驪妃(りひ)37話38話39話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第37話ネタバレ「長い戦いの決着」

彭城(ほうじょう)王の遺体が偽物だと訴えた竟陵(きょうりょう)王に孫(そん)太妃と共謀していたことを暴露した陸遠(りくえん)。彼は竟陵王と孫太妃を軟禁すると、臣下たちを脅し、謝顥(しゃこう)に彭城王の訃報の詔を書くように迫る。実はこれら全ては驪歌(りか)と彭城王の計画の内だった。この時まで身を潜めていた驪歌は朝臣たちを救い、彭城王は兵を率いた陸遠の前に姿を現すと…。

彭城王府。

陸遠は孫太妃との共謀を暴露。

焦った孫太妃は「母を信じて」と息子にすがる。

親子の三文芝居を見せられた陸遠は孫太妃に剣を突きつけ、竟陵王を脅した。

竟陵王は母を守るため陸遠に中軍の虎符を渡す。

陸遠は2人を監禁した。

監禁部屋。

息子に問い詰められた孫太妃はまだ罪を認めず何も知らないと言い張る。

竟陵王は「共謀者でなければ兵の数も兄上の生存も知らないはず」と激怒した。

竟陵王府。

その頃、陸遠は王の椅子に座り臣下を脅す。

大臣は陸遠を非難。

謝顥が間に入り、臣下を説得する時間がほしいと申し出た。

陸遠は一晩の時間を与える。

そして建康に向かっている丹陽兵を足止めし、竟陵王の謀反により季恕を拘束してこいと命じた。

三玖堂。

驪歌たちのもとに陸遠が動き出したと知らせが入る。

彭城王と大軍の到着が遅れれば作戦の成功は難しい。

その夜、一足先に建康に戻った彭城王は密かに皇宮へ入った。

翌朝、陸遠は謝顥に「代表して彭城王の訃報を告げる起草を書け」と命じた。

しかし謝顥は「臣下の誇りは捨てられない」と拒絶。

陸遠が臣下を手に掛けようとしたところへ、驪歌が乱入し臣下を保護する。

驪歌は閉じ込められていた謝韞之も助け出した。

追い詰められた陸遠は皇帝のいる皇宮へ。

「彭城王は戦死した陛下に拝謁しご報告を!」と拝謁を願う。

門が開き現れたのは彭城王だった。

昨晩、沈楓が兵を率いて駆けつけ、陸遠の手下に捕らわれそうになっていた季恕と丹陽兵を救ったのだ。

彭城王の偽の亡骸は、丹陽兵が建康に戻るまでの時間稼ぎの策だった。

陸遠は連行される。

先に逃げ出した薛逑は、建物の影からその様子を見ていることしかできない。

芳音閣。

まだ問題は山積みだが、ひとまず平穏な時間が戻った。

彭城王は「私の妻なのだから、后らしく穏やかに暮らしなさい」と驪歌に寄り添う。

いちゃこいている所へ竟陵王がやってきて、曽三宝が行方不明だと報告した。

さらに沈楽清の生存も告げる。

驪歌は沈楽清の行方を追うことにした。

仁寿閣。

孫太妃は陸遠とやり取りした文のことを思い出した。

箱の鍵を開け中を確かめるが、文は消えている。

孫太妃はすぐに沈楽清が盗んだと気づいた。

春芳に命じて沈楽清を探しに行かせる。

侍女の部屋。

沈楽清を探しに来た驪歌は、春芳も行方を追っていると偶然知る。

なにか関わりがあるのではないかと怪しんだ。

沈楽清は彭城王府から逃げ出した。

陸家。

陸遠の妹 陸婉は何が起こっているのか全くわかっていない。

そこへ怪我をした薛逑が戻り「兄上は彭城王と竟陵王に陥れられた」と告げる。

薛逑は陸婉を連れて逃げた。


感想:笑顔が嬉しい

少辛と紅丹が無事で良かった〜(*ˊᵕˋ)

