驪妃(りひ)10話11話12話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第10話ネタバレ「罠に落ちて」

全ては陸遠(りくえん)の罠だった! まんまとおびき出された沈廷章(しんていしょう)と沈植(しんしょく)は陸遠に武器密造の罪を着せられる。そこには捏造された証拠も用意されていて、彭城(ほうじょう)王も二人を逮捕するしかなかった。一方、陳少巽(ちんしょうそん)と空城(くうじょう)に助けられた驪歌(りか)は三玖堂で目覚める。だが、腕輪から体に回った毒を解毒する薬は見つからず、彼女の命は風前の灯火で…。

鋳造所。

目を覚ました竟陵王は母によって計画を阻止されたことをしる。

驪歌は逃げた陸遠を追って鋳造所を出た。

体に毒が回り立ち上がれなくなってしまう。

陸遠は「面白い芝居が見れるぞ」とにやり。

その近くを沈廷章が馬で駆けていった。

驪歌は罠だと気づくがどうすることもできない。

その後、竹林で気を失っている驪歌を陳少巽と空城が見つける。

鋳造所。

沈植は私兵を連れて鋳造所へ。

沈廷章は気絶させられ鋳造所へ。

2人が箱を開けると、武器には綏遠軍の紋章がつけられている。

そこへ陸遠が廷尉を連れて現れた。

罠だと気づくが時すでに遅い。

やっと駆けつけた彭城王にも手立てはなく、沈親子は連行される。

建康。

翌朝、陸親子は枷をつけられ連行される。

偶然それを目にした王子衿は沈植に駆け寄った。

婚姻の約束をし「信じて待ってる」と告げる。

三玖堂。

陳少巽は驪歌の治療をする。

強い毒に太刀打ちできず症状を抑えることしかできない。

沈家。

王子衿は沈家へ。

父と兄を助けに行くと暴れている沈楓を止めた。

沈夫人に寄り添い「娶ると約束してくれました、だから家族として一緒に待ちます」と話す。

その夜、沈楽清は書斎に武器密造の証拠となる帳面を隠した。

物音に気づいて王子衿が現れるが、沈楽清はごまかす。

三玖堂。

驪歌が目を覚ました。

父と兄が捕縛されたと知り、飛び出していってしまう。

同じ頃、竟陵王に沈家捜索の知らせが入った。

沈家。

陸遠は勅命をもって沈家を捜索。

王子衿が毅然と立ち向かうが、勅命には逆らえない。

そして書斎から武器密造の帳面が見つかった。

驪歌が沈家に戻る。

しかしすぐに意識を失ってしまった。

医者は「解毒薬を探さなくては長くもたない」と診断する。

感想:暗雲

なんかこの話…人がばったばた死………そんなまさかあ^^

でも今までの中国ドラマ見てるとモブがバタバタ死ぬと、メインキャラも普通に死んだりするんだよな。

脚本家の癖が出るのか…?制作は王女未央と同じらしいので…ありえない話じゃない(´◠ω◠`)不穏…

王女未央系だとすると、ヒロインが可哀想な境遇に追いやられるはずなので父子の命が危ない!?マッマも王子衿ちゃんも…?

ていうか今気づいたけど始まってまだ10話しか終わってねえ。まてまて。

第11話ネタバレ「取るべき選択」

竟陵(きょうりょう)王は陸遠(りくえん)から究極の選択を迫られ、悩んだ末に驪歌(りか)の解毒薬を手に入れることを選ぶ。その事情を知らずに解毒薬をもらって命を取り留めた驪歌は、竟陵王の態度の変化に戸惑う。その後、驪歌は霍雲(かくうん)たちに父と兄を救うために証言してほしいと頼みにいく。だが、黒甲軍の脱走兵である彼らは自分たちが罪に問われるのを恐れて…。

陸家。

驪歌の窮地を知った竟陵王は陸遠のもとへ。

陸遠は「解毒薬を持つのは私だけ」と薬を取り出した。

薬がほしければ玄鉄剣の製造権を与える勅命を書けと迫る。

陸遠は彭城王と竟陵王の兄弟仲を裂き、いとこである竟陵王を味方に引き入れたいようだ。

驀然軒。

竟陵王は琴に憤りをぶつける。

その様子を見た婉は「心から願うことならば意義があります」と助言する。

竟陵王は陸遠の要求を飲み、解毒薬を受け取った。

沈家。

薬が効き驪歌が目を覚ます。

回復した驪歌は竟陵王にお礼を言いに行く。

しかし竟陵王は会わない。

牢。

驪歌は父と兄に会う。

妹弟子を殺されたため陸遠に恨みを持っていると明かした。

「職人から証言が得られれば助けられる」と励ます。

驪歌は霍雲のもとへ向かい証言してほしいと頼む。

しかし脱走兵たちは「戻れば逃げ出した罪を問われる」と尻込みしていた。

それでも驪歌は「待っている」と言い残して立ち去る。

船。

彭城王はなんとか沈廷章と沈植の判決を先延ばしにしようと動いていた。

陸遠がどこかへ動かした武器の行方も追っている。

それぞれ動いていた2人は、栖霞山の一件から数日して再会した。

驪歌は彭城王に抱きついて泣いてしまう。

最高裁判所。

尋問の日がきた。

陸遠は「証拠の帳面と密造された剣の数が一致する」と偽造した証拠で2人を追い詰める。

2人が認めないため拷問を始めた。

そこへ霍雲たちが現れる。

「鋳造所は陸遠が所有するもの、鋳造は危険を伴い水に触れて死ぬものも居ます」と証言。

職人の手には赤い発疹がある。

彭城王は「新たな証拠が見つかったため、証人の尋問に15日の猶予を取る」と勅命を出した。

船。

鋳造所から持ち出された武器が、武昌、新安、予章、襄陽、巴陵に送られた事がわかった。

すべて黒甲軍の駐屯地だ。

沈家。

驪歌はすべて沈楽清が仕組んだと気づく。

眠っている沈楽清の枕元に壊れた腕輪を置き身を隠した。

目を覚ました沈楽清は「毒がある片付けて!」と喚く。

驪歌は姿を見せ「真面目におとなしく過ごさなければお前を殺す」と脅した。

感想:優しさ

今まで悪役を見逃してきて改心したことはないので、大変なことになる前にキュッといったほうがいいとお母さんは思います。

それが優しさだと思いまあす(´◠ω◠`)

