸大堅は陸繹のことを持ち出し「待っていたら婆さんになるぞ」と忠告。

今夏は「その話はしないで」と嫌がった。

部屋に戻ると、そこにはなぜか陸繹がいる。

陸繹は「父が犯した過ちは必ず私が償う」と告げて出ていった。

今夏は引き止めるが、手を離し行ってしまう。

街。

陸繹が夏然の冤罪を訴える証拠を提出したと知らせが入った。

陸家はお取り潰し、陸繹は投獄されたという。

今夏は急いで家に戻る。

タンスの中を確かめると文書が無くなっていた。

詔獄。

今夏はいても立ってもいられず詔獄へ。

そこへ岑福が現れた。

岑福は罷免されたらしい。

陸繹に会いたいという今夏に「指揮使に恩を受けたものが多いので、銀子を出せば入れてもらえる」と教えた。

しかし「秋には斬首される」とも…

今夏は急いで家に帰り、義母に「嫁入り用の銀子を出して!お願い!」と懇願した。

しかし大切なお金、なかなか渡してもらえない。

「銀子がなくても嫁いでみせるから!」

今夏は堪らず「陸繹が死罪になる」と話す。

それを聞いた袁陳氏は嫁入り支度の資金と葬式代を出してくれた。

詔獄。

岑福と一緒に陸繹のもとへ。

「なぜここへ?」

「馬鹿なことを!」

「自分で決めたんだ気にするな、お前には借りがあるからな」

「気持ちの整理がつかなくて避けていたけど恨んでない、一度だって恨んでない!

命で償うなんてだめ、絶対に救い出すわ」

陸繹は斬首が決まっていると話す。

「もう来るな、私を忘れていい男に嫁げ」

「あなたに会うために嫁入り用の銀子を使ってしまった!娶ると言ったのに約束を反故にするの?

助け出す日まで食事を差し入れる、ちゃんと食べて…」

今夏は再び会えることを祈り詔獄を出た。

楊府。

謝霄は牢破りを提案。

しかしそう簡単には行かない。

岑福は徐敬に協力を求める提案をした。

楊程万は「恩師の夏然の窮地にも無実と知りつつ声を上げなかったしたたかな男だ」と信用していない。

しかし今頼れるのは徐敬しかいない。

徐府。

今夏は徐府に侵入。

「斬首の件でお願いを」と率直に話す。

関係を聞かれ「将来を約束した仲」と明かした。

交渉の切り札は、今夏が夏然の孫であるということだけ。

今夏が孫であると話すと、徐敬は態度を変える。

「生きていたとは…」

「命の危険を顧みず正義を貫いた忠臣の、理不尽な死を見過ごすのですか?