やっぱり私は英雄が出てきて悪を倒すより、女の子たちがきゃっきゃうふふしてるほうが好きです。

だって今回のことだって、半分は驪歌の手柄なのに彭城王が出てきてさ(‘∵`)なんなの。

そんで一件が落ち着いたらリカちゃんは家庭に入って僕のためにお裁縫したりお料理したり、跡継ぎを産んでくれてもいいんだよっ………キモいが???力いっぱいキモいが。

いやまあねそういうところにお嫁に行ったんだから仕方ないよ、でもね人権ってなんだろうね。

さて、陸遠が捕まりましたが本当にこれで終わるのかな?

薛逑が生き残ったことで陸婉は逃げ出せたけど、どうなることやら。

第38話ネタバレ「大切な記憶」


謝顥(しゃこう)の屋敷で目覚めた曹三宝(そうさんぽう)は彼に感謝し彭城(ほうじょう)王の元に戻る。一方、曹三宝から孫(そん)太妃の所業を知らされた彭城王は実の母のように思ってきた孫太妃が自分に殺意を抱いていたことに心を痛める。そんな彼を慰める驪歌(りか)は亡き師匠・徐臨への思いを語るのだった。また、竟陵(きょうりょう)王は全てを捨てる覚悟で彭城王に母・孫太妃の命乞いをして…。

