驪妃(りひ)13話14話15話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第13話ネタバレ「一つの誤算」

陸遠(りくえん)の私兵が駐屯する武昌に行った驪歌(りか)は陸平(りくへい)に虎符を見せて陸遠の部下のふりをすると、陸遠が逮捕されたので建康に出兵せよと偽の出陣令を伝える。だが、疑い深い陸平はすぐには彼女を信じようとしない。一方その頃、彭城(ほうじょう)王は策を巡らして陸遠を建康に足止めし、彭城王によって虎賁校尉に任命された沈楓(しんふう)は綏遠軍を率いて…。

牢。

彭城王は沈廷章と沈植のもとへ。

計画があり陸遠を牢に足止めしたいと話す。

武昌郡。

驪歌は兵糧隊だと偽り、私兵の駐屯地へ入った。

責任者の陸平は驪歌たちを怪しむ。

驪歌は虎符を見せ「栖霞山の鋳造所が奇襲され陸遠は牢に入れられた、すぐに救援を」と焦らせる。

陸遠の出陣命令も見せるが陸平は信用しない。

驪歌は監禁されてしまった。

しかしここまでは計画通りだ。

最高裁判所。

皇帝は「3日以内に証拠をそろえ事件を解決せよ」と勅命を出した。

これで陸遠は裁判所に足止めとなる。

彭城王は「陸遠は投獄された、綏遠軍は武昌へ」と噂を流すよう命じた。

武昌郡。

陸平は真相を確かめるため部下を建康へ向かわせる。

そこへ霍雲が現れ芝居を始めた。

霍雲は「護軍の危機を知らせに来ました」と陸平に状況を報告。

黒甲軍の入れ墨がある霍雲の言葉には信用性がある。

そこへ玄鉄剣が届く。

玄鉄剣を見た陸平はやっと出兵を決めた。

裁判所。

陸遠は沈廷章と沈植を拷問し、無理やり供述させようとする。

しかし2人は絶対に認めない。

陸遠は供述書に無理やり拇印を押させた。

知らせを受けた彭城王は病に倒れたと偽り時間稼ぎを始める。

建康。

翌朝、彭城王は陸遠を呼び出す。

陸遠は供述書を提出するが、彭城王はそれを破り捨てた。

そして城門へ連れて行く。

現れたのは陸平率いる黒甲軍、沈楓率いる綏遠軍と戦闘が始まった。

黒甲軍は驪歌たちが用意した偽の玄鉄剣を持っている。

その剣はもろく、武器を失いあっという間に包囲された。

追い詰められた陸遠。

しかし「私が死ねは竟陵王も死にますよ」と玄鉄剣の製造を命じた命令書があることを明かす。

そこへ竟陵王が現れ「罰を賜ります」と申し出た。

弟を殺したくない彭城王はすぐに禁足を命じて追い払う。

陸遠は謀反の疑いで収監させた。

彭城王は弟が己を犠牲にする覚悟だったと知った。

感想:お兄ちゃん

弟を守るでしょうね。

ここで見限ったら主演じゃないもんね。

せっかくここまで策を立てたなら最後にお兄ちゃんが守るかもしれないパターンも用意しといたほうがよかったのでは…

その場合、自分で死ぬしかないですね。

やっだー!もう死ぬ死ぬってみんな物騒なんだから!

楽しい話しましょ!えーと………楽しい話がないな…

前も言ったけど、さっさと驪歌が嫁いで絢爛豪華な皇宮と衣装を見せてくれ、今はそれが唯一の楽しみだ…

第14話ネタバレ「命懸けの駆け引き」

竟陵(きょうりょう)王は始めから陸遠(りくえん)を罪に問うため自らを犠牲にする覚悟だった。それに気づいた彭城(ほうじょう)王は長年の計を捨てでも弟を守りたいと葛藤する。一方、獄中の陸遠は何としても竟陵王を守りたいと必死の孫(そん)太妃に入れ知恵をして窮地を脱する道筋を作ろうとする。結果、彭城王は竟陵王と陸遠の処刑を願う朝臣たちの前で驚きの発言をして…。