助けられるのはあなただけ」

今夏は頭を下げた。

恩師の孫の懇願に、徐敬は心を動かされる。

詔獄。

聖旨により死罪が免じられ、終身禁固の罰となった。

知らせに来た李芳は「徐敬の尽力し、陛下に命乞いをした」と教える。

陸繹はすぐに今夏が手を回したのだと気づいた。

今夏の家。

今夏は銀子を数える。

そこへ謝霄がやってきて「数えても面会は禁じられてるぞ」と言った。

謝霄は軍に入って倭寇を倒すと言う。

そのために別れを言いに来たのだ。

「側で守ってやりたいが、国の危機なら男として戦わなければ」

謝霄は必ず出られると励まし旅立っていった。

「戦場でもどうか無事で…」

詔獄。

春になった。

今夏は今月の俸禄を持って侍衛に面会を頼む。

しかし「許しがなければ会えない」とあわせてもらえない。

無理やり突破しようとするが連れ戻されてしまった。

仕方なく牢の中に聞こえるように「陸殿、食事をしてね!体に気をつけて!明日また来るわ」と叫ぶ。

秋になった。

今夏は中秋節に月餅を差し入れる。

侍衛に月餅を手渡し、1つだけ紙に包むと「渡して欲しい」と頼んだ。

陸繹のもとに月餅が届けられる。

中には文が入れられていた。

「待ってます🌸」

かつての文と同じ言葉が書かれている。

陸繹は涙を流しながら月餅を食べた。

そしてまた冬になった。

楊岳は念願かなって料理の店を出している。

上官曦のお腹には新しい命が宿っていた。

楊岳は上官曦が心配でハラハラしっぱなし。

そこへ楊程万がこどものおもちゃを持って来る。

生まれる前から孫にメロメロのようだ。

林菱と陸大堅もやってきて安産の薬を贈った。

幸せな風景。

しかし袁陳氏は今夏の帰りが遅いとぼやく。

林菱は「今夏、寒いのにまた行ったのね」と行き先を察していた。

皇宮。

嘉靖帝は近頃具合が良くない様子。

「陸廷の夢ばかり見る」と太監 李芳に打ち明けた。

李芳は「火災の時助けてくれたのは陸廷でしたね」と昔話。

嘉靖帝は聖旨を出す。

「干ばつに苦しむ民のために大赦を行う」

詔獄。

雪が降るなか、今夏が陸繹のことを待っている。

しかし待っても待っても現れない。

今夏は寒さで唇が真っ青になっていた。

諦めて帰ろうとした時、詔獄の扉が開いた。

今夏は駆け寄り陸繹に抱きつく。

「出てこないかと思ったわ」

「がっかりさせるものか、約束したんだからな」

2人はお互いの存在を確かめる。

「陸殿、帰りましょう」

手をつないで帰路につく。

「もう二度と離れないわ」

「もちろんだ」

「今後は私が養ってあげる」

「あれぽっちの俸禄で?心配するな、陛下に復職を許された」

「じゃ俸禄を上げてくれない?」

「嫁いできたら陸家の銀子はお前のものだ」

「本当に!?陸殿ありがとう」

夏家のものが夏然の無実を奏上し、夏家の名誉は回復された。


最終話の感想:花様衛士終わりました!

いや〜面白かった!とても良かった!

点数つけるなら78点くらいかな、ちょっと高すぎる気もするけどまあ面白かったので色を付けます。

序盤の作り込み、中盤の回収、最後は色々手を広げすぎて駆け足になりうまく収めるためにと無理やり詰め込んだ感が拭えませんでしたな。

が!それを補っても有り余る魅力的なキャラクターと繰り広げられる人間関係。

心の底から嫌悪する人間が一人も出てこなかったもすごくない?と思ってます。

じゃあまず悪役から。

若い頃には悪事の数々を重ねてきたであろう厳嵩ですが、もうヨボヨボのおじいちゃん。

なので厳嵩の息子である厳世蕃がこのお話の親玉でした。

彼はどこか浮世離れしていて、美しいものを愛するといえば聞こえはいいけど、その執着は度を越したものがあります。

物だけに限らず、その執着は人間にまで及び、自分を唯一傷つけた林菱に執着して自分の思うままのお人形にしたいがために地下牢を作って閉じ込めたりしていました。

そんな彼ですが、最後に捕まった時、一瞬取り乱し、その後処刑の場面になると笑みを浮かべています。

さらにさらに、処刑を見届けに来た林菱にウインクまで…ゾッとする演出でした。

思うに、なんかこの人寂しい人だったのかな?と…

自分の仲間たちへの愛はなく、翟蘭葉に至ってはあれだけ大きな愛情を向けてくれたのに振り向いてくれない女に危害を加えたと言うだけで部下に払い下げる。

自分の認めたものにしか執着できず、それも手に入ってしまえば興味がなくなる。

何でこんな怪物が生まれたのか知らないけど、厳嵩が息子をかばうことなく故郷に逃げたところを見るとそういう家庭だったとしか思えない。

だからといって悪事が許されるわけではないけど、なんかなんとも嫌いになれない悪役でした。

はい、それから今夏ちゃん。

こんなに気立ての良い中国ドラマのヒロインがいたかしら?という高レベルのキャラクターでした。

不幸な生い立ちなんて感じさせない、明るく元気で思ったことには一直線で、でも優しくて情にもろくて繊細で人の気持ちを考えられる子でした。

なんかねえ、陸廷のことが分かった時に秘密にされていたことは攻めたけど、恨みつらみが一切なかったのがとても良かった。

最後の方で今夏も言ってたけど「恨んだことなどないです」って。そうなんだよね、家族を殺されたことはもう恨んでも仕方がないこと、敵討ちはするけどそれは私刑ではなく正義にさばいてもらう。

自分の一族が皆殺しになってるのに、ここまで冷静でいられるなんてなんて芯の強い子だろうと感心しました。

その辺見てると、どっちかって言うと陸繹のほうがヒロイン気質。

深窓の令嬢風だし、今夏をふったのに毎日じめじめ家の前までやってくるし、なんていうの「私が我慢すればいいの…あの人を救えるから…」っていうなあ?

陸繹のことは嫌いじゃないけど、最初の方の意地悪キャラがすきでした。惚れた女ができちまったら腑抜けか?

次!上官曦と楊岳。

楊岳の粘りが勝ち!大変良く頑張りました!

最後には子供も出来てお店をオープンして幸せそうだった。まあそれが絶対の幸せとは思いませんが。

しかしなあ、全部通してみると誰が悪いって嘉靖帝が悪いんだよな。

厳家は忠臣で玉座を奪うようなことだけはしなかったから、他の顔色ばかり伺う大臣よりもマシだと思ってた(意訳)って言ってましたけど、そのせいでどれだけの人がひどい目にあったと思ってんだ?

確かに厳世蕃も「二番手でいい、トップを掌握していれば手にしているも同じこと」って言ってましたもんな。これは父親の教えなんだろうか。

それにしたってこの爺さんにどれだけ振り回されたことか!最後の方でもう老い先短そうだったので見逃してあげますが、ちょっとこの辺の設定チープだなと思いました。

はい!というわけで一応みんな幸せになって、自分探しをもうちょっと続けるのは謝霄だけ!というあたりで終わっているのが余韻残っていてとてもいいです。

またどこかで同じキャラクターに会えたら嬉しいな。

完( ¨̮ )/

1個前、52・53・54話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。