さて、驪歌が助かったのは良かったけどパパとお兄ちゃんがずっぽし罠にはめられて絶体絶命。

彭城王が廷尉と組んでなんとか守ろうとしてくれて、霍雲たちも協力してくれました。

でも竟陵王は取引であっち側についちゃうし…不穏だなあ。

なんか竟陵王は最終的に驪歌を守って死にそうだ。

ていうか時間稼ぎって言っても15日間しかないのに、驪歌と彭城王は悠長に酒のんでていいの?

第12話ネタバレ「裏切りの裏」

彭城(ほうじょう)王は沈(しん)氏親子を助けるための時間稼ぎに成功したが、沈廷章(しんていしょう)に忠実な綏遠軍の将軍たちが帰京して騒ぎ出す。そんな彼らを逮捕した竟陵(きょうりょう)王は綏遠軍の新しい統帥に陸遠(りくえん)を推挙する。一方、彭城王と陸遠の私兵をおびき出す計画を立てた驪歌は陸家から虎符を盗み出すことに。折しもその晩は竟陵王が陸家に招かれ酒を飲んでいて…。

船。

彭城王は陸遠の私兵を見つけたと驪歌に話す。

武器が送られた5つの都市。

その中でも武昌郡は4ヶ所の中心で長江沿いに建康へ通じている。

武昌郡に私兵がいる証だ。

驪歌は陸遠の私兵をおびき出すため、陸家から虎符を盗むと提案した。

彭城王は驪歌に計画を明かす。

街。

沈廷章の部下 李成勲は「沈廷章が処刑されるかもしれない」と街で耳にする。

陸遠に仕組まれたこととも知らず建康に戻ってしまった。

勝手に軍営を離れることは軍法に違反する罪である。

李成勲は彭城王府の前で、沈廷章の無罪を訴える。

王府から出てきた彭城王は李成勲たちを建康から出し、軍に送り届けるよう命じた。

そこへ知らせを受けた竟陵王が現れる。

竟陵王は「命令なく帰京したものは斬る」と李成勲たちを捕らえさせる。

沈家。

驪歌のもとへ綏遠軍の兵士たちがやってくる。

話を聞いた驪歌はすぐに綏遠軍をおびき寄せるための罠だと気づいが、時すでに遅かった。

竟陵王が現れ他の兵士も連行されてしまう。

牢。

沈廷章は部下と牢で再会。

流言に踊らされ軍営を離れたと叱りつけた。

陸遠は軍営を離れたことを逆手に取って、沈廷章が謀反の首謀者だとこじつける気だ。

竟陵王府。

驪歌は竟陵王のもとへ。

なぜ陸遠に味方をするのかと問い詰めた。

竟陵王は「時勢に乗っただけ」と驪歌を突き放す。

驪歌はその態度に幻滅し「別の道を行きます」と立ち去った。

驀然軒。

竟陵王は「ここにはもう来ることはない」と婉に別れを告げる。

朝堂。

陸遠と竟陵王は沈廷章と綏遠軍を罰するよう進言。

彭城王は「廷尉の尋問中だ」と退けた。

その後、陸遠と竟陵王は酒席を設ける。

陸遠は「政権を奪う気があるなら全力で支える」と申し出た。

陸遠は竟陵王を引き入れ孤立させる狙いがあるようだ。

陸家。

驪歌は虎符を奪うため陸家に侵入。

ちょうどその頃、竟陵王は陸遠と酒を飲んでいた。

陸遠は竟陵王に精鋭軍の駐屯地が書かれた地図を贈る。

さらに美女も現れ、竟陵王は泥酔し退席する。

その間に驪歌は陸遠の部屋で虎符を見つけた。

虎符を取ろうとすると、竟陵王が現れ止める。

虎符を持ち上げると罠が作動するようになっていたのだ。

竟陵王は偽の虎符を置き、罠を作動させずに本物の虎符を手に入れた。

そして「何も言うな、持っていけ」と陸遠の出陣令を渡した。

そこには「武昌の黒甲軍は建康に進軍せよ 陸遠」と書かれている。

驪歌は竟陵王が変わっていなかったと知った。

彭城王府。

虎符を手に入れた彭城王は沈楓に密命を下した。

虎賁校尉として綏遠軍を建康へ連れてこいというものだ。

沈家。

その夜、驪歌は王子衿に家のことを頼み武昌郡へ向かった。

沈楽清に注意をと忠告する。

感想:敵の懐に飛び込む

竟陵王いいやつだな…お兄ちゃんのほうが賢くて治世の才能もあるんだろうけど、あの病弱芝居がどうもなあ。

竟陵王いいやつだな…いいやつだから絶対驪歌を守って死ぬと予言しとこ^^最初に驪歌に刺されたときからその道をたどる運命だったのよ…

いいやつはみんな死んじまうんだ…

えーと、私兵を見つけて陸遠を追い詰められれば一件落着、驪歌も想い人のおじさんに嫁いでめでたしめでたし?

まって忘れてた。

彭城王が親の仇なんでしたね。

でも師匠にそう言われただけだし、どうなのよそのあたり。

次回、13話14話15話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。