彭城王府。

息子の投獄を知った孫太妃はすぐに彭城王のもとへ。

しかし彭城王は会おうとしない。

その頃、兄弟は2人きりで話をする。

竟陵王は陸遠を死罪にしたい一心だったと明かした。

それは彭城王も同じ、だが弟を巻き込まないよう遠ざけていたと話す。

彭城王は長年の計画を捨てても弟を守ると決意した。

陸家。

その頃、陸遠の父 陸延弟は息子を救うため大臣たちに付け届けを贈らせる。

しかし誰も良い返事を返してこない。

孫太妃にも懇願するが、竟陵王を巻き込んだことに激怒されてしまった。

孫太妃はすべてを知る薛逑に「真相を話しなさい」と迫る。

船。

彭城王は驪歌と密会中。

驪歌は武昌郡で見つけた帳面を証拠として渡す。

家に戻ると季恕が待っていた。

竟陵王からの文を渡される。

驪歌はなぜ竟陵王が捕らわれたのか理由を聞いた。

季恕は「陸遠に強いられた命令書が、竟陵王の命令で私兵を囲った証になってしまった」と明かす。

そしてそれが解毒薬と引き換えだったことも。

手紙の最後には「放念されたし」と書かれていた。

陸家。

陸延弟は謝韞之と謝顥の祖父 謝仲を頼る。

「陸家は朝廷を去り二度と官職につきません」と懇願するが、謝仲は受け入れない。

牢。

孫太妃が陸遠に会いに来る。

陸遠は「陸家がいなくなれば彭城王の天下、太妃のその後は悲惨ですよ」と語る。

さらに彭城王は2年もの間、病を偽りながら計略を練っていたと明かした。

息子を失い彭城王に従うしかなくなる未来。

孫太妃は覚悟を決め、陸遠と竟陵王を助けることに。

その日から何も食べず、竟陵王を助けてほしいと彭城王に懇願する。

儀賢館。

判断に迷った彭城王は方清のもとへ。

方清は「竟陵王と陸遠を処断し正義を示してください」と進言した。

彭城王と方清の師匠は崔葛という男だ。

彭城王はその遺志を竟陵王が継いでいると話す。

それを聞いた方清は「忠義の士は国の礎、奸臣を除く道具にしてはならない」と進言し直した。

陸遠を静粛する日はまた訪れると…

彭城王府。

孫太妃は自害の芝居をして、彭城王に決断を迫る。

彭城王は「弟を守る」と約束した。

船。

夜、驪歌は「彭城王が弱腰なのよ!」と激怒している。

その目の前にいる本人は苦笑いだ。

彭城王府。

彭城王は私兵の練兵については自分が罪をかぶることで弟を助ける作戦に出る。

命令書も作り準備はできた。

朝堂。

大臣たちは「竟陵王と陸遠の結託は明らか、斬首にすべし」と進言する。

感想:そこへ座れババア

うぜー!彭城王は助ける気持ちで悩んでるのに、ババア自分の利益と息子可愛さに国を売ったようなもんじゃん。

弱っていく芝居もマジで無理、首吊るときもめちゃくちゃタイミング図ってたしこんなドメンヘラが国の中枢にいるの?おじさんは魏に移住するわ。

少々取り乱しました(´◠ω◠`)ほほほ…私は可愛い管理人(´◠ω◠`)

えーと、彭城王が弟に命じたことにして助けるみたいです。

というわけで陸遠はまだ退場しません。

でも誰も罪に問わないというわけには行かないので、その辺は陸遠パパとか謝韞之のおじいちゃんがなんとかするのかな。

せっかく沈廷章が完全勝利を収めたりしてんのに、国の中がこんなゴタゴタしてたら意味なくない?

第15話ネタバレ「新たな政治へ」

陸遠(りくえん)の罪を全て父親の陸延弟(りくえんてい)がかぶった結果、竟陵(きょうりょう)王は無罪放免となり陸遠は護軍から中護に官位を落とされる。そして、沈廷章(しんていしょう)と沈植(しんしょく)は無事帰宅を果たしたのだった。その後、彭城(ほうじょう)王は庶族からも人材登用する新政を実施しようと動き始めると同時に、沈(しん)家との縁談を進める。そんな中、竟陵王は驪歌(りか)に会うと平安結びを贈って…。

朝堂。

彭城王は「魏に国境を侵されていたので、竟陵王に命じて精兵を育てさせた」と罪をかぶった。

その上で陸遠を追い詰める。

そこへ陸延弟が現れた。

息子を守るため出陣命令を書いたのも、武器密造を命じたのも自分だと供述する。

結局、陸延弟が牢に入れられ、竟陵王は無罪、陸遠は護軍から中護に降格の処分に終わった。

牢。

陸遠は父の元へ。

陸延弟は「助けられるのは今回だけ、屋敷に秘蔵の宝があるのでそれを使って堅実に暮らせ」と最後の言葉を残す。

その後、牢で自害した。

沈家。

沈廷章と沈植が屋敷に戻る。

一家団欒だが、沈楽清だけは蚊帳の外だ。

彭城王府。

彭城王は弟を呼び、陸遠だけを始末してもだめだと諭す。

名族が富と権力を独占している限り宋は変わらないのだ。

彭城王は皇帝の許可を得て、新政を進めようとしていた。

2人は力を合わせ国を変えていくと誓う。

彭城王は竟陵王に黒甲軍の虎符を授け、霍雲を校尉として黒甲軍に編入させた。

事件の始末が済むと、彭城王は側室を迎える準備に取り掛かる。

孫太妃は側室を盛大に正門から迎えることに苦言を呈した。

彭城王は名族に警告するためだと説明する。

孫太妃は令嬢を屋敷に迎えて行儀作法を習わせると決めた。

陸家。

陸延弟の葬儀。

そこには竟陵王の知己 陸婉の姿がある。

婉は陸延弟の娘、陸遠の妹だった。

彭城王府。

陸遠は「過ちを悟りました、忠実な配下になります」と彭城王に話す。

彭城王は陸遠から虎符を取り上げた。

竟陵王府。

竟陵王が街で助けた職人の娘 少辛は、話の流れで驪歌お付きの侍女になる。

竟陵王は姉妹のように喜ぶ二人を見て微笑んだ。

そして驪歌に平安結びを贈る。

色違いの片割れは密かに自分で持つことにした。

感想:父の思い

どうあっても復讐に走るだろうなあ…

欲に走らず暮らせっていっても、今までそうやって生きてきたわけだし無理よ〜

それにしても家族への愛情は持ち合わせていてちょっと心揺さぶられました。

やっぱり妹だった陸婉ちゃんを抱きしめているシーンに売るっと来ちゃった。

どんな悪人でも大切な人がいるんだな…

ふと思ったんだけど、ここで陸遠がこれだけ追い詰められるなら陸遠はサブ黒幕ってこと?

朱雀盟と彭城王の因縁がメインルートなのかな。

さてさて!一件落着して驪歌が花嫁修業をすることになりました!孫太妃とぶつかるの楽しみ(´◠ω◠`)

次回、16話17話18話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。