張家。

薛逑は陸婉を張侍郎の屋敷へ預ける。

陸遠の令牌を渡し「敵を討ちます」と言って出ていった。

薛逑が立ち去ると張侍郎は態度を変え陸婉を追い出す。

陸家にも捜査が入り陸婉は行き場をなくしてしまった。

驀然軒。

陸婉は唯一頼ることのできる知己の所へ。

そこで憧れていた知己が竟陵王だと知ってしまう。

陸婉は声をかけることなく立ち去った。

追い詰められた陸婉に手を差し伸べたのは、全てを操る黒幕の男だった。

謝家。

謝顥は捕らえていた曽三宝を目覚めさせ恩人のふりをする。

曽三宝はそれを信じ礼を言うと彭城王のもとへ急いだ。

曽三宝は孫太妃が黒幕だとすぐに報告する。

無事の知らせを受けた許詹はすぐに曽三宝のもとへ。

曽三宝は少辛と再会したことのほうが嬉しいようだ。

「無事に戻ったと聞いて飛んできのに、まさか女子と戯れているとは…」

街。

王府を逃げ出した沈楽清は健康を出ようと考える。

しかし検問を抜けられない。

そこへ瀕死の薛逑が現れた。

仁寿閣。

彭城王は孫太妃が黒幕だと聞き、直接真相を尋ねる。

孫太妃は「惑わされただけ」と罪を認めなかった。

彭城王は義母の裏切りにショックを受け、驪歌に相談する。

驪歌は徐臨が弟子の中でも一番可愛がってくれた、しかし利用されたと過去を語りだした。

「裏切られても利用されても共に過ごした日々は存在するし師匠は罰を受けた

私はもうちっとも恨んでないわ

でもあなたは私と違って決断が多くのことに関わってしまう

どんな選択をしても私は応援する」

承休閣。

思い悩む彭城王。

竟陵王は母の命乞いをする。

「母を連れて建康を去ります」

すべてを捨てる覚悟だ。

そこへ孫太妃が来て「私が罰を賜ります」と申し出た。

彭城王は「孫氏を平民に戻し陵墓へ住まわす、二度と戻るな」と勅命を出す。

死を免れた孫太妃、それとは逆に陸遠の斬首が決まる。

処刑場には薛逑と陸婉の姿も。

処刑後、驪歌と陳少巽と空城は阿奴の墓前に処刑を報告した。

「もし来世があれば実の姉妹になりましょう…」


感想:腐女子大噴火

ちょっとみんな静かにして、ちょっと大変なことが起こってるから腐女子的に。

ちょっとちょっと!許詹いいなあ…主従愛とかいけるわと妄想してたら曽三宝か( ˆoˆ )たまんねえよもうやめてくれえ。

曽三宝は彭城王命だけど、許詹はそんな一途でおバカでドジで可愛い曽三宝が…うっ…

まああの設定的には昭和のやおいのような空気感ですが、まあ嫌いじゃないです。

曽三宝の無事を聞いて駆けつけてきたのに、曽三宝は少辛にお熱出しちょっとかわいそうではある。

まだするこの話?永遠に続くからやめようね。

えーと本筋は陸遠が処刑され、驪歌は阿奴の敵を討ちました。

犠牲になった人たちも報われるでしょう。

とそこに出てきた黒幕の黒幕おじさん。なんかどこかで見たような…

第39話ネタバレ「母子の絆」


竟陵(きょうりょう)王は追放された孫(そん)太妃とともに陵墓に向けて出発。途中で盗賊に襲われた女性を見つけて助けるが、それは陸婉(りくえん)だった。彼女が陸遠(りくえん)の妹だと知らないでいる竟陵王は陸婉の嘘の身の上話を聞くと、一緒に陵墓へ行くことに。一方その頃、驪歌(りか)は再会を果たした病気の沈夫人に自分が娘であることを思い出してもらおうとするが…。

処刑場で陸婉を見つけた陳少巽はすぐに追いかける。

しかし見失い、慈幼院にも驀然軒にも陸婉は姿を見せない。

陸婉は復讐に囚われ、黒幕の手に落ちていた。

彭城王府。

孫太妃は春芳だけを連れて王府を出た。

出発前、謝顥から安息香を贈られる。

兄の許可を得た竟陵王は母に伴い陵墓へ向かった。

知鑑殿。

沈廷章は五兵尚書(国防長官)、沈植は将軍として中軍を統率、沈楓は安北将軍として国境を守備。

彭城王は沈家で周りを固める。

驪歌のことも全ては策略のうちだと明かし、陸遠が罪を自白したため追求されることはなかった。

芳音閣。

彭城王府に平穏が戻った。

曽三宝は少辛を追いかけてばかりいる。

しかし驪歌の料理の腕は相変わらずのようだ。

そんな驪歌に彭城王は「側室の務めとして子供を生むんだ」と微笑んだ。

その日、紅丹は許詹にぶつかり着替えを手伝った(フラグ)

陵墓への道。

陸婉は盗賊に襲われた芝居をして、竟陵王が助けに来るよう画策する。

陸遠の妹だと知られていないことを利用して、天涯孤独を装い孫太妃に近づいた。

沈家。

建康を出ることができなかった沈楽清は沈家の様子を伺っている。

そこへ王子衿と沈夫人が出てきた。

「驪妃に会いに行くんですよ」と教える王子衿に、沈夫人は「驪歌とは誰?嘉寧に会いたいわ」と返す。

沈楽清は沈夫人が驪歌のことを忘れたと知る。

芳音閣。

驪歌のことを忘れた沈夫人は、驪歌に対して他人行儀だ。

驪歌は「奥様」と呼ぶしかない。

手作りの蓮子羹を振る舞うと「よく知っている味」と記憶が戻りかけた。

しかし驪歌のことは思い出せない。


感想:上げてから叩き落とす

うーん、曽三宝は少辛の何がいいの…?こら!人にはそれぞれ趣味嗜好があるんだからそんな事言わないの!でも何がいいの…?

驪歌命なとこ?それはいいとこだと思う。

腐女子大歓喜だったのに、曽三宝には少辛、許詹には紅丹をあてがうのか…職場恋愛結婚…(‘∵`)スン

はい本筋ね、建康から逃げ出せなかった沈楽清はお母ちゃんがすっかり驪歌の事を忘れていると知りました。

となると取り入るよね。

王子衿がそばにいるので守ってくれればいいけども。

次回、40話41話42話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。